« 2020年9月 | トップページ

2020年10月

東北大な1日(10/22)

朝から青葉山へ。書類片付け。窪先生と打合せ。講座会議資料作成。オンラインで講座会議,講座内の学生指導等について1つ1つ確認。終了後急いで出発。

| | コメント (0)

教育再生実行会議デジタル化タスクフォース(10/21)

教科書課でデジタル教科書の検討会の今後の見通しについて打合せ。教育再生実行会議デジタル化タスクフォースのため再度省議室へ。学習履歴等の取得を見据えたデータ共有基盤の確立の必要性について発言。喜連川先生のすごさがよくわかる会議だった。終了後は慌てて帰仙。夜はオンラインでマスターゼミ。ぐったり。

| | コメント (0)

教育再生実行会議初等中等教育WG(10/21)

文部科学省へ。教育再生実行会議初等中等教育WG。調査データの計画的な取得,少人数学級等について議論。終了後,デジタル化タスクフォースについての打合せ。霞が関でカレー。

| | コメント (0)

在京勤務な1日(10/20)

仙台での校長先生への講演が終了後,再度上京。教育再生実行会議担当室と電話。オンラインで打合せ。高橋さん博士論文予備審査。久しぶりに懐かしい店に顔を出すなど。

| | コメント (0)

仙台市内の校長先生方に講演(10/20)

石井指導主事にお迎えに来ていただき,仙台市教育センターへ。教育次長,部長,課長ほかと懇談。その後,校長先生たちにGIGAスクール構想等について講演。140名が現地で,60名がオンライン,あとはオンデマンドとのこと。校長先生たちはたいへん熱心に聞いていただいたし,教育委員会の偉い方々もGIGAスクール構想の背景や肝をご理解いただいたと思う。今後の仙台市の教育ICTに期待。

| | コメント (0)

「これからの教室のつくりかた」第2弾座談会(10/19)

多くの人たちに読まれた書籍「これからの教室のつくりかた」の第2弾の企画。10/5のオンライン座談会に加え,この日はQ&Aのオンライン収録。時間が大幅に伸びてしまったが(そもそもの設定がミスだと思うけど),良い議論になった。関係者のみなさまに感謝。出版は1月末予定。

| | コメント (0)

先端教育機構研究会(10/19)

雨の中,社会情報大学院大学へ。研究会開始ギリギリに到着。川山先生による社会学の観点からのSociety5.0についての説明,その後にぼくが初等中等教育の状況について解説。オンラインでつながっている人も含めてディスカッション。

| | コメント (0)

教育データの利活用に関する有識者会議(10/19)

朝の新幹線で上京。文部科学省へ。学びの先端技術活用推進室で進行打合せ。13:00から教育データの利活用に関する有識者会議。先日公表された学習指導要領コードの説明の後,清水康敬先生@東京工業大学名誉教授よりNICER当時のLOM等のデータ構造についてご説明をいただく。ほか各教委からの発表の後にディスカッション。

| | コメント (0)

日本個性化教育学会シンポジウム(10/18)

日本個性化教育学会の第13回全国大会(オンライン)でのシンポジウム「ウィズ & ポスト・コロナショックの学校と子どもの学び」にオンライン登壇。司会は奈須先生@上智大学,シンポジストは大杉さん@文部科学省,田村先生@國學院大學,ぼくの3人。百戦錬磨な方々との議論は予定調和ではなく,とてもスリリングで面白かったし本音もたくさん飛び出した。何より,日本教育メディア学会の会場から日本個性化教育学会のシンポジウムに登壇するというオンラインマジックが,GIGAスクール構想はじめこれからの学校教育の情報基盤の可能性を体現するものとなった。

| | コメント (0)

日本教育メディア学会で盛岡(10/17-18)

10/16:中教審総会終了後すぐに出発。仙台駅から新幹線で盛岡駅。チェックイン後,岩手県立大学アイーナキャンパス@盛岡駅前で事前打合せ。その後,関係者と夕飯を食べながら相談。
10/17:冷たい雨の中,バスで岩手県立大学の滝沢キャンパスへ。市川先生@岩手県立大学と学生さんたちの準備がすばらしい。大会運営のフォローをしながら,日本教育メディア学会理事会。総会。午後から全国大会1日目。オープニングセッションで木村君が活躍。ブレイクアウトセッションが盛り上がった。一般研究が終了後,市内に戻る。大会スタッフとの懇親会。
10/18:全国大会2日目。午後はシンポジウム2「初等中等教育におけるオンライン授業とデジタルリテラシー」で指定討論者。公立学校におけるICTインフラの十全な整備,児童生徒の発達段階に応じた自己調整学習の能力の育成,管理職のリーダーシップについて指摘した。夕方は,日本教育メディア学会の会場から,日本個性化教育学会のシンポジウムに登壇。遅い時間になったので,滝沢駅まで市川先生に送ってもらう。盛岡でじゃじゃ麺を食べて帰仙。

今回の関連発表は以下の通り。

○大久保紀一朗, 佐藤和紀, 八木澤史子, 山本朋弘, 荒木貴之, 堀田龍也(2020.10)
オンライン朝の会・終わりの会の実施および参加や効果に対する保護者の意識に関する調査
日本教育メディア学会 第27回年次大会 pp.52-53

○村井明日香, 宇治橋祐之, 浅井亜紀子, 齋藤玲, 堀田龍也(2020.10)
テレビドキュメンタリーに対する番組制作者と大学生の意識・態度に関する調査結果の比較
日本教育メディア学会 第27回年次大会 pp.105-108

○手塚和佳奈, 佐藤和紀, 三井一希, 堀田龍也(2020.10)
メディア・リテラシーの視点からみるコロナ禍の小学校における遠隔・オンライン教育の実践事例の検討
日本教育メディア学会 第27回年次大会 pp.113-116

| | コメント (0)

東北大な1日(10/16)

朝から青葉山。講演準備。New Education Expo Onlineの収録。オンラインで中央教育審議会総会。初等中等教育の中間まとめ,生涯学習の中間まとめについての審議。誤読されないような修文についてコメント。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/15)

早朝出勤。専攻会議準備。東京学芸大学とテレビ会議。静岡県議会情報通信技術利活用特別委員会へオンラインで参考人招致,県議のみなさんがたいへん勉強されていることを感じる。教育出版来研,デジタル教科書についてのディスカッション。会議準備,専攻会議,専攻教授会。議事録作成。明日の講演準備。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/14)

秋晴れの朝。青葉山。静岡県議会との接続確認。NHKとの共同研究の打合せ。郵便物の処理。安里と打合せ。余市町からりんごが届く。小学館と出版打合せ。Google社と諸々の打合せ。オンライン授業のセット。科研関係。夜はマスターゼミ。

| | コメント (0)

天草市立河浦小・中学校訪問(10/12)

天草市教委のみなさんにお迎えに来ていただき,初めて河浦町へ。河浦中学校の子供たちの規律正しさや,河浦小学校の子供たちのまっすぐな学びに感動した。先生たちの熱心さに裏打ちされた良い教育が天草で行われていることを誇りに感じた。

| | コメント (0)

天草へ(10/11-12)

amx_20201011145501函館から仙台に戻り,準備をし直して,仙台空港から福岡空港へ。台風で飛行機は心配したけど無事に到着。弟ともつ鍋。翌朝,AMXで天草へ。レンタカーを借りて施設へ。コロナによる面会制限でおふくろとは短い立ち話しかできなかったけど,8ヶ月ぶりに顔を見ることができた。帰る日はAMXも順調で,福岡空港での乗り継ぎもうまくいき,仙台まで最短で戻る。でもカラダはヘロヘロ。

| | コメント (0)

はこだて未来大学へ(10/8-9)

はこだて未来大学へ。設立20年だそうだが,実はぼくは行ったことがなかった。素敵なキャンパスデザインで刺激を受けた。2日間,鈴木克明先生,美馬のゆり先生と,断続的に研究の議論をした。昔から仲良くしてもらってきた冨永敦子先生にも久しぶりにお会いできた。美馬義亮先生とも楽しくお酒を飲んだ。片桐学長ともご挨拶をした。図書館にはぼくの本があって,そこにサインをする羽目になった。とにかく素敵な大学だった。お世話になりました。

| | コメント (0)

在宅勤務な1日(10/7)

執行部やりとり。生協やりとり。ぼくが提出した原稿メールが届いていない事案への対応。結果としてご迷惑をおかけしてしまったが,SPAM判定されるの何とかならないものかな。午後は出張へ。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/6)

曇りの青葉山。気温17度。朝からYouTuberの学生がやってきてディスカッション。先端教育機構とオンライン打合せ。安里打合せ,送付予定資料の確認。午後は総長裁量関係の書類作成。講義準備。出版企画やりとり。科研準備。JSET関係。

| | コメント (0)

在宅勤務な1日(10/5)

JSET事務局会議日程調整。手塚査読対応。発注業務。天草市教委メール。講演依頼をいくつかお断りする。夕方から新企画書籍のオンライン対談。おもしろかった。

| | コメント (0)

第57回メディア教育論ゼミ(10/4)

朝からメディア教育論ゼミ@オンライン。8人の発表。OB等も参加。院生たちは着実に研究を進めており,今日も充実の報告だった。今回のキーワードはDX。一見異なっているそれぞれのテーマも,鳥瞰すると似ている部分があるということ。ゼミ記録はナベ。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(10/3)

お昼前から青葉山。原稿書き。Zoom準備。情報リテラシー連続セミナー@東北大学の第49回は,3回目のオンライン。オンラインで講師の小崎先生@奈良県教委と打合せ。14:00より情報リテラシー連続セミナー@東北大学をオンラインで。今回も参加者は80名ほど。小崎先生のお話は,GIGAスクール構想に向けて県教委という立場でできる最大のこと,その考え方,市町村との連携などについて。ブレイクアウトでのディスカッションも盛り上がった。まさに全国の都道府県教委やリーダー層の人たちに聞いてほしかった。市議会議員や導入企業の方も含め,熱心な議論をいただき大盛況で終了。事後処理をして三越。帰宅して日本個性化教育学会の原稿書き。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(9/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの17年目,2020年9月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

昨年度,登録者が20万人を超え,16年間で最多の利用者数となったキーボー島アドベンチャーだが,今年度の登録数は,昨年度の同時期より約3万人以上多く,9月ですでに21万人を超えてしまった。新型コロナウィルスによる学校の休業によるオンライン授業等で,キーボード入力の重要性が再認識されたのかも知れない。

登録学校数 1,262校
登録児童数 212,917人

1年 11,416人
2年 10,923人
3年 46,666人
4年 49,826人
5年 44,363人
6年 44,973人

令和2年度学校基本調査(速報値)によれば,全国の小学校は19,526校。現在の登録学校数は,その6.5%を占めることになる。
2020年度から全面実施となった小学校の新学習指導要領の総則には,「児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルは「学習の基盤」として各教科等における深い学びを支えていく。
キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算25,810人,学校数は8,061校。すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/2)

朝から読売新聞に掲載との連絡。専攻長業務。その後,青葉山。資料整理,会議準備,資格審査委員会。全国学力・学習状況調査についてのオンライン会議。オンラインで専攻長会議。その後,専攻長業務。安里打合せ。

| | コメント (0)

代休な1日(10/1)

書籍注文など。先端教育機構打合せ日程調整。専攻長業務。JAET全国大会原稿書き。教育再生実行会議担当室と電話。安里調査の細かいツメ。

| | コメント (0)

東北大な1日(9/30)

青葉山。仙台市教委より6名来研,10/20校長先生方への講演の打合せ。SMBC講演。高橋さん@デジタルハリウッド大学との研究打合せ。資格審査委員会。チエルメール。エルモと関西教育ICT展打合せ。生協やりとり。手塚査読対応。小学館やりとり。GoogleのAI研修コース共同研究リリース。

| | コメント (0)

在宅勤務な1日(9/29)

エルモ,Googleなど共同研究先との諸々のやりとり。出版企画。1/9のJAET実践セミナーの準備メール。プレゼン資料作成。都城市やりとり。「読書科学」賞状の件など。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ