« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議(6/30)

MD霞が関へ。喫茶店で時間調整。文部科学省へ。教科書課と進行の下打合せ。16:00より「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議。委員の欠席は1名のみ。傍聴は150名を数えた。マスコミも多くいて,注目の高さが伺えた。
第2回の今回は,学びのイノベーション事業の報告を豊嶋情報教育課長と広島市立藤の木小学校からと,教科書作成と検定を受ける立場から教科書協会の方々からのヒアリング。新幹線運休の煽りで登壇者が定刻に来られず,時間的に押してしまい,その後のディスカッションは時間不足となった。座長として申し訳なかった。

| | コメント (0)

東北大な1日(6/30)

T午前中は川内キャンパス。発掘作業は順調な様子。
講義終了後,そのまま仙台駅へ。

| | コメント (0)

宮城教育大附属中参観(6/29)

F1F2宮城教育大学附属中学校へ。文部科学省の研究開発学校として「技術・情報科」の開発に取り組んでいる。そちらの教科開発の研究はまだ途上だが,ICT活用については広く行われていた。今は教育実習生がいる時期だったけど,みんな落ち着いて授業をしていたし,電子黒板の活用も上手だった。感心。

| | コメント (0)

東北大な1日(6/29)

朝から将来計画WG。長い会議となった。小野寺さんと打合せをしながらサンドイッチ。採点。推薦入試面接。判定会議。急いで宮城教育大附属中へ。遅れて野中先生にご心配をおかけした。ディーラー経由で大学に戻って,楊君の研究相談。

| | コメント (0)

学校教材活用指導法研究会(6/28)

学校教材活用指導法研究会のために会場をお借りしている教育同人社へ。今年度は年間2回の会議。今日はその1回目。現場教員,教委等のメンバーから,現状の情報共有。その後,学校教材の動向などについての報告。学会発表の報告など。
終了後は新しくできた豊島区役所でランチ。

| | コメント (0)

算数教科書提示順調査(6/27)

T教師用デジタル教科書における提示順序について,社会科に引き続き算数科での調査。協力者が数十人集まってくれ,しーんとした中で調査が淡々と進んだ。結果が楽しみだ。

| | コメント (0)

第59回VHS(6/27)

123第59回VHSは,池袋サンシャインビルそばの文化会館の会場で行われた。会場にご配慮いただいた教育同人社のみなさんに感謝申し上げたい。今回は開始前に算数の調査に協力してもらう人たちが集まってくれ協力してくれた。
予定開始時刻の40分前にスタート。今回はゲストも多く,お祝いごとも多く,アピールタイムも盛り上がった。
土井君による海外訪問報告は,外に出てみたからこそわかる我が国の教育のすばらしさを感じたという発表だった。
田中校長による学校紹介は,学校の安定のために管理職はどこを見ているか,対応しなければならないことをどこから取り組むのかという観点がよく理解できた。学校の安定は偶然の産物ではなく,小さな努力の積み重ねだということを確認した。新井さんの実践紹介は,小さい町の指導主事の苦労がよく伝わってきた。すっかり町の教育を支える立場になっていることに感心した。磯崎さんの取り組み紹介は,会社が変わっても自分のスタンスを同じように保って活躍している様子がよくわかった。人は活かされて活躍できるんだよなと思った時間だった。
板垣さんの模擬授業は,算数の文章題を少しずつ詰めて理解させていくという方法の授業だった。丁寧だし実物投影機も上手に使っているのだけど,児童にどう問えばもっと考えるようになるかというコメントをした。遠藤さんの模擬授業は,短歌を作るために,例示された短歌をしっかりと鑑賞・読解させておく授業。創作を急がず,鑑賞・読解を深めることで自然に創作に気持ちを向けさせようというていねいさがミソなのだと感じた。佐藤さんの模擬授業は,教科書の資料の読解と,それを深めるためのデジタル教材の活用について,わかりやすく示してくれたものだった。佐藤さんが授業すると,もっと知りたくなり,社会科がおもしろく感じるとも思った。それが教材研究の力なのだろう。圧巻だった。
恒例高橋トークは,JAET富山大会のCMからスタートし,タブレット活用の分類・分析から見る授業論について。情報量を増やす方向にばかり目が行っている実践を,逆に情報量を減らす道具として活用する観点もあるという指摘や,探究的な学習のプロセスそのものが重要であって,ICTはその際の環境であることを押さえ直してくれた。いつもながらとても良い話だった。

| | コメント (0)

帰国(6/26)

現地の6/25の早朝にホテルをチェックアウト。タクシーでモントリオール空港へ。朝からとても混んでいた。エアカナダのカウンタで荷物を預けてから朝食。バンクーバーまでの飛行機は3人掛けの真ん中で5時間。眠れたわけでもなくとてもしんどかった。カナダは出国審査がないのでバンクーバー空港ではそのまま国際線乗り場へ移動。搭乗口を確認してからラウンジへ。論文チェックなどの仕事。最後は羽田行きに10時間。うち3時間眠ってあとは論文校正など。帰国してすぐホテルへ。食事して眠る。

| | コメント (0)

モントリオール3日目(6/24)

123最終日。学会会場は人が少なくなった印象。一通り見て回って情報収集。ランチはムール貝(とビール)。昨日と違う煮込み方で。論文の査読,学会引継,連続セミナーの予定などの日本の仕事に対応。荷物整理。

| | コメント (0)

モントリオール2日目(6/23)

123KeyNoteSpeechや,研究発表を聞きに行く。金子君@北星学園大と出会う。ランチはムール貝(とビール)。韓国の院生が発表していたMobile Collaborative Learningのデザイン原則の研究発表がおもしろかったので,院生MLに情報を提供。街の散歩など。時差が取れたような取れないような。

| | コメント (0)

モントリオール1日目(6/22)

1_223時差ボケ全開。とりあえずED-MEDIAのRegistrationへ。以前に比べて受付はあっさり。特に冊子がなくなってからは荷物的にも楽。KeyNoteを聞いているうちに眠くなってやばかった。各セッションをいくつか見て回る。
夕方,モントリオールの街を散策。旧市街,海辺まで歩いてみる。地下鉄の勝手がわからなかったが,人に尋ねながら無事に乗ることができた。買い物と食事をしてホテルへ。

| | コメント (0)

モントリオールへ(6/21)

010302木原科研終了後,都内に戻り,担々麺を食べて,預けていた荷物をピックアップして羽田空港国際線ターミナルへ。バンクーバー便では爆睡するもあっという間に着陸。バンクーバーは快晴。トランジットだから関係ないけど。無事に乗り継いでエアカナダでモントリオールへ。これが意外と長かった。機内で有料のハンバーガーを食べてみたり。到着したら現地は深夜の0時過ぎ。タクシーもなかなかの列。フランス語圏なので,ぼくの英語ではイマイチ通じないため,スマホでホテル名を拡大して見せる。深夜に無事にチェックイン。だけど今度は眠れず。

| | コメント (0)

東北大学・堀田研究室の受験を希望する方へ(6/21)

堀田研究室で勉強したい,学位を取得したいという場合は,東北大学大学院情報科学研究科を受験することとなります。
東北大学大学院情報科学研究科は,学部のない独立大学院です。マスター(修士:博士課程前期2年の課程)とドクター(博士課程後期3年の課程)の両方があります。
推薦入試は6月末に行われます(すでに応募は終わっています)。もっとも大きい入試は8月末です。2015年10月入学/2016年4月入学の入試が同時に行われます。それぞれに推薦入試(学内進学)/一般入試/社会人入試/外国人留学生入試があります。
ぼくの所属する講座はメディア情報学講座,分野はメディア文化論です。情報リテラシー教育プログラムにも所属しています。ゼミは「メディア教育論ゼミ」として実施しており,このゼミが実質の論文指導となります。詳しいことは「このゼミについて」や「所属志望の方へ」などをお読みください。
いずれにしても,メディア教育論ゼミで学びたい方はメールでご連絡ください。

| | コメント (0)

木原科研リーダー会議(6/21)

Y横浜国大へ。恒例の会場。
木原科研「教育工学的な視点に基づく教師教育ハンドブックの開発-その理論と実践の分析から-」のリーダー会議。すでに4年目。ハンドブックの評価および改訂について議論。木原さんの計画性やマネジメントに感心する。
終了後,JAET関係の議論をして解散。

| | コメント (0)

JSET総会/理事・評議員会/シンポ(6/20)

数日かかった総会台本を仕上げて,昨日のうちに事務局に印刷を依頼しておいた。東京工業大学へ。早めに到着し,会長,副会長といくつかの調整。午前中のシンポジウム後に,第31回通常総会。2014年度の事業報告,決算,2015年度の事業計画,予算案について,総務担当理事として提案。無事に承認いただく。総会議事録作成。総会終了後,理事会・評議員会。こちらも議事録作成。高橋君といくつかの打合せ。

| | コメント (0)

New Education Expo大阪で情報活用能力調査の報告(6/19)

N1N2大阪会場入り。先にウチダと別件打合せ。控室で黒上さん,小柳さんと打合せ。会場にて立ち位置の確認など。15:40から100分間のコマで,文部科学省による情報活用能力調査の結果についてのセッション。東京に引き続き担当。最初は3人でリレー報告,その後,研究者としての私見について表明した。
終了後,関係者にご挨拶の後,受講してくれていた一部のメンバーと串揚げ。

| | コメント (0)

東北大な1日(6/18)

午前中は川内キャンパス。青葉山キャンパスに移ってお昼。メディア情報学講座会議。メディア情報学講座合同ゼミ。さらにもう1つ打合せ。車を置きに帰宅してから仙台空港へ。大阪入り。

| | コメント (0)

東北大な1日(6/17)

朝から海外出張のパッキング。大荷物を車に積んで2限は川内キャンパス。青葉山キャンパスに移動し,お昼を食べて,奨学金対応など。3限「メディア・リテラシー」は輪講を進める。みんな優秀。書類片付け。手紙送付。

| | コメント (0)

JAPET&CEC総会(6/16)

J1J2文部科学省から機械振興会館へ。毎年この時期に行われるJAPET&CEC総会に参加。合田教育課程課長の講演を拝聴する。学習指導要領の変遷から諸外国との比較,現在の改訂の議論の方向とその理由など,たいへん参考になる講演だった。
文部科学省の前川文部科学審議官,德久総括審議官,河村生涯学習制作局長,豊嶋情報教育課長,総務省の岸本情報通信利用促進課長,国立教育政策研究所の大槻所長,内田洋行の大久保社長や赤堀先生,山西先生ほか多くの方々とご挨拶。話題のつけ麺を食べてとんぼ返りで仙台。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(6/16)

M東京駅からタクシーで文部科学省へ。初等中等教育局教科書課にて,「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議の今後の進め方について打合せ。

| | コメント (0)

東北大な1日(6/16)

T朝から川内キャンパス。気温21度,湿度も低くとてもさわやか。
マルチメディア棟近くで地下鉄の工事をやるために,学内で発掘調査をやっているんだけど,これ終わるのかなぁと余計な心配をする。
仙台駅で弁当とずんだシェイクを買って新幹線。

| | コメント (0)

東北大な1日(6/15)

カフェ経由で出勤。将来計画WG。長引く。お昼を食べながら小野寺さんと事務対応等。基礎ゼミに顔出し。事務で教務係と交渉。韓さん研究打合せ。科研書類対応。JSET研究会原稿の最終チェック,提出。JSET関係の投票。病院。出張手配。

| | コメント (0)

第3回JEES教育シンポジウム(6/14)

J2JJ3特定非営利活動法人全国初等教育研究会(JEES)による第3回教育シンポジウムが,恒例の椿山荘で行われた。スタッフを入れると約250名ほどの方々が集まってくれた。冒頭は柳瀬理事長によるミニ講演。もっと聞きたかった。その後,JEES理事の藤川先生@千葉大が聞き手になり,NHK教育「いじめをノックアウト!」の制作者に話を聞く基調講演。休憩後,ぼくが司会で,盛山先生@筑波大附属小,福田校長@練馬,吉川さん@前橋という登壇者で,若手教師の悩みに答えるパネルディスカッション。時間はあっという間に過ぎたのが残念。オプションのJEES会員限定の立食パーティーにも多数の方々が残っていただき,たいへん盛り上がった。
このNPOのミッションは「若手教師を応援する」ということ。そのための取り組みをさまざまにバックアップしていく。多くの方々(個人)が主旨にご賛同いただき,その場で賛助会員の手続きをしてくれたそうだ。ありがたい。賛助会員(個人)には,セミナーへの優待などのメリットがある。賛助会員(法人)はすでに多くの表明をいただいているが,こちらも募集中。ぜひ一緒に若手教師を支援していきませんか。

| | コメント (0)

三宅小中自主勉強会(6/13)

M1M2M3民宿でのんびり朝食を食べ,朝風呂に入り,仕事をしてから,山崎先生のお迎えで学校へ。土曜日にも関わらず,せっかくの機会ということで小中学校の先生方が集まってワークショップ。いい意見が出され,方向感がつかめたと思う。15分ほどコメントさせてもらう。ほんとうに熱心な先生たちだ。
1便が欠航になったということで,3便も不安になり,2便にキャンセル待ちをするもアウト。船に振り替えて,無事に乗船。食堂でビール飲んで昼寝。メールの片付け。FBに10年ぶりの想いを書いたところ,たくさんの方々に「いいね!」をもらえた。学校Webサイトにもたくさんアクセスいただいた様子。ありがたい。
竹芝桟橋にお迎えに来てくれた上京中のナベと3人で新橋のおじさんホルモン焼で打ち上げ。

| | コメント (0)

三宅出張所管内教育実践研究会(6/12)

1_223
456早朝にホテルをチェックアウトし,久しぶりに京王線に乗って調布駅へ。電気通信大学大学院に通っていた頃と調布駅が大幅に変わっていたので驚いたけど,あれからもう20年だからそりゃそうか。
調布空港に到着したものの,大島はじめすべての島への便はすでに出発時刻にも関わらず天候調査中。もしや飛ばないのではないかとドキドキした。運良く三宅空港行きは条件付きながら飛ぶこととなった。揺れて怖かったし何も見えなかったけど,着陸1分前にようやく島が見え,無事に着陸できた。小川校長および吉田指導主事にお迎えにきていただいた。三宅村役場に行き,櫻田村長,島村教育長ほかとご挨拶。東京都三宅支庁に行き土本支庁長ともご挨拶。それから三宅村立三宅小学校へ。村立三宅中学校,都立三宅高校の先生方,村長や教育長,教育委員の方々も一緒に4校時,5校時の授業参観。全学年で,1人1台iPadを用いた授業実践を行った。同校には,JEES経由で多くの先生方が講師として来島していることもあり,JEES副理事長の森社長@教育同人社も同行された。
終了後は研究協議会。iPadを活用する工夫,努力をしている先生方だからこその課題意識,不安などがいくつか出た。いろいろ考えつつも,まずはやってみようという前向きな姿勢にとても感心した。ぼくの方からは90分ほど,授業の講評からICT活用の原則,1人1台の事例の紹介,教育体制として考えなければならないことなどについてお話しした。
夜はオシャレなミサキカフェで先生方と懇親会。とても楽しかった。

| | コメント (0)

東北大な1日(6/11)

昨日より少し良くなったものの,まだしんどい。相沢の研究相談。調査用紙もずいぶん良い感じになってきた。よくがんばっている。IBMの方々が来研,教育のクラウド化などについてディスカッション。メディア情報学講座の講座会議。人間社会情報科学専攻の専攻会議。仙台駅から新幹線。進路相談。喘息がちょっとぶり返す。

| | コメント (0)

東北大な1日(6/10)

F1F2朝から病院。出勤後,書類を片付けて,古田さん@NHKエデュケーショナルをお迎えする。「メディア・リテラシー」の講義で,テレビ番組制作についてお話をいただく。懐かしい映像も視聴。終了後,いろんなことを後回しにして帰宅して休む。

| | コメント (0)

佐賀県ICT利活用教育の推進に関する事業改善検討委員会(6/9)

ICT利活用フェスタの裏で,関係者が集まって検討委員会が行われた。この検討委員会は,これだけ推進されてきた佐賀県のICT利活用について,必要な課題を確認し,場合によっては軌道修正をして根付かせていくための委員会。たいへん勉強になった。陰山先生と久しぶりに一緒になった。
会議終了後,博多に出て行く途中で何だか熱っぽくなる。福岡空港から仙台空港への飛行機を降りたら悪寒。がんばって運転して帰宅して寝る。

| | コメント (0)

佐賀県ICT利活用教育フェスタで講演(6/9)

S朝起きてスライドを作成。公用車でお迎えにきていただき,佐賀市文化会館へ。約800名の先生方が,各校・各教委から集まっていた。毎年2回,このような取り組みを行っている佐賀県教委は素直にすごいと思った。情報活用能力調査の結果からICT利活用をどう考えるかについて講演をした。佐賀新聞の記事はこちら。ITproの記事はこちら

| | コメント (0)

佐賀県武雄市を視察(6/8)

123
S1S2S3早朝に自宅を出発。飛行機の時刻を間違えたので仙台空港までの道中ビビりながら走る。仙台は快晴だったが,着陸した福岡は雨。飛行機も揺れた。博多駅に出て特急で佐賀駅へ。喫茶店で待機し,公用車で武雄市へ。
武雄市立図書館を訪問。平日にも関わらずたくさんの市民が本に親しんでいた。いろいろ話題になった場所ではあるが,スタバやTSUTAYAとの連携,良い雰囲気の学習空間に感心した。
武雄市立北方小と北方中を訪問,公開授業を参観。いずれも電子黒板の活用は当たり前,タブレットPCもすっかり馴染んでいたし,反転授業も無難に行われていた。学習規律もしっかりしていたし,教師の指導力も高かった。メディアでは批判が多い佐賀県や武雄市かも知れないが,そこではそれなりに地に足が着いた取り組みが行われていることに安心した。
夜は市内で懇親会。おいしいイカ刺しやラーメンをいただく。

| | コメント (0)

総研大博士論文予備審査(6/6)

私学会館に移動し,総合研究大学院大学の博士論文の予備審査。いろいろと厳しい意見が行き交う。

| | コメント (0)

New Education Expo東京で情報活用能力調査の報告(6/6)

控室で坂元先生@お茶の水女子大,小柳先生@奈良教育大と打合せ。会場にて立ち位置の確認など。15:40から100分間のコマで,文部科学省による情報活用能力調査の結果についてのセッション。最初は3人でリレー報告,その後,研究者としての私見について表明した。200名を越える方々が聞きに来てくれることを嬉しく思った。

| | コメント (0)

学校司書養成カリキュラム打合せ(6/6)

河西先生@鶴見大ほか事務局と,学校司書養成カリキュラムに関する打合せ。すばらしい取り組みだと思う。

| | コメント (0)

チエル教材企画会議(6/6)

お台場でチエルと教材企画の会議。いくつかの意思決定。

| | コメント (0)

「教職研修」インタビュー(6/6)

お台場のカフェにて,教育開発研究所「教職研修」の記事として,「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議の座長としてインタビューに答える。

| | コメント (0)

New Education Expo 20周年記念パーティー(6/5)

Np新川への内田洋行へ。New Education Expoが20周年を迎えたということで,記念パーティーが行われた。たくさんの関係者が集まっていた。大久保社長が1996年からの20年間の経緯をプレゼンされた。安西先生@元慶應義塾大学塾長が挨拶をされた後,僭越ながらご指名で乾杯の挨拶役を務めた。英国から来たDaveや永野先生,赤堀先生らとご挨拶ができた。町支君や脇本君たちとも話ができた。山西先生の中締めの後に失礼する。
1996年というとぼくは富山大学教育学部に着任し,山西先生や故・山極先生の元でお世話になることになった年。あれから20年かと思うと感慨深い。

| | コメント (0)

熊本県教育情報化推進事業における指導者養成講習会(6/5)

熊本県教育情報化推進事業における指導者養成講習会での講演のため熊本市城南町へ。県内各地の情報化リーダー教員を集めた1日研修。午前中は教育政策課の山本主幹による施策説明。その後,ぼくが講演。リーダーの役割について整理した。
終了後,熊本空港まで出て,だご汁を食べてから搭乗。

| | コメント (0)

帰国して熊本へ(6/4)

早朝に台北のホテルをチェックアウトして桃園国際空港へ。福岡行きのEVAに搭乗。時差の計算を間違え,打合せをする約束だった石塚さんに迷惑をかけた。結果,地下鉄の中と博多駅での立ち話だけになり申し訳ないことをした。博多から熊本に移動してホテルにチェックイン。明日の講演とNEEでのスライドの準備をし,博士論文を読む。
Ishi夜は熊本県教育委員会教育政策課の方々や,熊本県立教育センターの方々,新地先生@宮崎大などと一献。天草高校の副校長だった先生とか,自分も天草出身だという諸先輩方も次々にいらっしゃり恐縮しながら楽しんだ。その後,天草市の石井教育長と二次会。小学校の時の恩師と呑める幸せを噛みしめた。


| | コメント (0)

キーボー島利用状況(5/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの12年目,2015年5月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 769校
登録児童数 126,053人

1年 5,064人
2年 5,170人
3年 24,150人
4年 29,833人
5年 28,956人
6年 28,961人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算18,674人,学校数は6,279校。平成25年度学校基本調査によれば,全国の小学校は21,131校。これまでに登録した学校は,その29.7%を占めることになる。
2011年度から全面実施となった小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもあるという学習指導要領の全面実施を受け,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。
ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

台北2日目(6/3)

132余裕を持って出かけたら早く到着してしまったので,天母地区を少し散歩。治安もよく暮らしやすそうな地区だった。台北日本人学校はアメリカンスクールの前にあった。藤原君はこの4月から派遣されており,2か月後にぼくが訪問することになるとは思ってもいなかったけど,せっかくの縁なのでお邪魔することにした。校長先生,教頭先生に歓待を受け,校内を隅々までご案内いただいた。しっかりした子供たち,力のある教師たち,前向きな保護者たちというすばらしい環境の学校だった。
6校時は藤原学級を校長先生と参観。オープンスクールということで保護者の方も多く参観されていた。藤原君は授業の腕を上げたなと思った。その後の協議会で課題も含め良いディスカッションができた。夜は一部の先生方と楽しい一献。いい1日となった。

| | コメント (1)

台北1日目(6/2)

123
456羽田空港国際線ターミナルでメール片付けをして,仕事を抱えたまま搭乗。羽田→台北松山空港は3時間弱。寝不足だったのでウトウトしている間に到着。空港で出迎え部隊と合流して展示会場へ。とにかく暑い。
CompuTex TAIPEIはとても大きな展示会だった。主としてデバイス系の展示が多かったが,スマートフォンやタブレットなどのほか,IoTなどによって生活が情報化することによる変化を支える展示が多かった。教育への応用可能性もいろいろ感じつつ,巨大な展示場をいくつも回っていたらヘトヘトに。
夜は,ぼくが共同研究しているチエルと,その関連でつながりができた韓国や中国,台湾の会社の社長をはじめとするメンバーと一緒に懇親会。みなさんにはこれまでもお世話になっているので,一同に介して御礼が言えたのも国際展示会に参加したありがたさだと思った。台北の夜の街の風情を感じつつホテルに戻ってバタンQ(古)。

| | コメント (0)

東北大な1日(6/1)

Kiso朝は出張の大荷物を持って早めに出勤。書籍を確認したりWebサイトをチェックしたりする仕事。講義の準備。査読対応。文部科学省対応。
3限「メディアと情報」ではぼくが仕切る番ということで,雑誌の読解と,雑誌のインタビュー記事作成の演習を行う。1年生はとても真剣に制作に取り組んでいた。アシストしてくれた橋本君と楊君に感謝。最後は窪先生に譲って,急いでバスで川内キャンパス。会議からの仙台駅,そして新幹線。

| | コメント (0)

第5回メディア教育論ゼミ(5/31)

S1S2S3第5回メディア教育論ゼミ。査読論文査読対応,投稿準備,研究会発表準備,研究企画など,一連の流れを共有。細かい作法についてもいろいろと話題になった。4時間の濃密な時間が終わった後はみんなで恒例の鰻丼。ゼミ記録は槇さん。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(5/30)

123
456泰山夫妻と合流し,ランチをしながらセミナーの段取りについてお話しする。その後,東北大学片平北門会館へ。いつものようにスタッフがきびきびと準備をしてくれていた。
第6回情報リテラシー連続セミナー「思考スキルの向上は学力に影響をもたらすか」は泰山裕先生(鳴門教育大学大学院学校教育研究科・専任講師)を講師としてお迎えし,集まった40数名で実施。泰山先生には,学習指導要領や関西大学初等部の実践を踏まえた「思考スキル」「思考ツール」に関する整理されたお話をいただき,たいへんわかりやすかった。おかげでその後のディスカッションも盛り上がった。懇親会は今回はやや人数が少なめだったが,楽しい時間となった。

| | コメント (0)

米沢市立東部小校内研(5/29)

T1T2T3
T4T5T6朝から暑い日。米沢市立東部小学校へ。今年度はパナソニック教育財団の特別研究指定校の2年次にあたる。年度末の人事異動で教頭先生や研究主任など要になってきた方々が異動され,新体制で動き始めている同校に今年度初訪問となった。
昨年度1年間かけて揃えてきた学校全体での規律によって,授業はとても安定的だった。とりわけ若手の伸びが著しいと感じた。この学校で教員をしていれば,仲間,特にベテランから教員としての指導ノウハウをOJTでたくさん教えてもらえる。きっと昔の学校がそうだったような姿を意図して実現している本校の様子を確認し,11月20日の公開研に向けて取り組むべきことについて話をした。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »