« 東北大な1日(6/11) | トップページ | 在宅勤務な1日(6/12) »

中教審新しい時代の初等中教育在り方特別部会(6/11)

中央教育審議会初等中等教育分科会新しい時代の初等中教育在り方特別部会の第9回はオンラインで行われた。コロナウィルス感染症での学校の休業期間中の通達等の報告,補正予算の報告等の後,今後の学校教育の在り方について,とりわけ遠隔・オンライン教育の観点からディスカッションが進む。学校現場は,コロナ禍によってICT環境の重要性やICTを活用した学習経験の重要性を認識した。行政的にもその影響は大きい。逆に,オンライン授業すら実施できなかった自治体の相対的な意識の遅れが格差に繋がることになるはず。ICTの整備や活用についての前向きな議論が続いた。緊急的な経験から平常時に「戻す」のではないということが確認された一方,今回の経験をどこまで一般化するのかについて慎重な議論が必要。

|

« 東北大な1日(6/11) | トップページ | 在宅勤務な1日(6/12) »

政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北大な1日(6/11) | トップページ | 在宅勤務な1日(6/12) »