学会

JSET全国大会打ち上げ(10/31)

Img_8003東北大学での日本教育工学会全国大会から1ヶ月。まだ決算処理やコンベンション,後援団体への報告,理事会での報告が残っているものの,おおむね業務は片付いたということで,大会実行委員会のメンバーで仙台市内の面白い店で打ち上げ。いろいろあったたいへんだったことを話した。

| | コメント (0)

JSET全国大会が無事終了(9/28-30)

J1J2

| | コメント (0)

JSET全国大会前日準備(9/27)

早朝より川内。あいにくの雨。08:30会場設営の確認。生協の関係者に御挨拶等。10:00学生相談案件。11:00生協関係者と懇親会等の修正案件対応。青葉山で小野寺さん,窪先生と調整。専攻会議に頭だけ出て川内へ。JSET大会実行委員会の最終チェック。受付や本部の説明。

| | コメント (0)

ICT研修ファシリテーター養成講座(8/10)

N千代田放送会館へ。JSET×NHKによるICT研修ファシリテーター養成講座も4期生に。何度か行われる合宿型研修の年間カリキュラムのほんの1コマだけど,毎年担当させてもらっている。今回はNHK側のオーダーに対応するつもりで話をした。研究者と実践者と番組制作者による放送教育の中核育成。カズがよくがんばっていた。

| | コメント (0)

日本学術会議のセミナーに登壇(8/2)

1日本学術会議第三部主催の公開シンポジウム「AIとIoTが拓く未来の暮らし: 情報化社会の光と影」に登壇。AIにおける機械学習の専門家の先生方のわかりやすい解説を2つ聞いた後に,「AI/IoT時代の学校教育のあり方」という演題で30分講演。キーボー島アドベンチャーを例として教育工学という分野を説明し,新学習指導要領における資質・能力の考え方をAIになぞらえて話し,プログラミング教育等の必要性と課題について実践例をもとに説明。4人の講演の後,パネルディスカッションに登壇。山極総長@京大の話がインパクトあった。

| | コメント (0)

ISETに参加(7/31)

International Symposium on Educational Technology(ISET2018)に参加するため関西大学へ。100周年記念会館で開催。東アジアを中心に約200名が参加とのこと。Instructional Technologyのセッションで八木澤さんの発表に立ち会う。無事に終了してホッとする。
急いで帰仙。

| | コメント (0)

JSET夏の合宿研究会でオンライン講演(7/28)

Photo台風12号が直撃。ということで,往路は何とかなりそうだが復路が難しそうということで松山行きを断念。早めの判断でWi-Fi確保ができ,JSET夏の合宿研究会にオンラインで基調講演を担当。教育工学研究者のキャリアの多様性の担保のために,本人ができること,学会ができることなどについて情報交換。オンラインでの講演はビミョーに緊張したが,良い経験になった。

| | コメント (0)

JSET事務局会議・理事会など(7/14)

上京。JAPET&CECへ。今後のJSET事務局の運営について。事務局会議にて理事会の事前レビュー。会長・副会長会議。理事会。ホントにいろいろあるなって思う。

| | コメント (0)

JSET夏の合宿打合せ(7/13)

日本教育工学会の夏の合宿研究会は7/28-29に愛媛大学で行われる。テーマは「教育工学における若手人材の育成」。今回はその打合せを森田先生@早稲田大,佐藤先生@日本福祉大,大山先生@大阪大と。教育工学研究者を目指す人たちにとって確実に役立つ話になるだろう。ぼく自身も楽しみだ。

| | コメント (0)

JSETラウンドテーブル登壇(6/23)

J9時に東京工業大学へ。母校の1つなんだけど,ここに来ると博士論文執筆の苦しかった時期を思い出す。会長をはじめとする事務局会議。その後,午前のラウンドテーブルの簡単な打合せ。10:00-11:45のラウンドテーブルは,JSETのこれからのカタチを検討する最初の一歩として,各種委員会の現状について中核的に活動している方々から報告を受けるというもの。会員増と研究内容の多様化,研究者の実状の多様化を鑑み,全国大会2回化も含めてどのようなカタチが望まれるのか,その議論の一端を聞いていただけたと思う。
終了後,総会,理事・評議員会。午後のシンポジウムに後ろ髪を引かれつつ中座。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧