« 東北大な1日(10/21) | トップページ | 東北大な1日(10/23) »

春日井市立出川小公開校内研(10/22)

123
456名古屋へ。そしていつもの電車で名古屋から神領へ。みんなと合流。水谷先生・田中先生にお迎えに来ていただき,春日井市立出川小学校へ。
到着後すぐに感じる児童の落ち着き。活性化した学習活動。まっすぐ背筋が伸びた子供たち。ICT活用以前に,子供たちを人としてしっかり育て,きっちり学力をつけるという学校としての方針が成果として現れている。3校時,4校時,5校時をかけて16教室の授業を参観。その後の協議会では,特に授業の終末の振り返り活動の持ち方に焦点が当たる。タブレットPC40台を活用した授業も3学級で実施。こちらも「いつも通り」の学習習慣の中に埋め込まれ,初回ながらまったくムリのない活用となった。この部分の講師として来校していた稲垣君@東北学院大には「禁欲的な活用から始まっているのが出川風」と評していただいた。まずは慣れた形から広げていくという方法論は先生たちにとってもやりやすいことはフューチャースクールで実証済だからこれでよかったとホッとした。最後はぼくの助言。最終回の次回(1月)を前に,出川小のこれまでの歩みも語ってみた。「公開研」ではなく「公開校内研」であることの意義も。
今回は高橋君はじめVHSな先生たちも多く参観され,できあがってきた形を目に焼き付けてもらえたことはとてもよかったと思う。飛行機の関係で懇親会には出席できず,そのままセントレアから帰仙。

|

« 東北大な1日(10/21) | トップページ | 東北大な1日(10/23) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北大な1日(10/21) | トップページ | 東北大な1日(10/23) »