日常

在宅勤務な休日(2/25)

朝寝坊.部屋の片付け.宅急便.ネット工事の立ち会い.新しいPCのセットアップ.遅れた原稿を仕上げて深夜に提出.

| | コメント (0)

横浜で還暦祝(2/18)

朝は少し寝坊.FDスライド作成.銀座で買い物.孫に遊んでもらう.京浜東北線で横浜へ.久しぶりに山下公園あたりに来た.ホテルニューグランドで野中先生,木原さん,高橋君に還暦祝いをしてもらう.懐かしい話もたくさん出た.たくさん支えてもらったことに感謝した.ありがとうございました.

| | コメント (0)

沖縄へ(1/3-4)

堀田研卒業生の安里(彦田家)に赤ちゃん誕生ということで,仙台空港から那覇空港へ。折しも羽田空港であの大惨事があったため,飛行機のダイヤが一部乱れていたようだけど,少しの遅延で那覇空港に到着。遠藤や杉山さんも合流。チェックイン後,ご両親も一緒に食事。翌朝はバイキングの後,赤ちゃんを囲んでみんなで楽しく話す。沖縄そばを食べて那覇空港へ。空港の混雑もあり飛行機は1時間ほど遅延して出発。仙台空港に到着したらやはり寒かった。お休みもこれで終わり。予定していた原稿は書き終わらず,明日へ。

| | コメント (0)

年末年始(12/30-1/2)

年末は孫も一緒にホテルに宿泊。孫も息子たち夫妻も元気で何より。浜松での年越しはレコ大とか紅白。2023年の振り返りをブログに書く。新年の挨拶対応。ゴジラ。元日から北陸地方で大地震で関係者とやりとりなど。浜松駅は大混雑。中部国際空港も大混雑。いつもの親子丼。原稿書き。焼き鳥。

| | コメント (0)

2024年を迎えて(1/1)

本ブログをいつもご覧いただいている,日頃よりお世話になっているみなさま,本年もよろしくお願いいたします。
2024年3月には60歳を迎えます。いよいよ還暦です。
2014年4月に東北大学大学院情報科学研究科に移籍してからは,修士課程や博士課程で学位取得を目指す後進を育てることと,政策や学会活動に深く関与して教育の情報化がまっすぐ動くための枠組みの構築に尽力することを目標にして来ました。2024年3月で満10年を迎え,一区切りです。
2023年は東京学芸大学の学長特別補佐も拝命し,2つの性格の違う大学に勤務する日々でした。国の仕事もそれなりにいろいろありましたし,学会関係では他学会連携も含め,たくさんの仕事をしました。この数年,自分の持つ体力と精神力以上の忙しすぎる,そして責任の大きすぎる業務に対応しきれない部分もありました。何より一番大好きな学校現場にあんまり行けないことはストレスでした。
年末の反省でも書きましたが,2024年はさらにシフトダウンしていく年とし,1つ1つの仕事が良い仕事になるよう,さらに「選択と集中」に徹します。60歳を過ぎた自分の役割を踏まえた働き方へとシフトしていく必要もあります。不義理もあるかと思いますがご理解お願い申し上げます。
2024年も郵送でのお知らせをさらに減らし,このブログ,Facebook,Twitter,Instagramに移行しております。研究上のやりとりもSlackやGoogleチャットに大幅に移行して,メールがずいぶん減っています。新年早々失礼を致しますが,ご理解よろしくお願い致します。

| | コメント (0)

2023年の自己評価その1(総論編)

2023年を,毎年の恒例に従い,何回かに分けて振り返ってみる。
2023年は,東北大学大学院情報科学研究科に着任して10年目を迎えた年だった。これまでに在籍したあらゆる勤務先の中で最長記録を更新した。 准教授の長濱君,秘書の立花さんのおかげで,情報リテラシー論分野の運営は安定していた。若くてすばらしいスタッフに感謝したい。特任助教だった川田君は2年間の任期が完了し,仙台白百合学園小学校の教諭となった。おかげでその後も同校との連携が進んでいる。
OB・OGの活躍もめざましかった。「後進を育てる(=実践研究者に博士号をとってもらう)」というミッションを自分に課した,50歳になる時の東北大学への着任の成果は,着々と上がってほぼ目的が達成された。ナベが博士論文予備審査まで行っているので,あと少しで完遂。がんばれ。
クロスアポイントメントの制度により,母校である東京学芸大学大学院教育学研究科(教育AIプログラム)の教授を拝命していた。2021-2022年度はエフォート10%だったが,2023年度はエフォート40%となり,学長特別補佐の役割もいただいた。佐々木理事の御指導をいただきながら,先端教育人材育成推進機構の本部委員として,教員養成フラッグシップ大学の対応などを担当した。
文部科学省初等中等教育の視学委員,国立教育政策研究所の上席フェローの肩書きのほか,信州大学特任教授(教育学部附属次世代型学び研究開発センター)として信州大学や長野県教委のお手伝いをした。
中央教育審議会をはじめ文部科学省関連の業務も一生懸命がんばった2023年だった。教育DXが進行しており,デジタル学習基盤の検討がスタートした大事な年だった。講演等は200以上断ったにも関わらず,やはり今年は忙し過ぎた。体力,知力,そして気力の限界を感じることも多かった。周囲に病気や入院等をする人も増えた。自分がまだ元気でがんばれていることは奇跡のようにも感じる。
2024年は還暦を迎える。これまで以上に講演等はほぼ完全にお断りすることとする。申し訳ございません。

| | コメント (0)

祝日な1日(11/23)

寝坊。床屋。整骨院。原稿書き。まったく終わらず。

| | コメント (0)

休日な1日(11/5)

久しぶりの仙台での休日。昨夜から執筆していた雑誌原稿1本を提出。家の用事を済ませる。喫茶店でランチ。整骨院。午後は2本目の書籍原稿を1本提出。出張準備。焼鳥。帰宅後,講義準備。調書作成,終わらず。

| | コメント (0)

長野へ(11/3)

午前中は孫に会いに出かける。元気で何より。上野駅に預けていた荷物を取り出して北陸新幹線で長野駅へ。予定より早く到着したのでドーミーインのお風呂に入ってのんびり。翌日の学会準備。夜は村松君と久しぶりにのんびり話す。ステキなお店を紹介してくれた。2次会のバーにカズが合流。

| | コメント (0)

園遊会に招待される(11/2)

朝一の新幹線で上京。東京駅で家族と落ち合う。久しぶりに八重洲口で焼鳥丼。青山一丁目へ。警戒の激しい西門から赤坂御苑へ。バスに乗せられ受付まで案内いただく。受付では引換券と交換に名札をいただく。雅楽が流れる中,御苑内をしばらく散策。あまりの暑さに,いくつかあるテントの1つで休憩。和服で来ている人はたいへんだろうし,年配の人の元気さには感心する(途中で倒れて担架で運ばれる方もいたけども)。テレビでよく見るエリアは,招待者の10分の1ぐらいが並ぶ場所で,しかもユーミンはじめ有名人が立つところ。強い日差しの中,何時間も立ち続けることに驚く。ぼくらはさっさと隅っこの日陰に行く。ガンダム監督夫妻はそこにいて目立っていた。予定より1時間ほど押しての展開となり,終了後は日も暮れかかっていた。グッタリして御苑を出る。むっちゃ疲れたけど,一生に1回の珍しい体験だった。幸福に感謝。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧