« 「三宅貴久子という教師」出版(6/11) | トップページ | 人間ドックな1日(6/13) »

JEES教育シンポジウム(6/12)

123仙台から上野。椿山荘に向かう。毎年6月の恒例のJEES教育シンポジウムも数えるところ第4回に。今回は「教師力をつけよう,若手教師たち!」というテーマに加え,『子どもが主体的に学ぶ算数』とは何か?というお題で実施された。定員150名のところ230名を超える申込があった。冒頭,柳瀬理事長よりご挨拶,その後,坪田耕三先生@青山学院大から基調講演があった。とてもすばらしいお話で感動した。その後のパネルディスカッションにも,盛山JEES理事@筑波大学附属小のほか算数教育の重鎮たちが並び,児童に問いを持たせる算数の授業づくりについて議論になった。その後の立食パーティーは,若手の参加が少なかったのが残念だが,懇親会ではさまざまな交流が行われた。〆の言葉を理事として担当。終了後,JEES臨時理事会。中座して帰仙。

|

« 「三宅貴久子という教師」出版(6/11) | トップページ | 人間ドックな1日(6/13) »

JEES」カテゴリの記事

「セミナー」カテゴリの記事

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「三宅貴久子という教師」出版(6/11) | トップページ | 人間ドックな1日(6/13) »