政策

文部科学省打合せ(8/12)

夏休み期間中で霞ヶ関は静か。朝一で情報教育課へ。その後,丸一日の会議。終了後は虎ノ門で懇親。時期的にお店もガラガラ。帰仙。

| | コメント (0)

お茶の水女子大学附属中運営指導委員会(7/26)

O東京へ。茗荷谷は雨。お茶の水女子大学附属中学校へ。文部科学省研究開発学校としての運営指導委員会。奈須先生@上智大,藤江先生@東京大,冨士原先生@お茶大とぼくの4名で助言。「コミュニケーション・デザイン科」,いいものに仕上がりますように。

| | コメント (0)

学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議(7/10)

学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議。第7回にして最終回となった。前回審議対象だったこれまでの論点整理(案)に対していただいた意見を事務局が整理して,今回は最終まとめ(案)が提示され,これについて議論。軽微な修正の指摘はあったが,無事に確定となった。大きな仕事だったがホッとした。終了後は文部科学省のカフェで立食打ち上げ。二次会。帰仙。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(7/10)

朝から上京。文部科学省へ。情報教育課で梅村課長はじめ室員のみなさんと打合せ。それからICTconnect21へ。外は猛暑。汗だくで到着。事務局とコンソーシアムについて議論。また歩いて文部科学省へ。初等中等教育企画課へ。ご挨拶できてよかった。また情報教育課へ。松本補佐と最終打合せ。

| | コメント (0)

中教審教員養成部会(7/3)

中央教育審議会初等中等教育分科会教員養成部会が三田共用会議室で行われた。今回は教職課程コアカリキュラムをはじめとする関連法令の制定等について議論。情報活用能力が学習の基盤となる資質・能力とされたことを反映願いたいことと,プログラミング教育についても読み込めるようにして欲しいことを委員として発言。
都内は猛暑。新幹線で帰仙。

| | コメント (0)

中教審初等中等教育分科会(6/28)

霞が関ビルへ35Fへ。中央教育審議会初等中等教育分科会。先般,文部科学大臣から中教審に「教員の働き方改革」についての諮問があったことを受け,さっそく担当の初等中等教育分科会で検討ということになった。データの報告があったが,かなり深刻な状況。各専門分野からの意見がある中,ぼくからはICT導入と同時に業務範囲の明確化と標準化をと意見した。終了後,新幹線で帰仙。仙台駅で板垣の研究指導。

| | コメント (0)

文部科学省へ(6/28)

朝から文部科学省へ。1日缶詰でみっちり議論。みなさんパッション溢れる方々なので良いものができそう。

| | コメント (0)

デジタル教科書の効果的な活用の在り方等に関する専門的検討(6/20)

231文部科学省へ。情報教育課で梅村課長とプログラミング教育についての意識合わせ。教科書課でした打合せ。「デジタル教科書の効果的な活用の在り方等に関する専門的検討」の第1回。会議は非公開だが,「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議の最終まとめを受けて,今後の望ましい活用等を方向付けたガイドラインの作成に向けて審議を重ねていく。終了後,教育課程課に寄る。

| | コメント (0)

文部科学省「次世代の情報化推進事業」(6/12)

I1会場の内田洋行へ。午前中は企画検証委員会。有識者の方々に今年度のミッションをご理解いただく。午後は連絡協議会。情報活用能力育成のカリキュラム・マネジメントを検討するIEスクール21校と,アクティブ・ラーニングにおけるICT活用方策を検討するICTスクール5校から研究の中核の方々がお越しになり,さまざまなディスカッション。終了後は立食での情報交換会。カレー食べて帰仙。

| | コメント (0)

学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議(5/29)

学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議の第6回。たくさんの傍聴者。導入すべきICTの優先順位や現実性についての厳しい議論。これまでの意見を整理し,また文部科学省内で諸方面と調整された論点整理(案)をもとに,おおむね方向性は固まった。座長としてもいろいろ気苦労は多いが(なぜならそれぞれのICTは効果的に決まっている),次期学習指導要領のためのICT環境整備,国家予算における地財措置での保障という観点で考えで苦しみながらの検討が続いている。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧