学会

JAET常任理事会(9/10)

朝から状況。定期検診。お昼を食べてから中川さんと情報共有。その後,JAET常任理事会。次期会長,島根大会,鹿児島大会等について議論。

| | コメント (0)

日本教育工学会2019年度秋期全国大会/名古屋(9/7-8)

学内会議のため,名古屋には前日夜に到着。日本教育工学会(JSET)理事会には参加できず。 JSETは今年度から大会年2回化。秋大会1日目は受付に殺到している時間があったが,ポスターセッションが盛り上がっていてたいへん良い。うちの院生たちも初めてのポスターセッションの人が多かったが,気持ちよく真剣に取り組んでいた。懐かしい顔と久しぶりにゆっくり話せたりして,やっぱり学会はいいな。名誉会員対応,全体会での司会進行,シンポジウム,全国大会春期大会の大会企画委員会と大会実行委員会,SIG委員会等との調整を繰り返す。懇親会会場までもつれ込んでようやく先が見える。元VHSメンバーとの会に参加。2日目もポスターセッションを見て回り,名誉会員セッション,将来計画セッションを経て,シンポジウムに参加。途中,台風で新幹線の間引き運転がアナウンスされ多くの人たちが離脱。ぼくは最後までいて,ナベとセントレア。ラウンジで安藤先生,稲垣先生と会う。同じ便で仙台へ。 今回の関係発表は以下の通り。
佐藤和紀, 小柳和喜雄, 堀田龍也(2019.9)
小学校教師のライフステージからみたメディア・リテラシーの知識獲得段階に関する探索的考察
日本教育工学会 2019年秋季全国大会, pp.397-398

八木澤史子, 佐藤和紀, 堀田龍也(2019.9)
1人1台端末を活用した小学校の授業における教師の発話の特徴
日本教育工学会 2019年秋季全国大会, pp.49-50

山本朋弘, 堀田龍也(2019.9)
教員養成課程でのIoT教材を活用したプログラミング体験の評価
日本教育工学会 2019年秋季全国大会, pp.97-98

槇誠司, 堀田龍也(2019.9)
小学校第6学年の全国学力・学習状況調査における統計リテラシー関連設問数と正答率に関する分析
日本教育工学会 2019年秋季全国大会, pp.53-54

渡邉光浩, 堀田龍也(2019.9)
日本語キーボード入力学習システム「キーボー島アドベンチャー」への関心に関する短大生を対象とした継続調査
日本教育工学会 2019年秋季全国大会, pp.79-80

小田理代, 堀田龍也(2019.9)
諸外国のプログラミングに関する学習のカリキュラムの傾向
日本教育工学会 2019年秋季全国大会, pp.339-340

| | コメント (0)

日本教育情報学会で講演(8/25)

岡山理科大学へ。1日目は遅い到着となったが,2日目は朝一で参加,院生たちの発表を聞いて回る。みんなよくがんばった。特別セミナーでSociety5.0時代の教育情報研究についての講演。終了後は鹿児島へ。 今回の関連発表は以下の通り。
○山本朋弘, 堀田龍也(2019年8月)
大学生の遠隔支援による小学校プログラミング教育の推進に関する一考察
日本教育情報学会, 第35回年会論文集, pp.270-271

○渡邉光浩, 堀田龍也(2019年8月)
児童が1人1台端末を活用する授業における学習活動の分析の試み
日本教育情報学会, 第35回年会論文集, pp.268-269

○登本洋子, 溝上慎一, 堀田龍也(2019年8月)
総合的な探究の時間における探究の各過程の手法の理解
日本教育情報学会, 第35回年会論文集, pp.188-189

○小田理代, 登本洋子, 堀田龍也(2019年8月)
中学校・高等学校のコンピュータサイエンスに関する学習内容の一考察
日本教育情報学会, 第35回年会論文集, pp.76-79

○臼井昭子, 佐藤克美, 堀田龍也(2019年8月)
高等学校芸術(美術)科における地域を題材にした映像メディア表現に関する一検討
日本教育情報学会, 第35回年会論文集, pp.282-283

○佐藤正寿, 齋藤玲, 槇誠司, 堀田龍也(2019年8月)
小学校第5学年の社会科教科書の産業学習におけるテクノロジーの社会的影響の調査
日本教育情報学会, 第35回年会論文集, pp.278-279

| | コメント (0)

日本デジタル教科書学会(8/17-18)

新潟へ。到着後はプレゼン作成。夕方から堀田研メンバーと一献。二次会でなんと焼肉。うまかった。 学会1日目は新潟メディアシップ。午前中は研究賞対象プレゼンを聞き,一般研究に参加。お昼は長谷川会長,片山前会長,大関実行委員長とお弁当を食べながら議論。午後は80分ほどの基調講演。学会の役割と期待についても触れる。一度ホテルに残務を片付けてから懇親会へ。懇親会の冒頭に分かれ奨励賞の授賞式があり,礒川君@上越教育大・清水研が受賞する。おめでとう。終了後,デジタル教科書分析チームと柴田先生で楽しみにしていた寿司屋に行き,その後,21時から二次会に合流,楽しく懇親した。 学会2日目は新潟大学教育学部附属新潟小学校へ。久しぶりに訪れた。一般研究を聞き,東京書籍との共同研究のポスター発表を確認する。柴田先生と中座。

| | コメント (0)

JSET理事会等(7/20)

溜池山王のJAPET&CECへ。JSET事務局会議では理事会案件の事前ブリーフィング。理事会議案準備など。会長副会長会議では法人化準備打合せ等。その後に理事会。全国大会2回化を踏まえた諸々の課題を審議で案件多数。美馬先生の後任として理事懇親会は担当に。

| | コメント (0)

JSET研究会at鹿児島大(5/18)

ナベ号で鹿児島大学へ。受付が混雑しているぐらいたくさんの人たちが参加。発表は42件。実践研究が多い印象なのは,南九州地区の特性か。参加者数を見込んで用意された100冊の研究報告集は売り切れたとのこと。蒸し暑い雨模様の中,大山幹事や会場担当の山本先生はじめスタッフの方々の献身的な動きに頭が下がった。
ぼくの関連発表は以下の通り。

○中川哲, 殿岡貴子, 清遠和弘, 早津政和, 堀田龍也(2019.5)
小学校算数科・社会科の学習者用デジタル教科書における操作ログから見た活用実態に関する一考察 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.1-8
○泰山裕, 堀田龍也(2019.5)
新学習指導要領における教科等・校種ごとの情報活用能力の特徴整理 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.23-30
○佐藤和紀, 泰山裕, 楠本誠, 堀田龍也, 大本秀一(2019.5)
ICT研修ファシリテーター養成講座における学習観と研修設計の関係に着目した分析 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.31-38
○小田理代, 登本洋子, 堀田龍也(2019.5)
日本の中等教育・高等教育におけるコンピュータサイエンスに関する学習の系統性の整理 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.61-68
○渡邉光浩, 堀田龍也(2019.5)
1人1台端末を活用した小学校の授業における児童の操作の特徴 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.77-84
○板垣翔大, 佐藤和紀, 中川哲, 礒川祐地, 山本朋弘, 中野博幸, 久保田善彦, 梅田成二, 堀田龍也(2019.5)
micro:bitが配布された小学校200校を対象としたプログラミング教育の実施状況に関する調査 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.135-142
○礒川祐地, 佐藤和紀, 山本朋弘, 遠藤みなみ, 堀田龍也(2019.5)
IoT教材を活用した小学校プログラミング教育の講義に対する大学生の意識分析 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.143-151
○山本朋弘, 佐藤和紀, 礒川祐地, 遠藤みなみ, 堀田龍也(2019.5)
IoT教材を用いた授業を体験した大学生の小学校プログラミングへの理解深化に関する一考察 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.159-166
○荒川詠美, 佐藤和紀, 手塚和佳奈, 泰山裕, 堀田龍也(2019.5)
平成29年告示小学校学習指導要領解説国語編における情報活用能力に関する記述の整理の試み 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.179-186
○新田梨乃, 佐藤和紀, 鈴木美森, 吉野真理子, 堀田龍也(2019.5)
児童生徒が情報モラルを自己評価するための検定教材の改善に関する教員・学生に対する意識調査 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.259-264
○佐藤正寿, 齋藤玲, 堀田龍也(2019.5)
小学校第5学年の社会科教科書の産業学習における情報技術の社会的影響の内容の変遷についての分析 日本教育工学会研究報告集, JSET19-2, pp.265-272

| | コメント (0)

鹿児島へ(5/17)

朝の飛行機で仙台→伊丹。板垣と合流してお昼を食べながら研究打合せ。伊丹→鹿児島。チェックイン後,中川さんを交えて研究打合せ。ナベ企画の前夜祭。

| | コメント (0)

JSET理事会等(5/11)

朝から上京。溜池山王のJAPET&CECへ。JSET事務局会議では理事会案件の事前ブリーフィング。総会議案準備など。会長副会長会議では新執行部体制の検討,法人化準備等。その後に理事会。全国大会2回化を始め案件多数。理事懇親会は欠席。

| | コメント (0)

水越敏行先生を偲ぶ会(4/27)

M大阪ガーデンパレスへ。水越敏行先生を偲ぶ会。80余名もの,水越先生を慕う教育工学関係者が集う。伸さんにご挨拶。黒上さん,木原さん,吉崎先生や村川先生など,一門のみなさんが丁寧にご対応されていた。
大阪大学人間科学部の教育技術学講座,教育システム工学講座は,当時まだ小学校教員だったぼくの憧れの研究室だった。水越教授のもと,次々に優れた人材が輩出された。研究はいずれもたいへん実践的であり,そしてまた実証的だった。ぼくが研究者として頼った仲間である黒上さんや木原さん,山内君などは,みんな水越先生の教え子だ。ぼく自身は水越先生に直接教わったわけではないけども,たいそう影響を受けたことは間違いない。水越先生は同門のみなさんには厳しい存在だったようだけど,ぼくらにはいつも腰が低く丁寧な方だった。そんな水越先生の周囲にはいつもたくさんの人がいて,今のぼくの研究室の目標となる姿になっている。
水越敏行先生,安らかにお眠りください。合掌。

| | コメント (0)

JSET将来計画WG(3/25)

朝の新幹線で上京。仙台駅で久しぶりに吉植先生とバッタリ会う。東京は快晴で,卒業式らしい若者がたくさんいた。JAPET&CECへ。年末に続き,日本教育工学会(JSET)の中期計画のための将来計画WGの集中会議。これからの人口減少社会に対応した健全な学会運営の確立と同時に,若い世代に運営を譲っていく営みでもある。美馬担当副会長の仕切りの将来構想WGに参加。鈴木会長や事務局,総務委員会で打合せ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧