政策

中教審総会(1/24)

中央教育審議会総会。渡辺会長に御挨拶。大学入試等の話,GIGAスクール構想の補正予算の話,PISA2018ショックの話,学校の働き方改革の話など。ぼくはこれらを繋げて,今後,1人1台情報端末によって児童生徒の情報活用能力が高まり,各教科等の学習の基盤として機能するようになる時代を見越して,カリキュラム・マネジメントの特例校等を作って推進すべきだと発言した。 終了後は蒲田での壮行会に顔を出して帰仙。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(1/24)

町屋から霞ヶ関へ。中川さんと打合せ。教育課程課で板倉室長,平専門官等と打合せ。その後,洋服屋へ。

| | コメント (0)

2019年の自己評価その3(研究以外編)

8)講義
東北大学大学院情報科学研究科では,前期に「情報リテラシー論」,後期に「メディア教育論」を担当した。専門外の院生も多く,とても面白い講義になった。
その他の講義としては,オムニバスで出講の大学院「人文情報科学概論」,全学教育「科学と情報」のほか,英語B/CをCALL教室で担当した。
東北学院大学文学部教育学科で「教育方法」の講義を担当した。毎週,泉キャンパスに行く久しぶりの非常勤講師だった。

9)本務
2月の選挙で人間社会情報科学専攻の専攻長に選任され,専攻長会議への参加や,専攻会議・専攻教授会の準備・運営の他,いくつかの人事に深く関わった。管理職のたいへんさを痛感した1年だった。
東北大学「社会にインパクトある研究」を窪先生と担当した。
「情報リテラシー連続セミナー@東北大学」も順調。こちらは小野寺さんはじめ院生スタッフのおかげだ。
メディア情報学講座は修士課程・博士課程ともに受験も多い時期が続いている。「メディア教育論ゼミ」は,博士課程11名,修士課程2名という,大きなゼミだが,人数的なピークは過ぎたと言えるだろう。ゼミをスタートさせて5年,院生たちの努力で軌道に乗り,成果もどんどん出るようになった。昨年に引き続き白石温泉での夏合宿も成功した。ゼミ運営に献身的に関わってくれる中核的な院生たちに感謝したい。

10)海外出張
3月には恒例のシアトル。5月下旬には,シンガポール日本人学校,マレーシアのBeaconhouse Newlands International Schoolを訪問した。6月下旬にはED-MEDIAのためアムステルダムへ,その途中でブリュッセルに寄り,日本人学校の岡田校長を表敬訪問した。7月中旬,台北日本人学校校内研で指導助言。9月上旬にチカラン日本人学校訪問のためジャカルタへ。9月中旬に再びシアトル。ぼくより先に渡米した安里・遠藤がBCAで海外インターンシップをさせてもらった。11月中旬に深圳視察。
海外出張の分量は少し減ったけど,大切な人たちとのつながりが強くなったと思う。

11)政策
中央教育審議会委員を拝命。これまで初等中等教育分科会臨時委員,同教員養成部会臨時委員だったのが,本委員となると責任重大。初等中等教育分科会委員,教育課程部会委員,新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会委員,教員養成のフラッグシップ大学検討WG委員を担当。6月の「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」から概算要求,補正予算で1人1台PC導入に2,318億円という流れの中,中教審でも教育の情報化の推進についての発言をたくさんした。未来の学びコンソーシアム委員,文部科学省情報活用能力調査に関する協力者会議の主査,同「教育の情報化に関する手引」作成検討会の座長,英語「話すこと」調査検証WG委員等多数歴任した。内閣府規制改革会議の公開ディスカッションに招聘された。

12)学会
日本教育工学会(JSET)では副会長を拝命し,企画委員会,大会企画委員会,SIG委員会,国際交流委員会等を担当し,将来計画WGに参画した。日本教育工学協会(JAET)では常任理事を拝命した。日本教育メディア学会,日本教育情報学会では理事を拝命した。

13)社会貢献
教職員支援機構(NITS)による「学校教育の情報化指導者養成研修」,JAET全国大会でのシンポジウム登壇,同教育の情報化実践セミナーでの基調講演,JEES教育シンポジウム,内田洋行によるNew Education Expo東京,同大阪,EDIX東京,同大阪,関西教育ICT展,Computer Science World in Asiaなどで登壇した。
筑波大学附属小学校,千葉大学教育学部附属小学校,地元の熊本県本渡北小学校,熊本県高森中央小学校で助言をした。台北日本人学校の校内研の助言は来年も続くことになった。市町村教育委員会研究協議会,福岡県教育委員会関連,国立大学協会大学改革シンポジウム,名古屋工業大学FDセミナー,札幌北フェスなどの講演をした。
今年も日本教育新聞,教育新聞,教育家庭新聞などに多数の記事が掲載された。また,地元の熊本日日新聞にもNIE関連で掲載された。

| | コメント (0)

2019年の自己評価その1(総論編)

2019年を,毎年の恒例に従い,何回かに分けて振り返ってみる。
2019年は,東北大学大学院情報科学研究科に着任して6年目を迎えた年だった。「研究中心主義」の東北大学の慣習にも慣れ,研究室も順調。メディア教育論ゼミからは,2019年3月臼井さんと齋藤君が,9月に後藤君が博士号を取得した。これでメディア教育論ゼミ出身の博士号取得は7人となった。2020年3月には,荒木さんが博士号取得に向けて審査に入っている。後進を育てるというミッションを自分に課した東北大学への着任の成果は着々と上がっている。
2020年は,院生たちの研究のさらなる充実を第一に,学内業務および政策,学会への貢献と啓発に努力していきたい。
なお,業務の重点化のために,2020年はこれまで以上に講演等をほぼ完全にお断りすることをお許しください。申し訳ございません。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(12/25)

文部科学省へ。教員養成企画室でフラッグシップ大学WGの最終まとめの詰め。初等中等教育企画課,情報教育・外国語教育課に挨拶など。コンソ部屋で会えなかった中川さんと諸々情報共有。

| | コメント (0)

教員養成のフラッグシップ大学検討WG(12/19)

早朝の新幹線で上京。文部科学省へ。教員養成のフラッグシップ大学検討ワーキンググループ。最終回のため最終まとめを審議。このWGはそもそも,教育再生実行会議で「Society5.0時代の教員養成を先導する大学を指定せよ」という話からスタートしたので,ぼくとしてはICT活用は当然ながら,AIやデータサイエンスなどの理解,高度情報技術社会での教育についての議論,児童生徒の情報活用能力の育成の方法論など,これからの時代を支える教師の養成の議論を期待したが,教員養成大学が抱える諸課題に引き戻される議論が多く行われ続けたことが残念だった。 ともあれこれで1つ会議が減ったことは良しとしよう。終了後は急いで新幹線へ。東京滞在3時間弱(うち2時間は文部科学省)。

| | コメント (0)

中教審初等中等教育分科会(12/13)

中央教育審議会初等中等教育分科会。PISA読解力,ICT環境整備,小学校高学年教科担任制等の議論。

| | コメント (0)

国立教育政策研究所打合せ(12/13)

中川所長室へ。佐藤次長,福本先生と,今後の国研のプロジェクトについての打合せ。

| | コメント (0)

経団連で講演(12/12)

朝一で大手町。経団連に呼ばれて40分の講演,20分のディスカッション。中教審の渡辺会長はじめお偉方がズラリでちょっとビビる。無事に終わって新幹線で仙台へ。

| | コメント (0)

中教審教育課程部会(12/4)

文部科学省へ。中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会。天笠部会長,荒瀬副部会長にご挨拶。奈須先生とPISA2018について立ち話。教育課程部会では冒頭にPISA2018の結果説明が今村学力調査室長からなされ,その後にディスカッション。ぼくは,PISAでいうところの読解力は日本国民がイメージするそれと異なることを踏まえた上で,世界標準に日本の授業を合わせる必要性と,デジタルな情報の取り出しができないという大きな課題に対しては,ICT環境整備を先送りしてきたツケがとうとう学力に影響してしまっていることへの警鐘を鳴らす発言をした。その後,特別部会の議論のとりまとめについての意見交換。終了後,日本教育新聞の取材対応。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧