研究

2017年の自己評価その2(研究編)

1)査読論文
これまででもっとも業績が上がった2017年だった。
情報処理学会誌に解説を書いた。これを含めて査読付き論文(採録決定含む)は,英文ジャーナル3本,日本教育工学会論文誌に8本,教育メディア研究に4本,教育情報研究に3本,教育システム情報学会論文誌に2本,学校図書館学研究に1本,情報処理学会トランザクションに1本の計20本が採録となった。特に相沢の修士論文が紆余曲折を経て査読論文となったことがうれしかった。博士後期課程の院生のみんなはほんとうによくがんばった。研究成果が査読論文として大きく世に出た1年となったことを感謝したい。

2)国際学会発表
SITE,E-LEARN,ICoME,LTLEなどに合計8本が掲載された。院生たちが育ったこと,共同研究が進んだことによる。昨年度に比べてさらに増加した。

3)研究報告
日本教育工学会の研究会で,新潟大学教育学部附属新潟小学校との共同研究の成果について発表した。情報処理学会CE研究会で基調講演をした。
これを含めて,日本教育工学会研究会に9本,情報処理学会CE研究会に4本,教育システム情報学会研究会に1本,電子情報通信学会技術研究報告に1本,情報コミュニケーション学会に1本の計16本の連名発表となった。その多くが査読論文に繋がっていった。

4)国内学会発表
日本教育工学会に9本,全日本教育工学研究協議会に6本,日本教育メディア学会に5本,日本アクティブ・ラーニング学会に2本,日本産業技術教育学会に2本,日本教育情報学会に1本,全国社会科教育学会に1本,教育システム情報学会に1本,情報コミュニケーション学会に1本の計28本の全国大会での連名発表となった。

5)著書
監修が3編,分担執筆が7編であった。
その他,教育調査研究所「教育展望」,教育開発研究所「教職研修」,小学館「総合教育技術」,チエル「チエルマガジン」,JEES「wutan」などに掲載された。

6)文部科学省科学研究費補助金
文部科学省科学研究費補助金の採択は,研究代表者として基盤研究(B)が1件,研究分担者として基盤研究(C)が3件であった。

7)共同研究等
チエル,スズキ教育ソフト,教育同人社,広島教販,内田洋行,DNPファインオプトロニクス,東京書籍,学研イノベーション,ACCESS,教育出版,三省堂との共同研究が進行した。たくさんの共同研究を行うことができたことに感謝したい。

これらの研究成果はすべてメディア教育論ゼミのWebサイトに掲載されている。

| | コメント (0)

プログラミング教育に関する学習会(12/19)

1_22
東北大学堀田研究室として鵜飼さん@Kings Collegeをお招きしてのプログラミング教育に関するディスカッション。同時期に帰国していた保坂さん@Microsoft本社など,関係者もお呼びし,堀田研の一部の関係者と一緒に小学校段階でのプログラミング教育を今後どのように進めて行くかという情報共有を行った。鵜飼さんのレポートはとても刺激的かつusefulだった。感謝。終了後は八重洲の居酒屋で鳥鍋懇親会。最終の新幹線で帰仙。

| | コメント (0)

すららでインタビュー調査(12/7)

M2の兪さんを連れて新幹線で東京へ。神田界隈でちゃんぽんを食べて時間調整。アポの時間になったのですららの湯野川社長にインタビュー。約1時間,オンライン学習サービスとしてのすららの考え方,強みなどについてお話をうかがった。たいへん勉強になった。東京駅で兪さんとリフレクション。その後,新幹線で帰仙。

| | コメント (0)

第29回メディア教育論ゼミ(12/3)

U第29回メディア教育論ゼミ。OBやゲストも参加。今日は発表者だけで13名。うち2名は博士論文予備審査直前の状況報告。ほかは研究の現状報告と詳細な議論。特に博士論文の構造や骨子について先例が増えてきて繰り返しの確認。投稿論文の採録は4件。ゼミ記録は村井さん。いつものうなぎ。

| | コメント (0)

第28回メディア教育論ゼミ(11/5)

U第28回メディア教育論ゼミ。研究の現状報告と詳細な議論。特に博士論文の構造や骨子について先例が増えてきて繰り返しの確認。投稿論文の採録が多く盛り上がる。今回は発表者がやや少なかったため,特に進学後まもない博士後期課程の院生の研究に厚めにコメント。ゼミ記録は八木澤さん。いつものうなぎ。

| | コメント (0)

北村研×堀田研合同研究会(9/20)

0920ita0920usu0920hori連日の片平キャンパス。東北大学電気通信研究所へ。北村先生@通研のインタラクティブコンテンツ研究室と,メディア教育論ゼミとの合同研究会。窪先生はじめメディア情報学講座の面々も参加。刺激的なプレゼンテーション,研究室紹介をしてもらう。立食懇親会も盛り上がる。慰労会をして帰宅。

| | コメント (1)

第27回メディア教育論ゼミ(9/10)

U第27回メディア教育論ゼミ。今回はゲストも含め20名の参加。そのため今回も時間がタイト。研究の現状報告と詳細な議論。特に博士論文の構造や骨子についての指示。投稿予定論文や国際学会,国内研究会での発表見通し計画,査読コメント対応などはちょうど一段落か。ゼミ記録は大久保君。

| | コメント (0)

柴田先生研究打合せ(9/9)

朝の新幹線で帰仙。柴田先生,佐藤君,板垣君と,調査研究のデザインについてディスカッション。柴田先生のきめ細かい実験デザインに感心のため息。

| | コメント (0)

国語×ICT談義(9/7)

細川先生@東京学芸大学やその院生たちと一献。国語や情報,メディア,ICT活用等についての議論。

| | コメント (0)

堀口秀嗣先生のご功績を称え思い出を語る会(9/3)

123
356「堀口秀嗣先生のご功績を称え思い出を語る会」が学士会館で行われた。
堀口秀嗣先生は,ぼくの東京学芸大学時代の恩師であり,教育工学の道に導いていただいた方だ。コンピュータの教育利用,とりわけ教師や児童がICTを活用してよりよい教育を実践するということについて薫陶を得た。半年ほど前に急逝された。享年70歳。
この日,70余名の参加を得て,盛大に会が行われた。第1部は功績を称える会として,堀口秀嗣先生の学術的,実践的,教育的な貢献について,横断的・縦断的に整理し発表された。NICER時代の上司の清水康敬先生,東京学芸大学時代の同僚の赤堀侃司先生,堀口秀嗣先生が立ち上げから深く関わられた日本教育情報学会の会長の林徳治先生がご挨拶をなさった。奥様のお言葉で締めた後,第2部は思い出を語る会として,会食形式で実施。ここでは,ICUと筑波大学と国立教育研究所で同僚だった大学時代の同期の及川昭文先生,筑波大学で堀口秀嗣先生の助手の後任を務められた東原義訓先生,堀口秀嗣先生の最初の大学院生であった村瀬康一郎先生,FCAI関連書籍の編集担当だった鳥飼氏@元・文溪堂,CBI研究会で実践研究の議論の相手だった鳥居雄司先生,たくさんの内地留学生の代表として金俊次先生@米沢市がお話をされた。
実行委員長としての挨拶は緊張したし,涙を抑えることも何度かあったが,東京学芸大学堀口秀嗣研究室として会を企画・実行できたことを誇りに思う。
ご参加いただいたたくさんのみなさま,ありがとうございました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧