« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

東北大な1日(8/31)

朝から毎日新聞を購入,掲載記事を見る。
大学院入試2日目。修士課程の面接4件。判定会議。
夕方,チエルマガジンの取材スタッフが来研。次期学習指導要領のためのICT環境整備について。

| | コメント (0)

東北大な1日(8/30)

Exam観測史上初の東北地方への台風上陸に備え,早朝出勤。すでに窪先生が対応中。感謝。筆答試験責任者として入試本部で対応。台風が時々刻々と近づいてくる中,午前中は専門科目および小論文。断続的に社会人面接。採点業務,判定案作成等。夕方にはすっかり台風一過でホッとした。合間にたくさんの書類片付け。原稿も審査も成績付けも終わらず。

| | コメント (0)

情報活用能力調査に関する協力者会議(8/29)

M2情報活用能力調査に関する協力者会議。高校生を対象とした分析結果について種々議論。市川先生@東大を主査としたこの協力者会議もこれで一段落。終了後は市川先生を囲んで一献。台風を気にして帰仙。

| | コメント (0)

IEスクール事務局打合せ(8/29)

M1上京。文部科学省情報教育課へ。IEスクール事務局と,各校から寄せられた提出物のチェック。ミッションの確認と今後の進め方について議論。

| | コメント (0)

第66回VHS(8/27)

V1V2V3第66回VHSは,内田洋行新川ビルのCANVASで行われた。会場にご配慮いただいた株式会社内田洋行のみなさんに感謝申し上げたい。
いつものように予定時刻の少し前にスタート。今回もお祝いごとから。アピールタイムも国際的。
近江教頭による学校紹介は,それぞれの学校の課題を自己の立場でどのように改善していくかという際に,何より人間関係と「その人らしい戦略」が必要だということを感じさせるものだった。片山さんの実践紹介は,指導教諭の役割をていねいにこなしていき,信頼を集めていく地道な様が尊敬に値するものだった。森下君の製品紹介は,小学校英語の短時間学習の向けた良質な教材が紹介された。実によく考えられていると思った。
月田さんの模擬授業は,算数の九九の拡張と算数的な見方の授業だった。理解させるということと教えるという行為の関係について考え直すことにつながった。表さんの模擬授業は,リコーダーの運指をスモールステップで身に付けさせるもので,言葉少ない授業の安定感を感じさせる,教育技術に支えられた授業だった。佐藤正寿先生の模擬授業は,選挙という今日クローズアップされる題材をもとに,民主主義の原理に繋がる思考を促すものだった。
恒例の高橋トークは,学習目標と学習活動の再放送からスタート。「学習過程の質的な向上」についてもっと考えていこうという語りかけが印象的だった。
終了後は夏恒例のワンコインパーティー。こちらも盛り上がった。

| | コメント (0)

JEES理事会(8/26)

恵比寿でJEES理事会。柳瀬会長のご意向を踏まえ,今期の振り返りと来期の戦略的な見通しについて議論。

| | コメント (0)

長崎大本多研訪問(8/26)

Chodai1Chodai2Chodai3前夜のうちに長崎市内に入り,旧知のメンバーと一献。翌朝は長崎大学教育学部へ。本多研究室を訪問。藤木学部長にご挨拶。その後,瀬戸崎君ほか数名の先生方,教育学研究科の院生たちと茶話会。良い議論ができた。終了後は本多・瀬戸崎両先生と大村で美味しいちゃんぽん。飛行機で羽田へ。

| | コメント (0)

長崎ICTフォーラムで講演(8/25)

Nag1Nag2Nag3前夜に長崎入り。長崎空港にお迎えいただき,チェックイン後に県教委・県教セと懇親会。長崎県内のICT活用の状況を伺う。2次会も楽しかった。
当日は朝から会場入り。およそ350名ほどの県内の校長先生方および市町村教委の方への研修。午前中は県教委の方針と実態,2校のモデル校の実践報告,午後は離島での遠隔学習についての実践報告。いずれもすばらしい報告だった。その後に講演。学力向上を意図したICT活用の考え方,管理職の役割についての講演を,みなさん真剣に聞いていただいた。
大学時代の同級生と30年ぶりに再会でき,いい1日となった。

| | コメント (0)

サカワ共同研究打合せ(8/24)

品川へ。サカワとの共同研究打合せ。Kocri周辺実践の課題や対応等の見通しを擦り合わせる。

| | コメント (0)

新潟大学教育学部附属新潟小校内研(8/23)

Ni1Ni2Ni3新幹線で新潟入りするも,腕時計が遅れていたために新幹線に乗り遅れるという失態。何とか間に合い,お迎えいただいた先生方に情報を伺いながら,新潟大学教育学部附属新潟小へ。副校長にご挨拶。校内研では,新研究1年目の理論の枠組みのプレゼンを伺った後に,教育課程研究のあるべき姿についての私案をプレゼン。終了後は懇親会で先生方とたくさん話ができてよかった。

| | コメント (0)

福山大高田研究室を訪問(8/21)

In1In2In3因島へ。福山大学生命工学部海洋生物科学科に教授として着任された高田さん@元マリンワールド海の中道・館長に会いに同大学因島キャンパスを訪ねる。久しぶりにお会いした高田さんは相変わらずエネルギッシュで,さっそく取り組んでいるさまざまな水族館教育の研究について議論した。夜は尾道で美味しく会食。とっても楽しかった。

| | コメント (0)

日本教育情報学会に参加(8/21)

Kj1Kj2Kj3完全復調ではないまま京都から福山へ。日本教育情報学会の年会会場へ。登本さんの発表を見る。ぼくは立ち会えなかったが,登本さんは前日に,昨年度の年会発表で奨励賞を受賞し表彰されている。受賞祝に広島風お好み焼き。
今回の今回の関連発表は次の通り。

○登本洋子, 堀田龍也(2016.8)
探究的な学習につながる大村はまの教育実践観の分類
日本教育情報学会 第32回年会論文集, pp.342-343

| | コメント (0)

日本デジタル教科書学会に参加(8/20)

D1D2D3偶然にもICoMEも日本デジタル教科書学会も京都での全国大会。午前中,受賞予定者の選考会を見学。佐藤君,板垣君ががんばった。いずれも入賞。ラーメンを食べ,昨日に続いての体調不良のためホテルで休む。
今回の関連発表は次の通り。

○佐藤和紀, 板垣翔大, 齋藤玲, 堀田龍也(2016.8)
保護者のタブレット端末活用授業に対するイメージと授業体験による意識の変容
日本デジタル教科書学会2016年度年次大会, pp.57-58【若手優秀賞受賞】
○板垣翔大, 安藤明伸, 加藤琢也, 堀田龍也(2016年8月)
既存の電子黒板の課題を解消するアプリケーションの開発
日本デジタル教科書学会2016年度年次大会, pp.55-56【若手奨励賞受賞】
○木村明憲, 黒上晴夫, 堀田龍也(2016.8)
情報インデックスの作成と整理におけるアナログとデジタルの比較
日本デジタル教科書学会2016年度年次大会, pp.13-14

| | コメント (0)

ICoME2016に参加(8/19)

Icome1Icome2Icome3前夜のうちに京都に到着し,院生たちと約束の祇園へ。体調不良のため二次会は行かず。
ICoME2016に参加するため京都外国語大学へ。若手研究者(もはや中堅か)が大活躍。日本教育メディア学会理事会に出席,ICoMEのセッションに参加してCho先生@KERISの発表を聞くも,その後に発熱してホテルに退散して寝る。
今回の関連発表は次の通り。

○Yoko NOBORIMOTO, Shiori ITO, Yoshifumi GOTO, Tatsuya HORITA(2016.8)
Effect of a Copy Machine in a School Library on Students’ Inquiry-Based Learning
International Conference for Media in Education, ICoME2016, pp.514-519
○Shimpei GOTO, Ryo SAITO, Kazunori SATO, Tatsuya HORITA(2016.8)
Follow-up Survey of the Implementation of a Curriculum for Fostering Media Literacy through the Creation of Radio Programs
International Conference for Media in Education, ICoME2016, pp.501-505
○Kazunori Sato, Ryo SAITO, Tatsuya HORITA(2016.8)
The Effects of the Program with the Developing PDC Cycle on a School Lesson toward Changing an Awarness of Media Literacy for a Beginner Teacher: A Triangulated Study
International Conference for Media in Education, ICoME2016, pp.382-387

| | コメント (0)

東北大な1日(8/18)

疲れからか夏風邪で体調を崩しているものの,何とか出勤。事務の夏期休業明けだったこともあり,あまり書類もなく助かる。入試関係の会議。留学生対応。京都に向かう。

| | コメント (0)

学芸会(8/15)

東京学芸大学の教員やOB,応援団などによる「学芸会」なる会(飲み会?)が行われたので参加。学校現場のほか,大学教員や文部科学省,民間企業等にたくさんのOBが活躍していることがわかる。楽しすぎて喉が枯れる。

| | コメント (0)

学習工学セミナー(8/12)

N1名古屋情報メディア専門学校へ。伝統ある学習工学研究会による学習工学セミナーで講演。何年もお誘いいただいていたのに日程調整がつかなかったが,今年度はそれが実現してホッとした。集まった先生方はたいへん熱心で,真剣に講演を聴いていただいた。また,講演後は,大谷教授@名古屋大,柴田教授@名古屋大,玉置教授@岐阜聖徳学園大とぼくとのパネルディスカッション。出川小を巻き込んでしまったが,たいへん刺激的だった。

| | コメント (0)

大谷科研インタビュー(8/11)

O1O2名古屋入り。大谷教授@名古屋大学と面会。大谷科研として,教育工学者が何に魅力を感じて教育工学を研究しているかというインタビューに回答。約3時間。大先輩からのインタビュー,しかも質的研究法の一流研究者からのインタビューを体験できたのは勉強になった。
終了後は一緒にホルモン焼きとビール。美味しかった。

| | コメント (0)

東北大な1日(8/10)

朝から書類片付け。修士論文の審査2つ。うち1つに楊君@メディア情報学講座の審査もあり。午後は原稿書き。メール片付け。やってもやっても終わらない。体調もイマイチ。

| | コメント (0)

東北大な1日(8/9)

夏合宿の疲れが残る出勤。和田教授@東京学芸大学が来研。メディア・リテラシー教育についてディスカッション。たいへんありがたい。公明新聞取材対応。
午後は上京してお見舞い後に,エルモ林社長と実物投影機活用の啓発についてディスカッション。

| | コメント (0)

メディア教育論ゼミ夏合宿(8/6-8)

123
456メディア教育論ゼミの夏合宿は,遠刈田温泉にて,2泊3日で行われた。院生たちの意識も高く,また社会人が多いために普段得られにくいじっくりと議論する機会が得られ,とても有意義な合宿となった。準備は板垣隊長はじめ多くの人によって行われた。成功の過程でさまざまな実力や本気度が浮き彫りになった。みんなおつかれさま。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学2016年後期(8/7)

Jl2016年後期分の「情報リテラシー連続セミナー@東北大学」のキャスティングが確定した。半期に4名ずつお願いしているが,今回の4名もそれぞれの分野での第一人者であり,いずれも情報社会における学びを検討するにふさわしいスピーカーだ。ぜひ多くのご参加をいただきたい。申込はそれぞれの回の約1ヶ月前にこちらで行われる。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(7/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの13年目,2016年7月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 997校
登録児童数 135,406人

1年 4,420人
2年 3,892人
3年 26,975人
4年 33,833人
5年 30,726人
6年 32,800人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算19,921人,学校数は6,658校。平成28年度学校基本調査(速報値)によれば,全国の小学校は19,943校。これまでに登録した学校は,その33.4%を占めることになる。
2011年度から全面実施となっている現行の小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもある。2020年度からスタートする次期学習指導要領においては,キーボード入力はこれまで以上に重視される方向にある。
このような背景の中,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

関西教育ICT展(8/5)

Kan1Kan2早朝に自宅を出て仙台空港へ。モノレール,阪急,御堂筋線,中央線,ポートタウン線の5つを乗り継いで会場へ。まずはJAPET&CECにご挨拶。その後,展示を見て回る。いくつかお世話になっている企業のブースにご挨拶し,ICTconnectの片岡さんと打合せ。文部科学省情報教育課の磯課長の講演を聴いた後,14:00から45分間のセミナーを担当。終了後,急ぎ伊丹空港へ。

| | コメント (0)

仙台市教育振興基本計画検討委員会(8/4)

仙台市役所へ。仙台市教育振興基本計画検討委員会に参加。第2期仙台市教育振興基本計画についての意見を,特にICT環境整備や,次期学習指導要領の観点から述べる。

| | コメント (0)

東北大な1日(8/4)

朝イチで出勤。書類整理。留学生ゼミ。荷物積載。備品検収。人事打合せ。吉田さん@情報リテラシー教育プログラムの研究相談に遅刻して参加して早退となり申し訳ない。放送教育全国大会企画会議。途中で市役所へ。夜は決起集会。

| | コメント (0)

天草市で講演(8/1)

4天草市教育センターへ。市教委のみなさんがすでに駐車場の準備をしていた。ご挨拶して楽屋へ。岡田審議員,沢村課長補佐とお弁当を食べながら打合せ。その後,天草市で教員をやっている同級生たちが何人も楽屋を訪ねてくれた。研修会は天草市内の全校のほとんどの教員を集めた,合併後初の悉皆研修。約550名が受講。石井教育長のご挨拶,2つのICT活用の実践報告の後,ぼくが100分ほどの講演。天草市の教室に整備された実物投影機+プロジェクタ+90インチスクリーンを活用した現実的なICT活用の話,現行学習指導要領と中教審で審議中の次期学習指導要領の変化の話,生徒指導上の課題を含めた教室の現実についての話などとつなげてICT活用の意義とチャレンジの必要性を伝えた。
終了後は天草市役所へ。中村市長と面談。石井教育長も交えて記念撮影。夜は教育委員会のみなさんと楽しく一献。二献?

| | コメント (0)

母校の天草高校訪問(8/1)

3天草高校の瀬川先生から依頼されて訪問。高校数学科におけるアクティブ・ラーニングやICT活用についての話から,これからの時代の高校教育の話へ。生徒会の1つ先輩の馬場副校長にもご挨拶。

| | コメント (0)

天草へ(7/31)

125熊本経由で天草入り。30年ぶりに熊本→天草の超快速バスに乗る。2時間強で天草バスセンター。灼熱の太陽のもとでレンタカーを借りて帰省。
滞在中には,地元天草市の先生方に講演したり,母校の天草高校を訪問したり,同級生たちとたくさん会えたり,墓参りをしたり,おふくろを温泉に連れて行ったりするなど,いろんなことができた充実した帰省仕事の日々だった。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »