« 鹿児島へ(5/17) | トップページ | 関係ゼミの合同合宿(5/19) »

JSET研究会at鹿児島大(5/18)

ナベ号で鹿児島大学へ。受付が混雑しているぐらいたくさんの人たちが参加。発表は42件。実践研究が多い印象なのは,南九州地区の特性か。参加者数を見込んで用意された100冊の研究報告集は売り切れたとのこと。蒸し暑い雨模様の中,大山幹事や会場担当の山本先生はじめスタッフの方々の献身的な動きに頭が下がった。
ぼくの関連発表は以下の通り。

○中川哲, 殿岡貴子, 清遠和弘, 早津政和, 堀田龍也(2019.5)
小学校算数科・社会科の学習者用デジタル教科書における操作ログから見た活用実態に関する一考察 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.1-8
○泰山裕, 堀田龍也(2019.5)
新学習指導要領における教科等・校種ごとの情報活用能力の特徴整理 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.23-30
○佐藤和紀, 泰山裕, 楠本誠, 堀田龍也, 大本秀一(2019.5)
ICT研修ファシリテーター養成講座における学習観と研修設計の関係に着目した分析 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.31-38
○小田理代, 登本洋子, 堀田龍也(2019.5)
日本の中等教育・高等教育におけるコンピュータサイエンスに関する学習の系統性の整理 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.61-68
○渡邉光浩, 堀田龍也(2019.5)
1人1台端末を活用した小学校の授業における児童の操作の特徴 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.77-84
○板垣翔大, 佐藤和紀, 中川哲, 礒川祐地, 山本朋弘, 中野博幸, 久保田善彦, 梅田成二, 堀田龍也(2019.5)
micro:bitが配布された小学校200校を対象としたプログラミング教育の実施状況に関する調査 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.135-142
○礒川祐地, 佐藤和紀, 山本朋弘, 遠藤みなみ, 堀田龍也(2019.5)
IoT教材を活用した小学校プログラミング教育の講義に対する大学生の意識分析 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.143-151
○山本朋弘, 佐藤和紀, 礒川祐地, 遠藤みなみ, 堀田龍也(2019.5)
IoT教材を用いた授業を体験した大学生の小学校プログラミングへの理解深化に関する一考察 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.159-166
○荒川詠美, 佐藤和紀, 手塚和佳奈, 泰山裕, 堀田龍也(2019.5)
平成29年告示小学校学習指導要領解説国語編における情報活用能力に関する記述の整理の試み 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.179-186
○新田梨乃, 佐藤和紀, 鈴木美森, 吉野真理子, 堀田龍也(2019.5)
児童生徒が情報モラルを自己評価するための検定教材の改善に関する教員・学生に対する意識調査 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.259-264
○佐藤正寿, 齋藤玲, 堀田龍也(2019.5)
小学校第5学年の社会科教科書の産業学習における情報技術の社会的影響の内容の変遷についての分析 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.265-272

|

« 鹿児島へ(5/17) | トップページ | 関係ゼミの合同合宿(5/19) »

「研究」カテゴリの記事

学会」カテゴリの記事

堀田研」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿児島へ(5/17) | トップページ | 関係ゼミの合同合宿(5/19) »