学会

JSET事務局会議・理事会(7/20)

虎ノ門ヒルズのJAPET&CECへ.午前中は執行部・総務委員会と一緒に事務局会議.案件はそう多くないよねと言いながら,理事会の案件の確認をするも,やはり検討事項は今回も多数,お弁当を食べてから,編集委員会の間に関係者と次期体制などについて意見交換.理事会は今回も2時間15分.無事に終了.ぼくの会長任期もあと8ヶ月.

| | | コメント (0)

日本教育心理学会シンポジウムに登壇(7/15)

日本教育心理学会の研究委員会主催のオンラインシンポジウムに登壇.楠見先生@京大による企画,山田先生@横浜市立大が司会,登壇者は美馬先生@はこだて未来大,堀田,溝上先生@桐蔭横浜大,今井先生@慶應義塾大,指定討論者に白水先生@国研と楠見先生というメンバー構成.すごい人たちの中での,しかもおそらくぼくがもっとも教育心理学的ではない中での登壇で,どうやって合わせて行くか悩んだが,楠見先生のていねいなメールでのやりとりと,事前の打ち合わせの設定で,安心して取り組むことができた.そのうち(いつかな?),オンデマンドで公開されるらしい.

| | | コメント (0)

日本教育工学会研究会@鹿児島大(7/13)

朝から仲間と朝食.一緒に鹿児島大学へ.JSET研究会委員会の森本委員長@東京学芸大ほか,研究会委員会のみなさんが運営に尽力してくれていた.感謝.今回は関係発表も多く,合間にいろんな議論ができた.
今回の関連発表は以下の通り.

遠藤みなみ, 八木澤史子, 佐藤和紀, 堀田龍也(2024.7)
学術論文にみる若手教師に関する研究の動向
日本教育工学会研究報告集, JSET24-2, pp.163-170

彦田奨貴, 安里基子, 中川哲, 堀田龍也(2024.7)
学習の自己調整に対する意識の向上の促進を目指した中学校理科における小テストCBTの試行と振り返りの分析
日本教育工学会研究報告集, JSET24-2, pp.230-237

渡邉光浩, 堀田龍也(2024.7)
教職課程における新科目「情報通信技術を活用した教育の理論及び方法」のICT活用指導力を向上させる効果に関する分析の試み
日本教育工学会研究報告集, JSET24-2, pp.183-190

安里基子, 堀田龍也(2024.7)
小学校の社会科教科書に掲載されているQRコードからリンクしている学習コンテンツの分類
日本教育工学会研究報告集, JSET24-2, pp.260-267

大久保紀一朗, 遠藤みなみ, 佐藤和紀, 堀田龍也(2024.7)
中学校国語科における文章理解モデルを援用したメディア読解について学ぶ学習の実践と評価の試み
日本教育工学会研究報告集, JSET24-2, pp.268-275

| | | コメント (0)

日本教育心理学会の企画シンポジウム打合せ(7/4)

オンラインで日本教育心理学会の企画シンポジウムの打合せ.ぼくの担当は初等中等教育における生成AIの利活用について.高等教育を溝上先生@桐蔭横浜大,社会へのインパクトを美馬先生@はこだて未来大,記号接地との関係について今井先生@慶應義塾大,指定討論には楠見先生@京大,白水先生@国研,司会進行を山田先生@横浜市立大学.豪華なメンバーの中でちょっと不安.でも楠見先生の調整で立ち位置が明確になったのでがんばろう.

| | | コメント (0)

JSET業務改善特別委員会ヒアリング(5/21)

日本教育工学会(JSET)では,理事会の外側に,業務改善特別委員会を設置し,JSETの業務改善について検討していただいている.業務改善の目的は,もちろん安定経営,会員サービスの向上,コストダウン,役員や委員の負担軽減などで,結果としてJSETの研究の質向上や研究コミュニティの凝縮度を上げるため.特別委員会は,山内先生@東大,村上先生@阪大を中心にお願いしており,昨年度中に4人の副会長に所掌範囲を中心にヒアリングをしていただいている.今日は会長として2時間超のヒアリングとディスカッション.終了後は山上会館に場所を変えて議論の続き.クリティカルに学会経営を見てくれる人たちに感謝.会長としての4年間(まだ丸3年とちょっとだが)を振り返る良い機会をいただいた.疲れ切って帰宅.

| | | コメント (0)

JSET事務局会議・理事会(5/18)

疲れがたまっているのか,喘息気味.虎ノ門ヒルズへ.JAPET&CECで午前中は執行部・総務委員会と一緒に事務局会議.理事会の案件の確認.今回も案件多数,時間内に終わらず.お弁当を食べながら続行.編集委員会の間に関係者と次期体制などについて意見交換.理事会は今回も2時間以上かかったが無事に終了.帰りは新宿に寄って買い物して帰宅.

| | | コメント (0)

JSET研究会@秋田大(5/11)

前日のうちに秋田入り.食事会に遅れて参加.宿にチェックイン.
秋田大学へ.JSET研究会委員会の森本委員長@東京学芸大が外で案内してくれていた.いつもそうだ.本当にありがたい.会場校の細川先生に挨拶.午前中に2時間×1コマ,午後に2時間×2コマの研究発表を聞き,挙手して質問をいくつか.休み時間等にいろんな人とディスカッション.充実した時間だった.
今回の関連発表は以下の通り.

堀田雄大, 八木澤史子, 三井一希, 佐藤和紀, 堀田龍也(2024.5)
授業の事後検討会でのチャット活用による教員の実態に関する事例調査
日本教育工学会研究報告集 JSET24-1 pp.79-85

登本洋子, 齋藤玲, 堀田龍也(2024.5)
高校における探究的な学習と資質・能力に対する学習者による省察と展望
日本教育工学会研究報告集 JSET24-1 pp.134-137

中川哲, 池田伸吾, 辻慎一郎, 堀田龍也(2024.5)
中学校英語科の定期考査におけるCBT導入の事例調査
日本教育工学会研究報告集 JSET24-1 pp.209-214

| | | コメント (0)

JAEMS研究会@長崎大(3/17)

a_20240317102501b_20240317135301朝から次第に雨がひどくなる.お昼のパンと傘を買って,日本教育メディア学会研究会のため長崎大学へ.瀬戸崎君に挨拶.佐藤君や大久保君の発表ほか,発表を聞いたり質問したりなど.生成AIの学生による活用による影響等,児童生徒の理解や懸念等の発表が多かった.今回も山本研@中村学園大学ががんばっていた.
今回の関連発表は以下の通り.
大久保紀一朗, 佐藤和紀, 三井一希, 板垣翔大, 泰山裕, 堀田龍也(2024.3)
学習指導案の作成に生成AIを利用する学修による教員養成課程の学生の理解と有用感に関する調査結果の分析
日本教育メディア学会研究会論集 56 pp.164-170

佐藤和紀, 大久保紀一朗, 板垣翔大, 泰山裕, 三井一希, 堀田龍也(2024.3)
小学生による生成AIが生成した写真の判断に関する実態調査
日本教育メディア学会研究会論集 56 pp.51-57

| | | コメント (0)

日本教育工学会2024年春季全国大会(3/2-3)

3/2:早朝に起床.朝食を食べて早めに熊本大学へ.会場周辺を見て回る.朝一はチュートリアルセッションに立ち会う.100名ほどが参加で関係づくりで盛り上がる.その後は各セッションを見て回りつつ,関係者控室で打合せ等.時々受付で状況確認.お弁当を食べながら状況の情報共有.美馬副会長と打合せ.午後は質問したり,いろんな役員と学会運営について情報共有したり.高橋と文部科学省関係の打合せ.終了後すぐにバスで宿に戻り,懇親会へ.
3/3:朝一で熊本大学へ.各会場を見て回る.関係者控室でいくつかの相談事.早めにお弁当を食べて,シンポジウム会場でセッティングなどの準備.確認終了後,SIGセッションを見て,すぐに代議員総会.議長として挨拶語,4つの議案を無事に議決.提案者の室田副会長,監事の鈴木先生に感謝.休憩を挟んで全体会.ここでも会長として挨拶.その中で学会運営に触れる.全体会終了後はシンポジウムに登壇.熊本でのGIGAの取組の実践報告を受けて指定討論者として,1)ICT活用推進と授業観変容のために「効いた」策は何か,2)これまでの教育工学研究とどのように「接続」するかについて質問をした.終了後はヘロヘロ.

今回の関連発表は以下の通り.

○佐藤和紀, 織田裕二, 堀田龍也(2024.3)
生成AIが生成した混成型テキストの小学生による読解に関する調査
日本教育工学会 2024年春季全国大会講演論文集 pp.659-660

○宮西祐香子, 中川哲, 長濱澄, 堀田龍也(2024.3)
中学生の家庭学習における英語デジタル教科書の音声機能活用と音声に対する意識の変化に関する一検討
日本教育工学会 2024年春季全国大会講演論文集 pp.471-472

○三井一希, 堀田龍也(2024.3)
小学生を対象とした「学習に対するやる気」に関する実態調査とARCSモデルを学ぶ学習プログラムの設計
日本教育工学会 2024年春季全国大会講演論文集 pp.485-486

○中原結, 山本朋弘, 佐藤和紀, 三井一希, 堀田龍也(2024.3)
1人1台の情報端末を家庭学習で活用した事例の特徴
日本教育工学会 2024年春季全国大会講演論文集 pp.533-534

○大久保紀一朗, 佐藤和紀, 三井一希, 板垣翔大, 泰山裕, 堀田龍也(2024.3)
教員養成課程の学生が学習指導案の作成に生成AIを活用したことによる意識の変容の検討
日本教育工学会 2024年春季全国大会講演論文集 pp.189-190

○槇誠司, 中野博幸, 遠藤伸子, 大沼久美子, 古賀竣也, 板垣翔大, 堀田龍也(2024.3)
養護教諭の統計的リテラシーに関する調査 ―養護教諭のための手引書作成に向けて―
日本教育工学会 2024年春季全国大会講演論文集 pp.509-510

○板垣翔大, 長榮あすか, 新田佳忠, 石橋康大, 安藤明伸, 堀田龍也(2024.3)
共同編集環境下でプログラミングを行った小学生の意識の調査
日本教育工学会 2024年春季全国大会講演論文集 pp.283-284

○泰山裕, 佐藤和紀, 大久保紀一朗, 三井一希, 板垣翔大, 堀田龍也(2024.3)
学習の個性化を目指した授業に対する認識に影響する学習および指導の価値観と校種による違いの検討
日本教育工学会 2024年春季全国大会講演論文集 pp.595-596

○若松俊昌, 板垣翔大, 大沼久美子, 遠藤伸子, 久保田美穂, 松﨑美枝, 堀田龍也(2024.3)
保健室の来室情報記録システムの集計機能の試用と評価
日本教育工学会 2024年春季全国大会講演論文集 pp.453-454

| | | コメント (0)

JSET事務局会議・理事会(3/1)

熊本駅でレンタカーを返却.天外天.アミュプラザのスタバで仕事.宿にチェックイン.熊本大学黒髪北キャンパスへ.学生時代に法学部や教育学部の友人のところに遊びに行っていた頃以来で懐かしかった.全学教育棟に行き,実行委員会の本部で戸田委員長ほか関係者にご挨拶.事務局会議.早めに終了し,その後に理事会.25分ほどで終了.早めに宿に戻り,シンポジウムの準備など.

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧