« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

東北大な1日(5/31)

午前中はメール片付け。メール片付け。特集号査読対応。スケジュール調整。書籍発注。青葉山。教科書課メール。中教審教育課程部会の調整。小柳先生とテレカン。帰宅して整骨院。文部科学省と電話。夜は原稿書き。終わらず。

| | コメント (0)

GIGAスクール研修ファシリテーター養成講座で講義(5/30)

1_202105301730013_202105301730012_20210530173001NHK×JSETによる「GIGAスクール研修ファシリテーター養成講座」。ぼくは2日目に1コマもらって登壇。GIGAスクール構想について知っていることを挙げてもらい,人生100年時代との関係,学習指導要領との関係について語り,演習込みで取り組んでもらった。講師陣の取りまとめをしてくれている佐藤君,泰山君,NHKの諸氏,村上@高橋研や手塚@佐藤研の裏方の努力に感謝。

| | コメント (0)

第62回メディア教育論ゼミ(5/29)

photo_20210530173801恒例のメディア教育論ゼミ@オンライン。自宅から参加。6人の発表,オブザーバーやOB・OGも参加。各自の研究はおおむね順調。博士論文としてのロジックを通すためにメタ認知が促進されるべき時期。ゼミ記録は村井さん。ナベの夏合宿状況報告,川田君によるほりたん神社代理参拝(読んでいる人はわからんだろうな)に感謝。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/29)

朝から青葉山。セミナー準備。合間に原稿書き。川田君にZoomのログのことを教えてもらう(二度目)。セミナー開始前に少し原稿書き。セミナー終了後にいろいろ片付け。帰宅。焼鳥。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(5/29)

セミナーのためのZoomの準備,小野寺さん・川田君の共同ホスト設定,講師の水谷先生と接続確認,共有確認。情報リテラシー連続セミナー@東北大学の第52回。参加者は210名を超え最多記録更新。水谷年孝校長@愛知県春日井市立高森台中学校から,GIGAスクール構想に対してどう捉え,どう準備したかについての克明な説明を受けた。2回のブレイクアウトでも熱心な議論をいただき大盛況で終了。記録の共同編集にも100人以上が参加。チャットも盛り上がる。

| | コメント (0)

代休な1日(5/28)

明日の連続セミナーの代休。でも事実上は在宅勤務。メール片付け。NHK仙台のオンライン取材。情報リテラシー論分野のWebサイトのDNS関係の問い合わせ。専攻人事WGの日程調整。天草市教委と公開研の日程調整。中教審初等中等教育分科会日程調整。博士論文予備審査日程調整。原稿書きを途中まで。

| | コメント (0)

朝日新聞取材(5/27)

東京駅で,朝日新聞の宮坂さんほかから取材を受ける。デジタル教科書ほかについて。新幹線で帰仙。

| | コメント (0)

NTTコミュニケーションズ打合せ(5/27)

NTTコミュニケーションズの稲田さんほかチームメンバーと対面で打合せ。「まなびポケット」のことをいろいろ細かく教えてもらう。そこから初等中等教育のオンライン学習基盤についてディスカッション。時間をとってもらい感謝。

| | コメント (0)

デジタル教科書の今後の在り方に関する検討会議(5/27)

早起きして新幹線。定期検診。コロナワクチン接種の人たちで混んでいた。文部科学省。中川さんと打合せ。StuDX推進チームに顔出し。教科書課で会議段取り打合せ。「デジタル教科書の今後の在り方に関する検討会議」。第一次報告案の検討。瀧本局長,塩見学習基盤審議官,浅野課長や神山課長ほかみなさんと今後の見通しについて議論。上島珈琲店で一息。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/27)

朝一で青葉山。1限待機。さっそく受講生対応。村井さん論文採録の件。中川さんショートレター対応の件。宮坂さん@朝日新聞とのメール。奈須先生@上智大と出版の打合せ。天草市からメール。教科書課日程確認。東京書籍打合せ段取り。合同ゼミ欠席報告。日経新聞オンライン取材。仙台市教委メール。野中先生@横国大メール。夜は輪講。第3回で軌道に乗ってきた印象。

| | コメント (0)

在宅勤務な1日(5/25)

国研やりとり。NHK仙台の取材アポ。仙台市役所。EDIX対応。東京書籍対応。Google対応。久しぶりに街へ。

| | コメント (0)

仙台市GIGAスクール推進協議会(5/25)

仙台市役所上杉分室へ。「仙台市GIGAスクール推進協議会」の第1回。協議会の会長に選任される。稲垣君@東北学院大,安藤先生@宮城教育大ほか,学校現場から市教委の施策の見通しを教えてほしいことや,実態把握を確実に行い情報共有や情報公開をしてほしいということについての意見が多く出る。保護者からもZoom等の利用の要望が出る。世間のスピードに一生懸命追いついていこうという現場に対して設置者がのんびりしているわけにはいかない。そんな気になった会議だった。帰りにみょうがやで日替わり定食を食べる。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/24)

午前中は昨日から取り組んでいる原稿書き。仙台市教委メール。国研関係メール。天草市教委メール。お昼から青葉山。セミナー申込者対応。分野紹介関係で川田君と相談。NHK取材メール。富士市の夏の講演についてのメールなど。整骨院。

| | コメント (0)

みんなの教育技術オンライン研修会(5/22)

5/16(日)夜に打合せしたので,今日は本番30分前に接続確認のみ。しばらく準備して20:00から「みんなの教育技術オンライン研修会」by 小学館。藤原友和先生の司会で,ぼくと久川君@春日井市が登壇。グラレコも素敵だったし,藤原先生のストライクゾーンをえぐってくるような質問が勉強になった。参加者もZoomのチャットでたくさん反応してくれた。いいセミナーになってホッとした。

| | コメント (0)

JSET研究会@オンライン(5/22)

富山大学で行われる予定だったJSET研究会がオンラインで行われた。久しぶりに富山に行きたかったな。在宅で参加。総じてカズ・三井関係がよくがんばっていた。おもしろい発表も多かったが,あんまり出しゃばるとよくないと思い,村上@高橋研にだけ質問した。他はゼミ関係者にSlackでコメント。研究会の運営スタッフのいろいろな苦労が感じられた。おつかれさまでした。ぼくの関係した発表は以下の通り。

橋本大我, 板垣翔大, 柴田隆史, 佐藤和紀, 三井一希, 泰山裕, 堀田龍也(2021.5)
AIによる骨格検出を用いたコンピュータ使用時の視距離推定の試行 日本教育工学会 JSET21-1, pp.126-131

八木澤史子, 大久保紀一朗, 堀田龍也(2021.5)
児童が情報端末を活用する授業における教師の授業設計に関する傾向
日本教育工学会 JSET21-1, pp.220-225

堀田雄大, 佐藤和紀, 三井一希, 手塚和佳奈, 浅井公太, 久川慶貴, 堀田龍也(2021.5)
GIGAスクール構想が先行している小学校高学年への読解力に関するコンピュータ活用型調査の試行 -PISA2018年調査問題例の出題形式と内容を参考に-
日本教育工学会 JSET21-1, pp.143-148

| | コメント (0)

在宅勤務な1日(5/21)

ナベの国際学会発表がAccept。めでたし。推薦入試関係やりとり。文部科学省教育人材政策課と電話。教育課程課とオンラインでディスカッション。NIIとのやりとり。人事面接の調整メール。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/20)

早朝より青葉山。1限対応。会計係問い合わせ。川田君とLARC準備会議。情報リテラシー論ML作成。シラバス英語対応。喜連川先生と電話。オンラインで文部科学省教科書課とデジタル教科書検討会議の下打合せ。人事資料準備。専攻会議。専攻教授会。日程調整のセットアップをして帰宅。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/19)

朝から人事資料作成。青葉山。小雨。インタビュー記事確認。オンラインで研究科将来計画委員会。お昼休みの時間にオンラインで東京学芸大学教育AIプログラム会議。午後は専攻長フォローやJEES対応,信州大学対応,文部科学省情報教育・外国語教育課との日程調整,情報リテラシー論分野のDNS確認,Google学習先端技術寄附講座のWebサイトの確認,チエル質問メールなど。オンラインで専攻人事WG,次回の日程調整。その後,明日の専攻教授会準備。帰宅後,喫茶店で一休み。夜は輪講。1時間は短いのにぼくがしゃべり過ぎたことを反省。明日の文部科学省教科書課との打合せ資料チェック。

| | コメント (0)

在宅勤務な1日(5/18)

コロナ禍の対応で,勤務はできるだけ在宅ということなのだけど,なかなかそうもいかない毎日。だけど今日は在宅でできることをいろいろ対応した。生協発注。EDIX大阪の往復手配。寄附講座Webサイト対応。その他のメール片付け。夕方からOECDとの教育情報化打合せ。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/17)

金曜日はEDIX東京,土曜日はJSET理事会で1日東京,日曜日は日本児童英語教育学会で講演と,休みが無くて疲れてきていたけど,今日も業務で出勤。でも頭はイマイチ動いておらず,原稿は書けず。メールなどと書類は片付いた。 午後は仙台市教育委員会で打合せ。帰宅後は整骨院。夜は喜連川先生ほか教育データ関係者とオンラインでディスカッション。その後,入試業務など。

| | コメント (0)

日本児童英語教育学会(JASTEC)で講演・パネル(5/16)

午前中はメール片付けしたりウォーキングしながら考え事したり買い物したりなど。早めのお昼を食べて青葉山。研究室から接続実験。酒井先生@信州大,狩野先生@上智短大と打合せ。日本児童英語教育学会(JASTEC)は,午前中に松下先生@京都大のオンライン講演で教育評価を学んだとのこと。午後はまずぼくの講演,その後に正頭先生@立命館小の講演,ブレイクアウトルームのあと,酒井先生,狩野先生の進行で,正頭先生とぼくが加わってパネルディスカッション。たくさんの質問も出され,議論が深まった。前向きな人たちの多いいい学会だなと思った。

| | コメント (0)

JSET事務局会議・理事会(5/15)

朝からJAPET&CECへ。すでにセッティングを終えてもらっており,事務局の下ごしらえにありがたく思う。ハイフレックスで事務局会議。理事会議題スキャン,今後の対策等。編集委員会の裏側で予算や人事等の打合せ。ハイフレックスで理事会。議題はとても多かったが,副会長担当制をしっかりこなしていただいた副会長のみなさん方と,総務委員会のみなさんの努力,そして長尾さんの力で無事に終了。会長に就任して最初の対面理事会。終了してドッときた。新幹線を1本早め,駅弁を買って乗車して帰仙。

| | コメント (0)

文部科学省へ(5/14)

EDIXから文部科学省へ。清久調査官に迎えてもらう。桐生室長と今後の教育データ利活用の議論の見通しの情報共有。その後,情報教育・外国語教育課で今井課長,大塚室長補佐と打合せ。教育課程課で新見企画官と中教審関係打合せ。GIGA StuDX推進チームに顔出し。ゆっくりできないまま離脱。

| | コメント (0)

日経BP取材(5/14)

日経BP社の江口編集長とプレスセンターへ。中野さんを交え,今後の教育データ基盤等についての取材対応。

| | コメント (0)

EDIX東京(5/14)

りんかい線で東京テレポートへ。EDIX東京。受付を済ませ,会場に向かう。すでに満席となっており,当日入りの人たちが断られている様子に出会い,申し訳なく思う。接続確認をした後に講師控室へ。スライド最終調整。講演は容積率を勘案するとほぼ満席。40分はあっという間。終了後,名刺交換の長い列を裁くのに45分。懐かしい顔にも出会う。チエルやエルモ(展示は中止だけど)などのブースに顔を出す。

| | コメント (0)

教育家庭新聞取材(5/14)

久しぶりの上京のために新幹線。仙台駅を出発した直後に震度4の地震で緊急停車,停電。またもや新幹線の中に閉じ込められる。EDIXの講演ヤバいなとか,取材遅れちゃうなとか,まずは関係者に第1報のメールを送る。15分ほどで無事に動き出す。ホッとした。東京駅から大井町駅へ。西田編集長@教育家庭新聞からインタビュー。時間の関係で先に失礼する。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/13)

青葉山。「情報リテラシー論」追加履修対応。人事関係やりとり。仙台市GIGAスクール推進協議会関連メール。科研報告書の続き。メディア情報学講座合同ゼミ。ようやくEDIXスライド作成。夜にナベに協力してもらって追加スライド。論文査読対応。監修業務など。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/12)

朝から青葉山。好天。出張手続き。文部科学省アポ。文部科学省関係で朝からテレカン。その後,情報活用能力調査企画会議の座長打合せをオンラインで。お昼を食べて,JSET関係対応。文部科学省教育課程課対応。学振PD関係対応。専攻人事WGでディスカッション。片付けて帰宅。夜は輪講の第1回。盛り上がりそうな予感。登本さんに感謝。

| | コメント (0)

在宅勤務な1日(5/11)

情報リテラシー論分野のサブドメイン申請。石塚科研メール。世田谷区教委対応。輪講関係。オンライン講義準備。先端教育機構メール。大城君メール。中教審教育課程部会関係連絡。JSET広報関係。人事WG議事録。散歩。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/10)

朝一で青葉山。晴天。だけど黄砂とこの季節の花粉でぼくには最悪。資料印刷等。専攻人事WGの第2回。終了後,森先生と別件で議論。研究室に戻ってお昼。論文チェック。ラーニング・アナリティクス研究センター関連のスライド作成。教育データ関連。デジタル教科書関連。研究科長とプレスリリース関係の打合せ。帰宅して整骨院。夜は学振関係。日程調整。連続セミナー記録手配。JSET関連の考えがまとまらず明日に先送り。

| | コメント (0)

在宅勤務な週末(5/8-9)

エルモメール。EDIX取材調整。NHKファシリ調整。JASTEC連絡。学振関係。床屋。鳴子。洗車。

| | コメント (0)

東北大な1日(5/7)

在宅で資料準備。合同ゼミ関連。日経BPメール。青葉山。専攻人事WG。忌憚の無い意見をもらい再検討。夕方はNPO関連のディスカッション。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(4/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの18年目,2021年4月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

昨年度,登録者が32万人に達したキーボー島アドベンチャー。この背景には,小学校学習指導要領の全面実施と,コロナ禍におけるオンライン家庭学習の推進があっただろう。GIGA端末の到着を前に,キーボード入力から始めている学校が多くなったのだとも思う。いずれにしても明らかに例年とは異なる,ある意味異常な登録・利用状況だった。

さて,年度が明けた2021年度4月はどうか。2015−2019年度の5年間は,4月の登録学校数は400校強,4月の登録児童数は8万人程度だった。これに対して,2020年度(昨年度)は,4月の登録学校数は400校強のまま,4月の登録児童数は9万人程度で少し増えた程度だった(年度後半にものすごく伸びたけども)。2021年度(今年度)は,4月の登録学校数ですでに1,200校を超え,4月の登録児童数はなんと約24万人と,年度初めにも関わらず過去で言えば年度末程度の数字となっている。サーバや回線負荷をスズキ教育ソフトに検討いただいているところだ。

登録学校数 1,264校
登録児童数 239,481人

1年 17,269人
2年 19,824人
3年 43,709人
4年 50,675人
5年 51,272人
6年 53,068人

令和2年度学校基本調査によれば,全国の小学校は19,525校。現在の登録学校数は,その6.5%を占めることになる。
2020年度から全面実施となった小学校の新学習指導要領の総則には,「児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルは「学習の基盤」として各教科等における深い学びを支えていく。
キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算29,012人,学校数は8,863校。すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

在宅勤務な1日(5/6)

朝早く起きて準備を整え,出張が少ないうちにと思って申し込んでいた年に1回の人間ドックへ。08:00スタート。昨年度もそうだったが,この時期の,しかも早い時間の検査者数は少なく順調。クリニックの感染症予防対策も万全で,1つ1つの検査の前に消毒。順調に検査が進んだ。脳MRIも実施。バリウムのこともあり帰宅。休み休みで学生対応。人事メール。夜に緊急事態宣言等の延長を踏まえ,5月の出張予定を大幅修正。

| | コメント (0)

GWな1日(5/1-5)

5/1:朝はICTセミナーを視聴。途中,大きな地震。震度4。マンションのインターネットがダウン。困った。片付けをし,テザリングでZoomに復帰してコメント。ネットは復旧せず。タナカ君に呼ばれて家飲み。飲み過ぎて,タクシーでも地下鉄でも爆睡,乗り過ごしてようやく帰宅。うたた寝。
5/2:二日酔い気味で整骨院。買い物。午後は諸々の業務片付け。夜は地元の会。帰宅後にインターネットが回復。
5/3:朝寝坊。共同研究企画書。ラーメン。散歩は雨。昼風呂。Zoom準備。輪講準備。プログラミング教育対応。
5/4:NEE対応。教育家庭新聞アポ。緊急事態宣言が延長になった場合の下打合せ。JSET会長挨拶提出。輪講手配。出勤して地震被害確認。人事資料作成。喫茶店。喜連川先生とテレカン。
5/5:散歩。今年度のメディア教育論ゼミ夏合宿もオンラインとすることを意思決定。オンラインで中川さん研究打合せ。研究会申し込みチェック。「情報リテラシー論」講義準備。

| | コメント (0)

みんなのコードとテレカン(4/30)

ちょっとバタバタしてしまい,車の中からiPhoneテザリングでZoom。みんなのコードの利根川代表から,宮城教育大附属小のコンピュータサイエンス教育の実証研究報告書についての説明を受け,そこから今後の方向感についてのディスカッション。

| | コメント (0)

安藤研@宮城教育大訪問(4/30)

宮城教育大学へ。板垣君に出迎えてもらう。安藤研を訪問,岡本さんにも挨拶。額田さん@NTTドコモから,embotの開発思想やインターフェイスの具体について教えてもらい,ディスカッション。とても刺激的で,話も早く,これから一緒に取り組めそう。

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »