サービス

日図協デジタル教材戦略会議(9/13)

東京ガーデンパレスへ。日本図書教材協会の理事として桐生主任企画官@文部科学省教育DX推進室の講演を拝聴。業界を立てて踏み込んでお話しいただいたが,肝心の聴衆のほとんどがオンライン。その後にデジタル教材戦略会議。ぼくには正直,危機感が募った。

| | コメント (0)

EduA取材対応(9/9)

朝日新聞の取材のEduAの取材対応。キーボード入力を中心に,基本的な操作スキルについて。終了後,文部科学省教育制度改革室とオンラインで打合せ。

| | コメント (0)

チエルマガジンインタビュー(9/4)

チエルへ。恒例のチエルマガジンのインタビュー記事対応。10/9(日)AMのチエルマガジンセミナーの企画。終了後に学校コード検索の件など。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(8/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの19年目,2022年8月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

昨年度,登録者が85万人に達したキーボー島アドベンチャー。GIGA端末の活用のための基本的なスキルの修得としてキーボード入力から始めている学校が多くなったのだと思う。

2015−2019年度の5年間は,4月の登録学校数は400校強,登録児童数は8万人程度だった。これに対して,2020年度(昨年度)は,4月の登録学校数は400校強のまま,登録児童数は9万人程度で少し増えた程度だった(年度後半にものすごく伸びたけども:コロナ)。2021年度(昨年度)は,4月の登録学校数ですでに1,200校を超え,登録児童数は約24万人。2022年度(今年度)は,4月の登録学校数で2,100校を超え,登録児童数も40万人を超え,新記録となっていた。
その後,8月末の段階で登録児童数は75万人を超え,この時点での過去最高となった。サーバや回線負荷を鑑み,今年度からはフルクラウドでのシステム運用となっている。継続して運用していただいているスズキ教育ソフトに心より感謝申し上げます。

登録学校数 3,976校
登録児童数 750,570人

1年 63,517人
2年 79,937人
3年 150,088人
4年 154,514人
5年 145,412人
6年 146,783人

令和2年度学校基本調査によれば,全国の小学校は19,525校。現在の登録学校数は,その20.4%を占めることになる。
2020年度から全面実施となった小学校の新学習指導要領の総則には,「児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルは「学習の基盤」として各教科等における深い学びを支えていく。
キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算43,563人,学校数は11,939校。すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

朝日新聞取材(8/27)

新幹線で上京。朝日新聞の取材に対応。主としてデジタル教科書について。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(6/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの19年目,2022年6月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

昨年度,登録者が85万人に達したキーボー島アドベンチャー。GIGA端末の活用のための基本的なスキルの修得としてキーボード入力から始めている学校が多くなったのだと思う。

さて,年度が明けた2022年度はどうか。2015−2019年度の5年間は,4月の登録学校数は400校強,登録児童数は8万人程度だった。これに対して,2020年度(昨年度)は,4月の登録学校数は400校強のまま,登録児童数は9万人程度で少し増えた程度だった(年度後半にものすごく伸びたけども)。2021年度(昨年度)は,4月の登録学校数ですでに1,200校を超え,登録児童数は約24万人。2022年度(今年度)は,4月の登録学校数で2,100校を超え,登録児童数も40万人を超え,新記録となっている。
6月の段階で登録児童数は65万人を超えた。サーバや回線負荷を鑑み,今年度からはフルクラウドでのシステム運用となっている。スズキ教育ソフトに感謝。

登録学校数 3,523校
登録児童数 659,209人

1年 54,473人
2年 68,320人
3年 127,892人
4年 137,762人
5年 129,972人
6年 131,474人

令和2年度学校基本調査によれば,全国の小学校は19,525校。現在の登録学校数は,その18.0%を占めることになる。
2020年度から全面実施となった小学校の新学習指導要領の総則には,「児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルは「学習の基盤」として各教科等における深い学びを支えていく。
キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算42,450人,学校数は11,716校。すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(5/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの19年目,2022年5月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

昨年度,登録者が85万人に達したキーボー島アドベンチャー。GIGA端末の活用のための基本的なスキルの修得としてキーボード入力から始めている学校が多くなったのだと思う。

さて,年度が明けた2022年度はどうか。2015−2019年度の5年間は,4月の登録学校数は400校強,登録児童数は8万人程度だった。これに対して,2020年度(昨年度)は,4月の登録学校数は400校強のまま,登録児童数は9万人程度で少し増えた程度だった(年度後半にものすごく伸びたけども)。2021年度(昨年度)は,4月の登録学校数ですでに1,200校を超え,登録児童数は約24万人。2022年度(今年度)は,4月の登録学校数で2,100校を超え,登録児童数も40万人を超え,新記録となっている。
5月の段階で登録児童数は56万人を超えた。雨の日の10:00-10:30頃がもっともアクセスが集中している。サーバや回線負荷を鑑み,今年度からはフルクラウドでのシステム運用となった。スズキ教育ソフトに感謝。

登録学校数 2,990校
登録児童数 568,811人

1年 46,630人
2年 58,536人
3年 109,214人
4年 119,884人
5年 112,735人
6年 114,043人

令和2年度学校基本調査によれば,全国の小学校は19,525校。現在の登録学校数は,その15.3%を占めることになる。
2020年度から全面実施となった小学校の新学習指導要領の総則には,「児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルは「学習の基盤」として各教科等における深い学びを支えていく。
キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算41,440人,学校数は11,517校。すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

日経新聞取材(5/28)

日経新聞のオンライン取材に対応。教育データサイエンス事業について。

| | コメント (0)

チエルマガジン企画会議(5/23)

天王洲アイルへ。10月に発行されるチエルマガジンの企画会議。いい企画にまとまったかな。

| | コメント (0)

教育家庭新聞取材(5/13)

東京駅へ。西田さん@教育家庭新聞と合流。取材対応。鰻。新幹線で帰仙。雨。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧