実践

ICT研修ファシリテーター養成講座(8/10)

N千代田放送会館へ。JSET×NHKによるICT研修ファシリテーター養成講座も4期生に。何度か行われる合宿型研修の年間カリキュラムのほんの1コマだけど,毎年担当させてもらっている。今回はNHK側のオーダーに対応するつもりで話をした。研究者と実践者と番組制作者による放送教育の中核育成。カズがよくがんばっていた。

| | コメント (0)

JEES教育シンポジウム(7/22)

J椿山荘へ。朝一で臨時理事会。理事再任のほか,新理事に佐藤正寿先生をお迎えすることが了承。
第6回JEES教育シンポジウム。昨年度から日曜日の午前中となっており,今年は多くの小学校が夏休み突入後とした。冒頭にJEES理事長として挨拶。笠井先生@国立教育研究所教育課程調査官/文部科学省教科調査官(算数)に,新学習指導要領で求められる算数の授業づくりの考え方について講演をいただく。その後,盛山理事,久下谷先生@お茶大附属小,藤川理事を交えてのパネルディスカッション。恒例の森副理事長の最後の挨拶の後,多くの若手と情報交換会。来年度も,同じ頃に,同じように実施することを決める。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(7/21)

朝から研究室へ。今日の講師陣も早めの到着。小野寺さん中心に院生たちがよく働いてくれてありがたい。セミナー準備。今回の連続セミナーは,みんなのコードから利根川CEOと竹谷主任講師にお越しいただき,ここから始めるプログラミング教育と題して,プログルの模擬授業を中心に実施。夏休み初日ということもあり100名を越える参加。その後,恒例の立食懇親会。こちらも盛り上がる。
終了後,新幹線で上京。関係者と二次会をして宿へ。

| | コメント (0)

笠岡市教委訪問(7/20)

早朝に自宅発。仙台空港から広島便へ。広教の手塚社長と合流。一路,岡山県笠岡市へ。途中,大雨災害の爪痕が痛々しかった。笠岡市も暑く,市教委の会議室で冷たいものをいただきながら高橋課長と教育の情報化について打合せ。岡田教育長にも御挨拶。笠岡ラーメン。

| | コメント (0)

常葉大で「らくらく授業支援」活用(7/16)

123常葉大学教育学部へ。祝日だが私学なので授業日とのこと。チエルマガジン取材を兼ねて「らくらく授業支援」の活用を学生たちに体験してもらう。あっという間に慣れた学生たちに,デジタル・ネイティブを感じる。佐藤カズは大学でもなかなか良い授業をしていて感心。佐藤研の学生たちには今回もお世話になった。

| | コメント (0)

仙台市立北六番丁小でキーボー島アドベンチャー(7/13)

鄂さんの修論相談を仙台駅のスタバで。とってもがんばっている。
仙台市立北六番丁小学校へ。伊藤校長に御挨拶。先に来ていた翟さんがすっかり児童と馴染んでいた。5年生の「キーボー島アドベンチャー」で学ぶ様子を参観。

| | コメント (0)

相模原市でプログラミング教育の実践(7/10)

S久しぶりの京王線で橋本駅へ。篠原担当課長にお出迎えいただいて,相模原市立久沢小学校へ。木原先生の5年社会,食料生産の課題を情報技術で解決に繋げるという位置付けでのプログラミングを取り入れた授業を参観。教科の深い学びに繋がっている素晴らしい実践だった。その後,「さがみはら教育」へのインタビュー記事の取材対応。

| | コメント (0)

千葉大学教育学部附属小公開研(7/7)

123早朝より稲毛駅へ。大木副校長にお迎えいただき,タクシー車内で情報共有。千葉大学教育学部附属小学校の公開研究会の2日目。ぼくはこの日しか参加できなかったけど,土曜日だったこともあり,たくさんの参加者が集う。25の授業公開,協議会等。暑い中,参観ダイエットになった。午後は記念講演ということで100分の講演をする。良い授業をたくさん見て気持ちが良かった。

| | コメント (0)

SONY×NED共同研究プロジェクトキックオフ(6/23)

MSONYのMESHの開発陣との共同研究プロジェクトのキックオフ会議。面白いプロジェクトメンバーが集まったこと,一緒にワークショップしたり懇親したりして仲良くなれたことがよかった。それにしても開発者の造詣の深さと,多くのワークショップ経験によって洗練された進行には感心した。カズとゆーちと2次会して解散。

| | コメント (0)

新宿区立四谷小校内研(6/22)

久しぶりに新宿区立四谷小学校へ。校内研にこの日だけ参加。定常的にお越しの西田先生@柏市にご同席させてもらう。9年前から2年間ほど指導助言を務めた同校は,校舎以外,すべての教員スタッフも子供たちも入れ替わっている。ICT環境も2巡目に入っている。当日はICT活用に一生懸命な先生方の姿が見られた一方,校内研における研究内容の蓄積と伝承の難しさを感じた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧