« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

第18回メディア教育論ゼミ(10/30)

第18回メディア教育論ゼミ。今回は5本の論文採録を祝った。研究の現状報告,博士論文の構造についての報告,研究会や全国大会の発表見通し計画など,一連の流れを共有。ぼくは時間切れで鰻重は食べられる。ゼミ記録は槇さん。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(10/29)

123東京から戻って研究室へ。宮下君の紹介スライド作成。情報リテラシー連続セミナー@東北大学。今回の登壇者は,宮下芳明教授@総合数理学部先端メディアサイエンス学科。情報科学と芸術表現の間で,人間の表現能力の拡張に関するさまざまなコンテンツ開発と査読論文を公開してきた宮下君の考え方を,たくさんの映像による例示とともにわかりやすく説明いただいた。みんな度肝を抜かれた。その後のディスカッションも深まった。その後,恒例の立食懇親会。こちらも盛り上がった。

| | コメント (0)

お茶の水女子大学附属中教育研究協議会(10/28)

123
456茗荷谷へ。お茶の水女子大学附属中学校。文部科学省研究開発学校(3年次)としての教育研究協議会が行われた。コミュニケーション・デザイン(CD)科の設置の教育課程研究。朝イチの全体会を拝聴し,1校時,2校時を参観,その後,加々美校長先生や藤江先生@東大と話をしつつプレゼンを作成。午後,CD科の全体会の後に講演。校内外問わずそれなりの食いつきでホッとした。終了後は校内の打ち上げに参加,中座。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/27)

1川内キャンパス。紅葉の中,週末の学園祭のテントの準備が始まっていた。2限の時間に青葉山へ。書類整理,原稿書き。なかなか終わらず。SMBC来研。専攻将来計画WG。会議が延びたが中座して仙台駅から新幹線。

| | コメント (0)

大田区立西六郷小校内研(10/26)

123朝早い新幹線で上京。大田区立西六郷小学校へ。2年間の助言の最終回。3校時,4校時,5校時にかけて全教室を参観。2年前に何1つICTが無かったこの学校も,今や校長先生たちの努力で全教室に実物投影機+プロジェクタが常設,全教員が無理なく活用し,その結果わかる授業により近づき,児童たちは学びが楽しくなり,すっかり落ち着きを見せている。先生たちも授業に自信がつき,授業検討の内容にも質の向上が見られる。そんな協議の後にいつもの講義。校長室で追加の議論をして帰仙。

| | コメント (0)

宮城県教育情報化推進会議(10/25)

宮城県庁へ。宮城県教育情報化推進会議に出席。高橋教育長の仕切りで,各関係課の課長や所長で今後の宮城県の教育の情報化についての中期的な計画を議論。バランスの良い計画となったと思う。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/25)

1朝は肌寒い。川内キャンパス。紅葉が進んで来た。お昼に青葉山キャンパスへ。「情報教育論」講義。留学予定学生来研。県庁へ。

| | コメント (0)

総合教育技術インタビュー(10/24)

S秋葉原から竹橋へ。小学館。「総合教育技術」誌の「学校リーダーのための間違えないICT」のインタビュー。いつものように脱線したりしつつ楽しく真剣な議論に。時間を過ぎて慌てて東京駅へ。帰仙。

| | コメント (0)

学校教育の情報化指導者養成研修(10/24)

012秋葉原からTXに乗ってつくばへ。タクシーで教員研修センターに向かう。学校教育の情報化指導者養成研修の今年度第1期の初日。午前中の新津視学官の講義が始まったところで会場入り。お話を伺いながらプレゼン調整。瀧澤主任指導主事と新津さんとランチ。午後は「国内外の学校教育の情報化の取組」という講義を担当。105分みっちり話す。全国から選ばれし受講生たちは,初日なのでまだ堅いけども,真剣にお聞きいただいた。懇親会をあきらめてTXでつくばを後にする。

| | コメント (0)

「小学校からのプログラミング教育について考える」シンポジウム(10/23)

S1浜松駅前のえんてつホールへ。静岡大学情報学部主催の「小学校からのプログラミング教育について考える」シンポジウムに登壇。久しぶりに酒井学部長,竹内学部長補佐,岡田先生ほかみなさまとお会いする。田村視学官@文部科学省,阿部先生@青山学院大学など,蒼々たるメンバーと同席した。ぼくは「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」の主査として,小学校における教育課程内でのプログラミング教育について講演。その後,実践報告等が続き,最後はパネルディスカッション。
ぼくが静岡大学情報学部に在籍したのは2000年7月から2005年9月の5年3ヶ月。当時は30代だった。その頃お世話になった諸先輩たちへのほんの少しの恩返しができてよかった。

| | コメント (0)

第67回VHS(10/22)

1_22_23第67回VHSは,秋葉原駅前の便利なビルで行われた。会場にご配慮いただいたスズキ教育ソフト株式会社のみなさんに感謝申し上げたい。
いつものように予定時刻の少し前にスタート。今回もお祝いごとから。アピールタイムも充実。
新保先生による学校紹介は,私たちが思い込んでいる当たり前を根っこから考え直す実践。それが効果があり,信頼を得ていくことの連続で,学校が急速に変容していく様子がわかる。野上さんのひろしま型カリキュラムの紹介は,特に言語・数理運用科の斬新さに話題が集中する。鈴木さんのキューブきっずの紹介は,子供用ソフトの老舗ならではの,細かい点に着目した開発に目を奪われた。
内匠さんによる模擬授業は,3年目とは思えない落ち着きで,教材研究も深く感心した。さらによくするなら,「できる感じにしてから離す」というためのことだろうと話した。高田君による模擬授業は,言語・数理運用科の標識の題材。情報教育の授業との強い関わりを感じた。曾我さんによる算数の模擬授業は,短い言葉で端的に語り,しかも帰納から演繹へとシフトチェンジする関数的な見方の授業だった。
恒例の高橋トークは,主役欠席ということで,ぼくが代打で講義。次期学習指導要領に向けた審議のまとめの前文を中心に解説・検討した。
終了後は非公式ナベナベの会。中座して浜松。

| | コメント (0)

デジタル教科書の位置付けに関する検討会議(10/21)

12上京。文部科学省へ。教科書課で下打合せ。これまでの審議を確認しておく。「デジタル教科書の位置付けに関する検討会議」の第9回会議。6月にまとめた中間まとめに対しての専門家からの意見と一般からの意見(パブリックコメント)をもとに,中間まとめをよりブラッシュアップするにはどうするかを検討した。
終了後,省内で打合せ1件,省外で2件。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/20)

今日も秋晴れ。気持ちいい。川内。青葉山。脇本君来研,研究打合せ。専攻会議。専攻教授会。長引く。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/19)

1019秋晴れ。川内。青葉山。大量の書類。齋藤君,板垣君と研究打合せ。その後,板垣とみっちり調査設計。歯医者。

| | コメント (0)

西東京OBたちと懇親(10/18)

1992年4月。小学校の教員を退職したぼくは,西東京科学大学(現・帝京科学大学)理工学部経営工学科に助手として着任した。28歳だった。山梨県上野原町にある同大学は,開学3年目を迎えたところだった。ぼくはシステム工学・オペレーションズ・リサーチを研究する山本久志先生を中心に,ほか人間工学や統計的品質管理,経営数学などの教育・研究を支援し,プログラミング演習の補助などの仕事をしていた。特に第2期生は濃いメンバーが多く,いくつかの研究室メンバーの卒業研究を助手としてフォローアップした。
その山本先生は現在,首都大学東京システムデザイン学部に移籍されご活躍中だ。このたび還暦を迎えられ,OBたちが都内で会合をした。OBたちの中には,その後に博士号を取得して大学教授,准教授になっている者もいるし,企業で課長等をやっている者,家業を継いだ者もいる。
この会に出席するために,17:30に仙台を出て,19:30に新宿に到着し,20:45に新宿を出て,21:30に東京発,23:10に仙台着という強行軍で夕方から都内日帰りをした。体は疲れたけども,20年ぶりに元気な山本先生に会えてとても嬉しかった。写真ぐらい撮ればよかった(涙)。

| | コメント (1)

東北大な1日(10/18)

10181限から川内。秋晴れ。青葉山キャンパスに行き,お昼を食べ,「情報教育論」の講義。たまった書類等の整理。

| | コメント (0)

学研イノベーション研究打合せ(10/17)

雨の中,学研へ。タクシーが捕まらず少し遅れて迷惑をかけた。学研イノベーションと「ソトイコ!」はじめディスカッション。いつも熱い議論になる。
帰りの新幹線で研究会原稿の最終修正。多くの人たちが協力してくれたおかげ。何とか投稿。

| | コメント (0)

博士論文構造化ゼミ(10/16)

123東北大学東京分室へ。博士論文執筆が近いメンバーたちとみっちり1日ゼミ。終了後はおでん。

| | コメント (0)

JAET全国大会佐賀大会2日目(10/15)

111213全日本教育工学研究協議会2日目。大会会場へ。すでに木原大会企画委員長や委員の高橋君がかなりの裁きで諸準備を進行してくれていた。座長。理事会。中座して文部科学省先導的な教育体制構築事業佐賀地域の報告会。多くの方々に聞いていただけた。その後は閉会式。企業展示の片付けに合わせ,会場の片付けを手伝う。みんなで佐賀空港へ。夕食。関係者が多く搭乗した飛行機は多少の遅延の後に無事に羽田空港へ。

| | コメント (0)

JAET全国大会佐賀大会1日目(10/14)

123日本教育工学協会(JAET)の全国大会にあたる全日本教育工学研究協議会は,佐賀県教委との共同主催で行われた。1日目午前は授業公開。まずはかつてフューチャースクール推進事業時代に助言していた佐賀市立西与賀小学校へ。すでに教職員のほとんどは変わってしまったが,実践はきちんと継承されていた。野中会長,中沢事務局長と,総務省の方々をアテンドした。その後,若楠小学校,城西中学校と回り,新津視学官@文部科学省を佐賀駅でお迎えしてから致遠館中・高校へ。どの学校も参観者が多く盛会だった。
お昼前にメイン会場の佐賀市文化会館に到着。学校情報化認定のリハーサル。開会式で学校情報化認定委員長として審査の経緯を説明。その後,野中会長からの表彰の様子を見守った。先進地域では教育長が何名もお越しになっていたことが嬉しく感じられた。野中会長の基調講演の後,先に懇親会会場へ。会場を下見し,司会進行の最終確認。懇親会も300名ほどの参加で盛会だった。司会を担当したので落ち着かなかったけど。
終了後は新津視学官@文部科学省はじめみなさんで一献。長い1日が終わった。

| | コメント (0)

佐賀へ(10/13)

全日本教育工学研究協議会(JAET全国大会佐賀大会)のため佐賀へ。同じ飛行機にたくさんの関係者が搭乗していた。急いでタクシーで宿へ。その後,事前準備に携わってきた野中会長,木原副会長,高橋君やJAET事務局ほか関係者と情報共有兼一献。

| | コメント (0)

文部科学省で打合せ(10/13)

新幹線で東京駅。八重洲でカレー。辛。文部科学省へ。教科書課で打合せ。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/13)

川内キャンパス。板垣や望月に手伝ってもらう。今日で無事に集金も終了。

| | コメント (0)

先導的な教育体制構築事業推進協議会(10/12)

Za虎ノ門の会議室で,第5回の先導的な教育体制構築事業推進協議会。座長として3年間の協議会のとりまとめの方向の議論のリード役。事業の趣旨を今一度確認。3つの実証地域に大きな負担をかけているが,いずれも良い成果が出ているように感じる。
終了後は新幹線で帰仙。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/12)

1川内キャンパス。毎日紅葉が進んでいく。すっかり秋。1限終了後急いで仙台駅へ。
東京駅で息子と合流して焼鳥丼ランチ。その後,文部科学省で打合せ。中川サイバーセキュリティ・政策評価審議官に久しぶりにご挨拶。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/11)

123午前中は川内キャンパス。紅葉が始まっている。冨樫君@チエルに協力してもらう。ありがたい。お昼を食べて午後は青葉山キャンパスへ。「情報教育論」では,ポケモンGoでお台場に多くの人が集まったというニュースをもとにディスカッション。宮城県教委より来研,打合せ。科研対応。床屋。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/8)

研究室。原稿書き。メール対応。ポスターチェック。予算相談。お昼に川内キャンパス。打合せ。履修相談。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/6)

1限は川内キャンパス。台風(温帯低気圧)一過で,気持ちの良い秋晴れに。キャンパス内の紅葉もスタートしている。抽選を終え,履修相談の業務。午後は青葉山キャンパスへ。講座合同ゼミ。車の定期点検。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(9/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの13年目,2016年9月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 1,099校
登録児童数 146,469人

1年 4,684人
2年 4,236人
3年 30,694人
4年 36,209人
5年 32,971人
6年 34,750人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算20,045人,学校数は6,697校。平成28年度学校基本調査(速報値)によれば,全国の小学校は19,943校。これまでに登録した学校は,その33.6%を占めることになる。
2011年度から全面実施となっている現行の小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもある。2020年度からスタートする次期学習指導要領においては,キーボード入力はこれまで以上に重視される方向にある。
このような背景の中,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/5)

1限は川内。2限からは履修相談室に詰める。いろんな相談があってスキル向上。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/4)

1朝から川内。曇り空。学生多数。1限は抽選となる。2限を終えて青葉山へ。3限「情報教育論」。思ったより履修者が多く,授業方法の再検討が必要となる。望月研究相談。英語履修手続き等。窪先生相談。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/3)

朝はゆっくり目に出勤。内田洋行来研,NEE地方セミナーのことで情報共有。板垣と研究会原稿打合せ。ほんとうによくがんばってくれている。午後は川内キャンパスで履修相談。いくつかの案件に対応。研究会原稿を仕上げて提出。

| | コメント (0)

附属新潟小BYOD調査(10/2)

T東北大学東京分室にてプロジェクト会議。新潟大学教育学部附属新潟小学校から片山先生と三星先生にお越しいただき,同校でのiPad活用やBYODに対する成果の調査プロジェクト。高橋はじめ東北大堀田研関係者でチームを編成。質問紙調査,観察調査などの段取り,調査項目の方向感の議論などを行う。年度内に結果を出していく予定。

| | コメント (0)

教材販売店の学習会に参加(10/1)

123
S朝の便で大分へ。別府に移動し,血の池地獄を見て,お昼を食べて会場へ。教材販売店の若手社長が全国から集まる学習会で,デジタル時代の教材のこと,販売店の役割などについての情報提供。たいへん熱心にディスカッションし,学校を外側から支援しようとしている姿に感銘を受ける。翌朝は初めて砂湯を体験。楽しかった。

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »