« 新学習指導要領に向けたクラウド準備セミナー@博多(12/22) | トップページ | 日経BP社へ(12/25) »

天草へ(12/23-25)

AMXで天草空港へ。好天。レンタカー。実家によってから母の施設へ。外出,喫茶店,買い物等。ずいぶん疲れたようで早めに施設に戻る。無料券で温泉。久しぶりにマサキの焼き鳥。 翌日は朝から近所の挨拶回り,母と散歩,ヘルパーさんにご挨拶。母の実家で祖母に線香をあげ伯父さんたちにご挨拶。天草市教育委員会に行き補正予算等の情報共有。石井教育長にお会いできず残念。夜は市教委指導主事のみなさんと想定外のクリスマスイブ。 翌朝,レンタカーを返却して,AMXで熊本,ANAで羽田。

|

« 新学習指導要領に向けたクラウド準備セミナー@博多(12/22) | トップページ | 日経BP社へ(12/25) »

日常」カテゴリの記事

コメント

小学校高学年の教科担任制についての問題点

令和元年12月、中央教育審議会初等中等教育分科会より出された「新しい時代の初等中等教育の在り方 論点取りまとめ」の小学校高学年の教科担任制について意見がありますので、勝手ながら述べさせていただきます。

率直に言えば問題山積みであります。現在私が勤める自治体でも、10年前、2割の小学校で教科担任制を導入していましたが、うまく運営できなくなっている状況から現在は1校も導入していない現状があります。理由は時間割の調整が不可能、授業時数と進度の不一致、問題が起きた時の融通が利かなく、子供たちが落ち着かなくなる、学級崩壊が増えることなどがあげられます。また東京都の品川区の悪例を参考にしてほしい。もはや機能していません。
世間が騒いでいる「大学入試改革失敗」の二の舞にならないよう、しっかりと議論・検討したうえでの「小学校という発達段階を踏まえた対応可能な教科担任制」の希望をします。文科省がマスコミにいじめられるところをもう見たくありません。
決して中学校・高校の模倣にならないよう、よろしくお願いします。中学校・高校のような教科担任制は小学校の校種、人員からして不可能です。

問題点A
 いわゆる教頭、担任外(空きのいない)がいない学校の場合、どのように取り組めばよいのか。
問題点B
 地域内に隣接する学校、中学校がなく、職員の学校間での移動が困難な場合や小規模校はどう対応していけばよいのか。
問題点C
 A、Bに挙げた人員確保の問題はどうするのか。採用試験の低倍率も問題になっている。
問題点D
 年間を通じて行う必要があるのか。特定の時期・教科・単元でもよいのか。年間を通して行う場合、小学校は授業時数が教科ごとに大きく違うので、うまくいかないところがある。特定の時期・単元で良いのであれば導入しやすい。
問題点E
 何をもって「専門」なのか。本人の得意分野なのか。大学時代の専門か。
問題点F
 まさかないとは思うが、苦手な教科、専門としていない教科を担当させられることはあるのか。
 「教師が苦手な教科=専門」はもはや意味が分からない。
問題点G
 いわゆる専門教科を活かした人事異動、学校内の学年人事も行うのか。中学校で家庭科を専門とする教員が同じ学校に何人もいることはありえない。
問題点H
 学級経営が基盤である小学校は国語・算数については多くの時数が割かれる。それらを教科担任にしてしまうと、学級崩壊が多くおこったケースもある。いわゆる主要教科以外のみでもよいのか。
問題点I
 中学校ほど空いている教員が少ない小学校で、出張、研修、年休などとった場合、代わりの者がその教科を担当し、授業時数に充てることは可能なのか。
問題点J
 病休や産休が複数出て、代替教員がつかないことが多くある。教科担任制の運営がうまく行かない時は、一時的に取りやめることも可能なのか。

要望A
 規模・地域に関わらず、年間を通してではなく、特定の教科・時期・単元のみで教科担任ですることも「教科担任制」と認めてほしい。
要望B
 現在も行われている「教頭が理科を担当すること」「音楽専科が音楽の授業を受け持つこと」も「教科担任制」と認めてほしい。
要望C
担任がクラスを交換して授業をする「交換授業」も「教科担任制」として認めてほしい。
要望D
 A、B、Cの要望が認められない場合、本人の得意な教科、研究中の専門性が最大に発揮されるよう、人事異動、学校内の人事を考慮してほしい。決して本人が希望しない教科を担当することがないようにしてほしい。2022年度に始める予定であるのならば、来年度の人事異動から希望をもとに学校に専門教員を配置していかなければ準備できない。
要望E
 中学校、高校の模倣とならないことを強く明示してほしい。各学校の実情、実態、職員の希望を大きく反映し、各学校に運営のシステムを一任してほしい。
要望F
 小学校教師が培ってきた担任の学級経営が基盤であり、それに一部の教科・領域・時期で教科担任、もしくは交換授業をすることで効果的な「各学校独自の教科担任制」を運営できるようしてほしい。

以上

投稿: 中村哲也 | 2019年12月29日 (日) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新学習指導要領に向けたクラウド準備セミナー@博多(12/22) | トップページ | 日経BP社へ(12/25) »