« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

静岡大堀田研OB会(3/28)

11八重洲の洒落たお店で毎年恒例の堀田研OB会。メンバーは静岡大学情報学部/同大学院情報学研究科で堀田研究室のゼミ生だったメンバー有志。普段はみんなそれぞれの職場で働いていて1年に1回しか会わないのだけども,いつもながらすぐに当時の空気感が戻ってくる。1次会がオシャレなお店の分,2次会は安い居酒屋というのも恒例となっていて,そこでも盛り上がる。

| | コメント (0)

教育ICTカンファレンス2015で講演(3/28)

五反田で相沢を拾って学研本社ビルへ。学研ホールディングスの宮原社長と久しぶりにご挨拶。登壇者と打合せおよびお弁当。教育ICTカンファレンスは300名ほどの参加。学校現場関係者は3割弱,塾や通信教育を中心とする教育産業の方々,教科書や教材の関連会社の方々など。ぼくの基調講演では学校教育を中心とした教育ICT関連の動向をお話しした。佐藤先生@デジタルハリウッド大学をはじめ,ベネッセ,Z会,栄光などの方々と情報交換もできて有意義だった。

| | コメント (0)

第3回メディア教育論ゼミ(3/27)

012久しぶりの小田急ロマンスカーで久しぶりの玉川学園前駅へ。久しぶりのドトールで待ち合わせ。高学年校舎のMMRCをゼミ生で見学。その後,場所をお借りしてゼミ。みっちり4時間。次第にゼミらしくなってきた。その後のMLでのリフレクションも良い議論になっている。
修了後はこれまた久しぶりにかつての行きつけのお店で食事会。大将と女将さん,ゼミ生たちに誕生日のお祝いをしてもらう。美味しく楽しい時間。みなさんに感謝。

| | コメント (0)

JAET常任理事会(3/26)

JAET常任理事会。会長として,今年度の事業報告,決算見込み,来年度の事業計画,予算案等を説明。学校情報化認定,来年度の富山での全国大会,再来年度の佐賀での全国大会などについて審議。

| | コメント (0)

JAET学校情報化認定委員会(3/26)

JAETが始めた学校情報化認定委員会の会議。野中委員長が進行。課題はいろいろあるけれど,まずはスタートしたことに意義がある。おかげですでに18校を優良校認定している。
そんなに敷居は高くない。ぜひみなさんの学校もお申し込みを。

| | コメント (0)

JAET事務局打合せ(3/26)

機会振興会館から再び霞が関界隈へ。JAET事務局と常任理事会の打合せ。

| | コメント (0)

「先導的教育システム実証事業」及び「先導的な教育体制構築事業」成果報告会(3/26)

01_22_2霞が関ビルでダッシュでカレーを食べて,タクシーで機会振興会館へ。総務省「先導的教育システム実証事業」及び文部科学省「先導的な教育体制構築事業」の成果報告会会場へ。総務省の南政策統括官と文部科学省の河村局長,赤堀先生を交えて歓談。セミナー開始後,赤堀先生による熱い講演。その次なのでやりにくかったが,ぼくは文部科学省「先導的な教育体制構築事業」の座長としての30分の講演。立場で話すので持論をあまり挟めなかったけど,文部科学省の高野係長にご協力いただいて作成したスライドで近年のICT活用施策の動きについて解説した。豊嶋課長@文部科学省情報教育課,岸本課長@総務省情報通信利用促進課のお話を聞いた後に次の業務のため中座。

| | コメント (0)

中教審教育課程企画特別部会傍聴(3/26)

朝から霞が関ビルへ。中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会教育課程企画特別部会の第4回会議を傍聴する。情報活用能力調査の結果が報告された。次の学習指導要領の編成の骨太の方針が見えつつあることを感じる。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/25)

123朝から眞壁さん@東北文教大が来研,デジタル音楽教育について情報交換。勉強になった。情報科学研究科学位記授与祝賀会。中座。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/24)

早めに出勤。ショートレターの添削。文部科学省日程調整。橋本君来研,4月からの座席等を決める。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/23)

寒い1日。朝は在宅で論文校正など。出勤後にその続き。意外と時間がかかった。年度末・年度初のいくつかの日程調整。

| | コメント (0)

日本教育工学会論文誌・情報処理学会論文誌への採録決定(3/21)

日本教育工学会論文誌38(4)に,以下の論文が掲載された。

山本朋弘, 堀田龍也, 宮田明子, 鈴木広則(2014年12月)
校務支援システムの機能要件に関する教職員調査の分析
日本教育工学会論文誌, Vol.38 No.4, pp.377-384
また,同じく日本教育工学会論文誌ショートレター特集号に以下の論文が掲載された。
渡邉光浩, 新地辰朗, 渡木秀明, 高橋純, 堀田龍也(2014年12月)
小学校教員を対象としたICTの基本的な操作の指導に関する実態調査
日本教育工学会論文誌, Vol.38 Suppl., pp.161-164

宮田明子, 伊藤三佐子, 山本朋弘, 堀田龍也, 片山淳一, 鈴木広則(2014年12月)
校務支援システムの運用による校務の状況の改善に関する教員調査の経時的分析
日本教育工学会論文誌, Vol.38 Suppl., pp.69-72

さらに,情報処理学会論文誌に以下の論文が掲載された。
石塚丈晴, 兼宗進, 堀田龍也(2014年12月)
小学生に対するアンプラグドコンピュータサイエンス指導プログラムの実践と評価
情報処理学会論文誌, 教育とコンピュータ(TCE)1(2), pp.19-27
いずれもすでに採録決定となっていたが,実際に掲載されたことからブログにもメモ。共同研究をしてくれているみなさんに感謝したい。

| | コメント (0)

教材達成度調査研究打合せ(3/20)

教育同人社へ。高橋研@富山大,堀田研および教育同人社の三者でプロジェクトを編成している教材達成度調査に関する研究打合せ。長勢や中沢といった高橋研の学生たちが大活躍。漢字については良い研究成果が出た。論文化の計画および来年度の研究の方向感の策定。打ち上げ。

| | コメント (0)

チエル打合せ(3/20)

チエル打合せ。今後の教材企画の方向感について。

| | コメント (0)

内田洋行打合せ(3/20)

内田洋行へ。NEEの企画について打合せ。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(3/20)

朝早い新幹線で上京。文部科学省へ。情報教育課でいくつかの打合せ。ランチ。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/19)

専攻会議。専攻教授会。査読確認。論文抜刷対応。書類片付け。結局遅くなる。

| | コメント (0)

宮城県庁で講演(3/19)

休暇明けの最初の仕事は宮城県教育委員会での仕事。車で宮城県庁へ。高橋教育長とお話しする。その後,県教委関係者,県立高校および特別支援学校管理職,宮城県内市町村担当者に教育の情報化について講演。

| | コメント (0)

JSET事務局会議/編集委員会/理事会(3/14)

朝からJAPET&CECへ。事務局会議で理事会議題および重要議題について審議。午後になって編集委員会。特集号編集委員長として提案。その後,理事会。案件が多く,1時間近く長引く。

| | コメント (0)

大田区立西六郷小校内研(3/13)

蒲田からタクシーで大田区立西六郷小学校へ。副校長先生のご案内で校長室へ。松橋校長と橋本研究主任から現状のご説明をいただく。6校時終了後に先生方に対して講演。4月からの初任者も参加して一生懸命聞いてくれていた。講演後,校長室に有志が集まってのディスカッション。若手がとても前向きで感心した。
夕方の雑色商店街を歩く。風情があるなぁ。

| | コメント (0)

中尾さん研究打合せ(3/13)

放送大学文京学習センターへ。放送大学/総合研究大学院大学の三輪先生,中尾さんと研究打合せ。今後の方針について相談。終了後にランチ。

| | コメント (0)

脇本君研究打合せ(3/13)

早朝の新幹線で上京。茗荷谷へ。脇本君とショートレター論文および今後の研究の方針について打合せ。順調。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/12)

羽田空港から東京駅に出て,新幹線で仙台に戻る。自宅に荷物を置いて片付け等。お昼過ぎに出勤。たまった書類を確認。海外出張終了手続き。教授会。

| | コメント (0)

帰国の途へ(3/11)

早朝出発だったのでおちおち眠れず。4時に起床して出発準備。チェックアウトしてパディントン駅まで歩く。始発のHeathrow Expressに乗って空港へ。ルフトハンザカウンタでチェックイン。ラウンジで朝食。07:30の便でフランクフルトへ。荷物検査等を済ませてラウンジへ。野中先生,高橋と合流。彼らは木原さんと一緒にぼくより1週間早く英国を訪問し,それからフィンランドを視察していたとのこと。取れ高が大きかったという話など情報交換。一緒に羽田便に搭乗。

| | コメント (0)

ロンドン3日目(3/10)

123久しぶりにイングリッシュ・ブレックファストをしっかり食べる。学校視察の2日目。朝からまずはScience Museumへ。情報科学の発展の展示を見て買い物。それからビクトリア駅に出てランチ。Over Groundとバスを乗り継ぎ,Goose Green Primary Schoolへ。久しぶりにAlinaに会い,校内を案内してもらう。5年生のComputingの授業を見た後にディスカッション。特に,新しい教科の指導のために必要な教材の話で盛り上がる。
夕方は少し時間ができたので,ロンドンブリッジからピカデリーサーカスへ。買い物をして,Green Parkから地下鉄に乗ったものの,事故で遅延。約束の時間に遅れてAlinaと食事会。日頃の教師生活のことも含め,いろいろ聞くことができた。

| | コメント (0)

ロンドン2日目(3/9)

123時差ボケのため,夜中に何度も起き,結局は早朝から起き出すことに。ネットの品質が日本のようにはいかず,苦戦しながらメール仕事。
朝イチでまずビッグベン等の観光地をちょっとだけ見て,それから地下鉄でリバプール・ストリート,乗り換えてギデア・パークへ。Ardleigh Green Junior Schoolを訪問し,Computingの授業を中心に参観させてもらう。ちょうどeSafety dayということもあり,Daveが飛び込み授業および教員研修に入っている日。というわけで放課後の教員研修も参観させてもらう。この間,Morris校長からの熱い説明を受ける。
終了後,Daveと一緒にBaker Streetへ。日本食で美味しく懇親。

| | コメント (0)

ロンドン1日目(3/8)

羽田空港からロンドン便に搭乗。お昼ご飯を食べて,少しだけ昼寝。映画を見て,プレゼン作成,査読。機内Wi-Fiに接続してみたけど,あっという間に容量に達してしまった。
ロンドンは東京と同じぐらいの気温。幸い天気も良い。Heathrow ExpressでPaddington駅へ。ハイディと一緒にマレーシア料理で夕飯。
今回は石塚先生@福岡工大,安藤先生@宮城教育大と一緒に,Cpmputingの授業とデジタル教科書等の動向の視察。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(3/7)

123中尾さんとの研究打合せ後,東北大学片平北門会館へ。13:00にスタッフが集まり順調に準備。講師の塩谷さん到着。簡単に進行の打合せ。
第4回情報リテラシー連続セミナー「情報活用スキルと学校図書館」は塩谷京子氏(関西大学初等部・教諭/司書教諭)を講師としてお迎えし,定員をオーバーした60数名で実施。塩谷さんには,情報活用スキルの育成について,習得と活用に「その間」の概念を導入した魅力的な話をしてもらった。その後のディスカッションも盛り上がった。懇親会も楽しい時間だった。

| | コメント (0)

中尾さん研究打合せ(3/7)

仙台で中尾さんと研究打合せ。論文全体の構想,データの分析について検討。終了後,ランチ。

| | コメント (0)

登米市立登米小訪問(3/6)

123朝早くに仙台を出て,相沢を拾って登米市へ。登米市立登米小学校で校長・教頭先生にご挨拶。皆川学級へ。2校時は国語の伝記の授業,3校時はQB説明算数「5年分数のかけ算・わり算」を用いた授業。給食を子供たちといただき,5校時に体育(保健領域)の授業を参観。皆川君の隙のない授業に感心する。
M帰りは南三陸町に寄り,石巻市の大川小跡を見て,渋滞の頃に仙台に戻る。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/5)

朝はメール片付け。宮城教育大の安藤研究室を訪問。板垣君に学内を案内してもらう。東北大に戻って工学部でランチ。午後には玉川大学教職大学院時代の教え子たちが4人で来研。明日の出張準備。連続セミナーの準備。教育再生実行会議第1分科会議事録確認。文部科学省会議日程調整。

| | コメント (0)

北区立豊川小訪問(3/4)

123新幹線で大宮乗換で王子駅。北区立豊川小学校を初訪問。3校時に無事に到着し校長先生とご挨拶。相沢@メディア教育論ゼミを預けている佐藤学級へ。5年生と仲良くしている様子がよくわかった。4校時は相沢による震災時の苦労に関する授業。良い経験をさせてもらったと思う。校長先生と給食をご一緒させていただき,5校時は佐藤君による理科の電磁石の実験の授業。子供たちが実験の写真を撮り,なぜそうなったかを議論している様子に感心した。急な訪問となったが伺ってよかった。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/3)

1早めに出勤。今日は情報科学研究科下期入試。ぼくは委員でもあるので朝から打合せ会議。入試本部待機。面接対応。採点。判定会議等。

| | コメント (0)

教育ICTカンファレンス2015(3/28)

G教育ICTカンファレンス2015」が3月28日(土)午後に五反田で行われる。学校だけでなく塾,予備校,家庭における通信教育もターゲットとし,初等中等教育におけるICT活用について検討する。申し込みはこちらから。

| | コメント (0)

「放送メディア研究12」に記事掲載(3/2)

12NHK放送文化研究所が年に1回発行している「放送メディア研究」(リンク先は昨年度のもの)の第12巻は「多様化する子どもの学習環境と教育メディア」という特集。編集の中心は同研究所の小平さん,宇治橋さんで,執筆者には長くこの分野に関わってきた木原さん,小柳さんや,稲垣君,中橋君という若手研究者も並んでいて読み応えがある。ぼくは山内君と対談をしたのだが,その様子が収録されている。ぜひみなさんにもお読みいただきたい。
Amazonには未掲載。丸善からは購入できる。お急ぎの場合はこちらから。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/2)

明日の大学院入試準備。現在進行中の書籍の校閲や判断。書籍の新企画のメール。研究費に関する諸手続など。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(3/1付)

Kbキーボー島アドベンチャーの11年目,2015年2月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 1,390校
登録児童数 184,583人

1年 6,414人
2年 7,459人
3年 41,110人
4年 42,734人
5年 40,861人
6年 41,702人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算18,286人,学校数は6,176校。平成25年度学校基本調査によれば,全国の小学校は21,131校。これまでに登録した学校は,その29.2%を占めることになる。
2011年度から全面実施となった小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもあるという学習指導要領の全面実施を受け,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。
ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »