« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

恩納村立山田小中学校校内研(5/30)

123
4561_22_23_2羽田空港から1便に乗って那覇空港へ。お迎えに来ていただき恩納村立山田小中学校へ。4校時に全校を見て回る。1年前,この研究がスタートした時とは見違えるような学習の落ち着き,授業に真剣に取り組む児童生徒の態度の変容に感心する。5校時は4つの研究授業。近隣校,近隣自治体の先生方も参加。その後,ワークショップ風の授業協議,小中学校の校種に分けた研修を経て,ぼくが75分ほど講義をする。終了後は懇親会で盛り上がる。

| | コメント (0)

ICTを活用した教育の推進に関する懇談会(5/29)

新幹線で上京。文部科学省へ。情報教育課で打合せ。
その後,「ICTを活用した教育の推進に関する懇談会」に出席。前2回が公務とぶつかって欠席だったので久しぶりの参加。今回は6件のヒアリング。いくつかに質問をする。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/28)

H自宅で朝から仕事して少し遅めに出勤。意外と渋滞。共同研究の経費調整,相談。海外出張手配など。特集号業務。メール片付け。原稿執筆。夕刻に学研来研,研究打合せ。重要な案件が短い時間で確定した。その後,食事会。元祖という冷やし中華が美味しかった。

| | コメント (0)

JAPET総会シンポ(5/27)

J2J1芝公園の機械振興会館へ。JAPET総会の途中で入場。関係者にご挨拶。赤堀先生が司会,豊嶋課長@文部科学省,佐藤課長@総務省,高井部長@内田洋行,新井所長@ベネッセ教育総合研究所とともにシンポジウムに登壇。学習者用デジタル教科書の活用と,今後の教育の情報化の推進について,JAET会長および実践研究者としてお話をした。
その後,懇親会に列席。熊谷参議院議員,山中事務次官,徳久総括審議官,前川初等中等教育局長などとご挨拶。中座して仙台へ。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(5/27)

M新幹線で上京。文部科学省へ。玄関先で岡君@元・玉川大学教職大学院にバッタリ会う。高等教育局大学入試室へ。ヒアリング対象としてコメントを述べる。お役に立てていればいいんだけども。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/26)

132昨夜は仙台入りしていた村松君を囲んでの楽しい懇親会。今朝も早く起きて村松君を近所で拾って出勤。研究室に到着しご案内。
2限「メディア・リテラシー」では,村松君に知的財産教育に関するゲストトークをお願いした。簡単なワークショップも実施してもらい,院生たちの知的財産に対する印象が変わっていった。たいへんありがたい。
予約していた工学部のレストランでランチ。菅井さん研究打合せ。JSET特集号編集委員会業務。原稿書き。明日の説明資料作成。

| | コメント (0)

New Education Expo での「UTセッション」にお越しください

New Education Expoは,東京は6/5-7,大阪は6/20-21とのこと。例年のようにUTプロジェクトの研究報告を行うことになっていて,今年は以下の日程。

東京:6月7日(土)16:00-18:00,T48
大阪:6月20日(金)16:00-18:00,O16
申し込みはすでにスタートしており,先着順なので,興味がある方は早めにお申し込みを。お間違えなく。

今年度のUTセッションの概略を以下に書いておく。
UTプロジェクトは,2013年度が第2期の2年目で,2014年度が3年目(最終年度)となっている。第2期は,世田谷区教育委員会および世田谷区立東玉川小学校にご協力をいただき,フューチャースクール等の「国による特別な研究指定校」ではなく,地方自治体が児童生徒1人1台のタブレットPC環境を整えようとした時の困難点,課題,教員の不安,学習成果等について,「現実的な」実証を行ってきた。
当日は「普通教室での1人1台のタブレット端末環境、導入から活用までのポイント」と題し,具体的なシステム設計についてプロジェクトメンバーから,実践の様子については世田谷区立東玉川小学校の川村健輔先生から,同校の教員への調査については高橋から,同校の児童への調査については野中先生から報告をする。その上で,同様にタブレットPC環境の整備と実践を進めている荒川区から,荒川区立第三峡田小学校の大塚昌志校長においでいただき,世田谷区で起こったことが荒川区ではどうか,少し先を行く荒川区が迎えている成果や課題は何かなどについてお聞きしていく。
おそらく,今後,モデル校等で1人1台のタブレットPC環境を検討している自治体の方には,現実的な話が聞け,お役に立てると思う。実践よりその前の整備,研修等の課題も掘り起こす予定だ。

お申し込みはこちらから。

| | コメント (0)

若い教師たち集まれ!(6/8)

Jees千葉大学の藤川先生やぼくが理事となっている,NPO法人「全国初等教育研究会」(通称:JEES)では,6月8日(日)13:00-15:30に「ホテル椿山荘東京」において,若手教師を支えるためのシンポジウムを実施する。
JEESは,悩みを抱えながら努力をしている多くの若手教師に対して,さまざまな応援の仕方で取組を進めている。今回のシンポジウムにおいては,NHK「プロフェッショナル」でも取り上げられ,「ほめ言葉のシャワー」の実践で有名な北九州市の菊池省三先生に,若手へのエールとして特別講演をいただくこととなった。学級経営の基礎を学ぶことができると思う。
若手教師の数は膨大になり,彼らのがんばりと,それを支援する営みは,今日の重要な教育課題だと思う。ぜひ多くの若手教師,彼らを支援する側の先生方にご参加いただければと思う。
申し込みはこちら。チラシ(pdf)はこちら。プレスリリース(pdf)はこちら

| | コメント (0)

チエル研究プロジェクト会議(5/24)

朝から品川でチエルとの共同研究のプロジェクト会議。関連するシステム開発の現状,実践の現状と,考え方について共有。

| | コメント (0)

EDIX(5/23)

EEDIXへ。最終日の最後の1時間に滑り込み。そんな時間帯にも関わらず大盛況。電子黒板はTV型がほぼ姿を消し,スクリーンの大型化が著しかった。久しぶりに鈴木君@元・玉川大学教職大学院に会ってうれしかった。

| | コメント (0)

パナソニック教育財団助成金贈呈式(5/23)

お台場へ。パナソニック教育財団の研究助成金の贈呈式へ。くるま座ディスカッションで特別研究指定校への助言を担当。

| | コメント (0)

教育同人社打合せ(5/23)

新幹線で上京。教育同人社へ。漢字指導法に関する共同研究の打合せ。よい研究になりそうだ。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/22)

S小雨の中出勤。出張中の会議資料の整理。出張中に届いた郵便等の整理。査読。福島県新地町教委来研。齋藤君研究打合せ。メディア情報学講座の会議。人間社会情報科学専攻の専攻会議。夜は専攻としての歓迎会。

| | コメント (0)

秋田県総合教育センターで講演(5/21)

1秋田へ。あいにくの天気の中,秋田県総合教育センターへ。到着するも,どこに行けばよいかわからずちょっと迷う。ようやく会場に到着し,段取りを確認。ICT活用についての公開講義では,所長・副所長もお越しいただき,ワークショップにもご参加いただく。実物投影機の具体的な活用,フラッシュ型教材の価値等について話す。その後の情報モラルの指導法の講座では,実際に教材を見てもらいながら,校種や学校固有の違いを想定して具体的な実践の方法について話す。疲れた1日。

| | コメント (0)

教育におけるICTの利活用促進をめざす超党派国会議員政策勉強会(5/20)

国会議員が超党派でICT利活用促進に関して勉強会を実施しているとのことで,アドバイザー役として数名の大学教授等が指名され,その発起集会のような会合が行われた。遠藤衆議院議員@自民党,中川元文部科学大臣@民主党,原口元総務大臣@民主党などたくさんの議員が参加。アドバイザー側は,小宮山元東大総長のほか,赤堀先生@JAPET会長,蔭山先生@立命館大,中村先生@慶應義塾大ほか。豊嶋課長@文部科学省,佐藤課長@総務省等も参加。個人的には事務局役の石橋参議院議員@民主党と久しぶりにゆっくり話せたのがうれしかった。

| | コメント (0)

JAET:学校情報化認定準備委員会(5/20)

JAETへ。野中副会長を委員長として,「学校情報化認定」を制度設計する準備委員会の第1回会議。管理職のための戦略的ICT活用(J-SLICT)を推進してきた山西先生@JAET元会長,学校の情報化に詳しい新地先生@宮崎大,豊田君@和歌山大などが委員となって,夏までに目処をつけ,秋のJAET全国大会で広く告知,ワークショップ等を行って,年度後半には第1回の認定に入る見込みで作業を進める。次の会議があって中座。

| | コメント (0)

中尾さん研究打合せ(5/20)

新幹線で東京へ。中尾さんと研究打合せ。日本教育工学会に採録決定となった論文の次の企画。データはすでにあるのでまとめ方について議論。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/20)

いつもの時刻に出勤。崔さん研究相談。文部科学省関係の確認をしているうちに出発時間。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/19)

2限「メディア・リテラシー」は輪講。熱心で優秀な院生たちだけに着々と進行。お昼を食べて相沢君研究相談。教育出版来研,社会科教科書について。ぼくは編集委員の1人。教育同人社来研,次の出版の計画など。

| | コメント (0)

週末の探検(5/18)

123予定していた来客が来ないことになり,あるようでない仙台にずっといる週末となった。そこで,秋保温泉にドライブがてら出かけてみた。温泉でのんびり。そんな日もいいよね。
さてこれから査読。そして原稿書き。

| | コメント (0)

Jokerの会(5/17)

J1J2J3「情報活用型授業を深める会」,通称:Jokerの会に参加。この会は,宮城・仙台地区の教育の情報化に興味のある先生方が,稲垣君を中心に集まっている会で,JAETの団体会員でもある。ぼくが仙台に着任して最初の会だったので,中座となって申し訳なかったが顔を出させてもらう。

| | コメント (0)

東北大学教育情報学研究部/教育部で研究会に参加(5/16)

123
456東北大学には教育情報学研究部/教育部という大学院相当の部局がある。ぼくが所属する情報科学研究科とは別の部局だが,教育工学,とりわけICT活用による教育実践支援の研究が多く進められている。先般,ここの渡部先生にご挨拶に伺ったことによるご縁で,研究会が企画されることとなった。ぼくはまず冒頭に1時間ほど,自分のやってきた研究の紹介をした。その後,三浦先生@東北福祉大,佐藤先生@東北大学教育情報学研究部,中島先生@同の研究報告があり,実のある議論が続いた。
終了後は名掛丁に出て懇親会,2次会。解散後,連れて行った板垣@宮教大院と相沢@情報科学研究科院と3人でつけ麺。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/16)

朝からEPSON来研。資料作成。JSET特集号編集委員会業務。査読。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/15)

少し時間をずらして出勤。加納先生@山形大来研。午前中は窪先生,和田先生を交えて研究打合せ。午後はメディア情報学講座ゼミ。その後,相沢君@篠沢研,後藤君と研究打合せ。楊君にコメント。JSET特集号編集委員会業務。帰宅したら22時を回っており,それから明日の資料作成。今日は文部科学省で「ICTを活用した教育の推進に関する懇談会」が行われたけど,こんな調子で本務のために欠席となってしまい申し訳ない。

| | コメント (0)

New Education Expo 東京で「UTセッション」(6/7)

New Education Expo 東京は,今年は6/5-7とのこと。例年のようにUTプロジェクトの研究報告を行うことになっていて,今年は6月7日(土)16:00-18:00の最終セッションとのこと。申し込みはすでにスタートしており,先着順なので,興味がある方は早めにお申し込みを。セッション番号はT48。お間違えなく。

今年度のUTセッションの概略を以下に書いておく。
UTプロジェクトは,2013年度が第2期の2年目で,2014年度が3年目(最終年度)となっている。第2期は,世田谷区教育委員会および世田谷区立東玉川小学校にご協力をいただき,フューチャースクール等の「国による特別な研究指定校」ではなく,地方自治体が児童生徒1人1台のタブレットPC環境を整えようとした時の困難点,課題,教員の不安,学習成果等について,「現実的な」実証を行ってきた。
当日は「T48:普通教室での1人1台のタブレット端末環境、導入から活用までのポイント」と題し,具体的なシステム設計についてプロジェクトメンバーから,実践の様子については世田谷区立東玉川小学校の川村健輔先生から,同校の教員への調査については高橋から,同校の児童への調査については野中先生から報告をする。その上で,同様にタブレットPC環境の整備と実践を進めている荒川区から,荒川区立第三峡田小学校の大塚昌志校長においでいただき,世田谷区で起こったことが荒川区ではどうか,少し先を行く荒川区が迎えている成果や課題は何かなどについてお聞きしていく。
おそらく,今後,モデル校等で1人1台のタブレットPC環境を検討している自治体の方には,現実的な話が聞け,お役に立てると思う。実践よりその前の整備,研修等の課題も掘り起こす予定だ。
お申し込みはこちらから。
ちなみに,1つ前の記事の「JEESシンポジウム」と連日になっているのでお得かも?

| | コメント (0)

第2回JEESシンポジウム(6/8)

ぼくが理事を務めている,NPO法人全国初等教育研究会(JEES)の第2回シンポジウムが2014年6月8日(日)午後に行われる。昨年度の第1回が大好評だったこともあり,今回も「ホテル椿山荘東京」で行われる。ちなみに田中角栄邸のすぐそばなので東京名所巡りとしても良い。
JEESのミッションは若手教員の支援なので,今回もテーマは「授業力をつけよう,若手教師たち!」となっている。柳瀬理事長のご挨拶の後,2部構成となっており,第1部はパネルディスカッション。パネリストには,筑波大学附属小学校の算数指導で有名な盛山先生,ICT活用を中心に若手教員に手をさしのべている笠岡市教育委員会の高橋先生,ご存じ藤川理事@千葉大をお迎えし,ぼくが進行役を務める。
第2部は,褒め言葉のシャワーで有名,NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」にも登場した菊池省三先生をお迎えした特別講演。これは聞き甲斐があるだろう。
会場の関係で,定員は150名。参加は無料。終了後には登壇メンバー等とも話せる懇親会(立食パーティー)が企画されており,JEES会員なら無料(会員登録は3,000円,こちらから)。チラシはここ(pdf)にあるので,ぜひ周囲の若い先生,あるいは若い先生を支えている方々をお誘いあわせの上,早めのお申し込みを。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/14)

T朝から事務処理,ポスドク志柿君との研究打合せ。お昼のサンドイッチを食べて,全学の新任教員研修のため川内キャンパスへ。終了後,青葉山キャンパスに戻って残務整理。JSET特集号の対応。
今日は中教審道徳教育部会や,ICT活用の推進に関する懇談会の実施日だったが,本務優先ということで欠席となった。申し訳ない。

| | コメント (0)

エルモ打合せ(5/13)

新幹線で上京。少し時間があったのでメール処理。お約束の場所の近くで林社長@エルモに会う。近況を報告しあう。終了後,最終の新幹線で帰仙。

| | コメント (0)

仙台市教育センターで講演(5/13)

S仙台市教育センターへ。土地勘がないので早めに出たら早く着きすぎる(涙)。コンビニで待機。センターに入り,今野所長ほかみなさんにご挨拶。セッティングをして講演開始。受講者は同センター指導主事,研修生,指導員等のみなさん。みなさん熱心に聞いていただいた。今日はICT活用の考え方,教員の授業力量との関係,指導主事の役割等について。終了後,上京。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/12)

Ishi1Ishi2Ishi3昨夜から仙台入りしていた石塚さんをホテルに迎えに行って出勤。わざわざ来仙してくれたのに夕飯につきあえずに申し訳なかった。研究室に到着し,科研打合せ。
2限「メディア・リテラシー」では,石塚さんにゲストトークをお願いした。我が国における情報科学教育について,とりわけComputer Science Unpluggedについて,ワークショップも含めて紹介してもらった。おかげで院生たちにはよい刺激となったし,いい議論になった。
予約していた工学部のレストランでランチ。石塚さんを見送った後,菅井さん研究打合せ。槇さん研究打合せ。脇本君@青学が来研,研究打合せ。帰宅後,明日の講演のプレゼン作成。

| | コメント (0)

ダウン(5/9)

文部科学省での打合せの頃から頭痛はしていた。前夜に夜更かしで資料を仕上げたことも原因だろう。思えば異動が決まり,引越をし,無事に着任して,ようやく落ち着いたこともあって,ドッと疲れが出たのかも知れない。UT定例会終了後はフラフラ気味で,高橋とタクシーで永田町まで行ったけども,その後の予定はキャンセルさせてもらい,ホテルで休む。翌朝,日本教育工学会の事務局会議,編集委員会,理事会のすべてを欠席させてもらい,仙台に戻って寝続ける。日曜日も寝たり起きたりして過ごす。参った。

| | コメント (0)

UT定例会(5/9)

内田洋行との共同研究の第2期第3年次の第1回の定例会。今年度の方針,スケジュール等の確認。New Education ExpoでのUTセッションの打合せ。東京は最終日の最終トラックで実施。ぜひお申し込みを。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(5/9)

新幹線で上京。文部科学省へ。情報教育課での1つめの打合せで時間をとってしまい,2つめは簡単に,3つめも慌ただしくなってしまい申し訳なかった。その後,高等教育局の大学入試課へ。大きなお仕事だけどぼくには荷が重いなぁ。
打合せに余裕があったら他の課にも顔を出そうと思っていたのだけど余裕がなく,いつものカレーを食べて次へ。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/8)

仙台白百合女子大学から青葉山に直行。途中お昼を食べる。到着後,お礼メール書き。JSET特集号関係の判断。日程調整等。文部科学省の宿題の分析と報告書案の執筆の仕上げ。帰宅後,続きをやって,朝方になる(涙)。

| | コメント (0)

山口先生@仙台白百合女子大を訪問(5/8)

S山口榮一先生。玉川大学教職大学院でお世話になった方だ。教育学者の村井実先生や,教授工学者の沼野一男先生のお弟子筋にあたり,ぼくは以前から山口先生のご著書で勉強してきた。教育工学の中でも,教師が教えるという行為を研究する「教授学」に近い領域でICT活用を研究してきたぼくには,山口先生は大先輩にあたる方だ。
偶然にも玉川大学教職大学院では同僚となる幸運に恵まれた。山口先生は一昨年度をもって玉川大学をご退職され,仙台白百合女子大学にご転勤となった。このたびぼくが東北大学に着任するにあたって,ぜひご挨拶に伺いたいと申し出て,本日の訪問となった。
初めて行った仙台白百合女子大学は,高台にあって景色もよく,とても閑静で綺麗な大学だった。山口先生は人間発達学科の学科長に就任され,お忙しくされている折の訪問となった。山口先生は相変わらずの口調で,懐かしさがこみあげた。
牛渡学長ともご挨拶し,また先日の有田先生のお通夜でお会いした沼澤先生ともお話しすることができた。人のつながりに感謝する時間だった。

| | コメント (1)

東北大な1日(5/7)

GWで疲れたのか(?)朝は少しだけテンション低め。出勤してメール片付け。事務手続きについて質問メールなど。PC接続し直し。学振推薦書を2つ作文,コピー等。某人選に悩む。あとは某調査の分析でにらめっこ。

| | コメント (0)

有田和正先生の御通夜(5/6)

GW最後の日に江古田に行く。出先からなので普通のスーツだったけど,有田先生に最後のご挨拶をしたかった。方々の有名人が全国からお越しになっていた。有田先生が津々浦々にまで普及の努力をされていた証だろう。
ぼくから見れば有田先生は,若いうちは本の中の人だった。教員時代は,数学科卒にも関わらずなぜか社会科の仕事が回ってくることが多く,有田先生の本もたくさん読んだ。次第に社会科教育がおもしろく感じられるようになった。教員時代は筑波大学附属小学校での授業公開を見に行ったものだ。ぼくが大学に転じてからも有田先生の書籍は必ずチェックした。有田先生の著作は社会科教育に留まらず,学習技能や教師の在り方に及んでおり刺激になった。40歳を過ぎて,「愛される学校づくり」フォーラムのお仕事でご一緒させていただくようになった。これまで本の中の,壇上の人だった有田先生が,とても身近に感じられるようになった。ご自身はICT活用はされなくても,かなり本質的なご指摘をいただくことが多かった。
大きな大きな,まさに巨星だった。ご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0)

GW

H1H2H3GWは浜松祭とかビアガーデンとか。のんびり。

| | コメント (0)

米沢市立東部小校内研(5/2)

123
456仙台駅から新幹線で福島駅,乗り換えて米沢駅へ。金校長がお迎えに来てくれる。藤田事務局長・金村課長@パナソニック教育財団と合流。学校に到着して情野教頭とご挨拶。3校時に1・2・6年,4校時に3・4・5年の授業を参観。いずれもICT活用に取り組んでいた。5校時は落合研究主任を交えて本校の研究の方針について説明いただく。その後,研修の場に同席。先生方の話し合いを見た後に講演。パソコンが珍しくブルースクリーンになったりしてビビったけど,無事に講演は終了。先生方が前向きで助けられた。その後,首脳陣と校長室で話をして米沢駅へ。この学校はパナソニック教育財団の特別研究指定校で,ぼくはこれから2年間お手伝いをする担当となっている。

| | コメント (1)

キーボー島利用状況(5/1付)

Kbキーボー島アドベンチャーの11年目,2014年4月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 510校
登録児童数 84,464人

1年 3,740人
2年 4,144人
3年 15,917人
4年 19,754人
5年 19,157人
6年 19,692人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算17,441人,学校数は5,921校。平成25年度学校基本調査によれば,全国の小学校は21,131校。これまでに登録した学校は,その28.0%を占めることになる。
2011年度から全面実施となった小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもあるという学習指導要領の全面実施を受け,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。
ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/1)

C朝起きて,もう5月なのーと叫びたくなる。怒濤の1ヶ月だった。
結構な大雨の中,出勤。安藤先生・板垣君@宮城教育大来研。新幹線が遅れた登本さん@玉川学園高等部が来研,研究打合せ。いい議論になった。
工学部のカフェまで歩いてランチ。戻ってメディア情報学講座ゼミ。吉田さん@相模女子大を交えて情報リテラシー教育プログラムの先生方と議論。相沢君研究相談。後藤さん研究相談。佐々木さん研究相談。ぐったりして研究室。あっという間の1日だった。

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »