« 2018年1月 | トップページ

2018年2月

渋谷区教育研究会で講演(2/21)

朝の新幹線で上京。総武線で千駄ヶ谷へ。渋谷区立千駄ヶ谷小学校を訪問。鴨志田部長,田中指導室長,長田校長先生にご案内いただいて校内の授業見学。DeNAの方々が2年生のプログラミング教育に取り組んでいた。森教育長と久しぶりにお会いし,情報交換。
14:00から渋谷区教育研究会。実践報告を聞き,その後に講演。ICT活用の原則的な考え方について。みなさん真剣に聞いていただけてよかった。
終了後,東京駅で仕事,新幹線車内で仕事。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/20)

人間社会情報科学専攻人文系研究室の修士論文発表・審査会の2日目。今日も4つの審査。合間に博報財団の方が来研,ディスカッション。
夜は,堀田研の追い出しコンパ。3名が修了見込み。さみしくなるな。

| | コメント (0)

視聴覚・放送教育全国大会の感謝の会(2/19)

10月に行われた視聴覚・放送教育全国大会の会場校,教委,スタッフのみなさんによる会合。感謝の会と銘打たれていて恐縮する。楽しい時間を過ごした。仙台市は今年度からICT整備が加速度的に進んでいる。今後の活用に期待が持てた。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/19)

朝一で大学へ。書類片付け。理学部学生対応。今日から2日間は人間社会情報科学専攻人文系研究室の修士論文発表・審査会。1日目の今日は4件(うち主査が3件)。望月君も兪さんも良い発表だった。ホッとした。これも板垣君のアシストのおかげ。感謝。
終了後は,メディア情報学講座の追い出しコンパ。窪先生手配で立食パーティー。中座。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(2/18)

朝から文部科学省へ。情報教育課で鹿野教科調査官ほかと打合せ。その後は17時過ぎまでみっちり会議。
終了後は引っ越しに合流。焼肉。帰仙。

| | コメント (0)

第75回VHS(2/17)

1_22_23_2第75回VHSは,東京駅近くの貸会議室で行われた。会場にご配慮いただいた広島教販のみなさんに感謝申し上げたい。
12年半続いたVHSも今回が最終回。いつもと同じ2部構成だが,第2部は一部メンバーによるワークショップの運営をすることもあって,運営側はかなり気を遣って何度も何度も準備をした。
いつものように予定時刻の少し前にスタート。アピールタイムではそれなりの衝撃も。前向きにがんばり続けている人が「人生」の先を作っていく様子を感じるものだった。
第1部はVHSでの学びの報告。三好さんは静岡大学情報学部時代のゼミ生からチエルを経て小学校教員となったが,その途中途中での葛藤,悩みなどについて報告した。八木澤さんはフューチャースクールから大学院博士後期課程での学びまで数々の関門とそれぞれの局面でのしんどさについて報告した。中尾さんは,ICT支援員から研究所への職種の変化と,その時その時の大学院での学びや非常勤講師としての学びなどについて報告した。いずれも,人生は単色ではないということ,色づけは自分の仕事だということを強く実感させられる報告だった。
第2部はVHSで学んだことのワークショップ。綿密に練られたシナリオのもと,曾我さんの仕切りでバッチリ進行。盛り上がった。
恒例の高橋トークは,あえての探究トーク。基本的な考え方を豊かな例示でしっかりと伝える,良い講義だった。
VHS例会終了後,解散記念パーティーが企画され,OBも含めて120名以上の参加があった。12年半,75回という「歴史」はそれなりに重い物だと思った。とても良い気持ちだった。
終了後はナベナベ。40名以上の参加。その後は事務局慰労会。ワインを飲み過ぎ。その後,清水さんと山田君と合流。長い1日だった。

| | コメント (0)

国立大学教育実践研究関連センター協議会(2/16)

123久しぶりに東京学芸大学へ。出口学長にご挨拶。中島副学長と議論。高橋研に行き安里さんにお茶を出してもらう。かつての教育工学センターで国立大学教育実践研究関連センター協議会の東原会長,益子副会長ほか,東京学芸大学の事務局の先生方とランチ。その後,全国の国立大学教育学部のセンター教員のみなさんに,新学習指導要領の主旨,教育実践系の研究者の役割について話した。ほんの少しだけご恩返しができたかな。
終了後,また高橋研に顔を出し,裕人と合流して,国分寺でラーメン。

| | コメント (0)

東北大学東京分室で研究打合せ(2/15)

東北大学東京分室へ。上越教育大学の中野教授をお招きし,槇さん,佐藤君と一緒に統計的リテラシーについての研究会。懇親会も含めて,みっちりディスカッションをした。中野先生に感謝。

| | コメント (0)

チエルマガジン企画会議(2/15)

天王洲アイルへ。チエルでチエルマガジン企画会議。2019年4月発売号の点検とインタビュー。長井さんいつもありがとう。終了後,デジタル教材の中期的な企画についての打合せ。川居社長といくつか情報共有。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(2/15)

定期検診のあと,文部科学省へ。情報教育課で高校情報,プログラミング教育に関する打合せ。

| | コメント (0)

台北日本人学校訪問(2/14)

123
456台北に前日入り。夕刻は台北日本人学校の先生方の有志との懇親会だったが,20名ほどお越しいただき盛り上がった。感激。
今日は朝から学校に行き,3校時,4校時に授業参観。お昼は校長先生,教頭先生,事務長,教務部長とご一緒する。5校時は授業者と個別面談。終了後,タクシーで空港に向かい,夕方の便で帰国。

| | コメント (0)

JSET大会企画委員会(2/12)

寺嶋委員長のリードでJSET大会企画委員会。ぼくは2018年度全国大会の実行委員長としてオブザーブ。挨拶,いくつかの説明補助,あとは副会長としてディスカッションに加わる。
終了後,2019年度以降の全国大会について関係者で議論。さらにその後,鈴木会長,美馬副会長と新橋で議論。

| | コメント (0)

学習要素リストの調査研究事業打合せ(2/12)

JAPET&CECへ。学習要素リストの調査研究事業の説明を受け,ぼくの考えを伝える。非常に重要かつ貴重な業界としての取り組みだと思う。政策としっかりつなげていきたい。

| | コメント (0)

柴田先生研究打合せ(2/11)

柴田先生@東京福祉大学と八重洲で打合せ。タブレット端末用フィルムの実験結果や,VR教材の実験結果などについて。

| | コメント (0)

IEスクール有識者会議(2/11)

朝の新幹線で上京。中川さんと東京駅で打合せ。内田洋行へ。プログラミング教育に関する概念整理のディスカッション。その後,今日の会議の段取り打合せ。
13:00からIEスクールの有識者会議。情報活用能力を資質・能力の3つの柱で整理した表や,情報活用能力育成のカリキュラム・マネジメントに関するモデル等についてディスカッション。3月13日には,このIEスクールと,お隣のプロジェクトにあたるICTスクールの発表会を行うが,すでに申込多数とのこと。文部科学省のWebサイトでは,タイトルが「情報教育の推進等に関する調査研究」という事業名になっているので,かなりわかりにくいが,内容は以下のようなことです。申込はお早めに。

■IEスクール
・情報活用能力を資質・能力の3つの柱で整理した表の公表
・情報活用能力育成のカリキュラム・マネジメントに関するモデルの公表
・上記に関する事例報告,ポスターセッション,パネルディスカッション(堀田登壇)など
■ICTスクール
・いわゆるアクティブ・ラーニングを行う際のICT活用のモデルの公表
・上記に関する事例報告,ポスターセッション,パネルディスカッション(堀田登壇)など

| | コメント (0)

東北大な1日(2/10)

朝は散歩など。お昼を食べてから出勤。論文チェック。博士論文通読。佐々木君の博士論文予備審査。21:00に帰宅して焼鳥。

| | コメント (0)

石黒先生お祝いの会(2/9)

新潟から高崎経由で富山へ。到着後,渡辺さん,國香さん,宮崎君,松森さんと合流。石黒先生のご満職のお祝い。ぼくが32歳から36歳まで勤務した富山大学教育学部で,ぼくの研究室への最後の内地留学生だった。図書館教育を学んでいた石黒先生のおかげでぼくはその後,図書館教育と情報教育の接点を考えるようになった。20名ほどのみなさんに囲まれた和やかな会は,石黒先生への信頼によるものだろう。ぼくはあいにくの中座。大宮経由で仙台。

| | コメント (0)

新潟大学教育学部附属新潟小公開研(2/8)

123雪。大雪。なのでタクシーがなかなか来ない。早めに頼んでいたのでなんとか1台。おかげで受付開始前に到着。先生たちの緊張感が伝わってきた。CCTと1-3校時の授業公開。たいへんだろうと思う。若返りが進む中,みんな良い表情でがんばっていた。説得力のある実践がこの附属の特色だ。午後は全体会に出た後,シェアリングタイムを流して見て,その後はプレゼン作成。ツール活用能力部会で30分ちょっとの講演。
終了後はVHSメンバーと一献(二献?)

| | コメント (0)

江東区立小名木川小訪問(2/7)

文部科学省を出て,銀座線,東西線と乗り継ぎ,東陽町からタクシーに乗って,江東区立小名木川小学校へ。工藤校長とご挨拶。大学時代の研究室の後輩が立派に校長先生をやっていることを嬉しく思った。高橋研卒業生の三好君の授業はじめ校内の授業を参観,途中高橋君も合流,工藤校長と諸々話ができた。5校時終了直後にタクシーを呼んでもらって失礼した。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(2/7)

朝一で新幹線に乗り文部科学省へ。情報教育課で打合せ。その後,会議で進行。最終回だったこともあり,多様な意見が出された。小学校プログラミング教育についての一定の方向が定まりつつある。
終了後,IEスクールについての打合せ。唐揚げ弁当。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/6)

板垣博士論文チェック。望月修士論文チェック。メール対応。

| | コメント (0)

天草へ(2/4-6)

213夕方の飛行機で福岡へ。息子と合流,弟家族と食事。翌朝,AMXで雪の天草へ。せっかくのお見舞いもインフルエンザのため全面面会禁止でできず。休暇とって来た息子もがっかり。お墓参り。翌日帰る予定だったけどこの雪の予報ではかなり難しいと予想して,天草空港に行き,航空券変更の手続きをしてもらう。関係者に挨拶回りをし,レンタカーを早期返却,再度空港へ。ところがAMXはなかなか飛ばず,結局3時間待ち。夜に福岡に戻って,もつ鍋。翌朝,雪の中,羽田便も仙台便も遅延したが無事に飛んだ。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/3)

朝一で青葉山。準備。今日は情報科学研究科下期入試。ぼくの所属する5群にもたくさんの受験生がいて,面接が1日中続く。途中,窪先生と打ち合わせしたり,面接クライテリアを作ったりなど。判定会議。その後,田中さんの博士論文の最終審査。全部終わってから国分町に出て,みんなのコードの利根川君と竹谷さんと一献。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/2)

朝から青葉山へ。メール片付け。情報科学研究科Webサイト取材対応。写真撮影。小野寺さんとお昼。翟さん研究相談。鄂さん・石塚さん調査用紙打合せ。三村さん博士論文最終審査。川内キャンパスへ。単位認定の事務処理対応。帰宅して歯医者。

| | コメント (0)

板垣君博士学位論文最終審査会(2/1)

15:00からメディア教育論ゼミの板垣翔大君の博士学位論文最終審査会。予備審査でいただいたご指摘に丁寧に対応し,これを順番を変えて1つ1つ丁寧に説明した。発表は落ち着いていたし,質疑応答も上手だった。おかげさまで良い博士論文へと仕上がったと評価いただいた。板垣君おつかれさま。終了後は関係者で打ち上げ。

| | コメント (0)

東北大な1日(2/1)

1限は川内。今日で全学教育の後期の講義も終了。授業評価。地下鉄で青葉山へ。書類対応。シラバス対応。望月君修論打合せ。表や図の説明を本文にもう少し詳しく付け足す指示。兪さん修論打合せ。こちらは,結果→考察→結論(成果)の対応づけのコネクションを明確にする指示。いずれの修論ももう少し。午後は吉田さん研究打合せ。この研究は何の研究なのかという立ち位置について議論。板垣君の博士論文の最終審査。終了後,学内業務を少し片付けて,板垣打ち上げ。二次会まで行って帰宅。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(1/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの14年目,2018年1月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 1,252校
登録児童数 175,212人

1年 5,124人
2年 5,820人
3年 42,185人
4年 41,752人
5年 37,203人
6年 38,144人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算21,509人,学校数は7,066校。平成29年度学校基本調査によれば,全国の小学校は20,095校。これまでに登録した学校は,その35.2%を占めることになる。
2020年度から全面実施となる小学校の次期学習指導要領の総則には,「児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルは「学習の基盤」として各教科等における深い学びを支えていく。
このような背景の中,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ