« 2015年の自己評価その5(科研費・共同研究編) | トップページ | 2015年の自己評価その7(海外出張・社会貢献編) »

2015年の自己評価その6(講義・本務編)

8)講義
東北大学大学院情報科学研究科では,前期に「メディア・リテラシー」,後期に「情報教育論」を担当した。1年目に比べると人数が少なくなったのは仕方ないが,大学院生が相手なのでとても面白かった。
学部の講義としては,オムニバスで出講の「科学と情報」のほか,英語B/CをCALL教室で担当した。地下鉄の開通で川内キャンパスが便利になった。
そのほか,非常勤や招聘教授はすべてお断りした。それでも十分に忙しい1年だった。

9)本務
東北大学の大きな委員を務めた。また,研究科でも将来計画WG委員や選挙管理委員を担当した。
メディア情報学講座は特に博士課程の入学者も増え,受験も順調。研究生も入ってきた。博士号も秋に1名が無事に取得,春に3名が取得予定で審査中。窪先生の指導を近くで学ぶことができた。
情報リテラシー連続セミナー@東北大学」も順調。こちらは小野寺さんはじめ院生スタッフのおかげだ。
メディア教育論ゼミ」は,博士課程8名,修士課程2名という一般的な規模になってきた。ゼミをスタートさせて1年,ずいぶんと軌道に乗ってきたし,成果も出てきたし,何より軽井沢合宿の成功によって雰囲気も良くなってきた。協力いただいた外部講師のみなさまに感謝申し上げたい。2016年はさらに弾みがつきそうだ。

|

« 2015年の自己評価その5(科研費・共同研究編) | トップページ | 2015年の自己評価その7(海外出張・社会貢献編) »

東北大」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年の自己評価その5(科研費・共同研究編) | トップページ | 2015年の自己評価その7(海外出張・社会貢献編) »