« 2015年の自己評価その2(査読論文・国際学会発表編) | トップページ | 2015年の自己評価その4(著書・雑誌編) »

2015年の自己評価その3(研究会報告・学会発表編)

3)研究報告

日本教育工学会の研究会で次の研究報告をした。

○堀田龍也, 中沢美仁, 長勢美里, 山口直人, 高橋純(2015.7)
小学生の漢字書き取りにおける誤答の分布および教員の採点における重要度に関する分析
日本教育工学会研究報告集, JSET15-3, pp.175-182
そのほか,情報処理学会研究会に1本,日本教育工学会研究会に19本の連名発表となった。その多くが査読論文に繋がっていく予定だ。特に院生たちがよくがんばった。

4)国内学会発表
日本教育情報学会の全国大会でシンポジウムのコーディネータを務めた。

○堀田龍也(2015.8)
21世紀に必要な能力を育てるための教育情報の役割の検討
日本教育情報学会, 第31回年会論文集, pp.14-15
そのほか,日本教育工学会に8本,日本教育メディア学会に2本,日本教育情報学会に2本,日本デジタル教科書学会に2本,全日本教育工学研究協議会に9本,日本科学教育学会に1本,日本数学教育学会に1本,日本産業技術教育学会に1本の計26本の全国大会での連名発表となった。

|

« 2015年の自己評価その2(査読論文・国際学会発表編) | トップページ | 2015年の自己評価その4(著書・雑誌編) »

「研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年の自己評価その2(査読論文・国際学会発表編) | トップページ | 2015年の自己評価その4(著書・雑誌編) »