« 通信教育スクーリング「教育の方法と技術」1日目(12/21) | トップページ | 通信教育スクーリング「教育の方法と技術」3日目(12/23) »

通信教育スクーリング「教育の方法と技術」2日目(12/22)

1_223宿泊先から早朝出勤。スクーリング集中講義2日目。朝から講義内容の確認,印刷。お手伝いスタッフが来てくれる。
講義室へ。昨日と違う場所に着席してもらう。
1限は学校教材について。漢字ドリル,計算ドリルの構成を教える。多くの気づきがある。昨日,教科書の読解をやっているので,それと関連づけて深い読み取りができている。
2限は実物投影機の活用。「わかる授業のためのICT活用講座」を視聴。ICT活用の入口としての実物投影機の活用の意義を理解してもらう。「教師のチカラ」の原稿を読んで確認。
3限はフラッシュ型教材の作成。鉄板ワークショップでスパーク。リーフレット,「教師のチカラ」の原稿を読んで確認。
4限は学校放送番組について。受講生の年齢の幅が広いこともあり,「たんけんぼくのまち」から「ざわざわ森のがんこちゃん」までいろいろな視聴経験が出される。やはり根強い人気は「さわやか3組」。その後,放送法に触れ,最後に振り返りをして終了。
学生たちは2日目になってさらに前のめり。話し合いも発言もうまくなった。真剣な集団を相手に,こちらの教えるボルテージも上がっている。

|

« 通信教育スクーリング「教育の方法と技術」1日目(12/21) | トップページ | 通信教育スクーリング「教育の方法と技術」3日目(12/23) »

「講義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通信教育スクーリング「教育の方法と技術」1日目(12/21) | トップページ | 通信教育スクーリング「教育の方法と技術」3日目(12/23) »