« 2021年9月 | トップページ

2021年10月

JSET2021年秋季全国大会(10/16-17)

10/16:早朝に青葉山。冷たい雨。印刷等。最初はオープニングセレモニーで会長挨拶。午前中はチュートリアルセッション1でJSET初心者にウェルカムプレゼン。伏木田さんおつかれさま。買って来たパンを食べて,お昼に午後のシンポジウム1の事前打合せ。全体会直前のリハーサル。全体会で会長就任の挨拶。山西先生に名誉会員の表彰。研究奨励賞の表彰。論文賞の表彰。全体会終了後,すぐにシンポジウム1。まずは溝上先生@桐蔭学園のキーノートスピーチ。たいへん勉強になる。その後,高橋の司会進行で重田君@北海道大,長野君@京都教育大附属桃山小,塚田さん@福岡県教委のプレゼン,ぼくは指定討論者として登壇。溝上先生とのディスカッションがとても面白かった。終了後,急いで帰宅。JSETワカモノの会に顔を出し,幹事の長濱君に頼まれて乾杯の音頭。そっと中座。明日のプレジデントトークの最終チェック。
10/17:今日も早朝に青葉山。まだ冷たい雨。挨拶の確認。プレジデントトークの確認。プレジデントトークの事前打合せで,AECT,CAET,KSETの会長のみなさまに御挨拶。プレジデントトークでは日本の教育工学のことについてスピーチ。ディスカッション。各国の性格のようなものを強く感じる時間だった。午後はシンポジウム2の打合せに少し参加,拝聴。クロージングセレモニーで会長挨拶。少し時間を置いてオンライン懇親会で最後の挨拶。出張へ。

| | コメント (0)

JSET事務局会議・理事会(10/15)

週末の全国大会の諸々の準備。会長就任直後の全国大会でもあり,またオンラインでもあり,出番が多い。それぞれのセクションの担当から,さまざまなメディア経由で,ZoomのURL等が送られてくるため,その整理に半日かかる。 お昼にJSET事務局会議。理事会の進行,特別委員会の対応の進め方などについて詳細な打合せ。夕方にJSET理事会。通常の理事会と同様に進める。重たい案件も特別委員会のていねいな対応により理事のご理解をいただけた。少しホッとする。明日からの全国大会の挨拶の準備をして就寝。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/14)

午前中はメールなどを片付け。ディーラーに車を持っていき定期点検。お昼を食べて車を受け取り一旦帰宅。地下鉄で出勤。伊那市教委とオンラインで打合せ。石塚さん来研,研究についてのディスカッションをみっちり。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/13)

早朝に青葉山。1限「メディア教育論」は,今後の予定およびメディア×教育の2つの視点について。東京学芸大学「教育未来構想論」の履修希望メールが届き始める。中教審議事録チェック。LARC打合せ日程調整。春日井視察日程調整。チエルマガジン・オンラインセミナー関連やりとり。JSETプレジデントトーク関係。

| | コメント (0)

デジタル庁打合せ(10/12)

オンラインでデジタル庁打合せ。たいへん勉強になった。ぼくの仕事は,省庁を越境するデジタル庁のお仕事と(それは一定の抽象化を余儀なくする),学校現場の日常(それは余りあるほどの具体性を持つ)の「接続」だと痛感した。がんばろうっと。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/12)

朝からJSET事務局対応。東京学芸大学大学院教育学研究科での講義の履修希望者からメールが届き始める。仙台駅で三井君をお迎えし,一緒に青葉山。ランチ後に研究打合せ。高校情報に関する議論。デジタル庁打合せ。

| | コメント (0)

上越教育大学附属中学校教育研究協議会(10/11)

osaki_20211012212601オンラインで上越教育大学附属中学校教育研究協議会に参加。中学生と大崎先制によるオープニングアクトのフリーディスカッションを見て,学んだことをこうやって言語化できる生徒,自己調整に取り組んでいることを自分の言葉で語れる生徒がほんとうに凄いと思った。 全体会ではご挨拶等のあと,ぼくが講演。60分。本校の研究の価値について主に語った。授業協議会は時間が無く中座。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/11)

昨日はJSETプレジデントトークのスライド作りに時間を割く。おかげで眠い。青葉山。オンラインで上越教育大学附属中学校の公開研で講演。「メディア教育論」履修希望者の確定,授業計画のリニューアル。博士論文の審査委員の承諾依頼。先日の鼎談の文字興しチェック。JSET全国大会での動きのことでいくつかのメール。整骨院。

| | コメント (0)

第66回メディア教育論ゼミ(10/10)

恒例のメディア教育論ゼミ@オンライン。5人の発表,オブザーバーやOB・OGも合わせて9人の参加。博士論文作成計画書直前の2人が佳境を迎えている。他の院生もよくがんばっている(苦しそうだけど)。OBOGの参加を心から嬉しく思う。ゼミ記録は小田さん。仕事が速い。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(10/9)

朝は自宅でメール片付け,日程調整など。お昼に青葉山。セミナーのためのZoomの準備,小野寺さん・川田君の共同ホスト設定,樋口君と接続確認,段取りの最終確認。情報リテラシー連続セミナー@東北大学の第55回は180名ほどの参加。樋口君@京都教育大学附属桃山小学校の話は,1人1台情報端末が馴染むまでの段階と我慢の話題,その間に情報活用能力を育成しているのだけど,実は同じように算数の見方・考え方も同じように育成していく性質のものであることであるという解説が印象的だった。2回のブレイクアウトでさまざまな立場の方々が熱心な議論。今回も大盛況で終了。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/8)

朝から白百合学園小訪問の日程調整など。MetaMoJi関係やりとり。明日の連続セミナーのことで樋口先生にメール。久富先生@京大に貴重な機会をいただくも都合が付けられずNGに。申し訳ない。青葉山。セミナー最終チェック。泰山君来研,みっちり研究相談。

| | コメント (0)

中教審幼児教育と小学校教育の架け橋特別委員会(10/7)

中央教育審議会初等中等教育分科会幼児教育と小学校教育の架け橋特別委員会(長)がオンラインで。今日のメインは,幼児教育関連団体からのヒアリングと質疑応答。ぼくは,デジタルによる保育の記録や共有に地域差があるが,困っているのはインフラか研修か時間の無さか,これを明確にして国としてどうするかを検討する必要があるのではないかと発言。

| | コメント (0)

在宅勤務な振替休日(10/7)

土曜日の連続セミナーの振替休日を今日しか確保できなかったのだけど,今日は5つのオンライン会議が入っていて,どこが休日やねん状態。 朝から中教審幼児教育と小学校教育の架け橋特別委員会,午後は教育制度改革室と中教審初等中等教育分科会についての打合せ,情報科学研究科「人文情報科学担当者会議」,信州大学の会議,夜はオンライン授業についての対談。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/6)

朝早くから青葉山。大学院「メディア教育論」は履修確認のオンデマンド。川田君打合せ。学位審査関係の文書作成。物品関係。デジタル庁関係やりとり。日程調整。チケット手配。常盤木課長から挨拶の架電。エルモプレスリリースチェック。利根川君,釜野さんと打合せ。

| | コメント (0)

ICT活用指導力BASIC講座収録(10/5)

西神田へ。大原簿記学校本館のスタジオで,東京学芸大学「ICT活用指導力BASIC講座」の担当部分の映像収録。第1章から第4章をいずれも7分程度で,それに最初と最後の2−3分の動画を撮影。昨夜の準備が功を奏して1時間かからずに終了。スタッフのみなさんに感謝。東京駅でアイスコーヒー,新幹線を早めて帰仙。喫茶店で仕事して買い物して帰宅。

| | コメント (0)

内田洋行LA共同研究会議(10/5)

朝の新幹線で上京。久しぶりの出張。新川の内田洋行へ。LA共同研究の定例会。チームごとの調整状況の共有,手続き等の確認など。久しぶりの対面+オンラインでの議論だった。合間に大久保社長ほか伊藤部長や志儀課長などいろんな人と会っていろんな話。こういうのがオンラインだと奪われているんだなと再確認。

| | コメント (0)

東北大な1日(10/4)

朝からメール片付けをして青葉山。越塚先生@東京大学情報学環が主催するEd-AI研究会のWG3(教育データ利活用)でオンライン講演,その後AI研究者とディスカッション。勉強になった。出張手配。天草市やりとり。長崎県教委メール。宅急便。整骨院。東京学芸大の業務で「ICT活用指導力BASIC講座」のスライドとシナリオ作成。夜中までかかった。

| | コメント (0)

在宅勤務な週末(10/2-3)

10/2:講義準備。喫茶店でランチ。宅急便送付。納税。青葉山。セミナー直前リハーサル。JEES若手セミナー。帰宅して今後の予定の整理。
10/3:先週に引き続きやまびこの湯。高倉屋珈琲。スライドチェック。文書チェック。出張が多く入って来ているので交通関係の調整など。ラーメン。宅急便。散歩。焼鳥屋。

| | コメント (0)

JEES若手教員向けGIGA教育セミナー(10/2)

jJEESの若手教員向け教育セミナー「GIGAスクール構想やオンライン授業に若手も貢献しよう!」に登壇。GIGA下でがんばる若手教員の様子を全国に知ってもらい,各校でがんばる若手教員に「自分だけではないんだな」「そういう風にがんばろう」と思ってもらうために企画したセミナー。申し込みは500名を超え,うち240名ほどがライブで視聴,残りはオンデマンドで視聴の予定。登壇してくれた福井先生,吉村先生の真摯な実践と,カズのしっかりした価値付けがうまくマッチして,終了後の評価も高かった。また受講生のみなさんもたいへん協力的であり,チャットで寄せられるコメントも多くは前向きだった。みなさんのおかげで成功したセミナー。事務局のみなさん,おつかれさまでした。それにしてもカズは場数を踏んで勝負強くなったな。感心。

| | コメント (0)

東北大な週末(10/2)

講義準備。喫茶店でランチ。宅急便送付。納税。青葉山。セミナー直前リハーサル。JEES若手セミナー。帰宅して今後の予定の整理。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(9/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの18年目,2021年9月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

昨年度,登録者が32万人に達したキーボー島アドベンチャー。この背景には,小学校学習指導要領の全面実施と,コロナ禍におけるオンライン家庭学習の推進があっただろう。GIGA端末の到着を前に,キーボード入力から始めている学校が多くなったのだとも思う。いずれにしても明らかに例年とは異なる,ある意味異常な登録・利用状況だった。

2021年度(今年度)は,4月の登録学校数ですでに1,200校を超え,4月の登録児童数はなんと約24万人と,年度初めにも関わらず過去で言えば年度末程度の数字となり,5月ですでに登録児童数は40万人を突破,7月末で58万人,夏休み明けで約64万人となり,今月で70万人を超えた。
サーバや回線負荷ではスズキ教育ソフトにたいへん大きなご負担をいただいている。それでもアクセス集中時にはアクセス不良が生じてしまっている。お許し願いたい。

登録学校数 3,777校
登録児童数 715,297人

1年 54,181人
2年 67,109人
3年 134,881人
4年 149,304人
5年 150,821人
6年 148,256人

令和3年度学校基本調査(速報値)によれば,全国の小学校は19,340校。現在の登録学校数は,その19.5%を占めることになる。
2020年度から全面実施となった小学校の新学習指導要領の総則には,「児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルは「学習の基盤」として各教科等における深い学びを支えていく。
キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算36,025人,学校数は10,401校。すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

在宅勤務な1日(10/1)

もう10月。早い。後期開始日。今日は多くの時間を後期の授業準備に割くが,東北大学の授業で手一杯で,学芸大の授業まで手が回らず。天草市教委授業研メール。BCPレベル1対応。専攻人事関係。日本教育新聞インタビュー原稿チェック。朝日新聞インタビュー原稿チェック。伊那市日程調整。研究開発学校関係。

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ