« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

「研究者,駆ける。」に掲載(3/27)

東北大学大学院情報科学研究科のWebサイト「研究者,駆ける。」に,ぼくのインタビュー記事「情報の海を行く羅針盤を,教育の現場へ。」が掲載された。素敵なページにしていただいたことに感謝。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/27)

1朝から青葉山へ。多くの書類への対応。槇さんゼミ。午後は情報科学研究科学位記授与式。その後は人間社会情報科学専攻のお祝い会。
メディア教育論ゼミからは,佐藤君と板垣君の2人が博士(情報科学)を取得,望月君と兪さんの2人が修士(情報科学)を取得した。とても嬉しい。

| | コメント (0)

文部科学省で会議(3/26)

文部科学省へ。教科書課によるデジタル教科書関連会議。2年計画の1年目が無事に終了。帰仙。寝る。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/26)

結婚式に出たまではよかったが,その後に熱がぶり返し,やっとの思いで帰仙。そのままダウン。
この日は朝一で病院へ。終了後に出勤したが,仙台市教育委員会からのご挨拶訪問には間に合わず失礼してしまった。篠澤先生を交えて吉田さんゼミ。ふらふらのまま新幹線へ。

| | コメント (0)

出川小JAET学校情報化先進校祝会(3/24)

春日井市立出川小学校が,JAET学校情報化先進校に選定されたお祝いの会が行われた。昼間に結婚したばかりの久川君と内匠さんはじめ,7年間の実践に関わってきた多くの元教職員が参加。素晴らしい会になった。
終了後は水谷校長ほかとバーで一献。

| | コメント (0)

久川君・内匠さんの結婚式(3/24)

名古屋へ。マリオットホテルで出川小のみんなや高橋君・佐藤君など列席するメンバーと合流。久川君と内匠さんの素敵な結婚式に参加。気持ちがほっこりした。スピーチの大役も無事終了。

| | コメント (0)

スズキ教育ソフト新社屋訪問(3/23)

浜松へ。スズキ教育ソフトの新社屋を訪問。あいにく広則社長はご不在だったが,企画や開発のメンバーといくつかの打合せ等もでき,たいへんありがたかった。

| | コメント (0)

ダウン(3/22)

熱を出してダウン。JAET常任理事会も専攻会議もゼミもキャンセルさせてもらう。みなさんにご迷惑をおかけした。

| | コメント (0)

日本文教出版会議(3/21)

日本文教出版の会議に出席。大役をいただく。高等学校学習指導要領の現状について講義の役割。雪の中,体調不良を押して出かけたので,途中からフラフラに。ホテルに戻って寝る。

| | コメント (0)

チエル教材企画会議(3/21)

チエルへ。教材ラインナップの企画会議。安藤さんが来てからより戦略的になった。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/20)

珍しく長く研究室にいる日。いろんな人に驚かれたりする。いつも慌ただしくてスイマセン。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/19)

帰仙してそのまま青葉山へ。研究室で書類片付け後に川内。英語教科部会の部会長引き継ぎ。大きな役目が終わりホッとする。青葉山に戻って,ぼくの研究室の博士後期課程に入学したいという留学生の面接。正直ベースでいろいろ話す。

| | コメント (0)

静岡大OBによる誕生会(3/18)

毎年恒例の,静岡大学情報学部堀田研究室OBたちによるぼくの誕生会。東京駅近くの素敵な和食で。こうやっていつまでも祝ってくれる卒業生がいることを嬉しくまた誇りに思う。ありがとう。

| | コメント (0)

第32回メディア教育論ゼミ(3/18)

まずは丸の内オアゾで修了生を送るランチ。幹事団がさすがの準備。感心。その後,東北大学東京分室へ。第32回のメディア教育論ゼミ。ゲストとしてOBの登本さんや相沢君,学部生2名も参加。今日の発表者は博士後期課程の10名。うち2名は学位確定。渡米報告。研究の現状報告と詳細な議論。いつもと同じように,特に博士論文の全体構造と個別の査読論文の位置付けの対応を吟味。投稿論文の採録は3件。ゼミ記録は吉田さん。

| | コメント (0)

JSET事務局会議・理事会(3/17)

院生の個別ゼミの後,JAPET&CECへ。午前中から事務局会議。案件は多数。終了後は鈴木会長,美馬・加藤副会長ほか関係理事と中華を食べながら議論の続き。

| | コメント (0)

情報活用能力調査枠組等委員会(3/16)

内田洋行へ。文部科学省および内田洋行の事務局と下打合せ。「情報活用能力調査枠組等委員会」の今年度最終の会議。新調査の方向感が概ね調う。

| | コメント (0)

DNPファインオプトロニクス研究打合せ(3/16)

市ヶ谷のDNP本社へ。街中がDNPだった。大きな本社の会議室でこの1年間の共同研究のこと,今後の共同研究のことなどについてディスカッション。大まかな方向は合意。細かい話は柴田先生に任せて退室。

| | コメント (0)

NHK打合せ(3/16)

市ヶ谷のルノアールで打合せ。真剣に育てようとしている人たちに頭が下がる思い。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/15)

朝一で研究室。たまった書類を横目に確定申告の仕上げ。川内に行き,午前中の図書館会議に出席。川内郵便局を経由して青葉山へ。書類片付け。小野寺さんとお昼を食べながら打合せ。メディア情報学講座会議。教授会。学位投票の結果にホッとする。教授のみの会議で人事投票。研究室に戻ってまた書類片付け等。

| | コメント (0)

佐藤ゼミに参加(3/14)

朝から佐藤君に迎えに来てもらい,常葉大学教育学部へ。中村学部長とご挨拶。その後,佐藤ゼミへ。3年生8名が順番に研究成果を発表,そこに助言する。この時期の3年生としては十分な成長を感じたし,研究室経営の上手さもわかった。がんばって良い実践研究を積み重ね,研究力のある現場教員になって欲しいと思った。

| | コメント (0)

静岡へ(3/13)

C静岡へ。塩田君@静岡大との以前からの約束。美味しいお寿司屋さんで研究に関する議論。終了後は静岡大学教育学部塩田研と常葉大学教育学部佐藤研の懇親会に参加。誕生日を祝ってもらう。みんなありがとう。

| | コメント (0)

IEスクール/ICTスクール成果報告会(3/13)

時差ボケの中,朝の新幹線で上京。文部科学省へ。3階の講堂ではすでに準備がかなり進んでいた。情報教育課挨拶。関係者打合せ。お弁当食べつつパネルディスカッションの調整。講堂が満員になるほどの参加者。関係者に挨拶回り。IEスクールの2年間とICTスクールの1年間の成果報告会。ICTスクールでは,いわゆるアクティブ・ラーニングの学習過程におけるICT活用と情報活用能力についての報告。IEスクールでは,学習の基盤として働く情報活用能力の育成のためのカリキュラム・マネジメントについての報告。いずれも学校によって多彩であり,現段階ではモデル化は難しいが,それでもそれぞれの主査が上手に報告していた。この成果は,新情報活用能力調査や,教育の情報化に関する手引に引き継がれる見通し。
終了後は文部科学省食堂にて,実証地域の先生方を交えての懇親会。中座。

| | コメント (0)

帰国の途へ(3/11)

寝ている間にDay Light Saving Timeに突入。夏時間ということで午前2時に時計が1時間早くなる。というわけでちょっと寝不足の朝。石塚さんと朝食。チェックアウトして見送ってもらう。金先生ご夫妻とシアトルタコマ空港へ。出国審査,買い物,食事,搭乗。
機内ではインターネットの調子が悪く,最後の有料サービスだったのにほとんど繋がらず残念。オフラインでできる仕事をする。
日本時間の3/12に無事に成田空港に到着。佐藤君,板垣君と別れて,国内線ラウンジで時間調整し,夜になってから仙台便。空港から帰宅。ぐったり。

| | コメント (0)

シアトル4日目(3/10)

414243
444546タクシーでBCA2へ。土曜学校の視察。今日は放課後に春祭りがあるということで保護者の方々がたくさん食堂に集まっていて,準備が凄い盛り上がり。今崎さんと合流し,SeesawというLMSについてのお話を聞く。短縮授業の中,教室を見て回る。春祭りで買い物をしてお昼をいただく。終了後,教材屋やUwajimayaを見学,買い物したあと,清水校長先生のお宅で食事会。くつろぐことができた。ホテルに戻って石塚さんとバーで情報共有。

| | コメント (0)

シアトル3日目(3/9)

313233
343536朝一でBCAサテライトへ。タイミングの個別指導を見る。保坂さんと合流し,シアトルダウンタウンへ。スターバックス本社のリザーブに行き,最新の店舗システムを見学。そのあと,楽しみにしていたLiving Computer Museumへ。渡米してきたばかりの石塚さんと合流。ここはMS創設者のポール・アレンによって創られた,メインフレームの時代からのコンピュータの博物館で,カードパンチやマイコン,Windows1.0から最新のIoTまで見学することができる。micro:bitや似たような基盤などを購入。それからAmazon goへ。事前にamazon.comのアカウントとAmazon goのアプリをダウンロードして準備していたので,あっけなく入店できた。買い物をしてしばらくするとメールで請求が届いていた。町外れを巡り,お昼を食べてから,今度はAmazon booksへ。書籍の実店舗で,購入したものはやはりアカウントに請求。良い体験学習になった。夕方になり,ベルビューに戻って,ステーキで夕飯。ぼくの部屋で2次会。今日も楽しかった。

| | コメント (0)

シアトル2日目(3/8)

111213朝食を食べてBCAへ。保坂さんと合流。マイクロソフト本社へ。makecodeの開発チームとディスカッション。とても面白かった。MSキャンパスで食事,議論の続きをしてWillows Preparatory Schoolへ。中学生の成長に驚く。金夫妻のお住まいにおじゃまして楽しくワインをいただき,シアトルダウンタウンのkashibaで美味しくお寿司をいただいた。またもやホテルに戻って爆睡。

| | コメント (0)

シアトル1日目(3/7)

123仙台空港で買い物して荷物を預け,チェックイン。ラウンジでメール片付け。成田空港へ。佐藤君,板垣君と合流。ラウンジで食事して搭乗。
機内では4時間睡眠。ニュースを見て査読。
シアトルタコマ空港で金先生にピックアップしてもらいベルビューへ。Bellevue Children's Academy(BCA)を訪問。清水校長にご挨拶し,BCA1とBCA2を参観。教職員がミッションを自覚して明るく前向きに活動している様子に惚れ惚れする。ホテルにチェックインして,会員制のレストランに連れて行ってもらう。サーモンが美味しかった。
時差ボケを我慢して爆睡。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/7)

朝から川内。外国語委員会に出席。終了後,仙台空港へ。

| | コメント (0)

荒川区タブレットPC導入検証等委員会(3/6)

荒川区役所へ。荒川区タブレットPC導入検証等委員会。児童生徒1人1台を目指してタブレットPCを導入した荒川区の5年間の成果と課題を整理。来年度以降のICT環境整備計画に向けてのベースとなる資料について,区内関連校長ほかとディスカッション。
東京駅で息子と食事して帰仙。

| | コメント (0)

学研イノベーション打合せ(3/6)

学研本社へ。学研イノベーションの中村社長と今後のことについて御相談。ご迷惑をおかけして恐縮。出前授業の設計・実施による社員研修等について。魅力的なプログラムになりそうだ。

| | コメント (0)

IEスクール・情報活用能力調査打合せ(3/6)

五反田の会議室へ。文部科学省,事務局内田洋行教育総合研究所,国立教育研究所等との会議。IEスクールおよびICTスクールの最終報告会に向けた資料の精査,この成果をどのように情報活用能力調査につなげていくかという検討。

| | コメント (0)

ICTを活用した学習成果の把握・評価に向けた学習要素の分類等に関する調査研究事業(3/6)

早朝の新幹線で上京。JAPET&CECへ。文部科学省より受託された,ICTを活用した学習成果の把握・評価に向けた学習要素の分類等に関する調査研究事業の会議。文部科学省初等中等教育局教育課程課による学習指導要領のコード化の事業に接続する民間団体を中心とした会議。IMS等の技術側の方々,教科書・教材会社の方々,JAPET&CECの第1プロジェクトの方々,学校現場の代表,文部科学省などが出席。座長として進行役を。

| | コメント (0)

東北大な1日(3/5)

冷たい雨。午前中は書類片付け,メール対応等。板垣と農学部学食でランチ。吉植さん@東北大学附属図書館ほかのみなさんと一緒に農学分館を見学させてもらう。綺麗な図書館だった。研究室に戻り,論文対応,出張準備。帰宅して確定申告対応。終わらず。

| | コメント (0)

JSET研究会(創価大)(3/3)

朝一に都心を出て日本教育工学会研究会のため八王子へ。ドトールで朝食。集まったメンバーで分散してタクシーに乗車。創価大学へ。久しぶりに来た。
3月の研究会は相変わらずの発表件数の多さ。同時に開催された日本教育メディア学会研究会もあり,ぜいたくに発表を見て回る。お昼は研究会委員会に担当副会長として出席。永田委員長のていねいな対応に感心する。
いくつかの関連発表を見て後でコメントしたり,いくつかの発表に質問したり。シンポジウムは少ししか見られなかったのが残念。
終了後,バスで八王子駅へ。発表者たちの慰労会。日野で二次会。終電。
今回の関連発表は以下の通り。

○新田梨乃, 佐藤和紀, 高橋純, 吉野真理子, 堀田龍也(2018.3)
情報活用能力の体系表に基づいた情報モラル教材の教員による分類
日本教育メディア学会研究報告集, pp.35-42
○遠藤みなみ, 安里基子, 佐藤和紀, 高橋純, 堀田龍也(2018.3)
タブレット端末活用をした小学校授業における教師の発話の特徴の検討
日本教育工学会研究報告集, JSET18-1, pp.241-246
○田中雅也, 水谷年孝, 佐藤和紀, 高橋純, 堀田龍也(2018.3)
中学校において学校全体で授業改善に取り組むための教育課程及び教育方法上の工夫
日本教育工学会研究報告集, JSET18-1, pp.537-542
○久川慶貴, 水谷年孝, 佐藤和紀, 高橋純, 堀田龍也(2018.3)
学校研究の継続や普及のための教育課程及び教育方法の工夫
日本教育工学会研究報告集, JSET18-1, pp.523-528
○中尾教子, 井上信介, 佐藤喜信, 堀田龍也(2018.3)
新学習指導要領で想定される学習過程に対応させた教授行動の分類とICT活用の対応づけの試み
日本教育工学会研究報告集, JSET18-1, pp.255-262
○小田理代, 堀田龍也(2018.3)
海外と日本における初等中等教育段階のプログラミング教育の研究に関する傾向の分析
日本教育工学会研究報告集, JSET18-1, pp.41-46
○木村明憲, 高橋純, 坂口真, 服部里衣子, 堀田龍也(2018.3)
情報活用スキル育成のための放送番組と演習教材の開発
日本教育工学会研究報告集, JSET18-1, pp.317-324
○臼井昭子, 佐藤克美, 堀田龍也(2018.3)
美術科におけるモバイルVR教材の試作
日本教育工学会研究報告集, JSET18-1, pp.435-440
○八木澤史子, 堀田龍也(2018.3)
1人1台の情報端末を活用した授業に関する研究の傾向分析
日本教育工学会研究報告集, JSET18-1, pp.247-254

| | コメント (0)

井出教育長を囲んで(3/2)

1/27に開催された杉並教育ICTフォーラムの打ち上げを兼ねて,杉並区の井出教育長,中川先生,福田校長はじめ区教委首脳メンバーとの懇親会。30年前の杉並区でのMSXでの個別学習の実践の話からAIとの共存まで刺激的な話だった。新宿も久しぶり。

| | コメント (0)

学習要素リスト打合せ(3/2)

JAPET&CECへ。稲葉室長補佐とプログラミング教育に関する情報共有。その後,学習要素リストに関する会議準備のための打合せ。来週はいよいよ会議。

| | コメント (0)

AAIで論文が2本採録決定(3/1)

Advanced Applied Informatics(AAI)のJournal of Learning Technologies and Learning Environments(JLTLE)で,院生の論文2本が採録決定となった。

○Seiji MAKI, Tatsuya HORITA(Feb.2018)
Comparative Study of the Categorization of Items of Statistical Literacy in Mathematics Textbooks of Elementary, Junior High, and High Schools in Japan
Journal of Learning Technologies and Learning Environments, Vol.1, Accepted
○Shoko USUI, Katsumi SATO, Tatsuya HORITA(Feb.2018)
Prototyping and Evaluation of Display Media using VR for Art Appreciation Education at School
Journal of Learning Technologies and Learning Environments, Vol.1, Accepted

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(2/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの14年目,2018年2月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 1,286校
登録児童数 177,745人

1年 5,165人
2年 5,889人
3年 43,581人
4年 42,192人
5年 37,483人
6年 38,413人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算21,570人,学校数は7,081校。平成29年度学校基本調査によれば,全国の小学校は20,095校。これまでに登録した学校は,その35.2%を占めることになる。
2020年度から全面実施となる小学校の次期学習指導要領の総則には,「児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルは「学習の基盤」として各教科等における深い学びを支えていく。
このような背景の中,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »