« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

平成時代を振り返る(4/30)

平成が終わる。この30年を振り返ってみる。
ぼくが大学を卒業したのは昭和61年。中学数学の産休代替教諭を経て,東京都の小学校教諭になれたのは昭和62年だった。初任で3年生,2年目で4年生を担任している年,3学期になる頃に平成を迎えた。昭和63年から松下視聴覚教育研究財団(現:パナソニック教育財団)に3年連続で研究助成をいただき,教室に1台のMSXコンピュータと28インチTVでの実践をスタート。平成2年,ぼくが勤めていた学校にコンピュータ室が完成し,個別学習や情報活用能力の育成の実践に思う存分に携わることができた。これが今に大きく生きている。
平成4年,6年生を卒業させると同時に,東京都を退職し,開学3年目になる西東京科学大学に助手として着任する。理工学部経営工学科という畑違いの仕事だったが,戦略経営などのマネジメントや,人間工学などのインタフェイスにつながる分野,システム工学や品質管理などの工学的手法を学ぶことができた。平成5年に夜間開講をしていた電気通信大学大学院電気通信学研究科情報工学専攻博士前期課程に社会人入試で合格,ネットワーク上で協働学習を支援するシステムの開発と評価で修士論文を書き,平成7年に修士(工学)をいただいた。この頃,聖徳大学短期大学部で初めて非常勤講師を務めた。算数科教育法だった。
平成8年,富山大学教育学部附属教育実践研究指導センターに専任講師として着任。32歳。34歳で助教授にしていただいた。上司は山極隆先生。中央教育審議会の委員だった。その後にJSET会長になられる山西潤一先生,その後に早稲田大に着任される向後千春先生,同時着任だった黒田卓先生が同僚で,高橋純君が大学院生だった。黄金期の富山大学で学んだことの中心は,学校現場を支援しながらそれを実践研究として成立させる方法だった。JSET全国大会を事務局長として担当した。教育工学若手研を始めたのもこの頃だった。
平成12年,英国への在外研究を終え,7月に静岡大学情報学部に着任した。その後にJSET会長になられる永野和男先生の後任だった。周囲に教育研究をしている人がほとんどいないことが教育学部と大きく違うところだった。ICT活用や情報教育を「情報学」としてどのように捉え直すかという良い機会になった。企業との共同研究をたくさん重ねることができた。大学入試センター試験の作問委員も良い経験だった。文部科学省の仕事が多くなり始めた。
平成17年,10月に独立行政法人メディア教育開発センターの研究開発部に准教授として着任した。41歳だった。学生がいないことはとてもさみしかったけども,JSET会長を退かれたばかりの上司の清水康敬先生のもと,鋭意研究を進めることができた。同じく平成17年10月に東京工業大学大学院社会理工学研究科人間行動システム専攻博士後期課程に社会人学生として入学した。平成18年4月より,文部科学省の参与を併任し,情報教育を担当する行政に関わることになった。
平成21年,独法廃止の流れの中,同センターは廃止となった。4月,玉川大学学術研究所に准教授として着任した。45歳だった。山極隆先生が2回目の上司となった。9月,4年かかって無事に博士(工学)を取得することができ,翌平成22年に教職大学院の教授として学内異動をした。教職大学院という新しい枠組みでの実践研究は良い経験となった。谷先生と出会った。
平成26年4月,東北大学大学院情報科学研究科に教授として着任した。50歳だった。そこからは研究者養成を主たる業務とし,博士後期課程の院生たちの指導を中心として研究を推進している。JSET全国大会を大会実行委員長として担当した。山極先生の後を追って中央教育審議会の委員となった。山西先生や永野先生の後を追ってJSET副会長を拝命した。以前院生だった高橋君は東京学芸大学教育学部に栄転し,今でももっとも研究分野や研究手法の近い研究者である。ぼくのところで博士号を取得した佐藤カズや板垣,槇さんなどは大学教員として歩き始めた。こんな風に長い時間をかけて出会った方々とのご縁で今がある。そんな平成時代だった。
令和元年。東北大学で6年目の勤務,専攻長として迎えることになった。年齢も熟してきた折,学内行政も努力していきたい。

| | コメント (0)

水越敏行先生を偲ぶ会(4/27)

M大阪ガーデンパレスへ。水越敏行先生を偲ぶ会。80余名もの,水越先生を慕う教育工学関係者が集う。伸さんにご挨拶。黒上さん,木原さん,吉崎先生や村川先生など,一門のみなさんが丁寧にご対応されていた。
大阪大学人間科学部の教育技術学講座,教育システム工学講座は,当時まだ小学校教員だったぼくの憧れの研究室だった。水越教授のもと,次々に優れた人材が輩出された。研究はいずれもたいへん実践的であり,そしてまた実証的だった。ぼくが研究者として頼った仲間である黒上さんや木原さん,山内君などは,みんな水越先生の教え子だ。ぼく自身は水越先生に直接教わったわけではないけども,たいそう影響を受けたことは間違いない。水越先生は同門のみなさんには厳しい存在だったようだけど,ぼくらにはいつも腰が低く丁寧な方だった。そんな水越先生の周囲にはいつもたくさんの人がいて,今のぼくの研究室の目標となる姿になっている。
水越敏行先生,安らかにお眠りください。合掌。

| | コメント (0)

大阪教育大学訪問(4/27)

I前夜は大阪教育大学の新津事務局長,森田理事,寺嶋准教授,板垣講師と粉モンで懇親。盛り上がった。
大阪教育大学の天王寺キャンパスへ。板垣研究室を訪問。プログラミング教育の実践研究について,研究目標の設定や校内研との関係についてディスカッション。院生の金川先生と一緒にランチ。良い議論になった。

| | コメント (0)

文部科学省会議(4/26)

朝は定期検診。その後,メール片付けをした後に文部科学省へ。SINET接続に代表されるICT環境基盤増強や,全国学力・学習状況調査の状況などについての議論。会議終了後,教育改革・国際課へ。海外日本人学校の件。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(4/25)

朝は日本教育情報学会の院生による申し込みのチェックなど。用事を済ませて午前中の新幹線で上京。眼鏡屋にできあがった眼鏡を受け取りに。しばらくはクラクラする。買い物をして,文部科学省へ。学力調査室と打合せ。そのご苦労とさまざまな対応に頭が下がる。夜は会食会。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/24)

朝一で川内。1年生に講義関連の細かい指示をして,少し遅れて入試センターへ。長く会議が続き,かなりグッタリする。青葉山へ。小野寺さんとお昼。3限「情報リテラシー論」は,リテラシーの定義とその拡張や時代性,メディアのミスリードについて話題にする。今週まで残っている学生はとても前向きで,登録した履修者とほぼ一致。終了後は今朝の会議を受けての諸々の日程調整。かなりしんどい状況。お引き受けしていた講演依頼等もできなくなった旨のお詫びメール。
夕方,一度帰宅し,夜はお祝い会。再出発を応援したい。二次会まで。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/23)

Z快晴。1限川内。終了後に青葉山。JSETのSIG関連テレビ会議。小野寺さんとお昼。M1輪講をみっちり。講義準備。調査研究の段取り。早めに退勤。

| | コメント (0)

東北学院大「教育方法」(4/22)

東北学院大学泉キャンパスへ。今回から入構証あり。正寿研究室で時間調整しながら最終チェック。何名かの参観者も同席。今日の講義は,先週のリフレクションの後,教科書の第4章を正寿先生によるゲストトーク。その後,先週の積み残しについて確認と思っていたが時間切れ。終了後は恒例の(?)カニ正宗で楽しく食事。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/22)

月曜日は非常勤があるので在宅勤務を優先にしたいんだけど,何かと用事があって青葉山。共同研究で困難があり修正対応。諸方面との調整。講義準備。3限終わって出発。

| | コメント (0)

第42回メディア教育論ゼミ(4/21)

U今日も快晴。第42回のメディア教育論ゼミ。3月に何名か修了したので,今回は研究対象は6名,その他ゲスト含めて11名。いつもより少しゆっくりめに議論。3時間半ほどで終了。ゼミ記録はナベ。いつものうなぎ。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(4/21)

OO2青葉山へ。新保先生が御挨拶にみえる。会場セッティングは4月からのマスター学生たちが手伝ってくれて感謝。今回の情報リテラシー連続セミナー@東北大学は,元・大学入試センター審議役の大杉さんをお招きし,高大接続の観点から大学入学共通テストの考え方や試行状況等についての講演。入試問題で判断したい能力が,学習指導要領で期待する能力とマッチするような授業づくりの工夫について議論が及ぶ。参加は90名ほど。恒例の立食懇親会も50名を超える参加で盛り上がる。

| | コメント (0)

東京情報大学の槇研究室を訪問(4/19)

Tj眼鏡屋に行ってから東京駅総武線ホームへ。1時間弱電車に揺られ,都賀駅へ。同行した堀田研関係者と一緒に東京情報大学へ。とても素敵なキャンパスだった。去年まで山形県立村山産業高校の校長だった槇先生は,東北大学大学院情報科学研究科で博士(情報科学)を取得し,この4月から東京情報大学総合情報学部に教授として御栄転された。この日は槇研究室を訪問。模擬授業教室などを拝見した後に,統計リテラシー教育についての今後の研究の方向について,調査や分析の考え方について議論。終了後は居酒屋に場所を変えて議論の続き。ゼミ生たちがこうやって新しい職に就き,相互啓発しながら研究を進めていくことを嬉しく思った。東京駅まで出て帰仙。

| | コメント (0)

学研教育総研で会議(4/19)

新幹線で上京。学研へ。情報教育の教材に関するコア会議。共同研究の中期的見通し,研究方法,教材開発の考え方などについて議論。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/18)

午前中は在宅で身体を休めつつ原稿書き。お昼に青葉山キャンパスへ。専攻長として初めて専攻会議,専攻教授会を進行する。準備および議事録などの後処理のたいへんさを感じ,早く慣れていかないとなと思った。夜は新任の先生の専攻歓迎会でスペイン料理。

| | コメント (0)

書籍出版打ち上げ(4/17)

三省堂編集部と「情報社会を支える教師になるための教育の方法と技術」の出版打ち上げ。神田で美味しいお肉を食べる。今回の出版では,編集担当の早川さんには特にお世話になった。心より感謝申し上げたい。終了後,帰仙。

| | コメント (0)

中央教育審議会総会(4/17)

文部科学省旧館6F会議室で中央教育審議会総会。今日は柴山文部科学大臣から渡邊会長への諮問。今回の諮問内容は,初等中等教育の抜本的な改革についての総合的なもの。ぼくからは,教育課程や教員免許制度の改定を伴うことから,総合的かつ集中的な討議を行ってから各部会で具体を検討すべきという意見を述べる。また,ICT環境整備についても意見を求められ,教員の働く基盤,児童生徒の学習の基盤としてのICT環境整備については,これまでより強い形で推進する必要を指摘した。マスコミも多く入り,ニュース等でたくさん報道

| | コメント (0)

教育同人社打合せ(4/17)

東京駅近くで森社長@教育同人社と打合せ。基礎・基本の徹底と,そのための学び方の習得の指導について。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/17)

川内キャンパス。1限は安里・遠藤が補助についてくれて集金,インストラクション,初期テスト。終了後,上京のため仙台駅へ。いつもの喫茶店でメール片付けなど。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(4/16)

東京駅でエルモ野阪さん打合せ。みんなのコードの利根川代表打合せ。今井さん@岐阜大と特別支援教育課に行き,JSET総会シンポジウムの打合せ。財務課で合田課長,常盤木企画官と打合せ。

| | コメント (0)

教育再生実行会議技術革新WG(4/16)

教育再生実行会議の技術革新WGの最終回。第十一次提言(案)について最終の議論。教育の情報化についてはずいぶん踏み込んだ記述。5月の教育再生実行会議で手交とのこと。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/16)

快晴。ずいぶん春らしくなった。桜は満開を少し過ぎたぐらいか。川内キャンパスも学生で賑わう。1限は遠藤に助けてもらいつつ集金,インストラクション等。終了後,上京のため仙台駅へ。少し早かったのでいつもの喫茶店でメール片付けなど。

| | コメント (0)

東北学院大「教育方法」(4/15)

東北学院大学泉キャンパスへ。入構証はまだもらえず。正寿研究室で時間調整しながら最終チェック。受講生は2週目になって少しだけほぐれたかな。今日は,先週のリフレクションの後,教科書の第1章。日本の教育制度と他国の比較,学校数や教員数,教育基本法や学校教育法,学習指導要領などについての確認。終了後は正寿先生のご案内でカニ正宗。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/15)

朝から快晴。青葉山。出張後の書類整理。郵便片付け。正寿先生研究相談。お昼を食べてから文部科学省や学会等の日程調整メールのやりとり。

| | コメント (0)

高知へ(4/13-14)

羽田から高知へ。臼井さんと合流。博士論文後の研究の方向性について,技術の応用を検討する立場と,現場のニーズから技術を選択する立場について説明し,研究戦略について議論。珍しく観光も。鰹のたたきが絶品だった。
翌朝の便で伊丹空港経由で帰仙。

| | コメント (0)

チエルキックオフに参加(4/12)

天王洲アイルへ。チエルが半年に1回行うキックオフに参加。挨拶。企業目線から見た学校現場のたいへんさをいろいろ伺い勉強になった。

| | コメント (0)

教育家庭新聞取材(4/12)

品川で教育家庭新聞のインタビューに対応。教育の情報化を,その他の教育改革の中で把握するような話をした。5月に掲載予定とのこと。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(4/12)

朝一の新幹線で文部科学省へ。初等中等教育企画課教育制度改革室で打合せ。その後に情報教育・外国語教育課で打合せ。特別支援教育課に出向いてから文部科学省を出る。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/11)

なんと雪。青葉山は積雪。在宅で原稿書き,遅めに出勤。12時からは中止になった花見の代わりに人文系教員や院生とお弁当の会。窪先生のしきりに感謝。ゲストトーク依頼,原稿書きの続き。鼎談企画の確認。教授会,専任教授会と続く。終了後は専攻内の諸々の相談事。帰宅して依頼原稿を1つ書き上げてぐったりして寝る。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/10)

朝一で川内。今日もオリエンテーション。学生と青葉山。マスターゼミは翟さんの進捗確認。3限は「情報リテラシー論」,これもオリエンテーション。選択科目で履修者は30名を超えた。教材発注,指導教員登録など。夜はタナカ君の歓迎会。リスタートを応援しよう。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/9)

朝一で川内。オリエンテーション。その後,青葉山。JSET研究会発表原稿をいくつかチェック。専攻会議準備。M1輪講ではM1の2人の卒業研究を報告してもらい,コメントをみっちり。科研報告書を途中まで。科研合宿の企画。ちょっと遅くなる。

| | コメント (0)

東北学院大「教育方法」(4/8)

3限が終わった安里・遠藤を連れて東北学院大学泉キャンパスへ。久しぶりに来た。正寿先生にお世話いただき,駐車場へ。非常勤講師控室もご案内いただく。その後,正寿研究室で時間調整。
今年度から,東北学院大学文学部教育学科2年生「教育方法」を月曜5限に担当することになった。初回の受講生は52名。みんな真面目そうで,少しシャイな印象。学部生への教育系の講義はなんと5年ぶり。不安もあるけどがんばろう。初回でもあり,正寿先生のほか,稲垣君(あ,稲垣教授),長島先生などが授業を参観におみえになった。感謝。
終了後は卸町イオンで安里・遠藤と海鮮丼。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/8)

青葉山。講義準備。事務仕事。お昼はドクターやマスターの院生,小野寺さんとランチ。印刷や機材を準備。

| | コメント (0)

在宅勤務な日曜日(4/7)

珍しく1日仙台にいる日曜日。朝の散歩では桜を愛でることができた。朝風呂とか喫茶店でランチとか。合間に論文チェック,明日から始まる講義の準備,科研の報告書や計画書などを進める。肝心な原稿書きは進まず。

| | コメント (0)

国語セミナーで勉強(4/6)

国語セミナーのための盛岡へ。テキストからの情報の取り出しの国語における的確な指導を学ぶ。情報活用能力の鍛えにつながる重要な知識・技能の育成だと思った。慌てて帰仙。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/5)

青葉山。授業準備を続ける。出張起案。日程調整。専攻長会議,なかなかハードだ。研究室で残務。夜は安里・遠藤の歓迎会。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/4)

諸々日程調整。小野寺さんと打合せしながらお昼。メディア情報学講座会議。情報科学研究科オリエンテーションに専攻長として参列。人文社会系講座紹介。メディア情報学講座顔合わせ。窪先生と打合せ。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/3)

朝から雪。青葉山は早朝から積雪と聞いたので,午前中は在宅で原稿書き。緊急の面談事案が生じて途中で出勤。書類片付け。安里・遠藤とランチ。東北大学工学系女性研究者育成支援推進室(ALicE)から来研。論文チェック。海外出張調整。研究科長・事務長と打合せ。全学教育準備。遅くに帰宅。

| | コメント (0)

三省堂打合せ(4/2)

Webサイトの説明,デジタル教科書の開発打合せをみっちり。終了後,お魚で懇親会。帰仙。

| | コメント (0)

学研教育総研で会議(4/2)

栗山所長,木島室長とみっちり打合せ。コア会議に向けて研究計画を作成。

| | コメント (0)

MESHプロジェクト打合せ(4/1)

上京。NHKエデュケーショナルへ。SONYのみなさんとともにMESHプロジェクト1年目の総括。2年目以降の方向感のすり合わせ。
早めに終わったので,カズと渋谷でビール。帝王学の議論。
その後,谷先生と合流して一献。

| | コメント (0)

東北大な1日(4/1)

新年度初日。中尾研究科長より辞令交付。今年度から東北大学大学院情報科学研究科人間社会情報科学専攻の専攻長を拝命。書類片付け。窪先生と打合せ。博士前期課程新入生の安里・遠藤と面談。東京出張。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »