« 「学校教材の使い方 ミニ研修パッケージ」リリース | トップページ | 教育情報共有ポータルサイト検討委員会(2/25) »

新潟大学教育学部附属新潟小訪問(2/24)

123
456朝の上越新幹線で新潟へ。群馬あたりの積雪がものすごかった。もちろん「トンネルを抜けた」あとの「雪国」もすごかった。新潟市あたりは東京より雪がなかった。
新潟大学教育学部附属新潟小学校へ。教員室で齋藤副校長以下,研究部の先生方にていねいにご対応いただいた。長谷川先生@富山大も合流。5校時の片山先生による6年生の総合的な学習の時間の授業を参観。iPadを1人1台活用しての協働学習を中心とした授業。子供たちはよく鍛えられ,学び合う姿からも日頃の指導の質の高さを感じた。対面での学び合いを中心に,XingBoard(XB)によって全児童の考えを共有,グループ分けしていく活動がすばらしかった。6校時の時間を使って片山先生,長谷川先生と3人で協議。授業の質の高さゆえの課題についていくつか提言。その後,プレゼン作成。16:30に全教員が集まっての研修会で45分の講演。「学級力」と「思考力」を研究課題にしている同校に,関連する附属等の研究を紹介。みなさん熱心に聞いていただいた。
K1K2K3場所を変えて街中の居酒屋へ。地元の大関先生も交え,今後のICT活用,デジタル教科書等について語り合いながらおいしい日本酒をいただく。すてきな時間はあっという間に過ぎて,新幹線で帰京。

|

« 「学校教材の使い方 ミニ研修パッケージ」リリース | トップページ | 教育情報共有ポータルサイト検討委員会(2/25) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「学校教材の使い方 ミニ研修パッケージ」リリース | トップページ | 教育情報共有ポータルサイト検討委員会(2/25) »