東京学芸大

学芸大な休日(4/14)

チエルマガジンセミナーが行われた天王洲アイルからいったん帰宅してすぐに東京学芸大学へ.息子とその学生時代からの仲間の教員メンバーが研究室へ.孫は広い大学でたくさん遊んだようで,眠そうな帰路.気温の高い日だったが,いい1日になった.帰宅後スライド作成など.

| | | コメント (0)

立教大学へ(4/11)

朝早くから池袋駅へ.理事・経営企画の方々と待ち合わせして立教大学経営学部へ.中原君を訪問し,ビジネスリーダーシッププログラムについてご指南を受ける.忙しい中で迷惑をかけたが,たいへん勉強になった.

| | | コメント (0)

学芸大な1日(4/10)

少し早めに出勤.文部科学省とメールのやりとり.論文や発表予稿にコメント.文部科学省高校参事官とオンラインでDXハイスクールについて.日経新聞のオンライン取材.科研費の申請書類の作成.たまったメールを遅くまで片付けて帰宅.

| | | コメント (0)

学芸大な1日(4/9)

暴風雨.今日も電車の中は親子連れが多かった.悪天候の中,教育同人社から森社長と園田さんが来研,今後の共同研究等について議論.着任書類をようやく書き終わり提出.文部科学省と視学官・教科調査官会議についてやりとり.論文チェック.佐々木理事室で先端機構本部打合せ.研究室に戻り,講演依頼等の処理.原さんに支えてもらっていてホントに助かっている.感謝.

| | | コメント (0)

学芸大な1日(4/8)

いつもの時間に出勤.附属小は今日が始業式のよう.電車の中にも新入生と思われる子との親子連れが多数.電車も混んでいた.研究室に到着.朝から杉浦先輩@広島が来研.ぼくが20代中盤の小学校教諭の頃,パソコン通信でつながって学んだ先輩の1人.学芸大の数学科の先輩でもある.わざわざお越しいただき,懐かしかった.お昼を食べて,午後は山本先生@埼玉大と技術教育についてオンライン会議.東京都教育庁とオンラインで情報活用能力育成についての会議.着任書類は終わり切れず.夜は宝仙学園小に着任した尾形君を囲んで関係者と一献.その後,文部科学省に行きGIGAスタ研修打合せに顔を出す.

| | | コメント (0)

学芸大な1日(4/4)

研究室.午前中に諸々の書類を片付けるがまだまだ終わらず.原さんのiMacの設定など.届け物を取りに行きつつ教職大学院係へ.経営企画室から連絡があり,午後は会議.教職大学院情報教育サブプログラムのオリエンテーション.北澤先生,今井先生とご挨拶.今年度の入学者は3名とのこと.今年度着任のぼくの研究室を希望する学生はいないので挨拶だけして退散.研究室に戻って,書類のことなどを原さんと相談.定時で帰宅してカレー屋へ.整骨院.

| | | コメント (0)

学芸大な1日(4/3)

朝一でGoogleとオンライン打合せ.Macのアップデートが間際に走ってしまい出遅れる.宿題を預かって,着任書類への対応.科研費のこと.給与振り込み等のこと.午後にもう一度Googleとオンライン打合せ.たまったメールを半分ぐらい片付ける.スズキ教育ソフトから来研,研究打合せやEDIXのことなど.夜は久しぶりに一献@国分寺.

| | | コメント (0)

学芸大な1日(4/2)

時刻を少しだけ変えながら通勤.加固先生@附属小金井小が来研.オンラインで日経新聞の取材対応.お昼を食べたら書類書きやら研究環境の整備やらであっという間に夕方.文部科学省の歓迎会のため赤坂.

| | | コメント (0)

学芸大な1日(4/1)

初出勤(クロスアポイントメントだったので何度も来ているけども).研究室秘書として着任してくれた原さんにあらためてご挨拶.朝一で高橋君が研究室に寄ってくれ,紅茶を飲みながら近況共有.辞令交付のため曾我校長・丹野副校長がお祝いでくれた自転車で本部へ.濵田副学長から辞令(学芸大に採用,教職大学院教授,年俸制,学長特別補佐)をいただく.辞令をもらうなんて久しぶりだった.佐々木理事にご挨拶.研究室に戻ったら,いろんなところから観葉植物やお花が届いており,原さんがどんどん箱を開けて設置してくれた.学長面談のためにまた本部へ.國分学長からはDXについて力を発揮せよというご指示をいただく.研究室に戻って原さんとお昼.登本さんが来研,研究打合せ.夕方までは原さんのiMacのセットアップや部屋の片付けなど.夕方に高橋君と大村君がやってきて武蔵小金井駅近くでお祝い会をしてくれる.ごちそうさまでした.初日からヘロヘロ.

| | | コメント (0)

【ご報告】異動(4/1付)

(Facebookにも同時に報告しました)

2024/03/31をもちまして,東北大学大学院情報科学研究科を辞職しました.
東北大学にはちょうど10年在籍しました.
東北大学は,全国にいくつかしか指定されていない「指定国立大学」であり,現在はさらに「国際卓越研究大学」の最初の候補となっています.いわば上り調子の研究大学です.研究環境を含め,何1つ不満はありませんでした.
優秀な准教授として長濱先生を迎え,主査を務めた博士号取得者も2桁に届き,研究は順調でした.

還暦が近づき,60代の過ごし方として,定年までの残り5年をどう過ごすか考えるようになりました.
中央教育審議会等の重責もあるし,母校の東京学芸大学とのクロスアポイントメントもありました.日本教育工学会では会長も拝命しています.東京との往復が体力を奪うようになりました.

60歳になった2024/04/01付で,東京学芸大学教職大学院・教授として移籍することとなりました.クロスアポイントメントが解除され,母校に完全に本籍を移しました.東京学芸大学は国が指定する「教員養成フラッグシップ大学」の1つです.教員養成の在り方について考え,特に学校教育のDXに繋がるような教育・研究に携わる5年間にしたいと思います.

教職大学院では「情報教育サブプログラム」に所属します.また,博士後期課程「連合学校教育学研究科」では「教育方法論講座」に所属します. 研究室は附属学校の近くにあり,子供たちの声が聞こえます.素晴らしい環境です.
みなさま,今後ともよろしくお願い申し上げます.

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧