« 第2回LARC連続セミナー(7/1) | トップページ | 米沢へ(7/1-2) »

キーボー島利用状況(6/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの18年目,2021年6月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

昨年度,登録者が32万人に達したキーボー島アドベンチャー。この背景には,小学校学習指導要領の全面実施と,コロナ禍におけるオンライン家庭学習の推進があっただろう。GIGA端末の到着を前に,キーボード入力から始めている学校が多くなったのだとも思う。いずれにしても明らかに例年とは異なる,ある意味異常な登録・利用状況だった。

2021年度(今年度)は,4月の登録学校数ですでに1,200校を超え,4月の登録児童数はなんと約24万人と,年度初めにも関わらず過去で言えば年度末程度の数字となり,5月ですでに登録児童数は40万人を突破,6月末で53万人となった。
総検定回数は例年の12倍という状況で,嬉しい悲鳴となっている。サーバや回線負荷をスズキ教育ソフトに検討いただいた。増設したサーバがフィルタリング対象になるなどの事案も生じている。

登録学校数 2,835校
登録児童数 530,993人

1年 38,251人
2年 47,384人
3年 96,119人
4年 112,620人
5年 114,521人
6年 113,639人

令和2年度学校基本調査によれば,全国の小学校は19,525校。現在の登録学校数は,その14.5%を占めることになる。
2020年度から全面実施となった小学校の新学習指導要領の総則には,「児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルは「学習の基盤」として各教科等における深い学びを支えていく。
キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算32,860人,学校数は9,729校。すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

|

« 第2回LARC連続セミナー(7/1) | トップページ | 米沢へ(7/1-2) »

サービス」カテゴリの記事

産学共同」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第2回LARC連続セミナー(7/1) | トップページ | 米沢へ(7/1-2) »