« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

『「校務の情報化」で学校経営がこう変わる』出版

Koumu『「校務の情報化」で学校経営がこう変わる』が発売となった。この書籍は,校務情報化支援検討会による著作で,前著『管理職・ミドルリーダーのための「校務の情報化」入門』の売れ行きが良く,在庫切れになったために,3年後の今,追補再編したものだ。校務の情報化はこの3年の間に常識化しつつある。そしてあらためて,校務を情報化してどうするのか?という「そもそもの目的」が問われる時期だ。
Amazonからの注文はこちら

| | コメント (0)

東北大な1日(2/27)

強も朝から入試業務で川内キャンパス。晴れているのにみぞれが降るという天気。本務のため文部科学省の会議には参加できず。夕方,青葉山キャンパスへ。窪先生と打合せ。槇さん研究相談。出張手続き等。論文の査読依頼が立て続けに来る。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/26)

Nyu寒い日。入試業務で川内キャンパス。1日缶詰。夜に帰宅。ぐったり。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/25)

全国的に国立大学の2次試験(前期)のため,学内は試験会場に。といっても東北大学はそもそも市道が学内を走っているので特定の建物等以外は特に閉鎖などもない。研究室で普通に仕事。

| | コメント (0)

JAET打合せ(2/25)

佐賀県より福田副教育長が来仙。JAET事務局長の稲葉さんを交えて2016年度のJAET全国大会の打合せ。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/24)

比較的暖かい分,花粉症がスタート(涙)。書類を片付けたところで,NHK来研,プロジェクトの企画打合せ。文部科学省と電話等。資料作成。

| | コメント (0)

文部科学省小中一貫教育フォーラム(2/23)

1_22_2代々木から歩いて国立オリンピック記念青少年総合センターへ。とても暖かい1日で汗だくに。文部科学省小中一貫教育フォーラム。会場入りしてお弁当をいただき,小中一貫の実践者・研究者の打合せを横で拝聴する。それを受け手プレゼンを修正。山中事務次官の挨拶で始まったフォーラムは,教育制度改革室の今井室長の施策解説へと続いた。とてもわかりやすく勉強になった。次にぼくが,小中一貫だからこそICT活用で学び方を育てたい,校務支援システムできめ細やかに情報共有をして育てたいという趣旨の講演を40分。その後はパネルディスカッションへと続いた。
Nhk夜,NHKのニュースに映っていたと聞き,確認。確かに映っていた。

| | コメント (0)

1人1台時代のICT活用授業づくりセミナー(2/22)

123第1回の「1人1台時代のICT活用授業づくりセミナー」がお茶の水で行われた。このセミナーは,高橋@富山大を中心としたプロジェクトによるもの。今回はタブレットによる体験型のセミナーの第1回ということもあって,30名限定で実施した。
最初はフラッシュ型教材の活用から入り,教員によるタブレットの活用,児童生徒による活用,これらを活用した授業を支援するツールの話へと広がっていった。体験しながらなので,実感を伴った理解となるセミナーだった。
最後のパネルディスカッションで登壇したが,ICT活用を突き詰めるとICTじゃない話になるという,おもしろいディスカッションとなった。
関係者のみなさん,おつかれさまでした。

| | コメント (0)

第57回VHS(2/21)

123第57回VHSは,東京駅から近い京橋あたりの便利な会場で行われた。会場にご配慮いただいた広島教販のみなさんに感謝申し上げたい。交通の便利もよく,みんな早々と集まってきた。予告通り,予定開始時刻の40分前にスタート。いくつかのお祝いごと,アピールタイムでの重要な表明など,ここまででずいぶん時間を使った。
此川さんによる内地留学報告は,形式的な知だけの獲得にはキリが無いこと,それを改善するための学びの3か月だったことを覗わせるものだった。いくつかの別の場所での写真が,同じカテゴリで整理されていて,頭の中でつながっている様子が外化されていた。國香さんによる学校紹介は,同校の職員のすばらしさがよく伝わってきたし,そこでがんばる努力の様子がよく理解できた。JAET全国大会公開授業校として期待できる。長井さんの仕事紹介は,教育の情報化のライターだからこそわかる流行の起伏についての発表。タブレットの活用をどのように持って行けば良いか,実践者の識見が問われるところだ。西浦さんの製品紹介は,製品の良さを上手にアピールするものだった。
八木澤君の模擬授業は,東京都の土地利用を押さえるもので,丹念に準備されたものだった。知識の確認のための揺さぶりと言語化についてコメントした。狩野さんの模擬授業は,言葉の何にこだわるか,そこから何に気づかせるか,モデルと自分の街の間のつなぎ方を「ねじる」ことで調べる意欲が湧くことをコメントした。金ママの松尾芭蕉の模擬授業は,言語事項の押さえだけでなく,古典の読み方と,古典を読むことの意義を伝える圧巻の授業だった。
恒例高橋トークは,ステレオタイプを疑うこと,簡単な感想で酔いしれないことについて,厳しい投げかけだったように思う。いつもながらとても良い話だった。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/20)

夜明けが早くなって朝の散歩がしやすくなった。まだ足下が凍っているけど。
出勤後,文部科学省に電話で問い合わせ。小中一貫プレゼンの作成。研究打合せのリスケなど。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/19)

街中は朝から小雪が混じる雨。青葉山は雪景色。ペンディングとなっていた特集号編集委員会対応。研究生希望者との面談。メール処理。学生相談。講座会議。専攻会議。専攻教授会。忙しい1日だった。

| | コメント (0)

久しぶりの一献(2/18)

KNHK出版の業務で仙台にお越しになっていた箕輪さんほか部下の2名の方々と楽しい懇親。箕輪さんと一緒にガッツリ仕事をしていた時期からすでに15年近い時間が過ぎているのかと再認し,自分の位置を計り直す時間になった。

| | コメント (0)

仙台市小学校視聴覚部会で講演(2/18)

Se小雪混じりの雨の中,日立システムズホール仙台へ。JAET全国大会が行われた場所で,当時の中心的な実行委員の方々が多く集まる仙台市小学校視聴覚部会にて講演。足下の悪い中お集まりいただいた先生方70数名に対し,ICT活用の考え方と今後の動向について解説的な講演をした。お役に立てていますように。

| | コメント (0)

教育再生実行会議第1分科会(2/17)

Ji教育再生実行会議第1分科会へ。今回は答申の骨子にあたるこれまでの議論の整理枠についてのディスカッション。下村大臣が熱く語られていたのが印象的だった。丹羽副大臣,赤池大臣政務官,鈴木寛大臣補佐官からもご意見をいただく。公明党の富田議員も参加された。

| | コメント (0)

学校情報化認定打合せ(2/17)

JAETによる学校情報化認定について,システム開発等のご協力をいただいているパナソニック教育財団に,JAET学校情報化認定担当の野中副会長とともに伺い,現状と今後のことについて協議。たいへんありがたい話なので協力的に進めて行ければと思う。

| | コメント (0)

チエルマガジンインタビュー(2/17)

天王洲アイルへ。チエルマガジンのインタビュー。今回は中央教育審議会諮問に見る,これまでとこれからの学習指導要領の変遷についての解説。

| | コメント (0)

大田区立西六郷小訪問(2/16)

Nishiroku新幹線から京浜東北線に乗り継いで大田区立西六郷小学校へ。松橋校長に出迎えていただく。同校には堀田研究室から基礎基本の定着に向けたICT活用の実践依頼をしており,取り組んでいる若手の先生方と1時間ほど情報交換をした。同校の実態と,子供たちの明るさ,先生方の一生懸命さがよくわかった日になった。これからも応援を続けていきたい。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/16)

出勤後,たまった書類を片付ける。共通教育の評定作業。人事関係のやり取り。大学院入試会議。急いで仙台駅。

| | コメント (0)

チエルで教材企画会議(2/15)

天王洲アイルへ。すでに新保先生と佐藤先生という2人の編著者,教材コンテンツの教育同人社,デジタル教材化のチエルの関係メンバーと,デジタル教材「小学校見せて教える社会科6年」および書籍「社会科重要資料の指導法6年生30選」の企画会議。年度末の忙しい時期に原稿を依頼することになって申し訳ないが,デジタル教材5年生および書籍5年生の双方とも「6年生はないのか」という問い合わせも多い人気作品。がんばろう。

| | コメント (0)

第6回学校教材活用法セミナー(2/14)

1_22_23_3早めに秋葉原へ。カフェで時間を調整しながらプレゼン確認。会場のUDXはとってもすばらしい。スタッフがていねいに準備をしてくれていて,今日も盛り上がりが予想される。講師陣も揃い,リハーサルも順調。受講者も新しい方がほとんどで,ちょっと堅い雰囲気で始まったが,模擬授業で次第に盛り上がってきて,ポスターセッションの時はすでに良い雰囲気になっていた。若い先生方の真剣な目つきが印象的だった。お客さんだけで130名近く。セミナーは大成功だ。
終了後,場所を変えて打ち上げ。お肉がとっても美味しかった。みんなおつかれさま。そしてありがとう。

| | コメント (0)

UTプロジェクト成果報告会(2/13)

UTプロジェクトの最終回の定例会で,成果報告書やガイドブック等の確認をした後,UTプロジェクト成果報告会。世田谷区教育委員会や世田谷区立東玉川小学校からもゲストがお越しになる。内田洋行社内から90名近い参加。
UTプロジェクトは3年間×2期の計6年間続いた。今年度が最終年度であり,今回の成果報告会でUTプロジェクトはお開きになる。各担当から研究成果の報告が上がり,これまでの研究の動線を振り返って,この分野の発展と貢献を確認した。今後のことについてのリレー講演は聞き応えがあった。
終了後は八丁堀で打ち上げ。高井所長@教育総合研究所もお越しいただき,いつもの仲間と楽しく一献した。
前プロジェクトのUNIQUEプロジェクト(ぼくのNIME勤務時代)から数えれば9年間もの長い間,共同研究を続けていただいた内田洋行教育総合研究所のみなさんに心より感謝申し上げたい。

| | コメント (0)

練馬区立中村西小訪問(2/13)

123早朝の新幹線に乗車。大宮・池袋乗換で練馬区立中村西小学校へ。実に久しぶりに訪問。福田純子校長が第8期中央教育審議会委員に任命されたということで,お祝いの言葉を申し上げに伺った。学習指導要領が諮問中であり,道徳の教科化などが動いている激動の時期の委員は大役だが,福田先生ならという思いで応援していくつもりだ。
曾我主幹に発令が出て,来週から遠くの学校に副校長として就任とのことで,こちらのお祝いと同時に,最後の授業を参観する。いつものようにスモールステップでスピード感があり自動化が進んだ授業に感心する。沖縄からの参観者が目を丸くしていたのが印象的。1時間だけの滞在で失礼する。
夜は2つのお祝いの会の二次会に合流。久しぶりの仲間と遅くまで談笑できて楽しかった。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/12)

朝から在宅で仕事。08:30になったので出勤。たまった書類を片付ける。登本さん来研。大学院下期入試会議。午後はメディア情報学講座ゼミ。登本さん研究相談。齋藤君研究相談。石井先生来研。某問題修正。

| | コメント (0)

出川小出版記念パーティー(2/11)

213_2博多のホテルをチェックアウトして福岡空港から中部国際空港へ。金山駅まで行き会場へ。春日井市立出川小学校の実践書籍の出版記念パーティー。出版に関わった出川小の先生方,春日井市教委の方々,応援いただいた企業の方々などが揃い,楽しく大盛り上がりの立食パーティーとなった。4年間関わった学校が得られたことに心から感謝したい。

| | コメント (0)

福岡教育大学附属久留米小公開研(2/9-10)

K1K2K3_2
K4K5K6朝の新幹線で博多から久留米へ。福岡教育大学附属久留米小学校公開研の1日目。特に情報の授業を参観して回りつつ,ICT活用等についてもチェックして回る。この学校は文部科学省研究開発学校として1年から6年まで週1時間の教科「情報」を設置する研究を進めてきたが,指定校になった当初は各教室には実物投影機すらなく,当然ながらタブレットなんて想定外だった。しかし同校および福岡教育大学のご努力もあってICTが教室に常設され,教員がそれに慣れていき,今では当たり前のことになった。ここでも常設による効果を再確認した。教科「情報」の中身も,カリキュラム的には安定をしたが,授業の方法,とりわけ揺さぶりの発問等については若干の課題も残っているかなと感じつつ,それにしてもよくここまで来たなと感心した。文部科学省の上野教科調査官の講演を聴く。とてもよくまとまっていて参考になった。
2日目も同じ新幹線で久留米入りし,同じように授業を参観。講演の準備をして,2日間の最終の場面で総括的な講演を80分。終了後は附属久留米小はじめそのOBの研究同人,福岡教育大学の先生方,附属福岡小,小倉小の先生方を交えた懇親会。

| | コメント (0)

博多へ(2/8)

ChaMo移動日。宿泊先の大阪のホテルから伊丹空港。連日の疲れで機内では爆睡。福岡でちゃんぽんを食べてチェックイン,某審査の最終チェックと入力作業。夕方,弟家族ともつ鍋。

| | コメント (0)

関西大学初等部公開研(2/7)

K1K2K3朝早くに京都駅から高槻駅へ。関西大学初等部公開研へ。全国からたくさんの応募があったがキャパシティの関係で800名で申し込みを打ち切ったとのこと。1校時に全体会。2校時のミューズ学習は公開2つ。1つが500名,もう1つが300名の参観者。3校時,4校時と参観して回る。どこも混んでいて,期待のほどが感じられた。お昼に簡単な打合せをしながらお弁当。午後は分科会,学年会と続いて,それから全体シンポジウム。昨年度同様,文部科学省の田村教科調査官とぼくが登壇者で,進行は黒上さん。ぼくは外部から見た同校の研究の営みの価値付けをする役目だった。
終了後,田中校長先生とお話。その後,先生方と打ち上げ。楽しく懇親できた。懇親会終了後,VHSメンバーの居残り組と合流して軽く一献。大阪まで出て宿泊。

| | コメント (0)

玉川学園小学部(1-4年)公開研(2/6)

T1T2T3朝は早めに起きてたまった仕事を片付ける。久しぶりに新宿からロマンスカーに乗って玉川学園前へ。よく使ったドトールで時間調整してから徒歩で玉川学園低学年校舎へ。正門前の大学講義棟や新食堂がほぼ完成していた(まだ入れないけど)。混雑を避けて別の入り口から入ったら工事中で大きく迂回,約束の時間ぴったりになってからの到着となった。渡瀬先生,後藤先生,野瀬先生と打合せながらお弁当。5校時は「学びの技」に関する授業を参観。懐かしいお顔にも巡り会う。3年間続いたICT活用の研究から学び方の研究にシフトしたこともあり,ICT活用はすっかり当たり前のものになっていた。やっぱり常設してしばらくかかるのだなと再確認。同校の実践の価値について1時間の講演。終了後,急ぎ京都へ。

| | コメント (0)

新潟大学教育学部附属新潟小公開研(2/5)

N1N2N3朝イチにホテルからタクシーで新潟大学教育学部附属新潟小学校へ。2日間の公開研究会の1日目。田中博之先生@早稲田大と久しぶりに一緒になる。1校時は全校のICT活用の様子を見て回り,2校時は片山先生の総合における情報リテラシーを発揮する児童の様子を参観。4年生の児童がiPadを完全に道具として使いこなしていることや,情報の整理,協働による作業等が実にスムーズであることに感心した。情報教育関係者も多く参観していた。お弁当を食べながら校長・副校長先生と懇談。午後は学級力・学習スキルという同校の歴史ある研究テーマに今年度から加わった3つめのテーマである「附属新潟式情報リテラシー」のフォーラムに参加。ビミョーな寸劇を楽しんだ後に講演。エッジの効いた研究が進み始めた同校の今後の研究は注目に値する。終了後,来年度の約束をし,2日目に参加できない名残惜しさをもってタクシーで見送られて新潟駅へ。新幹線に乗ってから,赤い大きな胸花をつけたままだったことに気づく(涙)。新幹線で爆睡して東京へ。宿で夕飯。

| | コメント (0)

「メディア教育論ゼミ」のWebサイトを公開(2/4)

東北大学大学院情報科学研究科の情報リテラシー教育プログラムに進学する人が多くなってきた背景を受け,その研究の充実のために「メディア教育論ゼミ」をスタートしていたが,そのWebサイトをオープンした。中身の充実はこれから次第にというところ。

| | コメント (0)

新潟へ(2/4)

ZN大学での仕事に後ろ髪引かれつつ仙台駅。ずんだシェイクを買って新幹線。大宮乗換で新潟。ホテルに到着して仕事片付け。夜遅くなって地元の寿司屋へ。寿司はもちろん,のっぺが旨かった。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/4)

H朝から散歩していたら,広瀬川がこんな感じに。冬は北から渡り鳥が来るという知識はあったけど,そうかここは東北なんだなと実感した。
研究室で校正業務。夏に行われる日本教育情報学会のシンポジウムの企画まとめ。補講。評定など。この時期は何かと慌ただしい。

| | コメント (0)

立川市立第二小訪問(2/3)

123早朝にチェックアウトして新宿へ。特急で20分で立川駅。スタバでコーヒーを飲んで待ち合わせ場所へ。丹野さんに迎えに来てもらって立川市立第二小学校へ。校長先生にご挨拶。さっそく丹野学級の朝自習の様子から参観。担任不在でも子供たちが自分たちで学んでいた。1校時算数,2校時社会と参観し,校内を案内してもらって,3校時から授業についてのディスカッション。いい議論になった。

| | コメント (0)

宮崎君と一献(2/2)

Y「メディア教育論ゼミ」のWebサイトの開発を手がけてくれた静岡大学時代のゼミ生の宮崎君と久しぶりのサシ呑み。おいしい焼肉を食べる。当時から仕事が丁寧で妥協がなかったけど,さらに腕を上げプロとしてのマインドも身に付けていたことをうれしく思った。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(2/1付)

Kbキーボー島アドベンチャーの11年目,2015年1月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 1,360校
登録児童数 182,468人

1年 6,359人
2年 7,291人
3年 40,666人
4年 42,297人
5年 40,428人
6年 41,161人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算18,244人,学校数は6,160校。平成25年度学校基本調査によれば,全国の小学校は21,131校。これまでに登録した学校は,その29.2%を占めることになる。
2011年度から全面実施となった小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもあるという学習指導要領の全面実施を受け,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。
ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

台東区スーパーティーチャー育成講座(2/2)

T新幹線で上京。途中,メール対応。台東区生涯学習センターへ。台東区スーパーティーチャー育成講座のICT活用の部。先生方はまもなく行われる区への最終報告会のためのワークショップを実施。倉島統括がきっちりと仕切っていて,先生方の学びも深まったように思う。ぼくの方は,関われるのは今日までということで,これまでの総括の講義をした。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/2)

残った雪のため徐行が多く朝から街は渋滞。早めに出勤し,入試体制確認,推薦書執筆,某審査。仙台市の校長先生方が来研。2月の仙台市視聴覚関係の講演,8月の仙台市・宮城県合同の研修会(一般)の講演の打合せ。

| | コメント (0)

第2回メディア教育論ゼミ(2/1)

U早朝出勤。レポートの採点。書類の整理。ゼミの準備。時間前にみんなが集まり始める。自主的に準備に来てくれる院生たちがありがたい(定刻間際にコピーしたりするのは情けない)。ゼミは4時間。8名分の研究報告とコメント。査読論文投稿,研究会報告等の確認のため,かなり細かい議論が続いた。ゼミ生同士の十分な話し合いの時間が取れないのが残念だが,今はやむを得ないだろう。次回は少し余裕がでるかな(無理かな:涙)。終了後は恒例の鰻丼。

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »