研究

奈良教育大教育DX研究室を訪問(9/14)

京都駅で八木澤さん@千葉大,長濱・川田の2人と合流。近鉄特急「あをによし」で奈良へ。小崎先生@奈良教育大と合流してランチ。奈良教育大に移動し,奈良県教委の先生方を交えて,奈良県のGIGAの現状や,活用の成否を決める変数について議論。教育データの利活用の観点からどのように分析していくかについて検討。西端先生@畿央大も合流して議論の続き。

| | コメント (0)

緒方先生@京都大打合せ(9/13)

長濱君,川田君と一緒に,緒方先生@京都大学と打合せ。これからの教育データの利活用について。初等中等教育におけるラーニングアナリティクス研究について。今後の連携の具体についてなど。長濱・川田の2人と反省会をして解散。

| | コメント (0)

JSET2022秋季全国大会関連発表(9/11)

今回の全国大会の関連発表は以下の通り。

○安里基子, 木藤葵, 佐藤和紀, 堀田龍也(2022.9)1人1台情報端末の環境下におけるクラウドを用いた学校間交流学習の試み(1) -児童の共同編集の経験を踏まえた実践の設計-, 日本教育工学会, 2022年秋季全国大会講演論文集, pp.503-504
○木藤葵, 安里基子, 佐藤和紀, 堀田龍也(2022.9)1人1台情報端末の環境下におけるクラウドを用いた学校間交流学習の試み(2) -児童の振り返りの文章の分析-, 日本教育工学会, 2022年秋季全国大会講演論文集, pp.513-514
○手塚和佳奈, 佐藤和紀, 堀田龍也(2022.9)写真を読み取る力の育成を目指した学習指導を繰り返し行うことによる個人内の変容に関する考察, 日本教育工学会, 2022年秋季全国大会講演論文集, pp.501-502
○泰山裕, 佐藤和紀, 三井一希, 板垣翔大, 大久保紀一朗, 逆瀬川愛貴子, 堀田龍也(2022.9)1人1台端末を前提とした「学習の個性化」を目指す授業の設計・実施・評価の際の検討事項 に関する調査, 日本教育工学会, 2022年秋季全国大会講演論文集, pp.347-348
○稲木健太郎, 佐藤和紀, 泰山裕, 手塚和佳奈, 堀田龍也(2022.9)1人1台の情報端末でウェブ情報にアクセスしている児童によるウェブ情報の収集方法に関する振り返りの分析, 日本教育工学会, 2022年秋季全国大会講演論文集, pp.247-248
○槇誠司, 中野博幸, 堀田龍也(2022.9)学習指導要領解説における統計的リテラシーに関する項目の分類 -中学校社会編及び理科編の分析を通して-, 日本教育工学会, 2022年秋季全国大会講演論文集, pp.499-500
○中尾教子, 高橋純, 堀田龍也(2022.9)校内研究を対象とした研究の学習指導要領改訂前後の動向, 日本教育工学会, 2022年秋季全国大会講演論文集, pp.329-330
○八木澤史子, 安里基子, 遠藤みなみ, 大久保紀一朗, 堀田龍也(2022.9)1人1台の情報端末を活用した授業に関する研究の実態把握, 日本教育工学会, 2022年秋季全国大会講演論文集, pp.405-406
○板垣翔大, 勝又吾羽, 柴田隆史, 堀田龍也(2022.9)AIの骨格検出技術を用いた体の大きさとカメラの画角に依らない視距離推定手法の提案, 日本教育工学会, 2022年秋季全国大会講演論文集, pp.411-412
○大久保紀一朗, 佐藤和紀, 三井一希, 板垣翔大, 泰山裕, 堀田龍也(2022.9)発言をききながらコメントを入力する学習活動に対する児童の意識に関する検討, 日本教育工学会, 2022年秋季全国大会講演論文集, pp.235-236

| | コメント (0)

JSET秋季全国大会@川崎(9/10-11)

9/10:初日。カルッツ川崎へ。会場がまだ開かず大会実行委員会のアルバイトたちが玄関にいる時刻に到着。準備は急速に進んだ。渡辺大会実行委員長の差配,関係者のリードで,機能的に準備が進む。業務のデジタル化による簡素化の成功を感じる。舞台裏の動きを見ながら御礼を言って回る。朝一はチュートリアルセッション1。JSETにようこそというWelcomeセッション。ぼくは会長として10分話し,次に会員サービス担当副会長の村上先生@大阪大が詳細の案内をしてくれた。その後はポスターセッションを見て回り,挨拶をたくさん。企画セッションの重点活動領域の発表を聞く。お昼はカレー弁当を食べながら執行部で議論。午後は小田嶋教育長@川崎市とご挨拶の後,全体会で会長挨拶,論文賞と研究奨励賞の表彰。キーノートスピーチと,シンポジウム1での議論を聞いていろいろ考える。夜はゼミ生ほかと一献。対面学会ほんとに久しぶりだ。
9/11:2日目。カルッツ川崎へ。最初はチュートリアルセッション2で査読対応の話を聞く。ポスターセッションをぐるぐる見て回り,企画セッションも眺める。お昼はまた弁当を食べながら執行部で議論。午後はチュートリアルセッション3で著作権対応の話を聞く。その後,シンポジウム2で学校現場の教員と教育工学研究者の連携についてのディスカッションを聞く。現場との協働が教育工学の理論的枠組みを進化させるための議論の在り方について考えた。

| | コメント (0)

第75回メディア教育論ゼミ(9/4)

恒例のメディア教育論ゼミ@オンライン。OB・OGも合わせて12人の参加。博士課程の3人が発表。小田さんは最終審査を終えての苦労と手続きを話してくれた。査読クリアのニュースや,理論的枠組みの議論など。OB・OGからも近況報告など。ゼミ記録は小田さん。

| | コメント (0)

自己調整学習ができるようになるための教師の支援についての研究会(9/2)

午後から宇都宮へ。貸し会議室で,オンライン人事面接,人文系打合せ。その後,八木澤さんと稲木君が来て,標題の研究会の第1回。議論は止まらず,雨の中合流した安野君も交えて餃子屋で続き。最終に近い新幹線で帰仙。

| | コメント (0)

長崎大倉田研訪問(8/29)

福岡で墓参りの後,特急かもめに乗って長崎へ。長濱君・川田君と合流。関係者とデータ活用や生理指標などについての情報交換。
翌朝は倉田先生にお迎えいただき,長崎大学教育学部へ。藤本学部長と面会。倉田研究室で博士論文等の話。その後,鶴田係長はじめ長崎県教育委員会義務教育課のみなさんや,倉田研究室のゼミ生たちとゼミ。最後にぼくがQ&Aセッション。学生たちがいい質問をしてくれた。終了後,新地で太麺皿うどんを食べて長崎駅から特急かもめ。福岡空港で少し休憩して帰仙。長濱君に送ってもらう。

| | コメント (0)

板垣君が論文賞を受賞(8/20)

ぼくの研究室で博士号を取得した板垣@宮城教育大が,2つの学会で論文賞を受賞した。御指導いただいたすべての皆様に感謝致します。

■CIEC(コンピュータ利用教育学会)
板垣翔大,浅水智也,佐藤和紀,中川哲,三井一希,泰山裕,安藤明伸,堀田龍也(2021)
AIを活用したプログラミングを取り入れた授業が中学生のAIに対する意識に与える効果
コンピュータ&エデュケーション,51,pp.58-63

■日本産業技術教育学会
板垣翔大,千田優花,阿部博政,安藤明伸,堀田龍也(2021)
スマートデバイスとAIの骨格検出を用いたのこぎり引き動作の学習の実践と評価
日本産業技術教育学会誌,63(3),pp.371-378

| | コメント (0)

メディア教育論ゼミ夏合宿@オンライン(8/6-7)

メディア教育論ゼミの夏合宿は,コロナ期間中はずっとオンラインだったが,今年度こそということで山形県河北町で準備をしていた。しかし第7波の拡大により,全国各地から集い議論する夏合宿は実施できないとの判断で,今年度も残念ながらオンラインでに切り替え。今年度もナベ幹事長はじめ社会人幹事団が入念に準備してくれた。講師陣も,ゲスト参加者も増え,総勢35名での実施。講師の先生,オブザーバーのみなさん,OBOGのみなさんの本質的で厳しい御指導をいただき,院生もOBOGも成長する良い機会になった。ナベ(万年)幹事長を中心に準備してくれたみんな,参加してくださったみなさん,おつかれさまでした。来年こそは対面でできますように。

| | コメント (0)

鹿児島女子短大へ(7/23)

朝から鹿児島女子短期大学へ。ナベの研究室でみっちり研究の議論。息子がバイトしているお店でまぜそばとベルギービール。空港に送ってもらい,羽田へ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧