« 筑波大学附属小学校学習公開・初等教育研修会(2/14) | トップページ | 東北大な1日(2/18) »

余市町登地区で井戸端懇談会(2/16)

仙台空港から新千歳空港へ。余市へ。鶴亀温泉。久しぶりにSagra。事前打ち合わせで方向感を詰める。
翌日は寒い朝。プレゼン準備。登の公民館へ。全校児童10名という極小規模校における保護者や地域の強い絆を前提に,この地域のメリットを生かし,デメリットを地域の力とICTでどのように克服するかというテーマで「井戸端懇談会」と銘打ったイベント。地元国会議員,余市町長,余市町教育長はじめ近隣の教育長の先生方なども集まり,地域住民の声,学校や教育委員会の立場などについて,忌憚の無い意見交換が行われた。午後の前半は食育をテーマにすることでこの地域の良さを確認し,後半はICTをテーマにすることで地域インフラの整備が遠隔合同授業や個別最適化などの可能性からビジネスの展開,移住者の増加等につなげるディスカッション。夜はPTAおやじの会のみなさんと,遅い時間までさらに将来構想を議論。
帰る日は朝から20-30cmの積雪。JRで新千歳空港,飛行機で帰仙。帰宅後は専攻会議準備,入試会議準備等。

|

« 筑波大学附属小学校学習公開・初等教育研修会(2/14) | トップページ | 東北大な1日(2/18) »

実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筑波大学附属小学校学習公開・初等教育研修会(2/14) | トップページ | 東北大な1日(2/18) »