日常

天草へ(11/3-5)

123羽田空港から福岡空港経由でAMX最終便。空港でレンタカーを借りて帰宅。いつものお店。久しぶりに高校の同級生と会って情報交換。
翌日は諏訪神社にお参りして,おふくろを迎えに。元気で何より。買い物,昼食,自宅で冬支度など。夕方に送っていく。
帰りは早朝にレンタカーを返却。天草空港でシマノタネの木下さんと打合せ。AMXからのANAで帰仙。

| | コメント (0)

久しぶりのダウン(10/29)

24日(水)の懇親会で熱が出て早めに退散して休んだものの,25日(木)は朝から高熱。小野寺さんにお休みを伝えて病院に。午後の山梨行き,夜の懇親会はキャンセル。26日(金)は三井君@北杜市のプログラミングの授業の収録に立ち会う予定だったがこれもキャンセル。都内でのチエルとの打合せもキャンセルして自宅休養。27日(土)は少し持ち直したと思って連続セミナーに対応,しかしあっという間にぶり返して,立食懇親会を中座して帰宅。28日(日)はメディア教育論ゼミを欠席してSlackでコメントだけに。29日(月)は山形県立村山産業高校を訪問する予定をキャンセル。2回目の病院に。最低限のメール等の返信はしたものの,この数日で終わる予定だった2つの大きな原稿はまったく手つかずとなってしまった。
2年前より昨年は仕事を減らし,昨年より今年は仕事を減らしたけども,寄る年波には勝てぬということ。自重して再起動。

| | コメント (0)

息子の引っ越し(9/17)

K天草のおみやげを持って息子の引っ越しへの協力。搬出も搬入もあっという間。片付けられる範囲で精一杯協力。2人の息子たちとたのしく食事して解散。

| | コメント (0)

天草へ(9/15-16)

A1A2A3AMXで天草空港へ。弟と合流。昨日退院後の母の様子を見に行き,一緒に買い物や食事をする。部屋のレイアウト変更など。今回は一安心。帰りのAMXも(珍しく)順調。東京まで戻る。

| | コメント (0)

天草へ(8/18-20)

A家族で福岡へ。弟家族と会食。翌朝のAMXで天草へ。レンタカーで実家,母の病院へ。久しぶりの孫たちの顔に喜んでくれてよかった。夜は丸高で美味しくおでん。最終日は墓参り,老人ホーム訪問,病院,買い物等を済ませて天草空港へ。AMXが1時間遅れ,福岡からのANAは手荷物検査ギリギリで乗せてもらうことに。羽田空港で息子たちとトンカツを食べて帰仙。ぐったり。

| | コメント (0)

おがわ塾訪問(8/13)

浜松滞在を利用して,銀行に出かけた流れでおがわ塾を訪問。しばらくぶりに小川先生と会えた。熱心に個々の生徒の手助けをしている様子がよくわかった。また応援に行こう。

| | コメント (1)

天草へ(7/25-26)

A1A2A3快晴。朝の飛行機は順調。母も元気。あまりの暑さのためできるだけ屋内で過ごす。翌日,病院まで送っていった頃に,快晴なのにAMXが機体故障でまさかの欠航に。慌てて実家に戻り,AMXの払い戻し手続きと,レンタカーの行き先変更の手続き。そのまま熊本駅まで2時間ちょっとのドライブ。熊本駅から新幹線に飛び乗り博多駅。無事に福岡空港からの予定の仙台便に間に合う。仙台空港からの電車はぐったり。久しぶりの帰宅。

| | コメント (0)

久しぶりに若手研OB会(7/14)

Kお祝いを兼ねて久しぶりに若手研OB会。もう20年以上の研究仲間たち。話は尽きなかった。

| | コメント (0)

天草へ(6/17-18)

1福岡で弟と諸々の打合せ。翌朝のAMXで天草空港へ。順調なフライト。レンタカーで病院へ。外泊手続きをして期間中の薬を預かる。自宅での生活は安心する様子。近所の方の差し入れもあり,食べるものはたくさん。翌日の午後一で病院に送り,家を片付け,レンタカーを返却。AMXは定刻より早く福岡空港へ。ラーメン食べて帰仙。

| | コメント (0)

井口磯夫先生のお通夜に参列(6/12)

井口磯夫先生(十文字学園女子大学・名誉教授)がご逝去された。お通夜には,大きな会場に入りきれずに階段まで人の列ができるほどの参列者があった。故人がいかに多くの方々に影響を与えたのかがよくわかった。
井口先生は,ぼくが東京学芸大学の学生時代,都立教育研究所教育方法研究室の指導主事をされていた。702研修と呼ばれるCAI研修は,全国から当時のコンピュータの教育利用の第一線の研究者,実践者等が講師を務める凄い研修会だった。学生だったぼくは,恩師の堀口秀嗣先生についてその研修に紛れ込ませてもらっていた。井口先生にはその後も,若いぼくらの実践等を応援していただいた。ぼくは30年以上お世話になった計算になる。
昨年,堀口先生がご逝去され,9月に学士会館で送る会を実施した時も,その企画からずっと応援し見守っていただいたのが井口先生だった。まるで堀口先生を追うかのようにあちらに向かわれた。
先生のご冥福をお祈り申し上げます。ありがとうございました。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧