セミナー

たつの市全教員向けに講演(6/19)

たつの市赤とんぼホールへ。たつの市内の小中学校の教員に対する悉皆研修。500名ほどの先生方を前に,御津小での実践から,次期学習指導要領で期待される学習活動,これからの指導等について講演。終了後,伊丹空港から帰仙。

| | コメント (0)

New Education Expo 大阪で講演とパネル(6/17)

NNew Education Expo 大阪。早めに入って午前中のアクティブ・ラーニングのセッションを拝聴。お昼は関係者と。13:00から教育の情報化の現状に関する特別講演。15:40からプログラミング教育に関するパネルディスカッション。いずれも東京に引き続き300名を超える聴衆が入った。たくさんの方と名刺交換。大久保社長と内田洋行新川オフィスへ。懇親会に出席。中座。

| | コメント (0)

JEES教育シンポジウム(6/11)

J椿山荘にて第5回JEES教育シンポジウム。今年は日曜日の午前中にした。椿山荘ではたくさんの結婚式が行われていて,ジューンブライドの花嫁さんを多く見かけた。柳瀬先生から理事長を受け継いだ初めてのシンポジウム。藤川理事や盛山理事に助けられ,またご講演の無藤先生@白梅学園大学や,登壇してくれた新保校長,皆川指導主事などのおかげで盛会だった。森副理事長の最後の挨拶も秀逸。終了後は立食での情報交換会。若手のみなさんと話す。

| | コメント (0)

New Education Expo 東京で講演とパネル(6/3)

NeeNew Education Expo 東京。大久保社長と黒上先生と一緒にお弁当。13:00から教育の情報化の現状に関する特別講演。15:40からプログラミング教育に関するパネルディスカッション。いずれも300名を超える聴衆が入った。たくさんの方と名刺交換。高橋号で内田洋行新川オフィスへ。懇親会に出席。中座。

| | コメント (0)

仙台市小学校視聴覚教育研究部会で講演(5/30)

仙台市立錦ヶ丘小学校へ。仙台市小学校視聴覚教育研究部会の第1回全体会で講演。暑い中,体育館で多数の先生方が聞いてくださった。次期学習指導要領の改訂に関する細かい話,それに対応したICT活用,これらと放送教育・視聴覚教育との関係について。終了後,同校の八島校長ほか,視聴覚部の校長先生方とお話しする。
夜は板垣会。研究室の運営の影武者になってよくやってくれている御礼。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(5/27)

1会場準備の様子を確認して,研究室で待機。池田先生と何度もやりとり。進行の最終打合せ。
情報リテラシー連続セミナー@東北大学。今回の登壇者の池田先生は,「実技としての国語教育」と「学級担任論」に主張をお持ちの先生。情報リテラシーとのつながりが深いとみてお呼びした。仙台市内の運動会等と衝突した日程であったが,お越しいただいたみなさんはワークショップにとても満足。その後,恒例の立食懇親会。それから池田先生を囲む会。

| | コメント (0)

EDIXで講演(5/19)

123EDIX会場へ。講師受付をした後,展示会を見て回る。今年も盛大。特に,定番の提示機能,無線LAN,そしてプログラミング教育がフィーチャーされていた。ぼくのセミナーは約300名もの参加で驚いた。次期学習指導要領とICT環境整備について解説した。名刺交換多数。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(4/15)

123会場準備の様子を確認して,研究室で待機。曺先生@KERISが来研。プレゼン打合せ。情報リテラシー連続セミナー@東北大学。今回の登壇者の曺先生は,日韓の教育の情報化,とりわけデジタル教科書・教材の導入についての詳細な知見をお持ちの方。先達としての韓国の状況を知ることができ,参加者がみな満足できた。その後,恒例の立食懇親会。遠くから来た仲間といつものように一献して帰宅。

| | コメント (0)

JAET「教育の情報化」実践セミナーin仙台(3/19)

J朝から車検で預けていた車を取りに行き,会場のNTTドコモへ。お弁当を食べながら打合せ。
JAET「教育の情報化」実践セミナーin仙台は,稲垣君@東北学院大の仕切りで大盛況。東原先生@信州大もご指導にお越しになる。ぼくは基調講演を担当。講演後に失礼して中座,上京。

| | コメント (0)

情報リテラシー連続セミナー@東北大学(3/11)

123情報リテラシー連続セミナー@東北大学。今回の登壇者は,算数の授業名人の盛山隆雄先生@筑波大附属小。深い教材研究に支えられた授業実践を,プログラミング的思考に引きつけて多数ご紹介いただいた。定員を大きく超えた参加者がみな満足できた。その後,恒例の立食懇親会はもつ鍋。遠くから来た仲間と一献して帰宅。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧