« 2014年の自己評価その8(講義・本務編) | トップページ | 2015年を迎えて(1/1) »

2014年の自己評価その9(現場指導・社会貢献編)

内閣官房「教育再生実行会議第1分科会」の有識者に指名された。毎回,下村文部科学大臣が参加される会議で緊張する。中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会「道徳教育専門部会」委員として,情報モラルにかかる内容について答申まで見届けた。文部科学省「先導的な教育体制構築事業推進協議会」座長を拝命し,これから3年間取り組むことになった。「ICTを活用した教育の推進に関する懇談会」委員として,中間まとめまで議論に参加した。文部科学省「情報活用能力調査に関する協力者会議」委員も拝命し,次世代学習指導要領における情報教育カリキュラムの再編に向け,実証的な調査を担当した。また,2012年から引き続き,文部科学省の研究開発学校審査委員を拝命し,審査および助言にあたった。同指定校としては,京都教育大附属桃山小,福岡教育大学附属久留米小で助言をした。国立教育政策研究所「教育情報共有ポータルサイト運営委員会」の主査を務めた。
日本教育工学協会(JAET)の会長として第2期1年目を過ごした。日本教育工学会は,総務担当理事として理事会の運営に関わった。同学会編集委員会の業務も続いている。
NHK教育「メディアのめ」「伝える極意」では番組企画委員を続けた。パナソニック教育財団の専門委員も継続だった。
独立行政法人教員研修センターの業務では,中堅教員の中央研修,学校教育の情報化指導者養成研修での講演をともにお断りした。内田洋行によるNew Education Expo東京,同大阪などに登壇した。日本教育新聞,教育家庭新聞,ほか地方紙に取材され記事掲載された。
2011年から指導助言をしている春日井市立出川小学校は,市のモデル校として研究を進めた。パナソニック教育財団の特別研究指定校(1年目)の指導として米沢市立東部小学校に関わった。北海道教委学校力向上事業,台東区教委スーパーティーチャー養成事業,沖縄県恩納村立山田小中学校,佐賀市立西与賀小学校,砺波市立砺波東部小学校,日野市立平山小学校,荒川区立尾久小学校,荒川区立第三峡田小学校,新潟大学教育学部附属新潟小学校,関西大学初等部,玉川学園低学年の助言をした。このほかに単発指導はいくつもあるが割愛する。
VHSは順調。2015年は事務局をさらに強化して継続していく。

|

« 2014年の自己評価その8(講義・本務編) | トップページ | 2015年を迎えて(1/1) »

「実践」カテゴリの記事

「政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年の自己評価その8(講義・本務編) | トップページ | 2015年を迎えて(1/1) »