« JSET全国大会(9/21-23) | トップページ | 内閣産業競争力会議ヒアリング(9/24) »

JSET全国大会終了(9/23)

JSET全国大会が終了。所感を書いておく。
今回の開催地の電気通信大学は,ぼくが29歳で入学して31歳まで博士前期課程(情報工学専攻計算機応用学講座)を過ごしたところ。1995年に修了した時の修士論文は児童の学校間交流学習を支援するシステムの開発だった。当時はまだインターネットは出始めで,データの同期が困難であり,どのようにデータを管理すれば良いか,そのデータをどのように児童に見せれば学習が促進されるかを考えていた。そんなことを久しぶりに思い出しながら3日間,新宿から毎朝8時ちょうどの特急に乗り,新しく地下になった調布駅で降りて,チョコクロに寄ってから通った。
学会は相変わらず盛況ですばらしかった。特に30-40代前半の活躍がめざましい。思えばぼくがJSETにもっともガッツリ関わっていたのもその頃だから,今となっては年寄りの部類だろう。彼らのキレのいい研究に学ぶことが多かった。
昨年度の岐阜大では,ぼく自身が東北大に移籍して1年目であり,院生を連れて行くような段階になかった。学会の直後ぐらいから院生が増えてきて,個別指導からゼミ体制に移行。1年が経過して今回はゼミ生6名の研究発表を見届けることができた。この1年間みっちりゼミをやったものの,もちろん研究は課題山積。とはいえゼミ生たちはよくがんばったし,いろんな人たちと交流をしていたのを見てうれしかった。ぼくとしては,研究大学の教授としての仕事がようやくスタートしたような気持ちだった。
シンポジウムはとても面白かった。佐伯先生の個性ってスゴイ。
SIGセッションもきっと盛り上がったことだろう。専門分野からいって,ぼくはとりわけメディア・リテラシーや教育の情報化や情報教育,教師教育・実践研究のSIGを応援したい気持ちがある。だからこそ,諸方面からお誘いを受けた分,どこかに行くというのは断念することにした。きっと今後,研究会などがあると思うので,そういう時に顔を出したいと思う。広報委員長としては,SIGでのイベントを学会カレンダーにしっかりと反映してほしいし,そうすればニューズレターでも広報できると思う。
今回,黄色のTシャツで熱心に働いていた大会実行委員会のみなさんの姿が印象的だった。ほんとうにありがとうございました。

|

« JSET全国大会(9/21-23) | トップページ | 内閣産業競争力会議ヒアリング(9/24) »

学会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JSET全国大会(9/21-23) | トップページ | 内閣産業競争力会議ヒアリング(9/24) »