« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

JSET夏の合宿研究会でオンライン講演(7/28)

Photo台風12号が直撃。ということで,往路は何とかなりそうだが復路が難しそうということで松山行きを断念。早めの判断でWi-Fi確保ができ,JSET夏の合宿研究会にオンラインで基調講演を担当。教育工学研究者のキャリアの多様性の担保のために,本人ができること,学会ができることなどについて情報交換。オンラインでの講演はビミョーに緊張したが,良い経験になった。

| | コメント (0)

JAPET第1プロジェクト会議(7/27)

JAPET&CECへ。JAPET第1プロジェクトの会議に参加。教科書,教材,教育ICT関連企業が,手弁当でお互いの競争領域を慎重に検討しながら,公共性の高いディスカッションを続けていることにたいへん感心した。

| | コメント (0)

チエルマガジン取材(7/27)

半年に1回の恒例のチエルマガジンのインタビュー取材。新学習指導要領への備えをどうしていますかということで,学校や教委を例に総括的な話をする。
終了後,デジタル教材の企画会議。その教材のよさ,そんな教材をリリースする会社のブランディング戦略など。

| | コメント (0)

三省堂で教材企画会議(7/26)

三省堂へ。デジタル教科書・教材についてのディスカッション。そもそも論から。いい議論になった。次回は10月。

| | コメント (0)

東北大な1日(7/27)

早朝に出勤。鄂さんの修士論文の赤入れ。マスターゼミ。書類片付け等をしていったん帰宅,上京。

| | コメント (0)

天草へ(7/25-26)

A1A2A3快晴。朝の飛行機は順調。母も元気。あまりの暑さのためできるだけ屋内で過ごす。翌日,病院まで送っていった頃に,快晴なのにAMXが機体故障でまさかの欠航に。慌てて実家に戻り,AMXの払い戻し手続きと,レンタカーの行き先変更の手続き。そのまま熊本駅まで2時間ちょっとのドライブ。熊本駅から新幹線に飛び乗り博多駅。無事に福岡空港からの予定の仙台便に間に合う。仙台空港からの電車はぐったり。久しぶりの帰宅。

| | コメント (0)

九州大でLAC訪問など(7/23)

K_3朝一で定期検診後,羽田空港から福岡空港へ。フライトは順調。予定通りの地下鉄に乗り,九大学研都市前駅へ。新津総務部長にお迎えいただき,キャンパス内をご案内いただく。伊都キャンパスの広大さに心底驚いた。
その後,LAC(Learning Analytics Center)へ。木實センター長,山田先生,島田先生に,LACの最近の研究までダイジェストでご紹介いただく。ここの研究成果は初等中等教育への示唆が大きく,これからも注目していきたい。
その後,新津部長のお誘いで,福岡県教育委員会,福岡市教育委員会ほか,関係の先生方と食事会。新津部長がこの地にしっかりと根ざしたコミュニティ作りをされていることがよく理解できた。

| | コメント (0)

JEES教育シンポジウム(7/22)

J椿山荘へ。朝一で臨時理事会。理事再任のほか,新理事に佐藤正寿先生をお迎えすることが了承。
第6回JEES教育シンポジウム。昨年度から日曜日の午前中となっており,今年は多くの小学校が夏休み突入後とした。冒頭にJEES理事長として挨拶。笠井先生@国立教育研究所教育課程調査官/文部科学省教科調査官(算数)に,新学習指導要領で求められる算数の授業づくりの考え方について講演をいただく。その後,盛山理事,久下谷先生@お茶大附属小,藤川理事を交えてのパネルディスカッション。恒例の森副理事長の最後の挨拶の後,多くの若手と情報交換会。来年度も,同じ頃に,同じように実施することを決める。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(7/21)

朝から研究室へ。今日の講師陣も早めの到着。小野寺さん中心に院生たちがよく働いてくれてありがたい。セミナー準備。今回の連続セミナーは,みんなのコードから利根川CEOと竹谷主任講師にお越しいただき,ここから始めるプログラミング教育と題して,プログルの模擬授業を中心に実施。夏休み初日ということもあり100名を越える参加。その後,恒例の立食懇親会。こちらも盛り上がる。
終了後,新幹線で上京。関係者と二次会をして宿へ。

| | コメント (0)

広島教販打合せ(7/20)

岡山県笠岡市から広島県尾道市へ。会長御挨拶。Netモラル教材の今後,教員研修等についてなど,短期的・中期的な相談事。尾道市の街中でお好み焼き。
帰りの飛行機が使用機遅延と仙台空港の濃霧注意報のため,広島空港で長く足止め。夜中に帰仙。

| | コメント (0)

笠岡市教委訪問(7/20)

早朝に自宅発。仙台空港から広島便へ。広教の手塚社長と合流。一路,岡山県笠岡市へ。途中,大雨災害の爪痕が痛々しかった。笠岡市も暑く,市教委の会議室で冷たいものをいただきながら高橋課長と教育の情報化について打合せ。岡田教育長にも御挨拶。笠岡ラーメン。

| | コメント (0)

東北大な1日(7/19)

2限川内。「社会の構造」最終回はスパゲッティ・ストーリー。授業評価。青葉山キャンパスへ。河村先生打合せ。専攻会議。専攻教授会。

| | コメント (0)

東北大な1日(7/18)

1限川内。授業評価。仙台駅に出てランチを食べながら相談事。青葉山キャンパスへ。3限「情報リテラシー論」は中川さんによるSociety5.0における考え方など。良い講義に感謝。諸々の日程調整。臼井さん個人ゼミ。中川さん・齋藤君と実験計画のディスカッション。夜は仙台駅前で懇親会。

| | コメント (0)

東北大な1日(7/17)

1限川内。授業評価。青葉山へ。出張起案などの事務処理。メール片付け。校閲。原稿書き。いろいろ積み残したまま退勤。

| | コメント (0)

常葉大で「らくらく授業支援」活用(7/16)

123常葉大学教育学部へ。祝日だが私学なので授業日とのこと。チエルマガジン取材を兼ねて「らくらく授業支援」の活用を学生たちに体験してもらう。あっという間に慣れた学生たちに,デジタル・ネイティブを感じる。佐藤カズは大学でもなかなか良い授業をしていて感心。佐藤研の学生たちには今回もお世話になった。

| | コメント (0)

竹本科研打合せ(7/15)

浜松へ。竹本先生と久しぶりの再会。科研の関係でSTEM教育に関する打合せ。教育内容,教育方法,研究方法等についてディスカッション。

| | コメント (0)

久しぶりに若手研OB会(7/14)

Kお祝いを兼ねて久しぶりに若手研OB会。もう20年以上の研究仲間たち。話は尽きなかった。

| | コメント (0)

JSET事務局会議・理事会など(7/14)

上京。JAPET&CECへ。今後のJSET事務局の運営について。事務局会議にて理事会の事前レビュー。会長・副会長会議。理事会。ホントにいろいろあるなって思う。

| | コメント (0)

仙台市立北六番丁小でキーボー島アドベンチャー(7/13)

鄂さんの修論相談を仙台駅のスタバで。とってもがんばっている。
仙台市立北六番丁小学校へ。伊藤校長に御挨拶。先に来ていた翟さんがすっかり児童と馴染んでいた。5年生の「キーボー島アドベンチャー」で学ぶ様子を参観。

| | コメント (0)

JSET夏の合宿打合せ(7/13)

日本教育工学会の夏の合宿研究会は7/28-29に愛媛大学で行われる。テーマは「教育工学における若手人材の育成」。今回はその打合せを森田先生@早稲田大,佐藤先生@日本福祉大,大山先生@大阪大と。教育工学研究者を目指す人たちにとって確実に役立つ話になるだろう。ぼく自身も楽しみだ。

| | コメント (0)

東北大な1日(7/12)

2限川内。「社会の構造」はMOOCについて。青葉山キャンパス。槇さん,小野寺さんとBuddy's Tableでランチ。槇さんの博士論文打合せ。推薦入試合否判定。教授会。正寿先生研究打合せ。

| | コメント (0)

東北大な1日(7/11)

1限川内。まだ梅雨明けしていないので,ややもわっとした曇り空の暑さ。青葉山キャンパスへ。出張起案,メール対応等の事務処理,修論チェック。午後の会議の資料準備。3限「情報リテラシー論」は佐々木さん@博士研究員による写真というメディアに関するゲスト講義。マスターゼミ。川内キャンパスにまた移動して,JSET大会実行委員会。

| | コメント (0)

相模原市でプログラミング教育の実践(7/10)

S久しぶりの京王線で橋本駅へ。篠原担当課長にお出迎えいただいて,相模原市立久沢小学校へ。木原先生の5年社会,食料生産の課題を情報技術で解決に繋げるという位置付けでのプログラミングを取り入れた授業を参観。教科の深い学びに繋がっている素晴らしい実践だった。その後,「さがみはら教育」へのインタビュー記事の取材対応。

| | コメント (0)

レゴエデュケーションで対談(7/10)

L暑い中,場所がうまく見つけられず,約束の時間に少し遅れて赤坂のレゴエデュケーションへ。みなさんと御挨拶し,須藤代表と対談の取材。ぼくが子供の頃から存在するレゴの創造性育成は周知の事実だけども,このこととプログラミングを繋げた20年前のマインドストームの衝撃の話などで盛り上がる。詳しくはいずれ公開される記事で。

| | コメント (0)

東北大な1日(7/9)

朝一で青葉山。入試会場確認。情報科学研究科の推薦入試。滞りなく終了。ホッとする。科研の挑戦的研究(萌芽)の書類提出。

| | コメント (0)

千葉大学教育学部附属小公開研(7/7)

123早朝より稲毛駅へ。大木副校長にお迎えいただき,タクシー車内で情報共有。千葉大学教育学部附属小学校の公開研究会の2日目。ぼくはこの日しか参加できなかったけど,土曜日だったこともあり,たくさんの参加者が集う。25の授業公開,協議会等。暑い中,参観ダイエットになった。午後は記念講演ということで100分の講演をする。良い授業をたくさん見て気持ちが良かった。

| | コメント (0)

IEスクール/ICTスクール連絡協議会(7/6)

東京駅で事務局と合流,タクシー車内でレク。まずはIEスクール/ICTスクールの企画検証委員会。今後の進め方も含めてディスカッション。みなさん継続の委員なので,課題もポイントもよくわかっているので頼もしい。
その後,IEスクール/ICTスクール連絡協議会。あいにくの大雨で,福岡や佐賀の実証地域の先生方の参加が中止に。ほかはみなさん真剣に議論いただいた。主査として少し重めの依頼もした。

| | コメント (0)

東北大な1日(7/6)

朝早くに研究室へ。すでに槇さんは準備万端。09:00から槇さんの博士論文予備審査。厳粛に行われ,忌憚の無い,しかも前向きな議論をいただいた。これで一歩前進。がんばれ槇さん。
終了後,急ぎ上京。

| | コメント (0)

東北大な1日(7/5)

2限川内。「社会の構造」はWhat's a Computer?。学生たちにとってはすでに現実だという意見が多かった。
帰国して3日が経ち,時差ボケも大丈夫と油断していたけど,イマイチ調子が優れず。研究室に行き,早めの退散をして夕方に昼寝。在宅勤務で原稿書き。

| | コメント (0)

茨城県小中学生プログラミングプレゼンテーションおよび教員研修(7/4)

T新幹線で上野。秋葉原に出てTXでつくば市へ。毛利校長にお迎えいただき,公用車でつくば国際会議場へ。茨城県内の全教員に対する悉皆研修として行われた,プログラミング教育を中心とした大規模な研修会。民間の支援を上手に受け入れた研修会の形は良いモデル。大井川知事,鈴木寛大臣補佐官ほか,筧先生,赤堀先生,中川先生,梅村課長@文部科学省情報教育課などもお越しになっていた。いくつかの研修の様子を見て回り,40分の講演をして,また毛利校長のご案内でつくば駅へ。帰仙。

| | コメント (0)

東北大な1日(7/4)

1限川内。蒸し暑い。その足で新幹線。つくばへ。

| | コメント (0)

東北大な1日(7/3)

暑い。1限川内。その後,研究室へ。海外出張の後処理。某賞審査起案。マスターゼミ。原稿書き,終わらず。科研費申請書も終わらず。プレゼン作成も終わらず。歯医者。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(6/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの15年目,2018年6月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 884校
登録児童数 145,976人

1年 5,975人
2年 6,024人
3年 27,602人
4年 35,421人
5年 33,176人
6年 31,875人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算22,253人,学校数は7,115校。平成29年度学校基本調査によれば,全国の小学校は20,095校。これまでに登録した学校は,その35.4%を占めることになる。
2020年度から全面実施となる小学校の新学習指導要領の総則には,「児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルは「学習の基盤」として各教科等における深い学びを支えていく。
このような背景の中,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

パリ2日目(6/30)

N朝の散歩。のんびり朝食を食べてから一仕事。早川さんがお迎えに来てくれてバス。井上副社長@エルモヨーロッパと打合せ。よい情報共有の機会となった。ノートルダム大聖堂を軽く見学してホテルに戻り,シャルル・ド・ゴール空港へ。混雑に辟易,ラウンジに逃げるもそこも大混雑でガックリ。無事に搭乗。疲れていたのか,機内では爆睡。仕事はあまり進まず。
帰国したらもう7月。今年も半分終わった。はぁ。

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »