« 2018年11月 | トップページ

2018年12月

「デジタル教科書」の効果的な活用の在り方等に関するガイドライン検討会議(12/18)

文部科学省13Fで,「デジタル教科書」の効果的な活用の在り方等に関するガイドライン検討会議の最終回。傍聴は60名ほど。これまで議論を重ねてきたガイドラインの最終案について意見交換。関連資料の他,実践事例集についても意見交換。今後,省令改正や告示等を控え,いよいよ山場に。座長としての大役もほぼ終了。あとは座長預かりとなったので事務局と調整して完了。
終了して帰仙。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(12/18)

文部科学省へ。情報教育課,新設の学びの先端技術活用推進室,未来の学びコンソーシアム室。その後,教科書課で事務局,中川座長代理と議事の最終チェック。

| | コメント (0)

東北大な1日(12/18)

寒い朝。川内。終了後は仙台駅から上京。

| | コメント (0)

東北大な1日(12/17)

横浜から帰って夕方に研究室へ。書類片付け。年明けの講演の資料提出。博士論文の読み込み。原稿編集作業。
帰宅してから出張時間調整,JSET研究会発表案へのコメント。

| | コメント (0)

お祝いの日(12/16)

R12月16日(日)の結婚式当日と,前日午後・翌日午前に諸々の対応。たくさんの友達のおかげで良い結婚式だった。おつかれさま。

| | コメント (0)

堀田研東京忘年会(12/14)

IOB板垣幹事による堀田研東京忘年会は9名の参加で二次会まで楽しく過ごす。兪さんにも久しぶりに会えた。

| | コメント (0)

日経BPインタビュー(12/14)

国研から日経BPへ。江口さんほかとデジタル教科書に関するインタビュー。1月発行の「教育とICT」誌に掲載予定。

| | コメント (0)

国立教育政策研究所で研究打合せ(12/14)

常盤所長室で関係者とプログラミング教育に関する調査等についての輪郭決め。貴重な資料になる見込みの調査に期待したい。

| | コメント (0)

中教審初等中等教育分科会(12/14)

朝早い新幹線で上京。中央教育審議会初等中等教育分科会のため霞が関ビルの東海大学校友会館へ。教員の働き方改革の素案についてのディスカッション。ぼくからは,働き方改革に向けた研修の在校化を支えるICT環境やネットワーク基盤の整備の意見を出した。終了後,国研の常盤所長と文部科学省下間審議官と移動。

| | コメント (0)

東北大な1日(12/13)

冷たい雨の中青葉山へ。青葉山は雪がちらついていた。大学院「メディア教育論」。終了後,小野寺さんと打合せしながらお昼。人事上の朗報など。詫摩さん博士論文予備審査。国際遠隔協同学習についてのレビューについてコメント。情報科学研究科FD研修会に出席。その後,教授会。いったん帰宅してから河原町会議で忘年会。

| | コメント (0)

東北大な1日(12/12)

青葉山。幸い雪は降っていなかった。博士論文の最終読み込み。メールや書類の片付け。原稿書き。夕方から橋本君の博士論文予備審査で主査を務める。さまざまな意見は出されたが,建設的な議論となってよかった。最終審査に向けてがんばってほしい。

| | コメント (0)

東北大な1日(12/11)

雪が止んだ。青葉山。たくさんの書類片付け。小野寺さんと諸々打合せ。村岡さん来研,インタビュー。メール片付けなど山積み。雪が降る前に帰宅。論文チェック。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(12/10)

文部科学省へ。情報教育課で大臣プラン等に関する情報共有。学力調査室で「話すこと」についての情報共有。教科書課で次回ガイドライン会議の下打ち合わせ。

| | コメント (0)

教育再生実行会議技術革新WG(12/10)

教育再生実行会議技術革新WGでは,LITALICOによるICTを用いた障害者支援のプレゼンテーションを聞き,その後,第11次提言に向けたWG中間まとめの案の検討。ぼくからは,ICT整備のうちネットワークは基幹インフラなのだから国主導で進めるべきという話,各地区のネットワークやICT整備については「○○ができること」的な形でできるだけ明確に示したいという話,デジタル教科書やデジタル教材等を学習指導要領とつなぐためのコード化基盤の推進などについて意見をした。

| | コメント (0)

グーグル社打合せ(12/10)

寒い快晴の朝。新幹線で上京。野澤先生とグーグル社へ。学校現場のICT人材育成等について議論。

| | コメント (0)

JSET研究会@早稲田大(12/8)

1日本教育工学会研究会のため早稲田大学早稲田キャンパスへ。久しぶりに行ったが無事に正門までは到着,ただし会場の7号館を見つけられず20分ほどのロスで,聞こうと思っていた城井先生@熊本の発表を聞くことができず。今回は小田さん,山本先生,遠藤,礒川の4名が関連発表。みんながんばっている。後藤君と昼に博論ゼミ。午後の部の終了後は早稲田駅近くの居酒屋で打ち上げ。東京駅から帰仙。寒い。
今回の関係発表は以下の通り。

○遠藤みなみ, 手塚和佳奈, 佐藤和紀, 堀田龍也(2018.12)
教員養成学部学生の学校放送番組の違いによるメディア・リテラシーの定義の解釈に関する考察
日本教育工学会研究報告集 JSET18-5, pp.319-326
○山本朋弘, 堀田龍也(2018.12)
計算論的思考の視点からみた小学校プログラミング事例の教材や学習形態の分析
日本教育工学会研究報告集 JSET18-5, pp.115-121
○礒川祐地, 佐藤和紀, 萩原丈博, 竹内慎一, 堀田龍也(2018.12)
小学校プログラミング学習における低学年と高学年の学習進度の差異に関する要因の検討
日本教育工学会研究報告集 JSET18-5, pp.159-166
○小田理代, 堀田龍也(2018.12)
初等教育段階において各教科等横断的に行われたプログラミングに関する学習を対象とした転移の検討
日本教育工学会研究報告集 JSET18-5, pp.107-113

| | コメント (0)

筑波大附属小でSTEM教育打合せ(12/7)

筑波大学附属小学校は,言わずと知れた,我が国の小学校でもっとも集客力のある公開研究会をする名門小学校。各教科の専門の先生方が,教師の個性を生かした独特の学級経営をしている中,各教師の個性を生かした「総合活動」のテーマをSTEM教育に焦点化。これから数年の研究の第一歩について,総合活動部の先生方と議論。さすが各教科等のエキスパートだけあり,素晴らしい議論になってぼくも興奮した。
平成31年2月の学習公開・初等教育研修会案内の案内はこちら(pdf)。総合活動の公開授業は,2月9日(土)に算数の授業名人である盛山先生が挑戦するプログラミングを踏まえたSTEM教育。みなさん,授業名人による未来への挑戦の授業,ぜひご参観ください。

| | コメント (0)

スズキ教育ソフト打合せ(12/7)

宮田さんにお迎えに来てもらいスズキ教育ソフト本社へ。QB説明の新作6本分について最終レビュー。期待していたそば屋が休みということでラーメン屋に。

| | コメント (0)

相模原市立青葉小訪問(12/6)

M淵野辺駅で関係者が集合して,相模原市立青葉小学校へ。SONY×NEDとの共同研究による授業研究。内藤先生による家庭科の授業は,子供たちが真剣に住まい方を考えるとても良い授業だった。終了後はインタビューの撮影。

| | コメント (0)

学研教育総研打合せ(12/6)

定期検診とインフルエンザ予防接種の後に新宿へ。学研教育総合研究所の木島室長と共同研究の企画についての打合せ。良い方向に向かいそうで楽しみ。

| | コメント (0)

四谷大塚インタビュー(12/5)

四谷大塚「Dream Navi」誌の巻頭インタビュー。プログラミング教育の必要性とプログラミング的思考について。

| | コメント (0)

内田洋行インタビュー(12/5)

昨年に引き続き,内田洋行の教育コンテンツのカタログの巻頭インタビュー。学習の基盤となる資質・能力としての情報活用能力の話,そのためのICT環境整備の話をする。

| | コメント (0)

東北大な1日(12/5)

寒空の中,川内キャンパス。1−2限終了後に今日も急いで地下鉄へ。

| | コメント (0)

グーグル社打合せ(12/4)

六本木へ。グーグル社の教育担当の方々と,学校現場のICT環境等について議論。いい勉強をさせてもらった。

| | コメント (0)

未来の学びコンソーシアム運営協議会(12/4)

東京は暑かった。未来の学びコンソーシアム運営協議会のため,経済産業省別館へ。開始前に情報教育課と日程調整等。久しぶりに清水先生にご挨拶。金丸座長の下,コンソーシアム事務局の精力的な活動が紹介された。ディスカッションでは,学校現場のICT環境整備が,貧弱かつ過剰であるという点に意見が集まった。

| | コメント (0)

東北大な1日(12/4)

朝から川内。すっかり落ち葉も片付いた。1−2限終わったら急いで地下鉄で仙台駅。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(11/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの15年目,2018年11月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

1年 7,857人
2年 7,325人
3年 38,573人
4年 43,292人
5年 39,399人
6年 36,796人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算22,758人,学校数は7,222校。平成29年度学校基本調査によれば,全国の小学校は19,892校。これまでに登録した学校は,その36.3%を占めることになる。
2020年度から全面実施となる小学校の新学習指導要領の総則には,「児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルは「学習の基盤」として各教科等における深い学びを支えていく。
このような背景の中,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

第38回メディア教育論ゼミ(12/2)

S第38回のメディア教育論ゼミ。今回はゲスト含めて15名。博士後期課程10名の発表にコメント。いつものように4時間ぶっ通し。今回は特に,博士論文と個別の関係「木を見て森も見る」話。査読者への対応の考え方,論文の「華」の話。投稿論文の採録は国際学会発表に2件。ゼミ記録はナベ。いつものうなぎ。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(12/1)

123少し遅い出勤になる。すでに小野寺さんの仕切りが準備は進んでいた。感謝。講師の赤坂先生がご来研,簡単な打合せ。情報リテラシー連続セミナー@東北大学は,赤坂真二先生@上越教育大学教職大学院による,情報社会を見越した学級経営。実践を踏まえ,理論を意識していただいた内容の,エキサイティングな講演で,90名近くの参加者は大いに盛り上がった。恒例の立食懇親会も参加者多数。

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ