« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

仙台市立鶴巻小校内研(5/30)

123
45Tsu仙台市立鶴巻小学校へ。今年度最初の訪問。半数近くの担任が転任で入れ替わったが,転任者も普通に実物投影機は活用していた。3校時も4校時も全学級を参観。5校時は3名の公開授業。いずれも良い授業だった。本校も次なるステージへ。授業のコメントのほか,確実な理解を促す授業づくりの方法,教科書読解による教材研究,習得と活用の軽重などについて講義。講演が少し伸びたのが反省点。

| | コメント (0)

第14回メディア教育論ゼミ(5/29)

S第14回メディア教育論ゼミ。今回も査読論文の投稿予定や採録の条件の対応,研究会や全国大会の発表計画,今後の研究企画,博士論文の構想など,一連の流れを共有。途中,最近恒例になってきた誕生祝い。ゼミ記録は八木澤さん。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(5/28)

123早めに研究室へ。情報リテラシー連続セミナー@東北大学は,今回も70名を超える参加。青葉山キャンパスの情報科学研究科棟での実施によってステップが上がった印象。今回の登壇者は中川さん@日本マイクロソフト社。お忙しい中,土曜日にお越しいただき,情報化に関する最新の情報について講演をしていただく。たいへん勉強になった。その後,恒例の懇親会も50名超。ケータリングでの立食パーティーで盛り上がった。

| | コメント (0)

学研イノベーション打合せ(5/27)

五反田へ。学研イノベーションの中村社長以下,スタッフのみなさんとディスカッション。いつもながら盛り上がる。終了後,懇親会へ。楽しい時間を過ごした。帰仙。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/26)

時差ボケがひどい。朝から川内。途中,生協で買い物。お昼に青葉山へ。研究室見学手配。望月と議論。申請書提出。専攻会議,専攻教授会。

| | コメント (0)

2020年代に向けた教育の情報化に関する懇談会基本問題WG(5/25)

新幹線で文部科学省へ。情報教育課で下打合せ。2020年代に向けた教育の情報化に関する懇談会基本問題WG。現場感覚のある管理職陣から,教育学・教育方法学の大学教員,教科書・教材等の会社責任者,第一線のIT企業メンバーなどによる,熱い議論があり,時間を5分超過させて対応した。終了後の情報交換会も充実。初等中等教育企画室へ。迷惑をおかけしたお詫び。帰仙。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/25)

123ぐっすり寝た。これでうまく時差ボケが解消するといいが。朝から地下鉄で川内キャンパスへ。講義後,ケータリングの打合せのため川内生協の事務室へ。見通しも立ったので地下鉄で青葉山駅へ。研究室でたまった書類の片付け。海外出張の書類対応。講義準備。週末の情報リテラシー連続セミナ0の準備打合せ。チラシ配布のことで状況整理。研究費の見通し。論文チェック。午後は大学院「メディア・リテラシー」講義。今回はメディアとしての雑誌。分析的に雑誌を観るという演習。

| | コメント (0)

New Education Expo 東京(6/4)

New Education Expo 東京は6/2-4の3日間,お台場TFTで行われる。ぼくは,6/4(土)に以下のセッションで特別講演。政策の動向等を解説します。お申し込みはお早めに。

T34(10:00-11:30)
新しい学習指導要領で期待される学力と教育の情報化への期待
東北大学大学院 情報科学研究科 教授 堀田 龍也 氏

| | コメント (0)

シアトル5日目(5/23)

早朝より論文チェックやリフレクションなど。BCAの活動に今回もたいへん感心した。
お昼前に一路シアトル・タコマ空港へ。搭乗手続きをして,ランチを食べ,ラウンジでメール片付けをしてから搭乗。
機内ではドラマを観て,ぐっすり寝てから仕事。機内Wi-Fiが便利。順調なフライト。無事に成田空港着。国内線に乗り換えて仙台空港へ。

| | コメント (0)

シアトル4日目(5/22)

S1S2S3日曜日。良い天気。ダウンタウンを散歩。昼寝。美味しいシーフードとかステーキとか。たまっている日本の仕事。

| | コメント (0)

シアトル3日目(5/21)

121113
56PBCAへ。今日は土曜学校。平日は現地校に通っている日本人や日本関係者のお子さんたちが学びに来る。土曜学校特有のすばらしさと課題を把握しながら参観して回る。数ヶ月の企画だった飛び込み授業も成功。給食の後,午後は土曜学校の先生方と研修。授業技術について講義。JungleCityの取材対応。夕刻からは楽しいホームパーティー。シアトルで活躍する日本人のがんばりに刺激を受ける。

| | コメント (0)

シアトル2日目(5/20)

132
456時差ボケで朝寝坊。ギリギリに起きる。Bellevue Chilren's Academy(BCA)へ。1-2年の授業,pre-KとKの授業,中学校の授業,3-5年の授業の順に見て回る。質の高い教育に学ぶことが多かった。
夕方からシアトルのダウンタウンに出て,日本人コミュニティーの講演会に参加。

| | コメント (0)

シアトル1日目(5/19)

123お台場から成田空港へ。訪問校へのおみやげを購入し,出国手続き。関係者と落ち合って打合せ。その後に搭乗。
機内では夕飯後にうたた寝したものの,メール片付けやブログ書き等。その後は一睡もできないまま,40分早い着陸でシアトル・タコマ空港。ESTAでスムーズに入国し,ベルビューに向かう。午後はのんびり体を休める。夜はおいしいステーキを食べた。

| | コメント (0)

EDIXのCoNETSブースへ(5/19)

123EDIXへ。CoNETSから依頼され,「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議の座長として,現状までの検討状況を含めて解説した。30分という短い時間だったが,たくさんの方々にお聞きいただいた。立ち見の方々に申し訳なかった。別件の重要な会議があったものの,先約を優先し,デジタル教科書の検討状況をお伝えできたことで良しとしよう。
EDIXでは,いくつかの企業に挨拶回りをした。今回は,サカワの横広プロジェクタが話題を集めていた。

| | コメント (0)

中教審情報WG(5/18)

M1M2M3文部科学省へ。情報教育課に行き,進行の打合せ。今回で一定の結論に近づけるため,細かい点の確認。中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会情報ワーキンググループの第8回会議。今回も委員の建設的な意見でとても良い議論になった。終了後は,WGの一区切りを祝う懇親会。有松局長や大杉室長といろいろお話しができた。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/18)

朝イチで川内。講義後に青葉山へ。内田洋行来研。学内打合せ。午後は大学院「メディア・リテラシー」。40数名の受講生に「メディア・リテラシー」の定義をいくつか提示し,アクティブ・ラーニングで講義する。演習の成果もなかなか大したものだった。東北大の学生たちは本当に優秀だ。
急いで地下鉄,新幹線。上京。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/17)

土日も仕事だったので朝からとても疲れている。川内キャンパス。終了後,青葉山キャンパスに上がり,研究室でお昼。雑務等をしているうちに時間に。板垣研究相談。

| | コメント (0)

教育情報研究に論文採録(5/17)

教育情報研究誌に,以下の論文が掲載された。

槇誠司, 堀田龍也(2015年12月)
TIMMS, PISA及び全国学力・学習状況調査結果からみる我が国の統計的リテラシーの実態
教育情報研究, Vol.31 No.3, pp.13-22

| | コメント (0)

教育ICTセミナーin岡山(5/16)

岡山へ。空港にノブがお迎えに来てくれ,ラーメン屋で片山さんも合流し,久しぶりに美味しくいただく。教育ICTセミナーin 岡山の会場へ。総務省系の方々や,中村伊知哉先生@慶應義塾大学,倉田市長@箕面市,島本校長@藤の木小などのみなさんとご挨拶。このセミナーは,G7倉敷教育大臣会合の応援事業であり,情報通信月間の参加行事でもある。180名ほどの参加者のうち,教員や教育委員会系の方々は40名ほど。その割合を聞いて,プレゼンを作り替える。中村先生に続いて40分の講演,その後にパネルディスカッションに登壇。終了後,いくつかの名刺交換を経て,新幹線へ。大雨の伊丹空港から仙台空港へ。

| | コメント (0)

JSET理事会・編集委員会(5/14)

日本教育工学会(JSET)の編集委員会に参加。その後,理事会に参加。広報委員長としての提案。特集号編集委員会からの報告や,科研費細目見直し等に関する意見交換など。

| | コメント (0)

教育家庭新聞取材(5/14)

霞が関で西田編集長から取材。中教審の情報WG,小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議,2020年代に向けた教育の情報化に関する懇談会基本問題検討WG,「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議などについて関連を解説。New Education Expoの頃に掲載されるとのこと。

| | コメント (0)

小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議(5/13)

文部科学省へ。教育課程課で諸々打合せ。「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」へ。この会議,ぼくの経験上,もっともタイトルが長い(汗)。主査を拝命し,議事を進行する。東京大学の松尾先生からは人工知能の台頭と社会の変化に関するプレゼンを,その後,すでに小学校のプログラミング教育に関わっているさまざまなプレイヤーのみなさんからプレゼンをいただく。
マスコミも多数入っていて,ニュースになった。NHKは映像あり。日本経済新聞朝日新聞教育新聞など。18時のNHK全国ニュースにインタビュー映像が出たので,いろんな方々から連絡をもらう。

| | コメント (0)

相沢就職祝(5/12)

メディア教育論ゼミで学んだ相沢が,元気に東京で勤務していることをお祝いして,同ゼミの都内メンバーで囲んでお祝いをした。ビアガーデンでのジンギスカン,なかなか美味しかった。
相沢,頑張れよ!

| | コメント (0)

東北大な1日(5/12)

朝イチで川内キャンパス。たまった業務に対応。時間割係の会議。午後は青葉山キャンパス。お昼を食べてメディア情報学講座合同ゼミ。論文チェック。振込依頼や領収書手配など。仙台駅へ。

| | コメント (0)

日本経済新聞打合せ(5/11)

竹橋にある日本経済新聞社へ。デジタル教科書の議論の動向について解説等。

| | コメント (0)

文京区小学校教育研究会総会で講演(5/11)

上京し,文京区立窪町小学校へ。茗荷谷駅前なので何度も前は通っているけども,中に入るのは初めて。とてもすばらしい校舎だった。南教育長ほか役員の先生方とご挨拶。冷房付きの大きな体育館で文京区小学校教育研究会の総会が行われた。約450名とのこと。記念講演ということで「なぜ今,教育の情報化なのか」という演題で講演をした。同会長の田中克昌校長先生@駒本小は,ぼくが小学校教員時代の視聴覚教育部の先輩で,いろいろ教えていただいた恩がある。小さな恩返しだったが,お役に立ててよかった。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/11)

朝イチで川内。急いで新幹線。

| | コメント (0)

東北教育工学関連研究交流会(5/10)

T1T2T3
I東北大学の高度教養教育・学生支援機構に着任した松河君と,東北学院大学のラーニングコモンズの担当として着任した遠海さんをお誘いし,その周辺の教育工学関連研究をしている方々と一緒に研究交流会を実施した。今回は第1回ということで,東北大学大学院情報科学研究科の堀田研究室,東北学院大学の稲垣研究室,宮城教育大学の安藤研究室の研究室紹介と,松河君・遠海さんの研究紹介をしてもらった。その後,夜は懇親会へ。FBでたくさんの「いいね!」がついた。
同じ仙台にいても,お互いのことを知り合う機会は案外少ない。こういう横のつながりが大切だと思う。年寄りのぼくの仕事だと思っての開催。次回以降,参加希望者が増えるかも。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/10)

雨。朝から川内キャンパス。お昼に青葉山キャンパスへ。資料作成,研究会の準備等。

| | コメント (0)

大田区立西六郷小校内研(5/9)

12大田区立西六郷小へ。5限の公開授業2つ。6年社会と5年国語。いずれもよく考えられた指導案だったが,習得段階の徹底の度合いが活用の不安定さに影響を及ぼしている点について良い比較となるものだった。協議会での先生方の議論のあと,このことを含めてコメント。終了後は校長室でケーキ談話会。みなさんの前向きな姿に刺激を受ける。学校経営が軌道に乗っていることがよくわかる。

| | コメント (0)

中教審高等学校教育部会(5/9)

MMm文部科学省へ。中教審の高等学校教育部会。荒瀬教授@大谷大学が主査。NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でよく映像を見ていた方なので,なんか不思議な感触だった。各教科WGと違って,議論は高校卒業時の資質・能力を大局的に検討することや,各教科等のバランスや相互作用についてのもの。良い刺激となった。ぼくからはICT活用のことや情報活用能力のことについて発言した。終了後,マスメディア関係者といくつかお話しして退散。

| | コメント (0)

東京学芸大訪問(5/2)

東京学芸大学へ。新津室長@文部科学省を交えて高橋研で打合せ後,中村副学長・事務局長を訪問,ご挨拶。久しぶりにゆっくりお話ができた。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(4/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの13年目,2016年4月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 406校
登録児童数 74,029人

1年 2,019人
2年 1,646人
3年 15,264人
4年 18,337人
5年 17,028人
6年 17,881人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算19,438人,学校数は6,513校。平成27年度学校基本調査(速報値)によれば,全国の小学校は20,601校。これまでに登録した学校は,その31.6%を占めることになる。
2011年度から全面実施となっている現行の小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもある。2020年度からスタートする次期学習指導要領においては,キーボード入力はこれまで以上に重視される方向にある。
このような背景の中,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »