« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

東北大な1日(9/30)

1快晴。朝から業績整理の煩雑な対応。Webシステムに反映させる。中川さん研究打合せ。情報科学研究科オリエンテーション。メディア情報学講座顔合わせ会。専攻将来計画WGで熱い議論。上京。ホテルで遅い夕飯。

| | コメント (0)

東北大な1日(9/29)

遅めの到着。書類片付け。練馬区御礼関係。原稿校正。日程調整。学研・進学情報取材。人事関連会議。学内セミナーに出席したかったけど,他の用事が終わらず涙。夜は定例打合せ。乾杯。

| | コメント (0)

文部科学省で打合せ(11/28)

文部科学省へ。情報教育課でICT整備の今後のことについて打合せ。

| | コメント (0)

お茶の水女子大学附属中(9/28)

2_213久しぶりにお茶の水女子大学附属中学校へ。5校時には1年生,6校時には2年生のコミュニケーション・デザイン(CD)科の授業を参観。終了後に研究推進の先生方と議論。ぼくの考えとして,①教科の目標は何か,それが見失われていないか,②教育内容にはどんなものがあるのか,それはどのように領域化すればよいか,③学力の三つの柱としてどのように整理できるのか,④スキルの自覚化についてリフレクティブな学習活動が必要ではないか,それは授業過程に埋め込んだ方がよいのではないか,などの意見を伝えた。

| | コメント (0)

練馬区教委ICT活用研修(9/27)

123練馬高野台駅から歩いて練馬区立石神井東小学校へ。本橋副校長に出迎えていただく。中村西小で教務主任だった頃と同じように元気だった。福田校長先生も合流。5校時の若手の3つの授業を参観。先生方の協議を聞きながら講演準備。およそ60分間,ICT活用の考え方について話す。
終了後は2011-2013年度に指導助言した中村西小の当時在籍のOBたちが集まっての「同窓会」。とても楽しい時間を過ごした。

| | コメント (0)

東北大な1日(9/26)

12朝は少しゆっくり目の出勤。たまった書類対応。原稿書き。窪先生と打合せ。小野寺さんと打合せなど。情報科学研究科学位記授与式に参列。楊君が修士(情報科学)を授与された。がんばったね,楊君。

| | コメント (0)

教育メディア研究に採録決定(9/25)

教育メディア研究に以下の論文が実践論文として採録された。

○大久保紀一朗, 佐藤和紀, 中橋雄, 浅井和行, 堀田龍也
マンガを題材にしたメディア・リテラシーを育成する学習プログラムの開発と評価.
教育メディア研究23(1):33-45
○後藤心平, 齋藤玲, 佐藤和紀, 堀田龍也
高校生のラジオ番組制作体験によるメディア・リテラシー育成プログラムの開発と評価.
教育メディア研究(掲載号未定):採録決定

| | コメント (0)

日本教育工学会誌ショートレターに採録決定(9/25)

日本教育工学会論文誌に以下の論文がショートレターとして採録された。

○佐藤和紀, 齋藤玲, 堀田龍也(2016.12予定)
授業実践・リフレクションによるメディア・リテラシーに対する意識の変容:メディア・リテラシー教育未経験かつ教育歴20年以上の教師の場合.
日本教育工学会論文誌40(Suppl.):採録決定
○登本洋子, 伊藤史織, 後藤芳文, 堀田龍也(2016.12予定)
探究的な学習における論証構造を理解するための中学生向けワークシートの開発と評価.
日本教育工学会論文誌40(Suppl.):採録決定

○稲垣俊介, 和田裕一, 堀田龍也(2016.12予定)
高校生におけるインターネット依存傾向と学校生活スキルの関連性とその性差.
日本教育工学会論文誌40(Suppl.):採録決定

| | コメント (0)

Eテレ「しまった!」番組企画会議(9/25)

NhkNHKへ。10月からの定時番組「しまった!」の番組企画会議。#1と#3の確認。ラインナップについてのディスカッション。Webサービス,普及展開等。
終了後,すぐに失礼して帰仙。海外出張前からずっと休み無しなので,そろそろ限界な感じ。

| | コメント (0)

IEスクール企画検証委員会(9/25)

内田洋行へ。IEスクール企画検証委員会。すでに文部科学省や事務局は揃っていた。先生方も早々に揃い,前倒しで開始。中教審の動向とそこでの情報活用能力の位置付け,IEスクールのミッション,企画検証委員会の役割,学校訪問の方法に対する情報交換など。情報活用能力の体系表についてのディスカッション。ここからが正念場。

| | コメント (0)

札幌市立発寒西小訪問(9/23)

123
456朝の便で札幌へ。札幌市立発寒西小学校へ。校長室で学校経営について伺い,5校時の授業を参観して回らせてもらう。その後,研究協議。同校の研究の基本的な考え方を聞き,校務に関するICT活用の現状を説明してもらう。ぼくからは今日の授業を参観した感想を提供。多くの人たちが板書に食いついてきて,その後に校長室でまた議論。いい時間だった。
夜は旧知の仲間も交えて懇親会。

| | コメント (0)

情報モラルセミナー in 東京(9/22)

S32JAPET&CEC主催の情報教育対応教員研修セミナーとして実施された「情報モラルセミナー in 東京」のため秋葉原へ。あいにくの雨。事前申込から2割を超える欠席者が出ると予想。会場チェック,パネルディスカッション段取りチェック,PC接続チェックなど。お弁当。13:00開会。中沢部長@JAPET&CECからのご挨拶のあとにぼくがセミナーの趣旨説明。新津室長@文部科学省情報教育推進室からのご講演。たいへんすばらしいご講演をいただいた。パネルディスカッションは高橋君の仕切りで,情報モラル初心者教員,市教委,この道に長けた教員という構成でいい議論に。最後にぼくが総括講演。受けやすい誤解も含め,共同研究の経緯について説明する。
終了後は立食で情報交換会。多くの方々が残っていただき,話も弾んだ。スタッフ打ち上げ。

| | コメント (0)

東京書籍で講演(9/21)

久しぶりに王子駅から東京書籍本社へ。窓口担当の高石部長にお出迎えいただく。同社の教科書編集および営業等の100名超に対する社内研修会で講演。ぼくの教科書観,学校現場でのICT活用の例,中教審の動向,それらから導かれるデジタル教科書の方向について解説。

| | コメント (0)

IEスクール事務局打合せ(9/21)

新幹線で東京。内田洋行へ。文部科学省,事務局の内田洋行と,IEスクールの会議に関する下打合せ。議論の構成および資料修正の依頼など。

| | コメント (0)

東北大な1日(9/20)

早めに出勤。雨。提出したファイルにミスが発見され,朝イチで修正。書類片付け。東京分室予約。BYOD調査に関する段取り。困難点調査の用紙修正,配布。ベネッセ来研,P検についてディスカッション。出張段取り等。

| | コメント (0)

JSET全国大会3日目(9/19)

今朝も小雨。チェックアウトして会場に向かう。同じ教室でICT活用とメディア・リテラシー教育の2セッションをじっくり聞く。いくつか質問。
台風で九州方面のいくつかの便が欠航になる中,仙台便は順調なフライト。キャンセル待ちは失敗したけど,予定通りの飛行機で帰仙。終わっていなかった学内業務を終わらせて,提出して就寝。

| | コメント (0)

JSET全国大会2日目(9/18)

213あいにくの雨。大阪大学豊中キャンパスへ。朝イチのセッションからいくつかの部屋を渡り歩く。堀田研からは稲垣・荒木・板垣の発表,登本・板垣のポスター。将来計画WG。JSETの将来について侃々諤々の議論。早めに講堂へ。全体会。山西会長の挨拶講演。西尾総長@阪大の基調講演。その後の美馬さん仕切りのシンポジウムは,どれも刺激的な発表でとても面白かった。勉強になった。学会懇親会でいろいろ話す。中座したけど,雨でタクシーは拾えず。モノレール。千里中央で堀田研懇親会に合流。ラーメンで〆。

| | コメント (0)

JSET全国大会1日目(9/17)

J早朝に起きて仙台空港へ。稲垣君@東北学院大とバッタリ。飛行機で伊丹空港へ。稲垣君と一緒にタクシーで大阪大学豊中キャンパスへ。広大なキャンパス。すでに受付の混雑は過ぎていた。会場校の方々にご挨拶。板垣と出会って状況を把握。いろんな人と挨拶。ポスターセッションを見て回る。いくつかの研究にコメント。学会の内容と直接・間接的に関係しているいくつかの相談ごとを断続的に受ける。理事・評議員会。2018年度全国大会について公表。その後,何件か足止めを喰らいつつ,送れて内田洋行打合せ。前進。SIGセッション。
今回の関連発表は以下の通り。

○塩谷京子, 小谷田照代, 堀田龍也, 久保田賢一(2016.9):
情報活用スキル育成のための授業に対する児童生徒および教員の意識に関する調査 -小中9年間を見通して-.
日本教育工学会, 第32回全国大会講演論文集, pp.69-72
○木原俊行, 吉崎静夫, 堀田龍也, 野中陽一(2016.9):
『教育工学的な視点に基づく教師教育ハンドブック』の改善.
日本教育工学会, 第32回全国大会講演論文集, pp.791-792
○稲垣俊介, 和田裕一, 堀田龍也(2016.9):
高校生がメタ認知によってネット依存を考える授業実践の報告.
日本教育工学会, 第32回全国大会講演論文集, pp.655-656
○佐藤和紀, 齋藤玲, 堀田龍也(2016.9):
PDCAサイクルを基盤とした授業実践による初心者教師のメディア・リテラシーに対する意識の変容 -若手教師とベテラン教師の比較から-.
日本教育工学会, 第32回全国大会講演論文集, pp.987-988
○安藤明伸, 栄利滋人, 志賀勇人, 川田拓, Alina Manda, 鳥居隆司, 石塚丈晴, 堀田龍也(2016.9):
プログラミングで学ぶ外国語活動の授業実践.
日本教育工学会, 第32回全国大会講演論文集, pp.927-928
○荒木貴之, 齋藤玲, 堀田龍也(2016.9):
オンライン自己調整学習尺度の信頼性の検討.
日本教育工学会, 第32回全国大会講演論文集, pp.645-646
○登本洋子, 板垣 翔大, 伊藤史織, 堀田龍也(2016.9):
情報検索を支援する生徒向け参考文献管理システムの運用.
日本教育工学会, 第32回全国大会講演論文集, pp.679-680

| | コメント (0)

東北大な1日(9/16)

昨夜,深夜まで取り組んだクラス分け資料の元データにミスがあることのチェックに時間がかかり,事務に問い合わせて寝た。朝は普通に起きたので眠すぎる日。午前中はいくつかの打合せ等。あとはクラス分け作業。専攻会議。専攻教授会。夕方は専攻から尚絅学院大学にご栄転なさった横井先生の送別会。窪先生,小川先生たちと地下鉄で帰還。

| | コメント (0)

東北大な1日(9/15)

朝から板垣打合せ。いろいろな仕事に対応してくれ頼もしい。東京書籍来研。来週の講演の下打合せ。お昼を食べて視察等の日程調整。後藤君研究相談。教授会。

| | コメント (0)

東北大な1日(9/14)

時差ボケの中,朝から出勤。たまった書類を片付け。専攻将来計画WG。長引く。遅いお昼。海外出張で対応できなかった多くのメール片付け。終わらず。歯医者。

| | コメント (0)

渡欧8日目(9/12)

818283
84昨夜は遅くまで原稿書きや事務仕事をしていたので,朝から眠い。朝食前に文部科学省より架電。メールで対応。パリ日本人学校へ。深井校長は,ぼくが東京都江東区で小学校教諭をしていた頃,同じ区内のICT活用の研究指定校のメンバーだった方。実に26-7年ぶりにお会いした。変わらず若々しくご活躍だった。大野教頭先生にご案内いただき,校内を一巡。6年生の師尾先生の,パソコン室での調べ学習の授業を参観。終了後,短い時間でディスカッション。
街に戻って,エルモヨーロッパの浅野社長,リンさんと久しぶりの再会。ランチを食べながら,最近の欧州,中近東,アフリカ等でのICT活用事情についてヒアリングさせていただく。たいへん参考になった。
ホテルに戻り,着替えて,早川親子とバイバイして,シャルル・ド・ゴール空港へ。ラウンジでシャワーを浴び,メールの片付けをして搭乗。機内では夕飯を食べ,焼酎を飲んで,ガリレオを2本見てから爆睡。朝方,原稿書きをして,無事に羽田空港。Wi-Fiルータを返却し,東京駅から新幹線で久しぶりの仙台。

| | コメント (0)

渡欧7日目(9/11)

717372朝から小雨模様。日曜日の朝なのでマルシェを見学してみる。早川さんの案内でリパブリックからマレへ。たくさん歩いた。美味しいタイ料理でランチ,セバスチャン・ゴダールでお茶。

| | コメント (0)

渡欧6日目(9/10)

616263
6465チューリッヒ駅界隈で買い物。TGVでパリ・リヨン駅へ。タクシーでホテルへ。早川さんがお迎えに来てくれていて,一緒にランチ,サンジェルマンなどを訪問。デパートやスーパーが面白かった。
夜は早川家でご相伴にあずかる。異国の地で子育てをしながら暮らす苦労を垣間見た。久しぶりの和食が美味しかった。子供たちとも仲良くなれたかな?

| | コメント (0)

渡欧5日目(9/9)

515253
545556昨日と同じように車でSekundarschule Prattelnへ。バーゼル市郊外にある中学校。学校としての指導体制の一貫性にたいへん驚いた。学習内容に合わせて学習活動を3種類に整理。個別学習では個別の机が集まったアトリエと呼ばれる部屋で,プリントや問題集を活用した個々のペースでの静かな学習を行う。一斉学習は「Input」と呼ばれ,必要な知識を教師主導で教えるが,授業スタイルはアクティブ・ラーニング的だった。この2つの学習形態の組み合わせで学んだことを,社会に開かれた学びとして設定された音楽や美術,社会貢献等の学習で発揮するという形だそうだ。これらの学習を自己調整させるために「プランニングジャーナル」をつけさせ,週1回教師がしっかり管理していた。ギムナジウム進学希望のPクラス,じっくり学ぶAクラス,双方の間のEクラスに分けて学級編成されていた。
訪問後,チューリッヒへ移動。散歩。湖で船に乗りしばしの観光。夕方,野阪さんはお帰りになり,高橋と街探検。ワインバーで2次会。

| | コメント (0)

渡欧4日目(9/8)

4142_243
444546現地の方がホテルまでお迎えに来てくれる。車でGymnasium Leonhardへ。ギムナジウムなので大学進学を前提とした高校。数学の授業を参観。問題の解法を重視しており,実物投影機でノートを映して指導していた。その後,生徒それぞれの問題に対する解答をiPadで録画させ共有させていた。学力差はそれなりにあり,教え合いが盛んだった。校内見学の後,Basel市教育委員会のメディアセンターへ。実物投影機を数年かけて全市内の教室に整備中のこの市では,置き台にこだわり,その開発まで市で手がけていた。日常的な活用が実現しているからこその取り組みにたいへん感心し,意気投合した。スタッフのみなさんとランチを食べ,ホテルに戻る。夕方はシャワー後に日本の仕事。夕方は街に出て食事。

| | コメント (0)

渡欧3日目(9/7)

313233この日だけは朝が遅めの集合なので,早朝から散歩へ。街の様子がわかった。見慣れないポケモンをゲットした。didactaオフィス訪問。世界一の教育展示会を行っているdidactaだが,スタッフは6名とのこと。事業に対する考え方,業界のリードの仕方など,「たいへん勉強になるディスカッションだった。終了後,電車でバーゼルまで移動。ライン川を見た後に食事。

| | コメント (0)

渡欧2日目(9/6)

212223
242526しっかりと寝た朝。車でHeinrich-Böll-Schuleを訪問。実物投影機が実用的に活用されていた。電源やガス,VGAやインターネットなどをつなぎやすく1つのパネルにまとめていたのがすごかった。数学の授業は,いわゆる主体的・対話的に学んでおり,プレゼンテーションの段階まで見ると深い学びになっていることがよくわかった。個別/ペア/グループ/一斉の学習活動の組み合わせ方の工夫と,学習活動の見通しの持たせる提示の工夫があった。アクティブ・ラーニングの基本は,教員の教材研究と,課題提示および問いの限定化にあると確信。
現地の先生の案内で遅めのランチ。少し散歩した後にホテルへ。原稿書き。

| | コメント (0)

渡欧1日目(9/5)

111213夜になって羽田空港国際線ターミナルへ。お店が閉まる時間とのことで慌ててお土産を調達。ラウンジでシャワーを浴び,仕事を片付ける。高橋と合流。フランクフルト便は混んでいた。食事して爆睡,起きてメール対応,原稿書き。フランクフルト空港で入国審査後にいったん高橋と別れ,ぼくはルフトハンザの国内線に乗り換えてデュッセルドルフ空港へ。野阪さん@エルモヨーロッパと,電車で先回りした高橋と合流。そのままエルモヨーロッパのオフィスへ。マーケティング担当の方々も交え,ドイツの教育の情報化の実状と教育制度の状況についてみっちりディスカッション。
午後はデュッセルドルフ日本人学校を訪問。本多校長,木田事務局長はじめ,中枢部の先生方にご案内いただいた。数学科の佐々木研究主任は東北大学大学院情報科学研究科修了生とのことで話も弾んだ。教員によるICT活用,児童生徒によるICT活用,校務の情報化など,さまざまな議論をした。
夕方,デュッセルドルフを離れ,一路ダルムシュタットへ。アウトバーンが快適だった。ホテルのレストランで夕飯を食べ,ワインを飲む。長い1日が終わりホッとしてダウン。

| | コメント (0)

小学館総合教育技術インタビュー(9/4)

小学校「総合教育技術」に連載中の「リーダーのための間違えないICT」のインタビュー。今回は浜松町のカフェで。

| | コメント (0)

第17回メディア教育論ゼミ(12/6)

ゼミ記録は佐藤君。S_2第17回メディア教育論ゼミ。今回も査読論文の投稿予定,査読結果への対応や。学会等への発表計画等の共有。博士論文につなげるためのいくつかのポイントについて。受賞のお祝い。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(9/3)

123研究室へ。午前中は相談ごとなどで来客対応。情報リテラシー連続セミナー@東北大学。今回の登壇者は高橋さん@徳島県東みよし町教委学校ICT支援員。長年のICT支援員経験と,国をはじめとする行政機関における位置付けとを対比させながら,その業務内容,雇用状況,課題等についてわかりやすく説明いただいた。ディスカッションも深まった。その後,恒例の立食懇親会。

| | コメント (0)

文部科学省情報教育担当者連絡会議(9/2)

M年に1度,全国の都道府県教委・政令指定都市教委から情報教育担当者を集めて行われる連絡会議。午前中の政策説明は立ち会えなかったが,午後に次期学習指導要領と教育の情報化について講演した。その後,パネルディスカッションを拝聴。学校現場の現実,国の教育の最新動向の中和点を見つける議論に感心した。終了後はIEスクール事務局打合せを経て,文部科学省食堂で情報交換会。有松局長もお越しになる。

| | コメント (0)

学研イノベーション企画会議(9/2)

G新幹線で上京。五反田の学研本社へ。学研イノベーションの中村社長以下みなさんと,「ソトイコ!」のコンセプトを踏まえた企画の立ち上げや横展開に関する会議。いつもながらいい議論となった。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(8/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの13年目,2016年8月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 1,036校
登録児童数 141,059人

1年 4,617人
2年 4,079人
3年 28,753人
4年 35,071人
5年 31,838人
6年 33,839人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算19,981人,学校数は6,674校。平成28年度学校基本調査(速報値)によれば,全国の小学校は19,943校。これまでに登録した学校は,その33.5%を占めることになる。
2011年度から全面実施となっている現行の小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもある。2020年度からスタートする次期学習指導要領においては,キーボード入力はこれまで以上に重視される方向にある。
このような背景の中,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

東北大な1日(9/1)

川内キャンパス。入試会議。ぐったり。

| | コメント (0)

宮城県教育振興審議会(9/1)

Miyagi宮城県庁へ。宮城県教育振興審議会。これまで中教審と日程がすべてぶつかっており,第4回にして初参加。教育の情報化を中心に発言。

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »