« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

「まかせて!学校図書館」セミナー(9/28)

123「学校図書館情報化セミナー:デジタル教材活用編」として,通称:「まか図書」セミナーが,東京大学福武ホールで行われた。午前中はスタッフ打合せ,午後にセミナー,夕方から希望参加での立食懇親会という段取り。
今回のセミナーは,学校における図書館教育を専門とする河西さん@玉川大学を中心として,小中学校で優れた図書館教育を進めてきた全国の司書教諭等の実践ノウハウをもとに開発した「まかせて!学校図書館」の内容,活用イメージをお伝えするために行った。河西さんの講演,小・中学校に分かれてのワークショップ,まとめのパネルディスカッションという流れだった。ぼくはパネルディスカッションの進行役として,現場での図書館指導をめぐる現実,教材の具体の紹介,デジタル教材の意義について登壇者にお話しいただき,それを整理するという役目だった。また,懇親会の進行(盛り上げ役?)をやった。参加者相互の関係が深まったよい時間となった。

| | コメント (0)

仙台に行こう!(JAET全国大会)

全日本教育工学研究協議会(日本教育工学協会:JAETの全国大会)は,来月10月25日(金)・26日(土)に,宮城県仙台市で行われる。1日目は授業公開と,基調講演(会長としてぼくが行う),シンポジウム,ワークショップ,懇親会が,2日目は分科会発表(学会形式の実践研究発表),シンポジウムが行われる。
例年,1,000名近い方々が参加。資料を確実にもらいたい方は,事前申込が必要。事前申込は大会トップページの左上からできる。参加してみたい方,参加予定だけどまだ申し込んでいない方は,ぜひ事前申込をお願いします。

| | コメント (0)

JAET常任理事会(9/27)

日本教育工学協会(JAET)の常任理事会のため,国会議事堂前から歩いてJAPETへ。事務局とはメール,電話で打合せをしてきたが,最終打合せで選挙方法等について確認。1名欠席のほか,みなさん早くお集まりいただき,議案は順調に進行。全国大会(宮城・仙台大会)の最終準備状況の報告が日下実行委員長・JAET副会長から。来年度の全国大会(京都大会)の準備状況について速報を森本実行委員長・JAET副会長から。いずれもご負担をおかけしているが,盛大な会になると確信。時間ピッタリに予定の案件を完了。事務局と今後の打合せ。山西先生と中期的見通し打合せ。

| | コメント (0)

教職大学院:教育課程編成の研究と実践(9/27)

戦後の日本の経済成長を1つの目安として,いつ頃にどんなことが社会の課題になっていたか,それを受けて教育に対するどんな出来事が起こったか,教育課程にどう影響していたかについてディスカッションをしながら確認。次週は文部科学省資料をもとに進めるため分担。

| | コメント (0)

教職大学院:授業技術の研究と実践(9/27)

テーマは「教科書読解の授業技術」。今日は算数編。5年生の教科書の困難単元のページを例にし,読解させ,それが指導手順を決定する最低限の教材研究であることを確認。教科書デザインの工夫に気付いて驚く院生たち。良質の教材に学んで欲しい。

| | コメント (0)

玉川な1日(9/27)

講義準備。印刷。午前中の講義が終わってから原稿書き,提出。午後の講義が終わってすぐに退散,JAETへ。

| | コメント (0)

玉川な1日(9/26)

浜松から出勤。片山さんが来研。領収書処理。院生指導。お弁当。相模原市総合学習情報センターから篠原指導主事が来研,講演について打合せ。学校課題研究における論文執筆についてM2メンバーに対して講義。秋学期オリエンテーション。
夕方から小田急の会。参加者はちょうどよい人数でじっくり話し合えた。

| | コメント (0)

春日井市立出川小校内研(9/25)

123朝のいつもの新幹線で名古屋。乗り換えて神領。北海道教育委員会関係者や,沖縄からの訪問者などが駅で合流。学校で1日の予定を確認し,3校時,4校時,5校時と11の公開授業とほかの学級の普段の様子を参観。
この日は,校内研ではあるが,市内教務主任研の一環で全校の教務主任が参加しており,さらに市内の一般希望者,全国の興味ある方も参加していたため,100名を超える研修会になった。出川小グループと教務主任研グループに分かれてのワークショップのあとに講演。1つ1つポイントを押さえていったが,みなさん真剣に聴いてくれた。玉置先生もわざわざ小牧市からお越しいただいた。
終了後,授業者にコメントし,学校を出て名古屋へ。いつもの場所で懇親会をして新幹線で浜松。

| | コメント (0)

玉川な1日(9/24)

出勤して講義準備。教育学専攻の院生向けの講義の進め方について最後まで悩む。講義は2コマ続くのでお昼は15分でお弁当。ナベが来研して勉強。ほぼ構うことができず。夕方K-12プロジェクト会議。各学年の5時間のカリキュラムが次第に具現化。

| | コメント (0)

日本教育工学会での関連発表

秋田大学での全国大会で発表された関連発表を整理しておく。


堀田龍也, 高橋純, 野中陽一, 森下誠太, 井上信介, 佐藤喜信, 青木栄太(2013.9)
公立小学校への1人1台環境導入初期の課題想定
日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, pp.719-720

高橋純, 堀田龍也(2013.9)
学習指導要領解説における児童生徒によるICT活用が想定される学習活動の分析
日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, pp.115-118

野中陽一, 堀田龍也, 高橋純, 豊田充崇, 木原俊行, 岸磨貴子(2013.9)
教育の情報化の普及過程に関するモデルの開発
日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, pp.447-448

塩谷京子, 堀田龍也, 久保田賢一(2013.9)
探究的な学習における情報活用スキルの習得に関する検討
日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, pp.625-626

石塚丈晴, 堀田龍也, 兼宗進(2013.9)
小学校におけるアンプラグド・コンピュータ・サイエンスの指導可能性の検討
日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, pp.623-624

村松浩幸, 堀田龍也, 野中陽一, 金隆子(2013.9)
中学校国語科での引用指導についての教育効果
日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, pp.513-514

坂本暁美, 堀田龍也, 深見友紀子, 田中龍三(2013.9)
日韓の音楽科デジタル教科書の「リンク」に関する比較分析
日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, pp.715-716

小島史子, 森川康男, 島本圭子, 堀田龍也(2013.9)
フューチャースクール藤の木小学校における自作教材の傾向
日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, pp.487-489

宮田明子, 伊藤三佐子, 山本朋弘, 堀田龍也, 片山淳一, 鈴木広則(2013.9)
校務支援システムの運用による校務改善に関する経時的分析
日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, pp.259-260

福本徹, 安藤義仁, 小熊良一, 小原格, 鈴木真一, 綱川浄, 西田光昭, 千々布敏弥, 堀田龍也(2013.9)
教育情報共有ポータルサイトの構築
日本教育工学会第29回全国大会講演論文集, pp.447-448

| | コメント (0)

帰京(9/23)

ハッピーマンデーだが私立大学の多くがそうであるように講義日。朝6時過ぎにチェックアウトしてバス停へ。中原君@東大とばったり。年齢談義。帰京して山のようにたまった仕事を1つ1つこなす。課題研究の様子が気になる。出たかったな。

| | コメント (0)

日本教育工学会全国大会2日目(9/22)

日本教育工学会(JSET)全国大会2日目。少し早めに秋田大学へ。午前中のセッションでは黒田さん@富山大と一緒に「教科指導におけるICT活用(3)」の座長を務める。自分の発表もこのセッション。十分に準備をしたつもりだったが,思いも強く,前置きも長くなり,珍しく時間超過してしまった。情けない。会場には清水先生はじめ,1人1台学習環境をリードしてきた先生方や企業の方々も多く,ぼくの発表開始時はおよそ100名ほどだった。
お昼は米屋さん@チエルのご案内で稲庭うどん。総会で山西会長のスピーチと,向後先生のネクタイ姿を見る(論文賞おめでとうございます)。文部科学省と電話,メールのやりとりをしつつ夜の懇親会に突入。近藤先生や永岡先生,清水先生のほかは,東大の院生たちと話したぐらいで,あとは電話と善後策の対応で終わってしまった。気を取り直して街で飲み直し。

| | コメント (0)

日本教育工学会全国大会1日目(9/21)

日本教育工学会(JSET)全国大会は秋田大学で行われている。昨年度は長崎大学だったが,ぼくは高熱で初日には行けず,遅れて行こうと思ったら台風で飛行機が飛ばず,さらに学会は途中で中止となった。今回は万全を期して秋田入りした。
初日の今日は,受付を済ませ,たくさんの方々といろいろ挨拶しながら,朝のセッションへ。宮田@スズキ教育ソフトの発表を聴く。落ち着いた発表で,すっかり安定した印象。ロビーで山西会長と相談のあと,早めに理事会会場入りして座席配置や議事録準備。理事会・評議員会。議事録作成。終了後,事務局会議。
それからシンポジウム。佐伯節が聴けて面白かったが,結局のところ,教室でみんなで学ぶことの大切さを忘れるなよということだろう。一斉授業のよさにあたる部分だ。一斉授業を,一方通行の教え込みと決めつけてかかる人がいるけど,今どきの一斉授業では個別・協働などの「学習形態」が十分に含み込まれて成立する「授業」になっていて(みんなが同時にそこにいるという意味で「一斉」と言っているだけ),佐伯先生は,そのよさを失わないようにICTを活用せよと主張されていた。もちろん,シンポジウムで話題になったことは,学校学習の外側にも及んでいたので,教室での学びに限定した議論とのズレはあったけど。黒川さんの「思想」も勉強になったし,重田さんによる解説も明瞭だったし,個人的にはよい時間を過ごせた。
終了後は夕方のセッションへ。小島さん@藤の木小の発表。それから大会事務局で中山先生と選書打合せ。
いろいろあってヘロヘロで寿司屋。

| | コメント (0)

チエル打合せ(9/20)

講義後に急いで羽田空港へ。高橋合流。チエル打合せ。五月雨的に検討してきた内容を結合するといくつかの不整合が見つかる。修正を依頼。秋田行きの飛行機に搭乗。清水先生や山内先生ほかと同じ便だった。

| | コメント (0)

教職大学院:教育課程編成の研究と実践(9/20)

時間割の都合で木曜日から金曜に移ってきた講義。今日はオリエンテーションの後,ストレートマスター向けの講義のときの話をして,若手教員による教育課程への意識化の必要性を語った。その後,教育基本法,学校教育法などの基本的な部分を押さえ,学校の設置,水準の確保,義務教育の根拠などについて整理。現職6名が相手のため今後が楽しみ。

| | コメント (0)

教職大学院:授業技術の研究と実践(9/20)

オリエンテーション。追加履修1名。もぐり2名。「技術」とは何かを検討。「授業に関する技術」の位置付けや重要性,誤解等について,文献を読みながら確認。

| | コメント (0)

玉川な1日(9/20)

早朝から出勤。駅のコインロッカーに大荷物を預けて07:15に研究室へ。朝は気持ちよいが,山登りで汗をかく。講義の準備。領収書整理等。今日から秋セメスター開始のため学生でごった返す。2コマ講義。急いで羽田空港に向かう。

| | コメント (0)

玉川な1日(9/19)

朝から定期検診に行った後に出勤。しばらく海外出張が続いたので,ほんとうに山のような書類や荷物。電話対応。報告資料作成の後,教授会。

| | コメント (0)

転職祝(9/18)

HHh静岡大時代の教え子の転職祝を京都で。人生人それぞれ。がんばれ。

| | コメント (0)

京都市立一橋小校内研(9/18)

111213広島から京都へ。いつものカフェで時間調整しつつプレゼン作成。京都市立一橋小学校へ。藤田校長,瀬川指導主事,金村さん@パナソニック教育財団と一緒に授業参観。2年生の国語。よい授業だった。研究協議,瀬川指導主事による指導講評のあと,ぼくから助言。あと1回来たら公開研。

| | コメント (0)

広島市立藤の木小校内研(9/17)

123
456朝の便で羽田から広島。高橋さん@チエルと合流。広島市立藤の木小学校へ。森川校長,島本教頭に近況を伺う。3校時,4校時,5校時と,各教室を回る。ICT活用に無理がないこと,学習規律がそれを支えていることを実感する。教育センターの指導主事等も合流。研修の時間に講演。勤務終了後,ランチルームで,お手製の料理でノンアルコール懇親会。楽しかった。その後,場所を変えて管理職と一献。

| | コメント (0)

帰国(9/15-16)

フランクフルトでいったんゲートの外に出て,野阪さん@ドイツエルモと打合せ。良いディスカッションになった。その後,また出国検査を受けて,12:00の羽田行きに搭乗。機内では今さらながら「ザ・マジックアワー」を観る。4時間ほど寝て,査読などの仕事を進める。
台風のためなかなか経験しないような揺れだったし,珍しい航路だった。日本時間の16日早朝,無事に羽田に着陸できてよかった。

| | コメント (0)

モロッコ4日目(9/14)

123
456朝は少しのんびり出発。フェズの有名なメディナへ。狭い路地の左右にお店が並んでいる迷路のような街が続き,今いったいどこにいるのかわからなくなるような感覚に襲われた。行きは下りで楽だったけど,帰りは上りでぐったり。いくつかの買い物をしたけど,交渉次第ですべて半額になるのに驚いた。お茶した後に,アジズの友人のお宅におじゃました。また人が集まってきて,みんなでおいしいタジン鍋をいただく。がんばって手で食べるのだけども,熱くてたいへん。指の皮の厚さが違うんだろうな。
国鉄フェズ駅に送ってもらう。アジズと友人,そのお兄さんが,わざわざホームまで見送りに来てくれる。この4日間,ほんとうにお世話になった。4時間の列車の旅がたいへんだろうと,パンとチーズ,バナナなどを持たせてくれた。
4時間の旅は長かった。無事にカサブランカの街に到着。乗り換えて空港へ。22:00頃に到着。02:20出発の飛行機でフランクフルトへ。
モロッコで会った人たちはみな親切だった。綺麗な色遣いとお店の整頓された展示を見ていると,この国はこれからきっと発展していくだろうなと思った。

| | コメント (0)

モロッコ3日目(9/13)

123
45Photo朝からホテルにアジズがお迎えに来てくれ,フェズ県教委へ。こちらの教育委員会には,渉外・広報担当官がいて,その方(こちらもアジズさん)とお会いする。ややこしいけど,この方はフェズ県教委の渉外・広報担当官。ぼくらがお世話になっているアジズはミズール市教委の渉外・広報担当官。なので彼らは常に連携している様子。その後,フェズ県教育長のモハメド氏とご挨拶。お忙しい中,私たちとのディスカッションに時間を超えておつきあいいただいた。感謝。
高台に上り,フェズのメディナを含む町並みを見る。美しい。喫茶店でミントティーを飲む(無理)。アジズの別の友人の家におじゃまし,お昼にクスクス料理をいただく。アラビア語,フランス語,英語の飛び交うランチだった。その後,フェズ県教員研修センターへ。ICT関連の研修は,パソコン教室でのICT操作の研修のようで,その延長上に電子黒板(2台だそうで)の操作研修が位置付いているとのこと。
夕飯はモロッコのスープと串焼き。アジズ自慢のフランス風カフェでエスプレッソをいただきながら,いよいよ明日でお別れだねと話す。

| | コメント (0)

モロッコ2日目(9/12)

123
456何だかんだと落ち着いて眠れず3時間睡眠。シャワーは水圧がかなり低いけどお湯は出たので時間をかけて浴びる。用事が終わらず約束の10分遅れでチェックアウト。ホテルに荷物を預け,ハッサン2世モスクへ。英語のツアーに混ざってゆっくり見て回る。それからアジズと教育情報化談義を続ける。彼は小学校教員として日本に1年半派遣され,帰国後は(日本で言う)市教委で仕事をしている。ICT活用については当時の考えをしっかりまとめていて実行に移している。さすがだ。
お昼を食べてから,アジズの車に荷物を載せ,一路,フェズに向かう。休憩を含め約5時間。フェズで夕飯を食べる頃にはもうヘロヘロ。ホテルではネットがロビーだけなので,行ったり来たり。無事に最低限のメールを送り,ブログ更新。さて寝よう。

| | コメント (0)

モロッコ1日目(9/11)

ヘルシンキ空港へ。ラウンジでメール片付け。寄りによってこの海外出張期間は,重要案件で日本とのメールのやりとりがとても多い。フランクフルト行きに搭乗。半分爆睡。フランクフルト空港では遠くのゲートまで歩き,ラウンジでまた仕事。カサブランカ行きに搭乗。ほぼすべて爆睡。深夜24時を過ぎてからカサブランカ空港に到着。入国審査をし,荷物を受け取り,外に出ると,アジズが待っていた。久しぶりに会えてうれしかった。アジズの親戚と旅行エージェンシーの人と一緒に車でホテルへ。深夜2時にチェックイン。ネタのは03:30過ぎ。

| | コメント (0)

フィンランド5日目(9/11)

515253朝,ホテルで,今日限りの通訳の方と合流。タクシーでヘルシンキ市教委へ。ICT導入の様子について詳細にレポートしてもらう。たいへん参考になった。次回は教員研修を担当している方に会いたいと思った。
終了後,3人で和食を食べ,「かもめ食堂」でお茶して,ノブの部屋で荷物整理をさせてもらって,リムジンバスに乗車。ノブはここから1人旅。がんばれ。

| | コメント (0)

フィンランド4日目(9/10)

414243
444546
400ホテルからタクシーで Siltamaen ala-aste 小学校へ。元気な校長先生,教頭先生に迎えられる。ヘルシンキ教委の方々も合流。校内視察と共に,校長先生の学校経営の方針の説明をかなり詳しくしてもらう。学習規律,宿題等の学習習慣,遅進児への徹底的な個別指導,小刻みなステップでの習得から活用への学習活動の変化など,参考になる点が多くあった。
最後はみんなで記念撮影。
その後,3人で最後の晩餐でイタメシ+ワイン。

| | コメント (0)

フィンランド3日目(9/9)

31_232_233_2
35_234_236_2朝食で野阪さんと合流。今回の手配は彼のおかげ。感謝。近況を話した後,ぼくは日本の仕事が山のようにあり(涙),席を外す。ホテルをレンタカーで出発。Torpparinmaen peruskoulu 小中学校へ。校長先生,ヘルシンキ教委の方々にご挨拶。綺麗な校舎を案内していただく。校舎の真ん中にコモンスペースを持ち,それを囲む1F,2Fに教室が並ぶ。その内側には廊下があり,デスクトップPCが並んでいた。学習規律はしっかりしており,基礎的な学習内容を習得し,活用できるようにするための授業展開の工夫を見てなるほどと思った。

| | コメント (0)

フィンランド2日目(9/8)

212223時差ボケもあって夜中に何度か起きるも,必死で寝て,05:30起床。メール片付けをして朝食へ。ホテルは快適,朝食もおいしい。
今日は日曜だし,せっかくの早起きだからと,みんなで散歩へ。スオメンリンナ島に上陸。島を縦断して船で戻る。気候もよく良い日曜日だ。
午後はお約束していた現地在住のジャーナリストである靴家さちこさんとランチをしながらディスカッション。彼女は『「お手本の国」のウソ』の著者の1人で,フィンランド・メソッドという授業方法は現地には存在しないことを執筆している方。これはもちろん,フィンランドの教育に学ぶ必要はないという話ではなく,現地の人にはそのようなメソッドは認知されていないことを語っている書籍。我が国の教育とどう異なるのかという議論に始まり,その後は3.11の報道からメディアに関する学習指導はどうあればいいかという議論まで,充実した時間を過ごすことができた。靴家さんに感謝したい。
というわけでのんびり過ごしたたった1日のお休みはあっという間に終わり,夜はタイ料理を食べ,ホテルのバーで飲み直して寝る。

| | コメント (0)

フィンランド1日目(9/7)

1112UTプロジェクト終了後,銀座に行って鳩居堂でお土産を購入して帰宅。クリーニングを取りに行ったり,出発の準備をしたりして,羽田空港国際線ターミナルへ。つけ麺を食べて(これは余計),出国手続き。ラウンジで仕事。高橋と合流。直前にアップグレードとなるキセキ。機内では前半爆睡,後半仕事をして過ごす。フランクフルト空港で入国手続きをしてラウンジで朝食,一仕事。ヘルシンキ便にトランジット。順調に飛んで,ヘルシンキ空港でノブと合流。バスで街中へ。
ホテルにチェックインして少し休んで,市内中心街の散歩に出かける。ヘルシンキは小さい街だし,高橋は昨年度も来ているので道に詳しく,おかげでよい散歩になった。ヘルシンキ大聖堂を見た後,トラムに乗って,たまたま見つけたミシュランのレストランでおいしい夕飯。ただしワイン飲み過ぎ。というわけでホテルに戻ったらあっという間に撃沈。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(9/1付)

Kbキーボー島アドベンチャーの10年目,2013年8月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 1,143校
登録児童数 158,971人

1年 6,509人
2年 7,042人
3年 29,654人
4年 37,498人
5年 36,674人
6年 38,175人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算16,817人,学校数は5,754校。平成25年度学校基本調査(速報値)によれば,全国の小学校は21,132校。これまでに登録した学校は,その27.2%を占めることになる。
2011年度から全面実施となった小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもあるという学習指導要領の全面実施を受け,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。
ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

UT定例会(9/6)

久々のUT定例会。先日のUT実証校の実践共有と諸動向の確認。アウトプットの方向性などについて議論。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(9/6)

6Fの国研から9Fの情報教育課へ。善後策について打合せ。一段落して3人でランチ。いろいろご苦労をおかけしている。

| | コメント (0)

教育情報共有ポータルサイト検討委員会(9/6)

教育情報共有ポータルサイト検討委員会のため国立教育政策研究所へ。事務局と議事の最終確認。10:00から会議。案件がたくさんだったが,委員の協力で無事に終了。主査として安堵する。

| | コメント (0)

つくばで中央研修(9/5)

独立行政法人教員研修センターで行われているミドルリーダー対象の中央研修のためつくばへ。4週間の研修のうち3週目に「教育の情報化」が1日あり,その担当をする。40名の先生方を相手に1日講義。特にICT活用の具体と,その今日的な意義について,ミドルリーダーの役割を交えながら講義。中央研修の参加者は全国でもトップクラスの前向きな先生方であり,ICT活用の本質はすぐに伝わった模様。こちらもつい真剣に語ってしまった。機材等の協力をいただいた企業のみなさんに感謝。

| | コメント (0)

国研打合せ(9/4)

翌々日の会議のための事務局打合せ。いよいよ実験運用を前に案件が山積。委員がいずれも前向きな方々なので良い方向に進んでいる。

| | コメント (0)

台東区立柏葉中参観(9/4)

T1T2T3石川台から入谷へ。台東区スーパーティーチャー育成事業の一環で,台東区立柏葉中で2名の若手教員のICT活用授業を参観。2名ともたいへん授業力があり頼もしかった。協議会では的を射た意見が出ていた。それを受けて40分ほど講演。

| | コメント (0)

世田谷区立東玉川小参観(9/4)

123世田谷区教委を通してUTプロジェクトとして共同研究をお願いしている東玉川小学校を訪問。新村校長に最近の様子を詳細にお聞きする。川村先生の教室でのタブレットPCを活用した国語の授業を参観。これまでの指導法との共存,効率的な習得と活用など,よい論点で議論ができた。

| | コメント (0)

e-Learning KOREA 2013(9/3)

E1e-Learning KOREA 2013が江南のCOEXで行われているとのことで,出展しているCHIeruのブースに荷物を置かせてもらって見て回る。タブレットPC関係は思ったほどはなく,デジタル教科書関係も同様。すでにそのブームは超えたということか。画面がとにかく大型化しており,それらの展示がとにかく目を引いた。

| | コメント (0)

Hanbit初等学校訪問(9/3)

123
456プロジェクトメンバーがホテルに集合し,一緒にHanbit初等学校へ。校長先生に久しぶりにご挨拶。5年生の教室に行き,算数・線対称な図形の授業を参観する。ICTを活用して児童の興味・関心を引きながら,テンポ良く進む授業に感心する。終了後,校長,教頭2名,情報担当および授業者と一緒に昼食をとりながら授業後のディスカッション。管理職はぼくとだいたい同じ印象を持っていたことがわかって,国は違っても授業観が近いのかなと思った。

| | コメント (0)

ソウルへ(9/2)

お昼を食べて羽田空港へ。国際線ターミナルで搭乗手続き,出国審査をして,ラウンジでシャワー。メール対応をして搭乗。ソウル便は,まだ夏休みと思われる大学生も多く,結構な混み具合だった。現地で共同研究先のチエル川居社長や前田部長,ベンチャーブリッジ社のキム社長やキミさんと合流。おいしい焼肉で食事をしながら明日の打合せ。

| | コメント (0)

玉川な1日(9/2)

大学の夏期休業期間が終わって再稼働の初日。ぼくはその間ずっと出張だったので休んでないけど(涙)。書類がそれなりにたくさん。半日しか時間が取れず半分ぐらいしか片付かず。

| | コメント (0)

学校教材活用指導法研究会合宿2日目(9/1)

早朝から大浴場でのんびり。朝食後,メンバーを3班に分けて新規の取組に関する会議。いずれもそれなりに見通しが得られて成果と役割分担を確認できた。
湯河原駅まで出て,地元が推しているという担々焼きそばをみんなで食べてみる。うーむ。
小田原駅で新幹線に乗り換えて帰京。長旅だったので帰宅後はさすがにぐったり。洗濯しながらうたた寝。

| | コメント (0)

学校教材活用指導法研究会合宿1日目(8/31)

羽田空港から京急で横浜,東海道線で湯河原駅。お昼を食べて宿へ。各メンバーからの取組報告。いずれもそれぞれの立場を活かした取組になっていることに感心。問題意識や姿勢を共有できた。
露天風呂に入ってから夕飯。遅れて参加の人たちも揃い,部屋で二次会。遅くまで盛り上がった。これぞ合宿。

| | コメント (0)

北海道9日目(8/31)

早起きしてシャワーを浴びてチェックアウト。快速エアポートで新千歳空港から羽田空港へ。
北海道教育大学招聘教授としての長い出張が終わった。連日,数十名から100名を超える規模の講演で,対象も演題も違う講演を,日によってはダブルヘッダーで講演する(もちろん違う内容の)という経験は,負荷が高く疲れたけども,よい受講者とたくさん知り合え,道教委ほかのみなさんと断続的に繰り返し議論することができ,学校も3校訪問,VHS関係者と夏セミナーもでき,さらには北教大の首脳陣と教員養成大学・学部および大学院の在り方について前向きな議論ができたことは,ぼくにとってよい財産となった。ブログを書く時間も体力も無かった日々だったケド。
お世話になったみなさま,ありがとうございました。

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »