政策

「教育の情報化に関する手引」作成検討会議(8/19)

情報教育・外国語教育課で進行打合せ。「教育の情報化に関する手引」作成検討会議は,これまでの審議による成文案を章ごとにチェックしていく形で進行。たくさんの意見が出され,良い議論となった。傍聴者も多数。 終了後,Google中野さん,高橋君と共同研究セミナー打合せ。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(8/19)

文部科学省へ。教育制度改革室および学びの先端技術活用推進室との打合せ。「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」について。

| | コメント (0)

総務省打合せ(8/19)

総務省へ。情報流通振興課情報活用支援室で村瀬室長ほかのみなさんと1時間ほどみっちりディスカッション。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(8/9)

文部科学省へ。教員養成企画室で教員養成のフラッグシップ大学について会議に欠席したお詫びと情報共有。教育制度改革室で中教審特別部会に欠席したお詫びと情報共有。次回のお役目をいただく。情報教育・外国語教育課で「教育の情報化に関する手引」の進捗状況の情報共有と次回の会議についての打合せ。終了後に羽田空港へ。

| | コメント (0)

熊本県「教育の情報化」推進セミナー(7/29)

おふくろの様子を見てから一路熊本へ。レンタカーを返却してホテルにチェックイン。夕刻からは古閑県教育長はじめ幹部の方々と情報交換会。高谷課長@文部科学省もご一緒に。忌憚の無い意見交換。
翌朝,チェックアウトしてパレアへ。池田県議もお越しになる。300名を超える参加者に対し,まずは高谷課長のご講演,その後にぼくの講演。みなさん真剣に聞いていただいた。終了後,田辺さんが空港まで送ってくれる。感謝。高谷課長と熊本ラーメンを食べながら情報交換。それから諸々買い物をし,ラウンジで仕事してから搭乗ゲートへ。雷雨で出発が遅延。伊丹空港での乗り継ぎは慌ただしかったが無事に仙台便に乗り帰仙。

| | コメント (0)

東京学芸大学へ(7/24)

久しぶりに武蔵小金井へ。教員養成の情報化についての議論の後,高橋・大村両先生に附属の先生や学生も交じって食事会。帰仙。

| | コメント (0)

仙台市教委で情報化対応会議(7/22)

仙台市教委へ。少し早く到着しすぎて査読対応。久しぶりの上杉庁舎で,仙台市の教育情報化基盤の今後に向けた会議。国が激しくICT環境整備に動く中,これに自治体がどのように追従するかについて検討。

| | コメント (0)

児童生徒の情報活用能力の把握に関する調査研究企画推進委員会(7/9)

文部科学省から内田洋行新川オフィスへ。タクシー車内で事務局と打合せ。児童生徒の情報活用能力の把握に関する調査研究における今年度第1回の企画推進委員会。座長に選任。副座長には奈須先生@上智大。2つのWGを設置。種々意見交換。終了後はカズと八重洲で一献。

| | コメント (0)

国立教育政策研究所シンポジウム(7/9)

新幹線で上京。文部科学省へ。国立教育政策研究所「高度情報技術の進展に応じた教育革新に関する研究プロジェクト(令和元年度~令和3年度)」キックオフシンポジウムに参加。白水先生,益川先生,緒方先生,美馬先生ほか,学習科学等を専門とする面々によるディスカッションの後,10分のコメンテーター業務を担当。理想的な教育を実現するために今,学校現場で必要なことについて,とりわけICT環境整備の観点からコメントした。

| | コメント (0)

中教審教員養成フラッグシップ大学WG(7/4)

f小雨の中,文部科学省へ。教員養成のフラッグシップ大学検討WGの第3回に参加。三島主査@元東工大学長の下,議論は次第に収斂してきた印象。そもそも教員養成にフラッグシップ大学を設置するという発想はSociety5.0時代に対応できるICT活用指導力を持ち合わせた教員の養成の必要性からスタートしたという出発点に戻った制度設計が必要ということを発言した。終了後,東京駅でお昼を食べて帰仙。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧