« 東北大な1日(6/12) | トップページ | 東北大な1日(6/13) »

井口磯夫先生のお通夜に参列(6/12)

井口磯夫先生(十文字学園女子大学・名誉教授)がご逝去された。お通夜には,大きな会場に入りきれずに階段まで人の列ができるほどの参列者があった。故人がいかに多くの方々に影響を与えたのかがよくわかった。
井口先生は,ぼくが東京学芸大学の学生時代,都立教育研究所教育方法研究室の指導主事をされていた。702研修と呼ばれるCAI研修は,全国から当時のコンピュータの教育利用の第一線の研究者,実践者等が講師を務める凄い研修会だった。学生だったぼくは,恩師の堀口秀嗣先生についてその研修に紛れ込ませてもらっていた。井口先生にはその後も,若いぼくらの実践等を応援していただいた。ぼくは30年以上お世話になった計算になる。
昨年,堀口先生がご逝去され,9月に学士会館で送る会を実施した時も,その企画からずっと応援し見守っていただいたのが井口先生だった。まるで堀口先生を追うかのようにあちらに向かわれた。
先生のご冥福をお祈り申し上げます。ありがとうございました。

|

« 東北大な1日(6/12) | トップページ | 東北大な1日(6/13) »

「日常」カテゴリの記事

コメント

井口先生の研究室で、長期研修をさせて頂いていた者です。その頃、堀口先生にも、堀田先生にも、お世話になりました。本当に何気なく、こちらのブログにたどり着いたのですが、井口先生のこと、ご無沙汰してしまっていたので、知らなかったのです。今年、年賀状が届かなかった時点で、おかしいと思うべきだったのに。堀田先生、お教えいただき、ありがとうございました。ショックを受けていますが、知ってよかった。井口先生のお顔が浮かんで来て、涙が出てきます。ご冥福を心からお祈りします。そして、ご恩をお返しできるように、頑張ります。

投稿: 福田 桂子 | 2018年7月 3日 (火) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北大な1日(6/12) | トップページ | 東北大な1日(6/13) »