堀田研

桑木さん博士論文予備審査(12/1)

桑木さんの博士論文の予備審査。主査は和田先生。課題はいろいろ指摘されたけど無事通過。

| | コメント (0)

第58回メディア教育論ゼミ(11/15)

朝からメディア教育論ゼミ@オンライン。8人の発表。オブザーバーも2名参加。八木澤さんが博士論文の佳境。村井さん,小田さんが,査読論文書き分けと投稿準備の段階に至っている。中川さんも先が見えてきた。ほかの院生たちも着実に研究を進めているし,リフレクションも協働的になってきている。すばらしい。ゼミ記録は小田さん。

| | コメント (0)

第57回メディア教育論ゼミ(10/4)

朝からメディア教育論ゼミ@オンライン。8人の発表。OB等も参加。院生たちは着実に研究を進めており,今日も充実の報告だった。今回のキーワードはDX。一見異なっているそれぞれのテーマも,鳥瞰すると似ている部分があるということ。ゼミ記録はナベ。

| | コメント (0)

第56回メディア教育論ゼミ(9/6)

朝からメディア教育論ゼミ@オンライン。9人の発表。OBの参加がもっとあればいいのにと感じる。院生たちは着実に研究を進めており,それぞれの自己調整の程度が見え隠れする。大久保君と山本先生が学生としては最終回。2ヶ月ぶりということでぼくも話しすぎる。ゼミ記録は村井さん。

| | コメント (0)

日本デジタル教科書学会@オンライン(8/10-11)

1日目は若手優秀賞審査会から参加。他会議と並行だったため,細かいことは聞き取れず。でも安里が堂々と発表していたのはよく理解できた。セッションCで柴田先生発表を拝聴。夕方は表彰式を傍聴,安里が若手奨励賞を受賞。よくやった。2日目は安里発表。

| | コメント (0)

メディア教育論ゼミ夏合宿@オンライン(8/1-2)

1_20200802154901メディア教育論ゼミの夏合宿は,例年,白石温泉にて実施されているが,今年度はオンラインで実施。例年は2泊3日だが,最低限のセッションだけに絞り込み1泊2日で実施。今年度もナベ幹事長はじめ幹事団が入念に準備しており,安定的な運営だった。講師の先生方から,大きな視点での御指導をいただき,院生たちがグッと成長する機会になった。みんなおつかれさま。

| | コメント (0)

JSET研究会@オンライン(7/11)

群馬県で行われる予定だったJSET研究会がオンラインで行われた。在宅で参加できるのはとても便利。スタッフのみなさんは見えないところでいろいろ苦労があるのだと思うけども。おつかれさまです。 ぼくの関係した発表は以下の通り。
○八木澤史子, 堀田龍也(2020.7)
1人1台の情報端末を活用した小学校の授業における教師の教授知識の傾向
日本教育工学会研究報告集 JSET20-2, pp.99-106

○渡邉光浩, 佐藤和紀, 柴田隆史, 堀田龍也(2020.7)
日本語キーボード入力の指導方略に関する研究
日本教育工学会研究報告集 JSET20-2, pp.59-64

○鈴木美森, 佐藤和紀, 三井一希, 中川哲, 山本朋弘, 堀田龍也(2020.7)
プログラミング教育推進校の実践事例における教材の使用傾向に関する調査結果
日本教育工学会研究報告集 JSET20-2, pp.107-114

| | コメント (0)

第54回メディア教育論ゼミ(7/5)

朝一でメディア教育論ゼミ@オンライン。すっかり板に付いてきた。10人の発表。オブザーバーの方々の少し離れたコメントに価値あり。院生たちは着実に研究を進めている。今回は,研究コミュニティであるゼミへの貢献について話す。ゼミ記録は正寿先生。

| | コメント (0)

第51回メディア教育論ゼミ(4/19)

コロナ対応でオンラインで第51回のメディア教育論ゼミ。OBも数名参加。博士後期課程・前期課程の順に9名の発表,みっちり議論。2時間半ほどで終了。いつものうなぎは無し。ゼミ記録はナベ

| | コメント (0)

博士論文ゼミ(3/23)

東京駅近くの貸会議室で,博士論文の作成に向けた少人数ゼミ。みっちり3時間。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧