学会

JSET2023秋季全国大会関連発表(9/17)

今回の全国大会の関連発表は以下の通り。
○山本朋弘, 山内絵美理, 野口太輔, 森岡真弥, 小柳和喜雄, 堀田龍也
教員としての資質能力の指標におけるICT活用に関する考察
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.87-88

○三井一希, 板垣翔大, 泰山裕, 大久保紀一朗, 佐藤和紀, 堀田龍也
教師と児童が学習の見通しを共有するための「学びのデザインシート」の設計
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.389-390

○宮西祐香子, 長濱澄, 堀田龍也
中学校英語科家庭学習における音読課題を前提にしたデジタル教科書の利用に関する一考察
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.481-482

○小田理代, 斎藤明日美, 毎床愛美, 登本洋子, 堀田龍也
プログラミングの学習による女子大学生・大学院生のキャリア意識の変化
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.183-184

○若松俊昌, 板垣翔大, 大沼久美子, 遠藤伸子, 久保田美穂, 松﨑美枝, 堀田龍也
保健室への来室情報の記録システムにおける記録の集計機能の開発
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.489-490

○槇誠司, 中野博幸, 板垣翔大, 堀田龍也
校長の統計的リテラシーについての一考察 -校務における統計処理に関する質問紙調査から-
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.287-288

○大久保紀一朗, 泰山裕, 佐藤和紀, 三井一希, 板垣翔大, 堀田龍也
動機づけの自律性およびメタ認知的方略とAI型教材に対する有用感に関する調査
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.545-546

○泰山裕, 佐藤和紀, 大久保紀一朗, 三井一希, 板垣翔大, 堀田龍也
学習の個性化を目指した授業に対する認識に影響する学習および指導についての価値観の検討
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.529-530

○八木澤史子, 遠藤みなみ, 佐藤和紀, 堀田龍也
情報端末を活用して児童の学習の自律性の支援に取り組む教師の机間指導中の意識に関する調査
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.391-392

○登本洋子, 齋藤玲, 堀田龍也
生成系AI(ChatGPT)に対する初等中等教育教員の認識と使用経験,情緒的・認知的態度,発達への影響観
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.49-50

○後藤心平, 齋藤玲, 堀田龍也
テレビスタジオにおける番組放送体験が大学生の就職動機づけに与える影響:実践報告と評価,個人差
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.37-38

○中川哲, 齋藤玲, 大崎貢, 堀田龍也
自学自習中における中学生の情報端末への行動制御と学業成績との関連に関する一考察
日本教育工学会 2023年秋季全国大会講演論文集 pp.331-332

| | コメント (0)

JSET秋季全国大会@京都(9/16-17)

9/16:初日。機能に続いて宿から徒歩で京都テルサへ。会場が08:00にオープン。ネームカードの未到着問題により,立て直しに時間がかかり,08:30を少し過ぎてから受付開始に。しかし関係者の努力とフォローアップで準備は急速に進み,混乱は最小限に。村上大会実行委員長の差配に感心,朝一はチュートリアルセッション1。JSETにようこそというWelcomeセッションで,会長として15分ほど話をした。オープニングにも関わらず220名参加。次に会員サービス担当副会長の西森先生@大阪大が詳細の案内をしてくれた。ポスターセッションを2セット見て回ったが,いずれもたいへん活発だった。堀田研関係者もいくつも発表した。執行部と打合せしながらお弁当。午後の講演前にキーノートスピーチの板津先生@東大にご挨拶。たいへん刺激的なキーノートスピーチだった。シンポジウム1はELSIでの議論を聞いていろいろ考える。急に司会の今井先生@岐阜大に指されてビビる。AI for Educatinal Goodについて意見をする。オンラインセッションはoVice。こちらも盛り上がっていたし,おもしろく参加した。その後,5年ぶりに対面での懇親会。盛会に進む。名刺が飛ぶように無くなった。ワカモノの懇親会への参加は遠慮して,堀田研関係者の懇親会。高橋研に顔を出す。
9/17:2日目。京都テルサへ。朝一でPresident Session。美馬副会長にお願いしたJSETとしての意見表明はさすがだった。米国AECT,中国CAET,韓国KSETの代表にもオンラインでプレゼンをしていただく。チュートリアルセッション2で論文投稿のポイントの話。ポスターセッションをぐるぐる見て回る。お昼はまた弁当を食べながら執行部で議論。午後はチュートリアルセッション3で論文投稿と掲載料の話を聞く。万が一,会員からの意見があればと思いながら見守る。その後,シンポジウム2で教員養成についてのディスカッションを聞く。高橋の司会が冴えていた。時間が短かったけど,いい話が聞けた。

| | コメント (0)

JSET事務局会議・理事会(9/15)

仙台から京都に向かう。板垣君と一緒になってランチ。JSET事務局会議はハイブリッドで,理事会議題の確認と全国大会での全体会の進行の確認。久しぶりのフル対面なのでいろいろ忘れていることもたくさんある。一方でコロナ禍を経て運営の見直しもあり得るかという議論。大会企画委員会および大会実行委員会のみなさんは現地準備中。準備のたいへんさが伝わってきた。10分伸びて理事会終了。宿に戻って夕飯。

| | コメント (0)

FiT2023で登壇(9/8)

電子情報通信学会と情報処理学会がタイアップして行われているFiT2023に参加するために大阪公立大学へ。中百舌鳥には初めて来たし,たくさん歩いた。「高校情報科の現状と次期改訂」というパネルディスカッションに登壇。ぼくは「日本の初等中等教育における情報教育の現状と課題」ということで,GIGAや情報活用能力などの現状と課題について25分の講演をし,パネルディスカッションではその付け足しの説明をした。中野先生にたいへんお世話になったし,中山先生ともたくさん話すことができた。

| | コメント (0)

日本デジタル教科書学会のシンポジウムに登壇(8/19)

午前中はホテルで仕事。お昼に武藤課長を長野駅改札にお迎えに行き,カズの車で蕎麦屋でお昼を食べながら情報の同期。佐藤研で諸々の打合せ。日本デジタル教科書学会のシンポジウム会場へ。関係者にご挨拶。シンポジウムは,武藤課長,堀田の順でそれぞれ40分ずつ話し,それからカズの進行でフォームで寄せられた質問に答えていくという展開。合間に広瀬会長と相談事。関係者打ち上げ。

| | コメント (0)

全国高等学校情報教育研究会(8/9)

西新宿の工学院大学へ。全国高等学校情報教育研究会に参加。2011年の秋田大会以来。総会,開会式のあとにライトニングトークを聴く。熱心な先生たちが500名以上集まるなんてすごいと思った。とても興味深かった。その後に基調講演を担当。高校の教科「情報」を推進しているみなさんに,小・中・高・大の情報教育の連続性や,体験的な学びと体系的な学習の関係を意識していただくことができればと思い,一生懸命話した。伝わっていますように。

| | コメント (0)

JSET研究会@千葉大(7/29)

朝の新幹線で仙台を出発。東京駅で海苔弁を買って,総武線快速で稲毛駅へ。タクシーで千葉大学。千葉大学教育学部で行われている日本教育工学会(JSET)研究会に参加。猛暑の中だったが,対面開催で盛り上がる。4会場の運営の苦労は大きかったと思う。研究会委員のみなさん,座長のみなさん,ありがとうございました。今回の関係発表は以下の通り。
堀田雄大, 八木澤史子, 三井一希, 佐藤和紀, 堀田龍也(2023.7)
教員研修における自主的な動画視聴に関する実態把握の試み
日本教育工学会研究報告集, JSET23-2, pp.190-193

宮西祐香子, 長濱澄, 殿岡貴子, 清遠和弘, 松田諒平, 白鳥亮, 堀田龍也(2023.7)
中学校英語科デジタル教科書の家庭学習時の操作ログと音読課題や定期テストの得点との関連に関する試行的検討
日本教育工学会研究報告集, JSET23-2, pp.233-236

渡邉光浩, 西久保真弥, 原圭史, 堀田龍也(2023.7)
児童の1人1台情報端末の活用を初めて指導する教師の意識の変化の分析の試み
日本教育工学会研究報告集, JSET23-2, pp.46-51

小田理代, 斎藤明日美, 毎床愛美, 登本洋子, 堀田龍也(2023.7)
プログラミングの学習が女子大学生・大学院生のプログラミングへの動機づけに与える影響の予備的調査
日本教育工学会研究報告集, JSET23-2, pp.267-273

中川哲, 清遠和弘, 白鳥亮, 貫井真史, 堀田龍也(2023.7)
学習指導要領コードを用いてデジタル教科書と外部教材を連携させるシステム開発に関する検討
日本教育工学会研究報告集, JSET23-2, pp.40-45

| | コメント (0)

小学校英語教育学会シンポジウムに登壇(7/22)

早朝に起きて朝風呂に入り,スライドを作成していると,いつの間にか出発予定時刻を過ぎていて超焦った。ダッシュで上越妙高駅に向かい,北陸新幹線で金沢へ。朝食のおにぎりを買って,久しぶりにサンダーバードに乗って,一路京都へ。京都はインバウンドで激混み。京都駅で荷物を預けて奈良線で藤森駅へ。大久保君が迎えに来てくれ,京都教育大学へ。大久保研究室で美味しいコーヒーをいただきながら研究相談など。12:00に控室に入り,シンポジウム登壇者のみなさんと打合せ。猛暑の中,小学校英語教育学会には500名以上が参加していた。シンポジウム『これからの小学校英語教育―現在と未来をつなぐ―』では20分間の提案をし,あとはディスカッション。楽しかった。終了後,大久保君に見送ってもらって急いで藤森駅へ。京都駅で荷物を取り出して,混雑の中,新幹線で東京へ。

| | コメント (0)

JSET事務局会議・理事会(7/15)

東北地方は大雨。朝の新幹線で上京し,JAPET&CECへ向かうつもりが,秋田新幹線こまちが運休,そのため東北新幹線はやぶさも大幅遅延とのこと。もし新幹線に乗って東京に行けても,定刻に会議の進行(JSET会長なので司会進行はぼくの仕事)ができるとは限らない。ここは大事をとり,執行部・事務局のみなさんにオンラインで事務局会議・理事会に参加することをご了承いただき,帰宅。午前中は執行部・総務委員会と一緒に事務局会議。理事会の議題を詰めて行く。理事会はみっちり2時間半。役員への負荷に申し訳なく思い,学会事業のスリム化を進めるために業務改善委員会を理事会の外に設置したが,山内委員長から見通しの報告があった。ありがたい。オンラインだとやっぱり進行の細かい部分が見えないな。終了後の非公式食事会に参加するつもりだったけど今回は残念。

| | コメント (0)

JSET事務局会議・理事会(5/20)

雨の中,JAPET&CECへ。第12期の新執行部・新総務委員会になって初めての現地開催。事務局会議は1つ1つ確実に。課題もそれなりにある。役員への負荷に申し訳なく思う。学会事業のスリム化をさらに進める必要あり。途中,長濱君とITEL論文打合せ。理事会はみっちり2時間半。終了後はJEES打合せ,帰仙。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧