« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月

未来を創る教育シンポジウム2023in仙台(9/30)

仙台国際ホテルへ。関係者にご挨拶。会場で接続確認。パネルディスカッション打合せ。お弁当。13:00から「未来を創る教育シンポジウム2023in仙台」。最初は稲垣君@東北学院大が進行のシンポジウム。探究的な学習の先進例が紹介された。菅原先生@宮教大によるサービスイノベーション型PBL体験型ワークショップの後に,ぼくが司会のパネルディスカッション。佐々木先生@加賀市,中村先生@つくば市,山形県立小国高校の先生方にご登壇いただき,普段の授業を探究的にするコツについて探っていった。発表時間が延びがちで時間がタイトになったけど,無事に終了。終了後,雨の中,メトロポリタンまで移動して会食会。帰宅して論文書き。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(9/29)

リーディングDXスクール事業打合せ。AI関連の先進地域指定の件。事例創出の報告書関係。次回会議の打合せ等。情報活用能力について。武藤課長と打合せ。帰仙。仙台でお祝い会。

| | コメント (0)

チエルマガジン企画会議(9/29)

天王洲アイルへ。チエルでマガジン打合せ。終了後に新オフィスの様子を見学させてもらう。ランチを食べながら打合せをして文部科学省へ。

| | コメント (0)

静岡県吉田町訪問(9/28)

平井さん@吉田町教委と佐藤君@信州大にお迎えに来てもらい,午前中は,2校時に自彊小,3校時に中央小,4校時に住吉小を訪問し,それぞれほぼ全教室を参観するという強行日程。お昼はおいしい鰻をいただく。5校時は吉田中でまた全教室参観。吉田町役場で町長とご挨拶。住吉小に戻って研修会。最初は佐藤君仕切りで4校の先生方が登壇したパネルディスカッション。その後にぼくの講演40分。多くは語れなかったが,授業のシーンをもとに伝えるべきを伝えたつもり。町内の先生方が全員入っているチャットで,感想等が飛び交っていた。4校の校長先生方と懇談。その後,教育長はじめ教育委員会との食事会。藤枝駅まで送ってもらい,静岡駅の近くで二次会。新幹線で東京へ。

| | コメント (0)

愛知教育大FD研修で講演(9/27)

自民党前でタクシーを拾って東京駅へ。のぞみで名古屋。車内でお弁当。愛知教育大学に向かう。到着後,野田学長,新津事務局長とご挨拶。60分の講演。現地で60−70名ほど,オンラインで600名ほどとのことだった。ぼくの後は愛知教育大客員教授の中川さんが生成AI等についての話。終了後は学長と歓談,学内を案内していただき,夜は新津亭で美味しい物をいただいた。三河安城駅に出て掛川駅へ。平井さん@吉田町にお迎えに来ていただいて夜中に宿に到着。

| | コメント (0)

自民党文部科学部会(9/27)

朝一で自民党本部へ。文部科学部会に参加。盛山文部科学大臣,青山副大臣ほか,末松元大臣や松本前総務大臣など,蒼々たる先生方がお揃いだった。焦点はGIGAスクール構想の次期整備等について。ぼくは4pの資料を用意し3分間で説明した。その後の意見交換は前向きで,次世代の学校教育の環境に対する見通しが議論された。有識者はそこまでで退室し,その後は党としての議決だったとのこと。

| | コメント (0)

学芸大な1日(9/26)

朝一で定期健診。終了後,松屋で朝定食を食べて,電車に乗り継いで東京学芸大学へ。研究室にこもって原稿書き。メール片付け。出張準備。金子先生と授業図書館の企画打合せ。佐々木理事とR6の授業について。先端教育人材開発推進室のメンバーとフラッグシップ大学等について打合せ。研究室に戻って大学国語教育学会の全国大会シンポジウムのオンライン打合せに参加。夜はお祝い会で神楽坂。

| | コメント (0)

中教審総会(9/25)

文部科学省へ。水戸係長にお迎えいただく。盛山文部科学大臣,青山副大臣,安江大臣政務官,ほか文部科学省幹部のみなさんと名刺交換。中央教育審議会総会は,最初に高等教育の在り方に関する諮問をいただく。ほか,学校の働き方改革や日本語教育,社会教育等に関する意見交換。終了後,学校デジタル化PTでいくつかの打合せと調整。直山視学官と研修の議論など。夜は宿で自民党資料作成。

| | コメント (0)

宝仙学園小訪問(9/25)

朝一で上京。宿に荷物を置いてから中野坂上駅へ。刀削麺を食べてから宝仙学園小学校へ,2年ぶり2回目の訪問。玄関先で吉金先生にお迎えいただく。MetaMoJiメンバーも合流。5校時に6年生の吉金先生の理科の授業を参観。相変わらず子供たちがグッと食いついてくる導入で,いい具合に子供たちに任せた授業展開。6校時は山本先生の4年生の国語の授業。同音異義語を集めて整理する作業活動。この学校の子供たちはほんとうに優秀だなと思う。中教審のため十分議論はできず中座。

| | コメント (0)

東北大な1日(9/24)

高知から夕方に帰宅。青葉山。たまった書籍や書類の片付け。出張の資料準備。要望書作成。遅れている論文の原稿書き。帰宅後も夜中まで。

| | コメント (0)

全国GIGA利活用推進キャラバン@高知(9/23)

朝から会場に集合してスタッフリハーサル。お弁当の後に,全国GIGA利活用推進キャラバン@高知。高知県,愛媛県四国中央市,徳島県上板町の実践発表の後,佐藤君と三井君による全国の実践に関する対話。ぼくのオーダーも踏まえてくれて,自己調整の鍛えを中心に語ってくれた。いつものようにQ&Aセッションを経て,ぼくの講演というプログラム。セミナー中は常にチャットで受講者と情報交換。終了後は立食の情報交換会,いろんな人たちと挨拶できて名刺は売り切れ。打ち上げは高知料理。二次会に行かずダウン。

| | コメント (0)

高知県教委訪問(9/22)

朝の便で高知入り。宿に荷物を置いて,市川先生@県教委にお迎えに来てもらう。中上先生とご挨拶。高知県庁へ。長岡教育長,今城次長ほか関係者と懇談。終了後,ICT関係担当のみなさんに高知県の情報化推進の状況を伺う。ランチはひろめ市場まで歩き,和田先生@中部教育事務所とも合流。市川先生と3人でいろいろ食べる。やっぱり鰹が美味い。チェックイン後は,GoogleとオンラインでJIL打合せ,テクノマインドセミナーのオンライン打合せ,JAET常任理事会に評議員議長として参加など。佐藤君と三井君と合流。

| | コメント (0)

出張先な1日(9/21)

東大GENEE対応。東京学芸大企画打合せメール。教育新聞インタビュー記事校閲。熊本県高森町事務手続き。恩田論文チェック。中教審等日程照会対応。学校保健研究校正。オンラインで専攻会議,専攻教授会に出席。とにかくバタバタで1日が終わった。

| | コメント (0)

天草市立本渡南小校内研(9/18-20)

JSET終了後,京都にもう1泊。翌朝早くにリムジンバスで伊丹空港。飛行機で熊本空港。雷雨を心配しつつ無事に天草エアラインが飛んで天草空港へ。今福指導主事にお迎えに来ていただく。いつもの宿。夜は石井教育長以下天草市教委のメンバーと一献。夏の田村先生の講演会がたいへん勉強になったという話を聞く。
翌日は朝から本渡南小学校へ。大平校長にご挨拶。2校時に4つの授業を観て回る。3校時は大研,久住先生のポスター読解の落ち着いた授業。スライド準備,給食をいただき,5校時は西川君,池田君の授業を参観。その後,研究協議,11月の公開研究会に向けた指導助言と続く。ICT活用の形態はずいぶん良い位置まで来た。児童に学びを委ねる分,各教科等の見方・考え方につながる教師の支援,それを支える教材研究の厚みを指摘した。夜は南小の先生方と楽しい懇親会。例のように盛り上がる。
翌日は,午前中にオンラインで東京学芸大学の部局長会議に出席。午後はレンタカーを借りて島内いくつかを回ってAMXで福岡。

| | コメント (0)

JSET2023秋季全国大会関連発表(9/17)

今回の全国大会の関連発表は以下の通り。
○山本朋弘, 山内絵美理, 野口太輔, 森岡真弥, 小柳和喜雄, 堀田龍也
教員としての資質能力の指標におけるICT活用に関する考察
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.87-88

○三井一希, 板垣翔大, 泰山裕, 大久保紀一朗, 佐藤和紀, 堀田龍也
教師と児童が学習の見通しを共有するための「学びのデザインシート」の設計
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.389-390

○宮西祐香子, 長濱澄, 堀田龍也
中学校英語科家庭学習における音読課題を前提にしたデジタル教科書の利用に関する一考察
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.481-482

○小田理代, 斎藤明日美, 毎床愛美, 登本洋子, 堀田龍也
プログラミングの学習による女子大学生・大学院生のキャリア意識の変化
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.183-184

○若松俊昌, 板垣翔大, 大沼久美子, 遠藤伸子, 久保田美穂, 松﨑美枝, 堀田龍也
保健室への来室情報の記録システムにおける記録の集計機能の開発
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.489-490

○槇誠司, 中野博幸, 板垣翔大, 堀田龍也
校長の統計的リテラシーについての一考察 -校務における統計処理に関する質問紙調査から-
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.287-288

○大久保紀一朗, 泰山裕, 佐藤和紀, 三井一希, 板垣翔大, 堀田龍也
動機づけの自律性およびメタ認知的方略とAI型教材に対する有用感に関する調査
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.545-546

○泰山裕, 佐藤和紀, 大久保紀一朗, 三井一希, 板垣翔大, 堀田龍也
学習の個性化を目指した授業に対する認識に影響する学習および指導についての価値観の検討
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.529-530

○八木澤史子, 遠藤みなみ, 佐藤和紀, 堀田龍也
情報端末を活用して児童の学習の自律性の支援に取り組む教師の机間指導中の意識に関する調査
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.391-392

○登本洋子, 齋藤玲, 堀田龍也
生成系AI(ChatGPT)に対する初等中等教育教員の認識と使用経験,情緒的・認知的態度,発達への影響観
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.49-50

○後藤心平, 齋藤玲, 堀田龍也
テレビスタジオにおける番組放送体験が大学生の就職動機づけに与える影響:実践報告と評価,個人差
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.37-38

○中川哲, 齋藤玲, 大崎貢, 堀田龍也
自学自習中における中学生の情報端末への行動制御と学業成績との関連に関する一考察
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.331-332

| | コメント (0)

JSET秋季全国大会@京都(9/16-17)

9/16:初日。機能に続いて宿から徒歩で京都テルサへ。会場が08:00にオープン。ネームカードの未到着問題により,立て直しに時間がかかり,08:30を少し過ぎてから受付開始に。しかし関係者の努力とフォローアップで準備は急速に進み,混乱は最小限に。村上大会実行委員長の差配に感心,朝一はチュートリアルセッション1。JSETにようこそというWelcomeセッションで,会長として15分ほど話をした。オープニングにも関わらず220名参加。次に会員サービス担当副会長の西森先生@大阪大が詳細の案内をしてくれた。ポスターセッションを2セット見て回ったが,いずれもたいへん活発だった。堀田研関係者もいくつも発表した。執行部と打合せしながらお弁当。午後の講演前にキーノートスピーチの板津先生@東大にご挨拶。たいへん刺激的なキーノートスピーチだった。シンポジウム1はELSIでの議論を聞いていろいろ考える。急に司会の今井先生@岐阜大に指されてビビる。AI for Educatinal Goodについて意見をする。オンラインセッションはoVice。こちらも盛り上がっていたし,おもしろく参加した。その後,5年ぶりに対面での懇親会。盛会に進む。名刺が飛ぶように無くなった。ワカモノの懇親会への参加は遠慮して,堀田研関係者の懇親会。高橋研に顔を出す。
9/17:2日目。京都テルサへ。朝一でPresident Session。美馬副会長にお願いしたJSETとしての意見表明はさすがだった。米国AECT,中国CAET,韓国KSETの代表にもオンラインでプレゼンをしていただく。チュートリアルセッション2で論文投稿のポイントの話。ポスターセッションをぐるぐる見て回る。お昼はまた弁当を食べながら執行部で議論。午後はチュートリアルセッション3で論文投稿と掲載料の話を聞く。万が一,会員からの意見があればと思いながら見守る。その後,シンポジウム2で教員養成についてのディスカッションを聞く。高橋の司会が冴えていた。時間が短かったけど,いい話が聞けた。

| | コメント (0)

JSET事務局会議・理事会(9/15)

仙台から京都に向かう。板垣君と一緒になってランチ。JSET事務局会議はハイブリッドで,理事会議題の確認と全国大会での全体会の進行の確認。久しぶりのフル対面なのでいろいろ忘れていることもたくさんある。一方でコロナ禍を経て運営の見直しもあり得るかという議論。大会企画委員会および大会実行委員会のみなさんは現地準備中。準備のたいへんさが伝わってきた。10分伸びて理事会終了。宿に戻って夕飯。

| | コメント (0)

東北大な1日(9/14)

朝の新幹線で長野から大宮乗換で帰仙。帰宅してから青葉山。山内君@東大ほかとGENEEシンポジウムについての打合せ。書類や書籍の片付け。徳川先生,森先生と相談。教授会。10兆円ファンドと情報系人材育成で追い風な感じ。専任教授会。終了後,校正を2本。立花さんに預けて帰宅。郵便再配達を受け取る。遅れて迷惑をおかけしていた学校保健研究の巻頭言を完成させて送付。

| | コメント (0)

佐藤研ゼミ@信州大学(9/13)

長野駅で乗換を間違える。情けない。カズや学生たちと美加登苑。みんな元気そうで安心。
カズに迎えに来てもらい,学びセンターへ。佐藤研の4年生と院生の伊藤さんの研究を聞いてコメント。お昼を食べてスライド作成。村松学部長も同行して長野県庁。内堀教育長と歓談。長野県教育委員会の「学びの改革ミニフォーラム」に3年目の登壇。今回のお題は「学校アップデート」。70分ほどの講演と質疑応答に対応。終了後は村松君とカズと3人で先に喉を潤して県教委懇親会に向かう。村松君主催の2次会で教員養成について議論。

| | コメント (0)

学芸大な1日(9/12)

新幹線で上京。武蔵小金井駅でお昼を食べて東京学芸大学へ。途中,佐々木理事から電話。研究室の不要物品の廃棄とリフォームが終了しておりホッとする。教職大学院係に荷物をもらいにいき,汗だくになって運ぶ。諸々の設定等。中島理事と年明けのFDについての打合せ。

| | コメント (0)

東北大な1日(9/11)

朝は少しゆっくり起きて,たまったメール片付けなど。文部科学省と重要なやりとり。青葉山。オンラインで教育新聞の取材対応。長濱君に拾ってもらって東北学院大学五橋キャンパスへ。稲垣君,松河君,嶋田さん,岡本先生と合流し,JSET2024秋季大会の会場下見。久しぶりに整骨院。オンラインで某審査会議。夜は原稿書き。

| | コメント (0)

日曜日な1日(9/10)

早起きして朝食を食べ,7時前にチェックアウト。奈良駅からリムジンバスで伊丹空港。ラウンジで某審査の整理。仙台空港へ。空港線を仙台駅で降りる時に小松先生とばったり。こちらに余裕が無くランチをご一緒できず残念。先生の相変わらずの優しい笑顔にぼくもこうでありたいと思う。帰宅後,某審査の整理の続き,提出。大量の郵便片付け。買い物。床屋。宅急便。VIVANT。

| | コメント (0)

全国GIGA利活用推進キャラバン@奈良(9/9)

前日入りで奈良へ。泰山夫妻とイタ飯。
翌朝はスタッフリハーサル,お弁当の後に,全国GIGA利活用推進キャラバン@奈良。静岡県吉田町,大阪府高槻市,奈良県奈良市の実践発表の後,小崎先生と泰山君による全国の実践に関する対話。Q&Aセッションを経て,ぼくの講演というプログラム。セミナー中は常にチャットで受講者と情報交換。やはりこのやり方はとても良い。終了後は立食の情報交換会,いろんな人たちと挨拶できた。スタッフ打ち上げの直前にちょっとめまいがしたので烏龍茶で過ごす。疲れがたまってるな。

| | コメント (0)

FiT2023で登壇(9/8)

電子情報通信学会と情報処理学会がタイアップして行われているFiT2023に参加するために大阪公立大学へ。中百舌鳥には初めて来たし,たくさん歩いた。「高校情報科の現状と次期改訂」というパネルディスカッションに登壇。ぼくは「日本の初等中等教育における情報教育の現状と課題」ということで,GIGAや情報活用能力などの現状と課題について25分の講演をし,パネルディスカッションではその付け足しの説明をした。中野先生にたいへんお世話になったし,中山先生ともたくさん話すことができた。

| | コメント (0)

中教審初等中等教育分科会と個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実に向けた学校教育の在り方に関する特別部会の合同会議(9/7)

中央教育審議会の,初等中等教育分科会と,個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実に向けた学校教育の在り方に関する特別部会が,合同開催となった会議。ハイブリッド開催だったが,対面で文部科学省に来ている人も多くいた。今回はさまざまな重要な議題があった。質の高い教師の確保特別部会の報告,高等学校教育の在り方WGの中間まとめ,地方教育行政の充実の報告書など。ぼくは校務DXの観点から,クラウドを積極的に活用できるような自治体のレギュレーションの見直しについて発言した。

| | コメント (0)

瀬戸SOLAN小訪問(9/6)

尾張瀬戸駅へ。初めて来た。泰山君,小島さん,稲木君と合流。有名な瀬戸SOLAN小学校を訪問。長尾理事長,大立目校長,三宅副校長,山田副校長ほか関係者とご挨拶。校舎見学。15分のモジュールと30分のモジュールを弾力的に組み合わせた時間割に感心。ラーニングコモンズは最高の設計だったし,それを十分に活かした学習活動が展開されていた。モジュールでの考える技の授業,情報の授業や,異学年探究のプロジェクト学習などを参観して回った。探究部,情報部との議論の後,教職員の全体研修。質問が止まらずたくさん回答した。全体を通して,三宅イズム(ぼくは25年ぐらい見てきた)が若手に浸透しつつあることを嬉しく思った。名古屋に移動して懇親会。刺激的で楽しい1日だった。

| | コメント (0)

文部科学省で打合せ(9/5)

文部科学省へ。校務DXの実態調査の設計について。リーディングDXスクール事業の夏季学習会の総括,今後の公開学習会や情報交換会の企画についてなど。武藤課長と打合せ。来省されていた平川教育長に久しぶりに挨拶。お元気そうで何より。夜はオンラインではじめて日記第4弾の打合せ。

| | コメント (0)

亀岡市みらい教育リサーチセンターで校長研修(9/4)

亀岡市みらい教育リサーチセンターへ。所長,係長,指導主事のみなさんとお話しする。午前中の大井小の写真をプレゼンのスライドに入れて広瀬君に資料印刷の依頼。亀岡市の全校長を対象にした研修会。村上指導主事との関係から話し始めた。校長先生方は熱心に聞いていただいた。終了後,また所長ほかと情報交換し,亀岡市役所へ。神先教育長と面談。終了後は約30年ぶり(?)の村上家にお世話になる。昔の懐かしい思い出話に花が咲く。お世話になりました。楽しかったよ。

| | コメント (0)

亀岡市立大井小訪問(9/4)

前日のうちに京都まで入り,夜は懐かしのヨシカツ君たちと一献。大久保君と2次会。
翌朝は8時前に宿を出て,京都駅から山陰本線で亀岡駅。村上君に迎えに来てもらって,亀岡市立大井小学校へ。かつて京都教育大学附属桃山小にいらっしゃった原田先生がここの校長先生。久しぶりの再会。戎指導主事と広瀬指導主事にも同席いただいて3つの授業を参観。いずれも情報端末を子供が活用する「良さ」を授業のどの場面で機能させるかをよく検討していた授業だった。次なる課題は各教科等としての見方・考え方につながる教師の教材研究や授業時間のタイムマネジメント。そういう講評を個別に1人1人した。いい時間だった。終了後は村上家で美味しいカレーをいただく。

| | コメント (0)

第85回メディア教育論ゼミ(9/2)

恒例のメディア教育論ゼミ@オンライン。OB・OGも合わせて9人。ナベの研究の進捗。いろいろ大変な中,がんばり中。投稿を急げ。OB・OGからの近況報告等。科研の話題や人生の話題。ゼミ記録はナベ。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(8/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの20年目,2023年8月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

昨年度は登録児童数が879,132人となり新記録を達成。サーバや回線負荷を鑑み,フルクラウドでのシステム運用となったが,これも順調。今期も4月の段階で40万人を超える登録者数となった。スズキ教育ソフトに感謝。

登録学校数 4,116校
登録児童数 765,822人

1年 67,620人
2年 87,799人
3年 157,083人
4年 157,038人
5年 145,315人
6年 140,784人

令和3年度学校基本調査によれば,全国の小学校は19,336校。現在の登録学校数は,その21.3%を占めることになる。
2020年度から全面実施となった小学校の新学習指導要領の総則には,「児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルは「学習の基盤」として各教科等における深い学びを支えていく。
キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算50,047人,学校数は13,192校。すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(9/2)

村田先生,中谷先生,二野宮先生と接続確認。情報リテラシー連続セミナー@東北大学の第70回は,広島県廿日市市立宮園小における自由進度学習の考え方や実践について詳細なご報告をいただいた。質疑応答は,やや手法のことに偏った質問に対して,これは考え方や覚悟なのだという話が繰り返し回答された。セミナー記録はこちら

| | コメント (0)

東北大な1日(9/2)

宅急便受け取り後に青葉山。書類等の片付け。連続セミナー。ALEXと書類作成や研究の方針などについての相談。

| | コメント (0)

JEES理事会・総会(9/1)

オンラインでJEES理事会。事務局長の交代,新体制について。総会では今期の決算等と来期の予算等。若手教師を支えるというミッションに向けて,アクティブ度をさらに高めたい。

| | コメント (0)

生成AI動画収録など(9/1)

午後はレンタル会議室にこもる。まずは「今後の教育課程、学習指導及び学習評価等の在り方に関する有識者検討会」の傍聴。中座して,生成AIを情報活用能力や情報モラルとの関係で説明する文部科学省の動画の収録。準備の時間はあまり無かったけど,伝えるべきことは決まっていたので,一発撮りで終了。夜は文部科学省・国研関係の懇親会。

| | コメント (0)

デジタル学習基盤特別委員会(9/1)

文部科学省へ。委員長としての事務局との打合せ。中央教育審議会初等中等教育分科会デジタル学習基盤特別委員会。全国学力・学習状況調査でのICT活用の度合いの報告,概算要求の報告,教育データ利活用の報告などを踏まえてディスカッション。デジタル学習基盤は,次期学習指導要領が求めることになる学習を支える基盤であるべきという議論に。終了後,教育制度改革室で,1つ上の初等中等教育分科会と特別部会の方向感について打合せ。

| | コメント (0)

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »