« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

学習指導要領における各項目の分類・整理や関連付け等に資する取組の推進に関する有識者会議(2/24)

小学館から文部科学省へ。教育課程課で石田専門官と打合せ。「学習指導要領における各項目の分類・整理や関連付け等に資する取組の推進に関する有識者会議」の第1回。非公開でスタートし,主査に選任され,挨拶をした後にマスコミおよびヒアリング担当者を誘導。司会進行をつとめる。今回は,NHK技研による学習指導要領のメタデータ化と映像への自動リンク,緒方教授@九州大学ラーニングアナリティクスセンターによる九州大学での学習ログによる授業改善の取り組み,教科書協会からは学習指導要領と教科書の対応テーブルの考え方と関連施策文書との連携や横断的な教育課題への対応例,全国図書教材協議会からは学校教材の教科書への準拠対応の手法等,JAPET&CEC/ICTconnect21からはデジタル教材等の組織化のためのメタデータ付与に関する研究成果をご披露いただいた。委員からも前向きな意見が出された。傍聴者も多かった。国がどこまで行うべきかという点は慎重に検討しつつも,可能性は大きく広がった会議だった。
終了後は教育課程課で追加打合せ後,東京駅から新幹線で帰仙。

| | コメント (0)

総合教育技術インタビュー(2/24)

午前中は出勤する予定が,昨夜から調子が悪くとうとう久しぶりにダウン。大事をとって寝る。お昼過ぎの新幹線で上京。小学館へ。小笠原編集長,村岡さんと総合教育技術のインタビュー。次期学習指導要領におけるICT活用の考え方について。終了後,文部科学省へ。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/23)

早朝より出勤。朝一で丹治校長・菅原校長が,平成29年10月27日(金)・28日(土)に仙台で行われる放送・視聴覚教育の全国大会の打合せで来研。菅井さんと研究相談。チエルマガジン取材対応。次期学習指導要領とICT活用について語る。専攻人事WG。英語時間割対応。文部科学省資料に目を通す。論文読み終わらず。金森先生@国立特別支援教育総合研究所を宮城県教委で歓迎する会に参加。別件とぶつかり中座で申し訳ない。

| | コメント (0)

IEスクール成果報告会(2/22)

情報通信技術を活用した教育振興事業「教育の情報化の推進に関する調査研究」,通称:IEスクールに指定された14地域・学校の1年次の成果報告会。どの学校も時間の無かった1年目にも関わらず熱い実践が繰り広げられ,中間報告された。永井先生@千葉商科大,安藤先生@宮城教育大,高橋君@東京学芸大,泰山君@鳴門教育大によるコメントはいずれも素晴らしかった。終了後,スタッフ等打ち上げを中座して帰仙。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/21)

10:30に出勤。書類整理。全学時間割編成業務。難航していることがとても苦しい。日程調整の結果,いくつもの講演依頼等をお断りする。申し訳ない思い。

| | コメント (0)

運転免許証更新講習(2/21)

早朝より泉区の宮城県運転免許センターへ。更新講習。早く終わって何より。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/20)

お昼の新幹線で帰仙。青葉山キャンパスへ。書類片付け。専攻会議。専攻教授会。調整業務で遅くなる。

| | コメント (0)

学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議(2/20)

早朝より文部科学省で打合せ。「学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議の第4回。前回は次期学習指導要領等に関する最新施策の把握だったが,今回は次期学習指導要領を見越した授業実践を行っている学校現場からのプレゼンテーション。WGとしての検討チームの編成も審議。黒上先生や益川先生にお世話になる。終了後,文部科学省食堂でカレー。

| | コメント (0)

JSET特集号編集委員会(2/19)

久しぶりに東京工業大学大岡山キャンパスへ。ここに来ると,博士論文を執筆していた頃の気持ちを思いだしてドキドキする。
JSET特集号編集委員会。今回は「ラーニング・アナリティクス」がテーマ。論文査読の方針を審議。査読者割り当て。

| | コメント (0)

広島教販打合せ(2/18)

VHS終了後に,来年度以降の教材開発等の戦略について打合せ。

| | コメント (0)

第69回VHS(2/18)

123第69回VHSは,東京駅近くのビルを会場にして行われた。会場にご配慮いただいた株式会社広島教販のみなさんに感謝申し上げたい。
いつものように予定開始時刻の約30分前に揃った人で開始。今回もアピールタイムは少なめ。ぼくからはリセット予告。
中山さんによる学校紹介は,いろいろ苦労してきた彼らしい報告。持ち場で黙々と仕事をする。その覚悟が感じられた。神田先生による実践紹介もまた,ミドルリーダーの振る舞いのあり方と,努力の継続性について感じさせられるものだった。吉野さんによる製品紹介は「事例で学ぶNetモラル」について。その開発の舞台裏にみんなで感心した。
光里君の模擬授業は,リアクションを大切にした外国語活動の授業。富山チームで練った跡が感じられる清々しい授業だった。神林さんの模擬授業は,次期学習指導要領の教科外国語を十分に意識したものであり,模範となるものだった。塩谷さんの模擬授業は,説明文の構造的な読み方。授業をどのようにスモールステップ化し,子供の意識としてつなげていくかという点と,学年をまたいだ深い教材研究の必要性を感じさせるものだった。
恒例の高橋トークは,とてもわかりやすく,腕を上げたなと思った。例示にぼくが取り上げられたが,VHSメンバーにはそれが一番よくわかるのかも知れない。

| | コメント (0)

赤磐市立山陽東小訪問(2/17)

123岡山へ前夜入り。片山さん,ノブらと一献。
早朝より赤磐市立山陽東小学校へ。片山学級の児童による歓待を受ける。校長先生のパッションを感じる。1校時から5校時まで参観。校内および近隣の先生方との協議会。終了後は打ち上げ。疲れているので二次会無し。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(2/16)

M早朝の新幹線で上京。文部科学省へ。学習指導要領のパブリックコメントが出たところで,これを「学びの地図」としてさらに機能させるための検討打合せ。今後の可能性が広がる打合せだった。終了後,高橋と文部科学省食堂。

| | コメント (0)

次期学習指導要領のパブコメ開始(2/14)

文部科学省により「学校教育法施行規則の一部を改正する省令案並びに幼稚園教育要領,小学校学習指導要領案及び中学校学習指導要領案に対する意見公募手続(パブリック・コメント)の実施について」が発出された。次期学習指導要領の全貌がようやくあらわになった。少しだけ肩の荷が下りた気がした。ICT活用および情報活用について,情報モラルやICTの基本的な操作,プログラミング教育などについての記述に注目していただきたい。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(1/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの13年目,2017年1月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 1,287校
登録児童数 163,325 人

1年 5,260人
2年 4,683人
3年 37,151人
4年 39,519人
5年 36,334人
6年 37,037人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算20,271人,学校数は6,777 校。平成28年度学校基本調査によれば,全国の小学校は20,313校。これまでに登録した学校は,その33.4%を占めることになる。
2011年度から全面実施となっている現行の小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもある。文部科学省による情報活用能力調査において小学生のキーボード入力スキルに大きな課題があることが指摘されたこともあり,2020年度からスタートする次期学習指導要領においては,キーボード入力がこれまで以上に重視される方向にある。
このような背景の中,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/15)

朝早く出勤。徳山研究科長ご来研,打合せ。マスターゼミ。今日は2人だったがよい感じで進む。たまった書類対応。加藤さん修論審査。久しぶりに研究室でお昼を食べ,小林研の博士論文最終審査会。終了後,小川先生と「社会にインパクトのある研究」打合せ。またもや遅くなる。VHS相談。連続セミナー相談。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/14)

緊急対応のため夕方から出勤。詳細な状況がわかり少し安心。善後策を検討し,関係者にメール等。遅くなる。

| | コメント (0)

米沢市立第二中訪問(2/14)

1_32_33_3
456_2前夜のうちに小野川温泉へ。米沢市立第二中学校を訪問。1-2校時に金先生による書写,国語の授業を参観。テンポよい,それでいてしっとりした名人の授業にあらためて感心する。生徒たちも国語の授業が楽しそう。学力がぐんぐん上がるのもわかるなと思う。終了後は伯爵邸でランチ。仙台へ。

| | コメント (0)

DNP打合せ(2/13)

DNPオプトロニクス部門の方々と教室でのタブレット活用に関する研究打合せ。

| | コメント (0)

三省堂社内研修で講演(2/13)

三省堂へ。編集,営業,他事業の方々に対して,次期学習指導要領や教科書,とりわけデジタル教科書等についての講演。終了後は期せずして(?)トンカツ。

| | コメント (0)

天草へ(2/11)

1_22_23_2昭和女子大学での懇親会を失礼して羽田空港へ。熊本空港で弟と合流し天草へ。深夜の到着。夕飯。翌日は病院へ。夕方のAMXで福岡,ANAで東京まで戻る。

| | コメント (0)

昭和女子大学現代教育研究所フォーラム(2/10)

S早朝の新幹線で新潟から上京。昭和女子大学現代教育研究所主催によるフォーラムで講演,パネル登壇。押谷所長には中央教育審議会道徳教育特別部会でお世話になった。少しだけ恩返しになったかな?

| | コメント (0)

新潟大学教育学部附属新潟小公開研(2/9-10)

123新潟大学教育学部附属新潟小学校へ。2日連続の公開研究会。1日目も2日目も午前2時間公開,全体会,午後にシェアリングタイムという研究協議。夕方に,1日目は2つのフォーラムの1つ「附属新潟式ツール活用能力」で講演。2日目は2つの講演会の1つ「これからの授業づくり」で講演。連投はきつかったけど,いい授業がたくさん見られてよかった。2日目の夜は先生方と打ち上げ。石井先生@京都大と2人で2次会。

| | コメント (0)

新潟へ(2/8)

N新潟へ。東京学芸大学の大学院生たちと寿司屋。

| | コメント (0)

東日本放送でニュースオンエア(2/7)

M先日の取材の映像が,東日本放送の夕方のニュースJチャンネルでの宮城県のICT活用教育についてのコメントとして使われた。ぼくは出張先だったので見られなかったけども。

| | コメント (0)

NHK打合せ(2/8)

同じく上野で,古田さんたちとEテレ新番組についての企画打合せ。

| | コメント (0)

教育同人社打合せ(2/8)

上野駅で教育同人社と打合せ。デジタル教材の開発について。

| | コメント (0)

マイクロソフト打合せ(2/8)

マイクロソフトと関連企業との打合せ。デジタル教科書等の活用に関する研究プロジェクトについて。終了後,おいしいトンカツ。

| | コメント (0)

三省堂企画会議(2/8)

早朝にチェックアウト。朝8時前に水道橋へ。8時から三省堂で企画会議。今後の戦略について身のある議論ができた。

| | コメント (0)

HotEduUp完成祝(2/7)

エルモとの共同研究の成果である小冊子は,これまで「Hot Education」(6冊),「Hot Edu+」(4冊)が発行された。このたび,「Hot Edu+」を見直して再編集し「Hot Edu Up」(4冊)(https://hoteduup.jp/)を発行することができたことを祝って,林社長,高橋君@東京学芸大学と一献。

| | コメント (0)

IEスクール推進委員会(2/7)

文部科学省IEスクール推進委員会のため内田洋行のある新川へ。IEスクール14地域への訪問調査での指導助言をもとに,情報活用能力育成のためのカリキュラム・マネジメントの観点について整理。木原さんにブログでありがたいコメントをいただいた。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/7)

次の長い出張の準備をして,荷物を転がしながら早朝出勤。研究室でたまった書類に対応。仙台駅へ。

| | コメント (0)

北斗市教育課程改善協議会(2/6)

北斗市総合文化センターへ。「北斗市教育課程改善協議会」ということで,渡島教育局管下の先生方が集まっての講演。1時間でICT活用によるわかりやすい授業方法について講演。永田教育長と面談。終了後は新函館北斗駅から新幹線で仙台。長旅が一段落。

| | コメント (0)

北斗市立上磯小訪問(2/6)

I1I2I3朝から北海道教育委員会の方々がお迎えに来ていただき,北斗市立上磯小学校へ。3校時,4校時と校内授業参観。午後に指導助言。ICT活用の原則的な考え方と,学力向上につなげる手法および特に算数における授業づくりについて。

| | コメント (0)

函館へ(2/5)

Ha1Ha2Ha3羽田空港からの函館便は,AirDO使用機機材繰りのために90分ほど遅延して出発。道教委のみなさんにお迎えいただき,一路函館山へ。ものすごい混雑だった。ビアホールで楽しく過ごす。

| | コメント (0)

NHK for School番組利用ガイド対談(2/5)

N2NHK for Schoolの番組利用ガイドの巻頭に掲載される予定の対談。久しぶりにメイクしたり,汗かいてそれが落ちそうだったり。中村専任部長との対談。坂口さん,服部さんなどにアシストしてもらう。広木さんと追加取材対応しながらタクシーで羽田空港へ。

| | コメント (0)

「Why!?プログラミング」番組企画委員会(2/5)

N0N1NHKへ。「Why!?プログラミング」の番組企画委員会。阿部先生@青山学院大学や安藤先生@宮城教育大学ほか現場の先生方を交えて打合せ。来年度の定時化に向けて増強。

| | コメント (0)

人間工学研究打合せ(2/4)

柴田先生@東京福祉大と佐藤君と3人で,児童によるICT活用に関する人間工学的分析に関する継続研究の打合せ。

| | コメント (0)

朝日新聞取材(2/4)

新宿へ。佐藤君に対する朝日新聞取材に協力。解説役。

| | コメント (0)

教育の情報化セミナー in 仙台(2/4)

Sen研究室からトラストタワーへ。内田洋行主催による教育の情報化セミナーで登壇。New Education Expoの地方版ということで,仙台にも120名を超える集客があったとのこと。次期学習指導要領の動向とICT活用について講演。終了後は急いで上京。

| | コメント (0)

東日本放送(HNB)取材(2/4)

土曜日だが朝から出勤。書類片付け。東日本放送のカメラクルーが来研。テレ朝系の夕方のニュースのローカル枠で,宮城県における教育の情報化の取り組みについて取材しているとのこと。MiyagiStyleについての意義の解説。

| | コメント (0)

札幌市立発寒西小訪問(2/3)

Ha1Ha2Ha3羽田空港から新千歳空港へ。待ち合わせをし,雪の積もる札幌へ。みんなでジンギスカンとニッカウィスキー。
翌日は朝からタクシーで発寒西小学校へ。3校時は校内での取り組みの案内,4校時は授業参観,お昼を食べて5校時は2つの研究授業。外部からもたくさん見に来ていた。協議会の後にコメント。多くの意見が聞けてよかった。
終了後は琴似駅から空港へ。仙台便は順調。ただし,仙台空港アクセス線が停電で運転見合わせで,タクシーに相乗りで帰る。

| | コメント (0)

東京都市部指導主事研修(2/2)

早朝にチェックアウトし,新宿,立川で乗り換えて,羽村駅へ。町田市の井元指導主事と合流。東京都の23区および島嶼部以外の市部の指導主事60名ほどに対し,ICT活用についての講演。みなさん熱心に聞いていただいた。さすが指導主事。ランチを食べてから帰路へ。

| | コメント (0)

延岡市議会議員研修会(2/1)

F前日に羽田空港から宮崎空港に飛ぶ。富士山がきれいだった。特急にちりんで延岡駅へ。市議会事務局の方々にお迎えいただく。前夜は13名の議員先生および市議会事務局の方々と懇親会。
当日は朝から市役所へ。上田議長にご挨拶。講演は,29名の延岡市議のほか,近隣市町村の議員,学校現場および市役所等から関係者約80名超に対して,教育の情報化の整備推進についての講演。
終了後,特急で宮崎空港駅へ。飛行機で帰京。あまりの疲れに,夜は楽しみにしていた井出先生の会を欠席させていただく。

| | コメント (0)

IEスクール打合せ(1/30)

文部科学省と,受託先の内田洋行教育総合研究所の関係者が教員研修センターにお越しいただき,IEスクールの会議についての情報共有,すりあわせ。見通しを得る。

| | コメント (0)

学校教育の情報化指導者養成研修(1/30)

秋葉原からTXに乗ってつくばへ。タクシーで教員研修センターに向かう。学校教育の情報化指導者養成研修の今年度第2期の初日。午前中の新津視学官の講義が始まったところで会場入り。お話を伺いながらプレゼン調整。瀧澤主任指導主事と新津さんとランチ。午後は「国内外の学校教育の情報化の取組」という講義を担当。105分みっちり話す。全国から選ばれし受講生たちは,初日なのでまだ堅いけども,真剣にお聞きいただいた。懇親会の前半だけ出席してTXで帰京。

| | コメント (0)

第20回メディア教育論ゼミ(1/29)

第20回メディア教育論ゼミ。今回は1本の論文採録を祝った。研究の現状報告,博士論文の構造と進捗についての報告,投稿予定論文や国際学会,国内研究会での発表見通し計画など,一連の流れを共有。ゼミ記録は大久保君。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(1/28)

H1H2H3情報リテラシー連続セミナー@東北大学。今回の登壇者は,子供用プログラミング言語「ビスケット」開発者の原田康徳さん。子供がプログラミング体験をするということの「哲学」についてたっぷり伺い,共有する。その後,恒例の立食懇親会はおでんで盛り上がる。美味しかった。お祝い会をして帰宅。

| | コメント (0)

教育出版打合せ(1/27)

今後の教科書およびデジタル教科書のあり方についての打合せと情報共有。新幹線で仙台。

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »