実践

上越教育大学附属中Apple Distinguished School公開研(2/22)

上越教育大学附属中Apple Distinguished School公開研で基調講演。附属中の取り組みの先進性が伺える報告を聞いて安心。私学の先生方が多く,公立学校の先生たちに声があまり届かないようで残念。

| | コメント (0)

京都教育大附属桃山小オンライン公開研究会(2/19)

京都教育大附属桃山小学校のメディア・コミュニケーション科研究発表会にオンラインで登壇。同校のメディア・コミュニケーション科(MC)は,2011年の研究開発学校指定の頃からの10年来のカリキュラム。ぼくは初期の段階から,メディア・リテラシー教育と情報教育の接点の議論で助言し,そこからICT活用,児童による1人1台の時代に向けた情報活用能力の育成等について関わってきた。当日はMC関連の全体発表を井上先生が,その後は各学年の実践報告,それから低中高の代表それぞれ1名とぼくで「学校がリードする情報社会の先の世界」という座談会。おもしろかった。もっと多くの人たちに聞いてほしかったな。

| | コメント (0)

筑波大附属小初等教育研修会(2/13)

朝一で青葉山。接続確認。筑波大学附属小学校では例年,2月のこの時期に全国の教員を2,000名から3,000名ほど集めて実施される学習公開・初等教育研修会だが,コロナ禍のためオンラインで学習公開が中止され,初等教育研修会として行われた。関わっている盛山先生率いる総合活動部会の研修会に登壇。STEM+の向かうべき方向について。

| | コメント (0)

今後の社会を見据えたICT活用研究会(2/10)

先端教育機構が事務局となっている「今後の社会を見据えたICT活用研究会」にオンラインで出席。これまでの意見を整理し,今後の方向について議論した。 中座して新幹線。東京に到着してすぐにオンラインで桑木さんの博士論文最終審査。

| | コメント (0)

第20回広島市立藤の木小ICT活用公開研(2/8)

The 20th 藤の木小学校ICT活用公開研究会」に参加。広島市内の学校にオンライン中継。これまでの同校に関わってきた先生方や文部科学省,総務省関係者等がZoomで参加。教育委員会の方々は現地で参加というハイブリッドな授業研。中島先生の5年社会の授業の後,木村君@京都が指導助言,その後にぼくが40分間でこれまでの10年を振り返る講演。 藤の木小との出会いは,フューチャースクールの平成22年(2010年)だった。当時の堀校長と意気投合し,未来を見た授業づくりに協力してきたつもりだ。時代は大きく変わってこれからGIGAスクール。今までの10年間の同校の歩みはたいへん貴重な記録だ。島本校長先生,おつかれさまでした。

| | コメント (0)

関西大学初等部公開研(2/6)

開校10年となる関西大学初等部の公開研究会。今年はオンライン。主たるテーマはミューズ学習。ぼくは2013−16年頃に深く関わった学校だ。 現在のミューズ学習の中核の山本先生はじめ,諸先生方から各学年での取組の説明。公開研より系統的に聞くことができ,オンラインの良さを活かしたと言えるだろう。その後,古本先生による6年生2学級の合同授業を公開。各自が情報端末と思考ツールをしっかり使いながら個別や協働でどんどん問題発見をしていく。それが解決に値する問題か,調べられる問題かを吟味し,今後の思考戦略を計画シートに書き込んでいく。たった45分でここまでできるのかと感心する授業。石井君の解説もよかった。 授業後,黒上先生,古本先生とぼくで鼎談。その後,まずはぼくからミニ講演。関わっていた当時の様子を伝えながら,今日,思考ツールを実践する意味について,先日の大学入学共通テストに繋げる形で説明。黒上先生からは主にメタ認知や,教科の越境などによる学校カリキュラムについて整理された。お役目を果たせてホッとした。

| | コメント (0)

仙台市立錦ヶ丘小校内研(2/1)

仙台市立錦ヶ丘小学校へ。菅原校長と打合せ。5校時に6年家庭科の授業を参観。市教委の方々とお話ししながらプレゼン作成。広い部屋で先生方と離れて講演。情報社会とテクノロジーと家庭科教育の話。やっぱり現場はいいな。

| | コメント (0)

研数学館「算数・数学連続セミナー」(1/24)

お昼に青葉山。一般財団法人研数学館による「算数・数学連続セミナー」に1年半ぶりにオンラインで登壇。あっという間に定員を見たし,200名で締め切ったとのこと。今回はGIGAスクール構想に代表される教育の情報化の動向をという依頼。大学入学共通テストの問題の話から入り,これからの時代に求められる学力の話から入るようにした。ぼくの後には,この連続セミナーを企画している細水先生と盛山先生のご講演。ためになった。夜はオンラインでマスターゼミ,その後にオンラインでカズ打合せ。

| | コメント (0)

南信州遠隔教育セミナー(1/23)

午前中は諸々の準備。お昼に青葉山。信州大学が中心で,文部科学省の事業の報告セミナーとして,南信州の14市町村の連携による「南信州遠隔教育セミナー」。南信地区の自治体の連携,県教委との連携,信州大との連携など,長い時間かけて築いた信頼関係による積み重ねを感じた。ぼくは基調講演,その後の実践報告を踏まえて東原先生とパネルディスカッション。400余名が登録したセミナーだったが,実践がすばらしくとても勉強になった。 終了後,片付けをして帰宅。翌日のスライド作成。

| | コメント (0)

オンラインで台北日本人学校校内研(1/20)

taipei足かけ6年,12回目の台北日本人学校の校内研修。前回の7月に引き続き今年度はオンライン。現地に行って先生方のがんばりをこの目で見ることができないのがとても残念(小籠包も台湾麦酒も残念)。清水先生はじめ研究部の報告の後に50分の講演。最終回ということもあり,本校の研究の価値についてつい熱めに語ってしまった。日本ではGIGAスクール構想で令和の教育の学習環境が飛躍的に進んでいる。台北日本人学校もぜひこれからもぜひがんばってほしい。長い間,ありがとうございました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧