« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

久々の再会(9/30)

Dかつてぼくが文部科学省・参与として初等中等教育局参事官付(情報教育担当)で勤務していた時,左側の席は嶋貫参事官,右側の席は総務省から出向されていた坂中調整官だった。坂中調整官はその後,総務省に復帰され,いくつかの部局を回った後,NICT(独立行政法人情報通信研究機構)を経て,東北大学電気通信研究所に特任教授として着任された。先般,そのことがわかり,一献しましょうということになった。
今日,初めて片平キャンパスに足を踏み入れ,古い建物の電気通信研究所の廊下の奥で,坂中さんの笑顔を久しぶりに見た。しばらく研究室で話をし,それから居酒屋で懐かしい日々とそれからの歩みを語り合った。とても懐かしい時間だった。

| | コメント (0)

【予告】情報リテラシー連続セミナーの開催について

東北大学大学院情報科学研究科「情報リテラシー教育プログラム」では,2014年11月より「情報リテラシー連続セミナー」を実施する。場所は東北大学片平キャンパスにある「片平北門会館」のエスパスにて(この地図のA01)。仙台駅からタクシーで10分弱。
申し込みはまもなく情報リテラシー教育プログラムのWebサイトでスタート。定員は毎回40名。参加費は無料。終了後は講師とコミュニケーションできる懇親会アリ(こちらは有料)。
第1回から第4回の登壇者(予定)は以下の通り。ご快諾いただいたゲストスピーカーのみなさんに感謝。

■第1回
2014年11月01日(土)14:00-17:00
「我が国における情報リテラシー教育の動向」
堀田龍也(Tatsuya HORITA)
東北大学大学院情報科学研究科・教授

■第2回
2014年12月20日(土)14:00-17:00
「小学校における情報リテラシー教育の実践」
片山敏郎(Toshiro KATAYAMA)
新潟大学教育学部附属新潟小学校・教諭

■第3回
2015年01月31日(土)14:00-17:00
「学校放送番組と情報リテラシー
宇治橋祐之(Yuji UJIHASHI)
NHK放送文化研究所メディア研究部・主任研究員

■第4回
2015年03月07日(土)14:00-17:00
「情報活用スキルと学校図書館」
塩谷京子(Kyoko SHIOYA)
関西大学初等部・教諭/司書教諭

| | コメント (0)

東北大な1日(9/30)

東京駅で内田洋行と打合せ後,新幹線で仙台。タクシーで大学へ。共同研究の機材受け取り,「情報リテラシー連続セミナー」企画など。広島教販来研,研究打合せ。いくつかの事務処理。学内の電気通信研究所を訪問。

| | コメント (0)

恩納村立山田小中校内研(9/29)

123
456ホテルを早めに出て恩納村立山田小中学校へ。2校時は4年生の教室で飛び込み授業を参観。指導している内容は同じでも,突っ込み具合やテンポが異なることが伝わったか。3校時,4校時,漢字学習モジュール,5校時を参観。その後,協議会,実践報告,模擬授業を経てぼくから助言。学力調査でいうところのA問題の指導の確実性を増すと共に,次第にB問題に成果が出る指導法へとシフトしていく必要を語った。
12月5日(金)の公開研究会で本校のがんばりの様子を見ることができるだろう。
終了後,急いで空港まで送ってもらい,最後にゴーヤチャンプルと泡盛をもう一度楽しんでから遅延した飛行機に搭乗。都内まで帰還。

| | コメント (0)

沖縄へ(9/28)

O砺波市から小松空港経由で仙台に戻ったのが土曜日。空港から直接車で秋保温泉に行って少しだけのんびり。
日曜日は朝から電車で仙台空港に行き,沖縄便に搭乗。那覇空港にお迎えに来てもらい,仲間と合流してホテルへ。着替えて北谷ビーチへ。山田小中学校の先生方とみんなでバーベキュー。とっても楽しかった。終了後は三線の演奏を聴きながら二次会。

| | コメント (0)

砺波市立砺波東部小校内研(9/26)

123教務主任の宮崎君にお迎えに来てもらい,砺波市立砺波東部小学校へ。大浦校長とご挨拶。まずは本校の研究の概要,現状などを伺う。ぼくがお手伝いできるのは今回だけで,次回は公開研本番となる。状況を理解した上で2校時,3校時,4校時と3つの授業をみっちり参観。給食時に校長先生と意見交換,助言の方向を確定する。午後はスキルタイムを覗いた後にプレゼン作成。その後,協議会で先生方の授業を拾いながら助言講演90分。良い感触だった。11月14日(金)の公開研に向けてラストスパートをがんばってほしい。

| | コメント (0)

東北大な1日(9/25)

少しゆっくりめに出勤。学研から5名が来研,コンテンツビジネスのモデルや,情報活用能力の育成について議論。午後はチエルマガジンの取材に対応。雨の中,高速で仙台空港へ。小松空港に飛び,宮崎君にお迎えしてもらって,明日の校内研の打合せをしながらホテルへ。

| | コメント (0)

東北大な1日(9/24)

久々の出勤。たまった書類の山と格闘。富樫君@チエル来研,CALL打合せ。原稿書き。早めに研究室を出てドコモショップ。帰宅後,荷物整理と出張準備,書きかけていた原稿3本を片付けるも朝の4時就寝(涙)。

| | コメント (0)

村松研・安藤研合同合宿に参加(9/23)

123宮城教育大学の安藤研究室と,信州大学の村松研究室という我が国の技術科教育の実績を上げている2つの研究室の合同合宿が仙台にて行われた。東京から帰仙して相沢を拾って宮城教育大学へ。稲垣君@東北学院大とゼミ生も参加。この日は2日目で,3日目に実際に中学校で行う情報モラルの授業の詰めを繰り返しており,ぼくがその模擬授業を見てコメントするという役。学生たちの一生懸命さ,2つの研究室の熱心さとひたむきさが伝わってきた。指導教員の良さなのだろう。その後,秋保温泉の合宿所に行き,バーベキュー。楽しい時間だった。寒かったケド。

| | コメント (0)

JAET常任理事会(9/22)

JAETに早めに行って事務局と会議進行の最終確認。JAETは常任理事会が中核の意思決定機関なので慎重に会議を進める。京都大会の丁寧なご準備に頭が下がる思いだった。ホテルでホッとしてワインを飲んで寝る。

| | コメント (0)

情報活用能力調査に関する協力者会議(9/22)

何とか復活して上京。文部科学省へ。市川伸一先生@東大が主査の「情報活用能力調査に関する協力者会議」に出席。調査結果等の説明があり,非公開で行われた。来月には結果が公表される見込み。次の教育課程への組み込みが期待されるところ。

| | コメント (0)

JSETの3日間(9/19-21)

夏の長い出張続きの日々の中で身内の不幸が2つあり,その後に渡英して3泊で帰国した直後の教授会を終えての岐阜入りだったが,すっかり体がダウン気味。全国大会の前夜に深夜入りしてそのままダウン。翌朝はがんばって学会に行き,午前中の連名発表を聞き,それから理事会準備,理事会の議事録作成と続いたが,夕方からはやはりダウン。2日目は早朝に起きて自分の発表のプレゼンの最終調整をし,無事に発表を終えることができた。多くの方々に聞いていただけたことを感謝したい。その後は,董先生にご挨拶し,総会準備,総会への立ち会いをし,午後のシンポに入る前にまたまたしんどくなってダウン。懇親会も欠席(涙)。3日目は申し訳ないが会議を欠席させてもらい重い体を引きずって浜松に帰って休む。もうトシだな。

| | コメント (0)

日本教育工学会(JSET)で研究発表(9/19-21)

日本教育工学会(JSET)の今年度の全国大会は,9/19-21に岐阜大学で行なわれる。ぼくの関係する研究発表は以下の通り。

堀田龍也, 高橋純, 野中陽一, 森下誠太, 井上信介, 中尾教子, 佐藤喜信, 青木栄太(2014.9)
公立小学校への1人1台分の情報端末を備えた授業環境の導入初期のケーススタディ
日本教育工学会第30回全国大会講演論文集, pp.355-356

佐藤和紀, 堀田龍也(2014.9)
メディア・リテラシー教育の初心者教員による授業設計に関する分析の試み
日本教育工学会第30回全国大会講演論文集, pp.91-92

高橋純, 稲場恵美, 堀田龍也(2014.9)
小学校におけるタブレット端末を活用した実践事例の分析
日本教育工学会第30回全国大会講演論文集, pp.357-358

木原俊行, 野中陽一, 堀田龍也, 高橋純, 豊田充崇, 岸磨貴子(2014.9)
ICT活用に対する熱意に影響を及ぼす要因の政治的・社会的検討-ベテラン教師たちの実践史の比較検討を通じて
日本教育工学会第30回全国大会講演論文集, pp.45-46

| | コメント (0)

東北大な1日(9/18)

時差ボケであまり眠れず,眠い1日となる。午前中はたまった書類を片付ける。午後は講座会議,専攻会議,専攻人事教授会等。一度帰宅して荷物を持ち替えて,仙台→東京→名古屋→岐阜。

| | コメント (0)

英国4日目(9/16)

1_22_23_2朝からタクシーを拾うのに苦労し,さらに大渋滞に巻き込まれる。なんとかSacred Heart RC Primary School, Roehamptonに到着。Tony先生に4年生のUnpluggedなComputingの実践を見せてもらった。
終了後,バスでBarns駅に出て,overgroundでWaterloo駅へ。今回のコーディネートをお願いしたSueさんとお会いして御礼のランチをご一緒に。石塚さんと別行動になって,Baler Street駅へ。Japan Societyを訪問し,Heidiさんと近況の共有,Hirokoさんと来日訪問団の日程の現状確認など。ホテルに戻って荷物をピックアップしてヒースロー空港へ。慌ただしい3泊の渡英も無事終了し帰国の途へ。ところが東北新幹線が大幅遅延という罠(涙)。

| | コメント (0)

英国3日目(9/15)

123早朝から原稿書き。朝食を食べて,Victoria駅経由でovergroundに乗ってEast Dulwich,バスに乗り継いでGoose Green Primary School, Southwarkを訪問。4-6年生の上位クラスにおけるComputingの授業を視察。「アルゴリズム」「プログラム」という用語の導入と,Logoiに近いコマンド列による制御をunpluggedで行なう実践。Alina先生に詳細をいろいろと伺うことができた。
456Southfields駅に移動し,wimbledonのテニスコートに行き,それからRonald Ross Primary School, Wimbledonを訪問。こちらではIain先生に2年生のunpluggedの実践。こちらはより体験的な実践だった。終了後にいろいろ話を聞くことができた。
夜はHer Majesty Theatreでオペラ座の怪人を鑑賞。ホテルに戻って眠くてダウン。

| | コメント (0)

英国2日目(9/14)

L11L12L13時差ボケで夜中に起きるもののがんばって寝続けたが早朝起床。朝食,散歩。今日は休日なので観光地を駆け足で回る。石塚さんと月・火の動き確認。原稿書き。

| | コメント (0)

英国1日目(9/13)

L1L2羽田空港国際線ターミナルへ。石塚さんと合流。ラウンジで腹ごしらえして搭乗。機内でWi-fiサービスが始まっているので試してみる。20MBで20ドル。結構高い。機内で相棒IIIを見て,3時間ほど寝て,原稿を書く。
16時過ぎにロンドン・ヒースロー空港着。到着がターミナル2になっていた。綺麗だし空いているし,入国時のあの混雑がなくなった分,ずいぶん楽に。石塚さんと合流して,地下鉄ピカデリー線でGloucester Roadへ。夕飯を食べ,ギネスを飲んで早々と寝る。

| | コメント (1)

UT定例会(9/12)

UT定例会のために新川の内田洋行へ。実証校での調査データをもとに議論。JSET発表の確認。情報端末導入に関する情報共有等。

| | コメント (0)

文部科学省へ(9/12)

情報活用能力調査の件,概算要求の件など。

| | コメント (0)

東北大な1日(9/10)

北海道から急いで戻り東京泊,翌朝早くに仙台へ。自宅に行き諸準備。大学で長い出張期間中の業務をざっと片付け出張準備をして退勤。

| | コメント (0)

北海道訪問まとめ

Taiki_3北海道教育大学招聘教授としての業務で,8/30-9/9に北海道に滞在した(うち1日は内閣官房と文部科学省と台東区の仕事で北海道から日帰り上京したけども)。北海道教育大学は北海道教育委員会と連携し,教職大学院の院生受入や研修のタイアップをしている。北海道教育委員会は学力向上を重点施策に置き,これに学校を上げて取り組む「学校力向上」のための事業を企画・運営している。今回の滞在中にぼくは,北海道教育大学の特別講義,公開講座(エデュケーション・アゴラ)のほか,タイアップ研修である道内指導主事・中核教員に対する研修を行なったほか,学校力向上の指定校3校を訪問し,授業参観の上,指導助言を行なった。連日の長丁場での講義・講演は相当な体力を奪われたけど,北海道の教育が着実に前進していることを感じる日々だった。
この写真(クリックで拡大)は最後に訪れた大樹町(帯広市の南)の小学校でのもの。教務主任の西田先生が同校の取組をプレゼンされたのだが,その最後のスライドだ。研究指定校でありながら「あたりまえのことをあたりまえに教える」と言い切る潔さ。訪問した3校にはいずれも同じ空気があった。見栄えだけが良い研究授業をやめ,児童に集団での過ごし方のルールを教え,着実に基礎・基本を身に付けさせること。美辞麗句や流行にばかり乗せられず,地味だけど地道なことに全校体制で取り組むこと。こういう「覚悟」がある学校では,校長先生の卓越したリーダーシップ,教頭や教務主任,研究主任の戦略的な行動,笑顔で謙虚な教員たち,影武者ながらいいところをついてくる事務職員の姿を見ることができる。ぼくだってこの学校を応援したいと思うようになるのだから,保護者も地域もきっと同じ気持ちになることだろう。

| | コメント (0)

大樹町立大樹小訪問(9/9)

123十勝局の横山課長にお迎えに来ていただき大樹長に向かう。約1時間の道中,この地区の豊かさや課題について伺う。学校では久しぶりにお会いした板屋校長が満面の笑顔でお迎えくださった。小林教育長も同席され,最近の様子を伺う。先生方に職員室でご挨拶後,全校の授業を見て回る。道教委指導主事がシャドーイング。3年目で3回目の訪問だが,年々良い学校になっているのがよくわかった。学力調査の結果はA問題で全国平均を越えた本校が何に重きを置いて指導してきたか,そこが道内でしっかりと共有されたらいいなと願う。
終了後はとかち帯広空港に送ってもらう。懇親会に出られずスイマセン。東京へ。

| | コメント (0)

帯広へ(9/8)

OO2O3大曲小を出て,公用車で南千歳駅。川端課長と合流。
特急おおぞらに乗って帯広へ。車中は文部科学省の調査報告書の原稿。
無事に帯広に到着。とても涼しい。何かの手違いでお迎えの公用車は来ていなくて,古内君にホテルまで送ってもらい感謝。
夜は十勝教育局関係者と懇親会。コーンの天ぷらと,名物の豚丼がおいしかった。

| | コメント (0)

北広島市立大曲小訪問(9/8)

123道教委の公用車で北広島市立大曲小学校へ。横藤校長先生にお迎えいただく。ほぼ半年おきに訪問していることになる同校だが,どんどん学校が綺麗になり,教室環境が整理され,先生方の指導の統一感が向上していることがわかる。3校時に低学年と特別支援学級,4校時に高学年の授業を参観。給食後,ベテランに明確な学習課題の提示と振り返りの時間の設置の努力のお願い,全教員に対して学習規律の価値に関する確実な理解と徹底を促すことを主とした指摘。

| | コメント (0)

東北大学大学院情報科学研究科合格発表(9/5)

東北大学大学院情報科学研究科では,平成26年10月/平成27年4月入学希望者に対する,博士前期/後期課程の一般/進学/推薦/編入/留学生/社会人入試の合格発表が行なわれた。ぼくが着任して最初に関わった入試で,いずれ受け入れる院生たちが決まったことをうれしく思う。いい研究成果を彼らが出していけるようしっかり教育していきたい。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(9/1付)

Kbキーボー島アドベンチャーの11年目,2014年8月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 1,110校
登録児童数 157,247人

1年 5,730人
2年 6,476人
3年 30,374人
4年 37,559人
5年 36,422人
6年 37,272人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算17,939人,学校数は6,062校。平成25年度学校基本調査によれば,全国の小学校は21,131校。これまでに登録した学校は,その28.7%を占めることになる。
2011年度から全面実施となった小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもあるという学習指導要領の全面実施を受け,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。
ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

校務情報化支援検討会(9/6)

K1K2K3第7回の校務情報化支援検討会は,札幌市立幌西小学校を会場に行なわれた。会場提供をしていただいた同校の先生方に感謝したい。同校の学校経営の様子を参観し,関係者からいろいろな話を聞くことができた。その後はいつものように研究のこと,出版のこと,通知表コンテストの審査等。

| | コメント (0)

文部科学省へ(9/5)

霞が関へ。大臣官房,文部科学省情報教育課で打合せ。ちょうど全国の情報教育担当指導主事が集まる会が行なわれていたが,懇親会だけ参加するのも申し訳ないと思って失礼した。
羽田空港から札幌に戻る。東京は暑く,体力にかなりのダメージ。

| | コメント (0)

台東区立忍岡中学校訪問(9/5)

T1朝早く札幌を出る。新千歳空港で買い物をして飛行機で上京。上野駅でお昼を食べながら時間調整し鶯谷駅へ。台東区スーパーティーチャー育成事業の業務で台東区立忍岡中学校へ。水上先生による代表授業を参観。台東区は教員用のタブレットPCを全教員に配布,すでに整っている電子黒板や実物投影機とどのように組み合わせて活用するかについての協議。次の予定もあるため短い時間で助言。

| | コメント (0)

札幌市立山の手南小訪問(9/4)

Y1Y2Y3
Rまずはミシュランのラーメン屋である向日葵に立ち寄る。とってもおいしい白味噌ラーメンをいただいた。
その後,札幌市立山の手南小学校へ。ぼくが協力していた頃からはずいぶん時間が経過しているけど,当時の授業システムやICT活用はまだしっかりと根付いていた。金山校長と,いくつかの課題も含め議論。校内研修の前にお暇する。

| | コメント (0)

札幌市立平岸高台小訪問(9/4)

H1H2H3札幌市立平岸高台小学校へ。久しぶりに太田校長にご挨拶。全教室の授業を参観。ICT活用は極めて安定しており,9/28の公開研の余韻を感じた。こういう着実なICT活用の大切さももっと注目されてほしいと願う気持ちになった。

| | コメント (0)

石狩市立花川小訪問(9/3)

111213道教委の公用車で石狩市立花川小へ。約1時間の道中,全国学力・学習状況調査の結果,最近の取組等についてヒアリング。学校では新任の亀浦校長,懐かしい佐藤教頭,前任校長で現在市教委の武田次長はじめみなさまにお迎えいただく。先生方に職員室でご挨拶後,全校の授業を見て回る。道教委および北海道教育大学教職大学院のシャドーイング研修も兼ねているので,たくさんの方々がついてくる参観になった。同校の授業は,教えて考えさせる授業を基調に置き,授業の前半はしっかり教え,開始25分から30分でしっかりまとめまで行なった上で,その後は適用題等に向かう中で理解を確かにしていくというモデル。児童もすっかり慣れていて,規律正しい授業が全教室で進められていた。計算ドリルの型分けも意識した授業とのつなぎにも感心。学力調査の結果も全国平均をずいぶん開きを持って越えており,この指導法の成果を見せつけるものとなっていた。午後の公開授業は近隣校の先生方も合流,その後に体育館で講演。
終了後は札幌で同校の先生方と懇親会。市教委,道教委も混じって楽しく過ごした。

| | コメント (0)

エデュケーション・アゴラで講演(9/2)

北海道教育大学の公開講座であるエデュケーション・アゴラ登壇。私たちが知らず知らずに受けているメディアの影響,そこに無自覚であるということを講義し,「メディアとのつきあい方学習」の考え方や実践の枠組みについて講義した。70余名の先生方はたいへん真剣に聴いていただき感謝。ぼくの方は特別講義の4時間に続いての2時間講演でへろへろ。終了後は北海道教育大学の理事や事務局のみなさんと懇親。

| | コメント (0)

北海道教育大学特別講義(9/2)

S安藤部長にお迎えに来ていただき,公用車で北海道教育大学札幌駅前サテライトへ。北海道教育大学の招聘教授としての業務で,学部生,院生,教職大学院の現職教員,受講希望の一般教員,北海道教育大学の教授陣,北海道教育委員会の指導主事等に対して特別講義。ICT活用の原則からスタートし,実物投影機の活用,教科書の読解,学校教材の活用に繋げた話をした。旭川,釧路など遠隔キャンパスからも受講があり,約50名の受講者となった。4時間の講義でぐったり。

| | コメント (0)

北海道教育委員会で講演(9/1)

123北海道第二水産ビルへ。「小学校及び中学校の学習指導要領の着実な実施に向けた地方説明会」として,午前中は国立教育政策研究所の先生,午後は昨年度に引き続きぼくが担当してICT活用と学力向上について講義。受講者は全道の教育委員会指導主事や中核教員等。4時間の長丁場だったが,ICT活用の基本的な考え方の確認,実物投影機の活用,フラッシュ型教材の作成体験,タブレットPCでのデジタル教材の例などについて話した。みなさん真剣に聴いてくれた。

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »