« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

学校教材活用法セミナー in 津山(11/29)

ABC雨も上がり,津山市内の久米公民館へ。綺麗な施設。セミナー申し込み140名超,うち参加は130名。たくさんの地元の先生方に集まっていただけた。午前中の開催なので早い時間からリハーサル。全体を通しての動きを確認。駐車場の関係で15分遅れて開始,15分前倒しで終了。笠原先生,曾我先生の模擬授業は,いつものように安定感があった。ノブのレポートは説得力があった。片山さんの和ませ役も無事に終了。ぼくの話もみなさん熱心に聞いていただいた。講座途中には熱心な質問もいくつかあった。
終了後はホルモン鍋で打ち上げ。スタッフの達成感を感じて,ぼくも嬉しかった。
仙台便の関係で遠く広島空港まで送ってもらったものの,夜遅くまで遅延した後に飛行機は欠航,広島泊に。

| | コメント (0)

津山へ(11/28)

片山さんの運転で笠岡から津山へ。現地でスタッフと合流,みんなで食事会。

| | コメント (0)

笠岡市立大井小で講演(11/28)

123岡山へ。そこから笠岡市へ。早めに到着し,市教委の岡田課長,高橋参事とランチ。施策等の近況について伺う。笠岡市立大井小学校へ。約1年半ぶり。以前に増して子供たちは落ち着いており,学校全体としての取組の効果を感じる。授業は3つ,いずれも若手ばかりだが,これまた安定感があり,学校全体としての統一感の効果を感じる。終了後は体育館で協議,その後に60分の講演。ずいぶん頷いてくれる方々が多かったのでよかった。その後,授業者と校長室で懇談。

| | コメント (0)

中尾さん研究打合せ(11/27)

新幹線で京都へ。京都駅で中尾さんと研究打合せ。論文修正と投稿の打合せ。見通しが持てたところでランチを食べながら近況の共有。

| | コメント (0)

京都教育大学附属桃山小校内研(11/27)

1_22_23_2京都教育大学附属桃山小学校へ。文部科学省研究開発学校として「メディア・コミュニケーション科」を設立する研究を進めてきた本校は,10月に京都で行われたJAET全国大会の授業校でもあった。今回は2年生による紙芝居のやり方を考える授業。紙芝居というメディアの特性,そのために当該メディアを活用する側が気をつけるべきことを考える子供たちの姿に感心した。その後の協議会では,附属らしく忌憚ない辛辣な討論がされ,すばらしいと思った。ぼくからは先生方に,メディアの何をこそ教えるかについて検討する話をした。終了後,浅井校長はじめ研究の中核のみなさんとお話しして失礼した。

| | コメント (0)

広島市立藤の木小公開研(11/26)

134
562仙台は雨の寒い早朝。高速道路の運転に気を遣う。仙台空港から1便で広島空港へ。広島市教育センターから指導主事の方がお迎えに来てくれる。広島市立藤の木小学校へ。森川校長と一緒に校内を巡回。3校時,4校時はいつもの授業。子供たちも落ち着いているし,先生たちにも変な緊張はない。体育館で児童の合唱,その後に研究主任の小島先生によるプレゼンテーション。その後,各学年による公開授業。ベテランの安定だけでなく,若手のがんばりが目立った。授業後は協議会。終了後,体育館で講演。最後の講演になるので,今までの取組も含めて語った。参観者はおよそ200名。みなさん真剣に聞いていただいた。
終了後は広島駅前で打ち上げ。4年間関わった学校の先生たちとの懇親はとても楽しかった。

| | コメント (0)

東北大な1日(11/25)

T朝から雨。大学近くで事故があり大渋滞に巻き込まれる。川内キャンパスは紅葉の終わりの方か。
青葉山キャンパスへ。書類片付け。情報科学懇談会対応。出張手配,出張準備などをしているうちに,あっという間に夕方(涙)。外は冷たい雨。

| | コメント (0)

視聴覚・放送教育全国大会(11/22)

視聴覚・放送教育全国大会のため代々木オリンピック記念センターへ。午前中は学視連によるセッションで,情報モラルとプログラミング学習の実践を聞いた後にミニ講演。生田先生や井口先生などの御大がフロアにいらっしゃってビビる。お昼は視聴覚,放送それぞれの会長たちと,木原先生,ほった先生とお弁当。その後,シンポジウム打合せ。NHKプレゼンテーションを見た後に,2時間のシンポジウム。ぼくは視聴覚教育の立場から,その系譜,トレンド,これからについて,放送教育を交えて意見を述べた。2日間,出番が盛りだくさんでヘロヘロ。

| | コメント (0)

チエル打合せ(11/21)

文部科学省から夜遅くにチエルへ。川居社長,森谷常務はじめ関係者と,マガジンや新企画等の打合せ。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(11/21)

はるひ野から代々木上原乗換で霞が関へ。文部科学省。勉強会に遅参。ディスカッションは有意義だった。先般,中教審の諮問があったことで,にわかにいろいろ動き始めた印象。

| | コメント (0)

川崎市立はるひ野小を参観(11/21)

Photo23早朝に仙台を出発。東京駅から新宿駅,久しぶりの小田急線に乗り,新百合ヶ丘で乗り換えて,川崎市立はるひ野小学校へ。かつて玉川大学教職大学院勤務時代に教育実習の関係でおじゃまして以来だった。井部校長にご挨拶。控室にお呼びが来て理科室へ。午後のテーマ別研究交流について打合せ。野中先生が来てJAET関係打合せ。午後は広い校内での公開授業を見て回る。その後にテーマ別研究交流。高瀬先生@名古屋による情報モラル教育への取組の実践報告,その後の意見交換の後にコメントをする。終了後は挨拶もそこそこで学校を後にする。

| | コメント (0)

第2回 情報リテラシー連続セミナー@東北大学(12/20)

Poster
東北大学大学院情報科学研究科情報リテラシー教育プログラムによる情報リテラシー連続セミナー@東北大学「情報リテラシー教育のこれからを考える」の第2回の申し込みがスタート。会場は東北大学片平キャンパスにある「片平北門会館」のエスパスにて(この地図のA01)。仙台駅からタクシーで10分弱。定員は毎回40名。参加費は無料。終了後は講師とコミュニケーションできる懇親会アリ(こちらは有料)。満席になる前にお申し込みを!

■第2回
2014年12月20日(土)14:00-17:00
「小学校における情報リテラシー教育の実践」
片山敏郎(Toshiro KATAYAMA)
新潟大学教育学部附属新潟小学校・教諭
日本デジタル教科書学会・会長

| | コメント (0)

東北大な1日(11/20)

川内キャンパスからディーラーへ。スタッドレスタイヤに履き替える。その後,青葉山キャンパスへ。総務係に寄って福島高専での講義の件で事務方と調整させてもらう。いつも丁寧にご対応いただき感謝。小野寺さんに集金の計算の依頼。書類片付け。昼はうどん。佐々木さんとの博士論文の相談。人間社会情報科学専攻の専攻会議。専攻教授会。研究室に戻り,日程調整。原稿終わらないまま帰宅。
先般は小学校教員時代の教え子が結婚するというので食事会をしたところだけど,今日は同じ学級だった別の教え子がゲーム会社の社長就任という朗報1朗報2が入った。その活躍をうれしく思った。

| | コメント (0)

教育再生実行会議第1分科会での資料が公開(11/19)

11月17日(月)に行われた教育再生実行会議第1分科会で配布された委員からの意見資料が,19日(水)にはすでにネット上で公開されていた。そのスピードに驚き。ぼくは,教育の情報化の観点からの意見を述べた。現実性がないことを書いても「実行」できないし,かといって今までとあまり変わらないようなことでは仕方ないしということで,ずいぶん悩んで書き上げ提出した文書はこれ(pdf)。衆議院解散でどういう余波があるか…

| | コメント (0)

米沢市立東部小校内研(11/19)

Foodpic5581101Foodpic5581102Foodpic5581103
Foodpic5581104Foodpic5581106Foodpic5581107
Foodpic5581627Foodpic5581628Foodpic5581634米沢市立東部小校内研へ。パナソニック教育財団の特別研究指定校の担当講師として3回目の訪問。ICT活用の基本はすでに伝わり,いよいよ授業づくりの内容に議論の中心がシフトしている。研究テーマであるOJTも機能している様子が随所に感じられる。半年で子供たちはすっかり落ち着いた。3校時4つ,4校時4つの授業を参観。5校時は2つの研究授業。1日で半数の教員が授業を公開したことになる。協議会はワークショップ形式で,良い議論がされていた。その後,60分で助言。前回の宿題の達成度,今回の宿題という形で話を進めた。次回は1月。雪だろうな。

| | コメント (0)

東北大な1日(11/18)

朝から川内キャンパス。結構寒くなった。そろそろスタッドレスかなーという気候になってきた。
JSET特集号巻頭言の印刷所原稿提出。文部科学省関係日程提出。事例集対応。留学希望者対応。学情研原稿。

| | コメント (0)

教育再生実行会議第1分科会(11/17)

Sai少し早めに会議室へ。教育再生実行会議第1分科会の第2回会議。第1回はJAET全国大会と重なって欠席したので(欠席はぼくだけだったらしい:涙),今回は1番に入って委員の方々全員と名刺交換。下村文部科学大臣の挨拶が終わって,マスコミが退場し,それから各自が用意した資料をもとに意見陳述。ぼくは教育の情報化の観点から,特に初等中等教育について意見を述べた。割とICT環境の話や情報リテラシーの話に対しての全体の食いつきがよかったのが印象的。隣の松本・前京大総長が「基礎基本こそ重要」とおっしゃっていたのが印象的だった。
終了後は文部科学省に寄り,いくつかの調整や打合せをして,新幹線で帰宅。

| | コメント (0)

東北大な1日(11/16)

いつもより早めに出勤して昨日の片付け。宮城県教育委員会来研,今後の整備・活用計画の打合せ。仙台市教育センター来研,研修への登壇の打合せ。「情報教育論」は山内祐平著「デジタル社会のリテラシー」のある部分をもとに書いたレポートを横並びで見てディスカッション。窪先生打合せ。小野寺さんにいくつかの依頼。急いで大学を出て上京。

| | コメント (0)

第1回メディア教育論ゼミ(11/16)

SSs8時過ぎに出勤。第1回メディア教育論ゼミ。博士後期5名,博士前期3名が参加。これまで個別に対応してきた教育関連の院生たちだが,相互の研究内容や研究方法論から学ぶ部分も多いはず。社会人もいることから,日曜日に実施することにして,これから慣例化していくことにした。第1回から良い議論ができた。特に心理学研究に詳しい齋藤君の参加はありがたかった。感謝。
終了後はみんなで鰻丼。これも慣例化が見込まれそう。

| | コメント (0)

メディア教育論ゼミ前夜祭(11/15)

SSs仙台へ。メディア教育論ゼミ前夜祭に遅れて参加。タイ料理が美味しかった。初顔合わせも多々あったが,みんな大人ですぐに仲良くなった。研究のための集まりだからこそ,忌憚の無い議論ができるような仲間づくりが大切。2次会も盛り上がって解散。

| | コメント (0)

JSET事務局会議/編集委員会/理事会(11/15)

高橋家のお迎えで朝イチで富山空港へ。朝食を食べながら近況を話す。富山空港で山西先生と会う。浜松町で打合せ。JAPET&CECへ。JSET事務局会議で諸課題について確認と検討。編集委員会で特集号の進捗について報告。理事会で議事録作成。議題が多く長引く。新幹線を2つ遅らせて飛び乗る。

| | コメント (0)

砺波市立砺波東部小公開研(11/14)

123
456宮崎君が迎えに来てくれ,砺波市立砺波東部小学校へ。大浦校長先生にご挨拶。校内巡回。午後からの公開研はまずスキルタイム(10分)の全教室公開。その後,研究主任の宮崎君によるオリエンテーション。5校時に3つの授業公開。終了後は実践別の協議会。全体会で「考えることを教えるとはどういうことか」について講演。情報の取り出し,整理,思考スキル,思考を促す授業過程等について65分話す。
終了後は学校の打ち上げに出席。授業者のみなさんがみな良い表情で,学校全体も盛り上がっていることを感じた。この研究が本校の学校経営に良い影響となっている様子がわかった。富山に戻り,慰労会。おつかれさま。

| | コメント (0)

富山へ(11/13)

T新幹線で東京,羽田空港から富山空港へ。高橋はじめ高橋研の面々が迎えに来てくれていつもの寿司屋へ。それからホテルのラウンジで研究プロジェクトの成果チェック。24時になって解散。

| | コメント (0)

東北大な1日(11/13)

S1限は川内キャンパス。すっかり寒い。地下鉄の駅の工事が着々と進行していた。
講義終了後,青葉山キャンパスへ。外部評価の業績準備。JSET特集号巻頭言調整。諸々日程調整。講座会議では外部評価対策のことが案件。その後,講座ゼミ。中座して上京。

| | コメント (0)

台東区立千束小へ(11/12)

111213上野に出て台東区立千束小学校へ。校長先生にご挨拶。倉島統括指導主事@台東区教委によるインタビューを収録。5校時の授業参観。その後に助言。国の会議のため中座。

| | コメント (0)

世田谷区立東玉川小へ(11/12)

123石川台でUTプロジェクトメンバーの待ち合わせ。徒歩で世田谷区立東玉川小学校へ。算数の3つの授業を参観。いずれもタブレット端末の安定した活用で心配なく参観できた。新村校長と情報交換。中座。

| | コメント (0)

脇本君研究打合せ(11/12)

脇本君と研究打合せ。タブレットのカメラ機能を教師の成長に用いる基礎研究について。

| | コメント (0)

JAET打合せ(11/11)

新幹線で上京。JAET事務局で下打合せ。全国大会について。

| | コメント (0)

東北大な1日(11/11)

朝から川内キャンパス。東北大の学生たちは基本的にまじめで良い。1年生はまだ子供だなと思うことがあるが,2年生以降はずいぶんとしっかりしていると感じる。

| | コメント (0)

東北大な1日(11/10)

久しぶりに1日大学にいられる日。たまった書類の片付け。講義準備。「情報教育論」講義。小野寺さんとお昼。相沢研究相談。特集号巻頭言。査読対応。教育再生実行会議の宿題。文部科学省関係の手続き等。

| | コメント (0)

教え子と会食(11/9)

雨の浜松から新幹線で上京。小学校教員時代の教え子とフィアンセと教え子のお母さんとの会食。楽しかったのはいいけど,新幹線に乗り遅れ,各駅停車の自由席で帰ったら,仙台着は夜中だった件(涙)。

| | コメント (0)

日野市立平山小公開研(11/8)

Hira1Hira2Hira3
Hira4Hira5Hira6朝から中央線で豊田,タクシーで日野市立平山小学校へ。300名で締め切ったそうだが,たくさんの参観者で受付はごった返していた。校長室に通され,五十嵐校長とご挨拶。東原先生も合流。学校に深く馴染んでいる様子を拝見する。
村井純@慶應義塾大学がお越しになりご挨拶。そのまま体育館へ。6年生に対してインターネットを敷設するということの意義について授業をされる様子を参観する。とてもおもしろかった。その後,4校時は公開授業を参観して回る。一般の方は写真撮影が禁止だったが,ぼくは講師ということでお許しをいただいていたので,本校の実践の特長的な部分を撮影して回った。お昼においしいお弁当を食べ,午後は東原先生の仕切りで同校の研究報告,フロアとの意見交換,中川さん@放送大学の講演に続いてぼくが講演。「これからの情報教育」という演題をいただき40分お話しする。
終了後は地場の野菜のフレンチで懇親会。文部科学省の豊嶋課長,降旗補佐も交え,楽しく盛り上がった。

| | コメント (0)

学研研究打合せ(11/7)

五反田の学研へ。短い時間だったが,準備がよく,議論は前に進んだことがありがたい。その後,某プロダクトにコメント。

| | コメント (0)

NHK放送文化研究所へ(11/7)

Nhk1Nhk2タクシーで愛宕山へ。初めてNHK放送文化研究所に伺う。小平さん,宇治橋さんはじめスタッフの方々に囲まれ,山内君@東大との対談。「放送メディア研究」の第12巻に掲載される予定。
対談終了後,展望レストランでランチ。好天で気持ちよかった。

| | コメント (0)

文部科学省へ(9/7)

朝イチで文部科学省へ。教育再生実行会議事務局,大学入試室,情報教育課を訪問。懸案事項がいろいろあってアチコチで立ち止まる。

| | コメント (0)

新潟大学教育学部附属新潟小校内研(11/6)

NiNi0大宮で乗り換えて新潟へ。蕎麦を食べてから新潟大学教育学部附属小学校へ。2月の公開研に向けて,附属新潟式情報リテラシーの部会(フォーラム)に向けたディスカッション。リーダーの安藤先生,総合担当の片山先生はじめ部会のみなさんと良い議論ができた。齋藤副校長,金研究主任ともいろいろ話ができた。終了後は懇親会。中座となったがみなさんにもてなしてもらった。公開研が楽しみだ。みなさんもぜひ。

| | コメント (0)

東北大な1日(11/6)

車を置いて川内キャンパスに出勤。1限をやって小野寺さんに迎えをお願いして仙台駅へ。そのまま新幹線。

| | コメント (0)

ハイディさん来研(11/5)

H1H2H3仙台城南高校から市内へ。仕事で宮城県庁に行っていたハイディさんと合流。みんなで牛タンでランチ。青葉城址を見学して研究室へ。近況の交換。
ホテルに送っていった後,石塚さんと科研打合せ。夜はみんなでおでん屋。楽しい会になった。

| | コメント (0)

仙台城南高校を訪問(11/5)

123みやぎのICT教育研究専門部会」に参加するため仙台城南高校へ。この学校は東北工業大学の附属高校で,特進科,科学技術科に加え探究科を設置,生徒全員にiPadを持たせて活用している。校長室に通され関係者にご挨拶。現地で石塚さん,安藤先生@宮城教育大と合流。2時間分の授業を見ながら議論。情報端末を活かした授業設計,情報端末活用の日常化による情報リテラシーの向上の重要性を再確認。

| | コメント (0)

東北大な1日(11/4)

朝から川内キャンパス。科研チェック対応など。夕方から親戚の用事で横浜。帰仙。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(11/1付)

Kbキーボー島アドベンチャーの11年目,2014年10月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 1,247校
登録児童数 170,499人

1年 6,018人
2年 6,807人
3年 36,023人
4年 39,978人
5年 38,694人
6年 39,158人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算18,111人,学校数は6,122校。平成25年度学校基本調査によれば,全国の小学校は21,131校。これまでに登録した学校は,その29.0%を占めることになる。
2011年度から全面実施となった小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもあるという学習指導要領の全面実施を受け,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。
ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

東北大学・堀田研究室の受験を希望する方へ(11/3)

堀田研究室で勉強し,修士号や博士号の学位を取得したいという場合は,東北大学大学院情報科学研究科を受験することとなります。
東北大学大学院情報科学研究科は,学部のない独立大学院です。マスター(修士:博士課程前期2年の課程)とドクター(博士課程後期3年の課程)の両方があります。その後,ポスドクがあります。
その入試は8月下旬と3月初旬です。3月初旬の受験生は,2015年4月入学の試験となります。マスター,ドクターそれぞれに,推薦入試(学内進学)/一般入試/社会人入試/外国人留学生入試があります。
堀田研究室に進学を希望する場合は,人間社会情報科学専攻を受験することになります。メディア情報学講座(メディア文化論分野)となりますので,専門試験科目群は「言語・メディア群」です。入試問題も公開されています。
情報科学研究科は学部を持たない独立大学院であるため,ぼくが所属するメディア情報学講座には東北大学以外の大学からの進学者が多数います。後期課程には,社会人も何名もいます。さすがに博士課程前期2年の課程の場合,履修すべき講義が多くあるので有職者の進学は難しいです(それでも社会人入試はあります)。博士課程後期3年の課程の場合は,主目的は博士論文の執筆と博士号の取得であるため,社会人でも進学可能です。2014年10月からは小学校教諭,高等学校教諭をお迎えしました。いずれも仙台在住ではありません。
長期履修制度もありますので,2年(前期)あるいは3年(後期)よりも時間をかけて履修することは可能です。学費はその分,1年辺りの単価が安くなります。
後期3年の課程の場合,専門職大学院からの進学も認められています。留学生をはじめとして,博士前期2年の課程の場合は,研究生から始める人も多くいます。いずれにしても,事前に面会等をしてご相談いただく方がいいでしょう。
ぜひ東北大学大学院・堀田研究室で学びたい方はメールでご連絡ください。3月初旬の試験の受験科目等はこちらをご参照ください。

| | コメント (0)

議員さんのブログに載っていてビックリする件(11/2)

鈴鹿市市議会の森議員のブログにぼくが出川小の公開校内研で助言していることが書かれていることをひょんなことから知る。お褒めいただいて嬉しいのでリンク

| | コメント (0)

JAET学校情報化認定事業スタート(11/2)

Shinbun
日本教育工学協会(JAET)では,先般の全国大会時の理事会にて「学校情報化認定委員会」を立ち上げ,学校現場で情報化に取り組んでいる学校が基準に達したら認定または表彰する仕組みをスタートした。詳細はこちらを。ぜひ多くの学校にご応募いただきたい。

| | コメント (0)

第1回情報リテラシー連続セミナー@東北大学(11/1)

L1L2L3準備の時刻に片平キャンパスへ。すでに小野寺さんや院生たち準備陣が集まってくれていた。窪先生は機材を運んでくださった。第1回の情報リテラシー連続セミナー@東北大学は,実験も兼ねてぼくが講演。40名ほどのみなさんが集まってくれた。東北大学のほか宮城教育大学や東北福祉大学,都内の大学からも参加があった。先生方は仙台市のほか都内等からも来てくれる方々もいた。後藤君の司会,窪先生の挨拶の後に第1部はぼくが講演,第2部はディスカッション。終了後は隣のレストランで懇親会。とっても盛り上がった。このセミナーは,ぼくが東北大学に着任して最初の大きな仕事。無事に成功してホッとした。
第2回は新潟大学教育学部附属新潟小学校の片山先生@デジタル教科書学会会長をお招きして,情報リテラシーの実践について情報提供をいただく。みなさん,ぜひご参加を。申し込みはまもなくWebでスタート。東北大学大学院情報科学研究科に情報リテラシー教育プログラムで進学希望の学生,社会人のみなさんも是非ご参加を。

| | コメント (0)

佐賀市立西与賀小公開研(10/31)

N1N2N3博多→佐賀へ。江口校長にお迎えに来ていただき佐賀市立西与賀小学校へ。子供たちはいつもの明るいムード。先生方も自然体。フューチャースクール推進事業および学びのイノベーション事業の研究指定校だった本校は,それらの指定が終わった今年度も自主的に公開研を行った。大石先生,大家先生という中核的な教員が裏方に回り,次の世代に譲ろうとしつつも,しっかりとした授業が実施されていることに感心した。佐賀市界隈の実践家の先生方とも立ち話ができてよかった。
終了後は佐賀→博多→福岡空港→仙台空港。久しぶりに帰宅。長旅だった。ぐったり。

| | コメント (0)

ソフトバンクホークスが優勝(10/30)

F1F2F3別に野球に興味があるわけでもないし,ソフトバンクホークスのこともほとんど知らないんだけど,たまたま久しぶりに博多に滞在していたので弟家族と食事会をしようと行きつけという焼き鳥屋で待ち合わせをしたら,そこはソフトバンクファンのパブリックビューイングの会場になる焼き鳥屋であり,折しも日本シリーズは今日ソフトバンクホークスが勝ったら優勝という日だった。というわけでのんびり話せるわけもなく,なんだかんだと巻き込まれ,しかも優勝しちゃったもんだから上へ下への大騒ぎ。楽しかったけどホテルに帰ったらぐったり。

| | コメント (0)

マリンワールド訪問(10/30)

M1M2M3久しぶりにJRで香椎駅で乗り換えて海の中道駅へ。マリンワールドの前では高田館長が待っていてくれた。ぼくはこの水族館の情報化を13年ほど前から数年間,お手伝いをしたことがある。静岡大学情報学部に在籍していた頃で,いくつかの論文として公表された。その後,高田館長は水族館学で博士号を授与され,館長にも就任された。久しぶりに岩田さんにも会えた。マリンワールド内を案内してもらいながら,その後とこれからのいろいろな話をした。

| | コメント (0)

福岡教育大附属久留米小校内研(10/29)

K1K2K3新幹線で熊本→久留米。久留米駅に大荷物を置いて福岡教育大学附属久留米小学校へ。今日は研究開発学校としての公開研究会までの間のぼくの助言の最終回ではあるが,同時に久留米市教育センターの希望研修の会場校にもなっており,研修参加者がたくさん参観していた。今日の授業は岡山先生,永井先生によるcc2(協働)の授業。いずれも練り込まれた授業だったが,習得したことを活用する際の学習課題について指摘した。講演では,限られた時間ではあったが,センターの研修でお越しになった方々に本校の研究を理解してもらえ,かつ公開研までにやるべきことを伝えるよう工夫をした。うまくいったかどうか。2月9・10日の研究開発学校としての公開研(pdf)では,1-6年までの教科「情報」の学習指導要領,授業例が公開される。ぼくも公開予定。
終了後は先生方および研究開発学校の運営指導委員の方々と懇親会。中座して博多へ。

| | コメント (0)

熊本へ(10/28)

Ak0Ak1Ak2講演が終わってレンタカーで熊本市へ。夕日が沈む時間で綺麗だった。渋滞もさほどひどくなく,何とかレンタカーを返却し,懇親会に合流。久しぶりに会った諸方面のみなさんとの楽しい時間だった。

| | コメント (0)

熊本県小中学校情報教育研究会で講演(10/28)

123風邪がひどくなり体調は最悪の朝。少しでも長く休んで,弁当を持ってレンタカーで上天草市へ。熊本県小中学校情報教育研究会は,県内各地を持ち回りで行われていて,今年度は天草大会ということで上天草市立登立小学校が会場。2年前の玉名大会に続き,地元凱旋ということでお声がかかっていた。天草市からは石井教育長以下教育委員会の指導系,総務系,情報系のみなさんも参加。授業は普通教室で電子黒板を用いた授業は自然体ですばらしく,特別教室でタブレットをやや無理に使った外国語活動の授業は課題もいくつか。講演では授業を含めて,これからICTが整備される天草地区に成功事例と導入方針を中心に話す。

| | コメント (0)

天草市教委を訪問(10/27)

この日,夕刻に天草市教育委員会を訪ねる。石井教育長は,ぼくが小学校5年生の時の担任の先生。かつてJAET全国大会が熊本県で行われた時は県教委次長だった頃以来。科学展で県知事賞になったときの取り組みの話で盛り上がった。高校時の同級生が課長補佐だったり指導主事だったりで,ご挨拶をさせてもらう。夜は石井教育長を囲んで一献。とても楽しかった。

| | コメント (0)

天草へ(10/26)

A1A2A3
A4A5A6恐縮ながら木原科研を中座して伊丹空港から福岡空港を経由して天草空港へ。レンタカーを借りて実家へ。久しぶりの帰省。夜に中学時代の友人がやってきて遅くに飲みに行く。翌日は病院や墓参りなど。母校のあたりを散歩したりして故郷のありがたさを想った。

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »