海外出張

台北日本人学校校内研(1/16-18)

5_202001180122014_202001180122013_20200118012201 1_202001180122016_202001180122012_20200118012201タクシーで台北日本人学校へ。管理職の先生方に御挨拶。2-4校時に22授業を参観。教師の提示のためのICT活用はもちろんだが,児童生徒の自立的な学習と,それを支えるICT活用もいくつもあった。ロイロノートだけでなくG Suiteの活用率が高まっていた。お昼を食べながら事務長による新校舎の進捗についてのレク。昼休みに少し作業をしているとあっという間に5校時。四宮先生による国語の研究授業。協議会でもG Suiteが活躍。授業コメントを踏まえた講演。安里・遠藤がG Suiteで議事録をとってくれる。終了後はJohn先生ほかと議論の後,小籠包で懇親会。35名ほどの先生方で盛り上がる。2次会で派遣1年目の先生たちと懇親し,23時を過ぎてからホテルに帰還。 翌日も2-3校時に個別の先生方と議論。稲木君が記録をとってまとめてくれた。その後,院生たちと九份に行ってトンボ返り。雨。夜は士林余市を散歩してから首脳陣懇親会。たくさん話をした。 帰国日は朝から空港に向かう。混雑の中,無事に朝ご飯を食べて搭乗。機内で昼寝。仙台空港から青葉山。荷物片付け。遠藤を仙台駅に送って帰宅。

| | コメント (0)

2019年の自己評価その3(研究以外編)

8)講義
東北大学大学院情報科学研究科では,前期に「情報リテラシー論」,後期に「メディア教育論」を担当した。専門外の院生も多く,とても面白い講義になった。
その他の講義としては,オムニバスで出講の大学院「人文情報科学概論」,全学教育「科学と情報」のほか,英語B/CをCALL教室で担当した。
東北学院大学文学部教育学科で「教育方法」の講義を担当した。毎週,泉キャンパスに行く久しぶりの非常勤講師だった。

9)本務
2月の選挙で人間社会情報科学専攻の専攻長に選任され,専攻長会議への参加や,専攻会議・専攻教授会の準備・運営の他,いくつかの人事に深く関わった。管理職のたいへんさを痛感した1年だった。
東北大学「社会にインパクトある研究」を窪先生と担当した。
「情報リテラシー連続セミナー@東北大学」も順調。こちらは小野寺さんはじめ院生スタッフのおかげだ。
メディア情報学講座は修士課程・博士課程ともに受験も多い時期が続いている。「メディア教育論ゼミ」は,博士課程11名,修士課程2名という,大きなゼミだが,人数的なピークは過ぎたと言えるだろう。ゼミをスタートさせて5年,院生たちの努力で軌道に乗り,成果もどんどん出るようになった。昨年に引き続き白石温泉での夏合宿も成功した。ゼミ運営に献身的に関わってくれる中核的な院生たちに感謝したい。

10)海外出張
3月には恒例のシアトル。5月下旬には,シンガポール日本人学校,マレーシアのBeaconhouse Newlands International Schoolを訪問した。6月下旬にはED-MEDIAのためアムステルダムへ,その途中でブリュッセルに寄り,日本人学校の岡田校長を表敬訪問した。7月中旬,台北日本人学校校内研で指導助言。9月上旬にチカラン日本人学校訪問のためジャカルタへ。9月中旬に再びシアトル。ぼくより先に渡米した安里・遠藤がBCAで海外インターンシップをさせてもらった。11月中旬に深圳視察。
海外出張の分量は少し減ったけど,大切な人たちとのつながりが強くなったと思う。

11)政策
中央教育審議会委員を拝命。これまで初等中等教育分科会臨時委員,同教員養成部会臨時委員だったのが,本委員となると責任重大。初等中等教育分科会委員,教育課程部会委員,新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会委員,教員養成のフラッグシップ大学検討WG委員を担当。6月の「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」から概算要求,補正予算で1人1台PC導入に2,318億円という流れの中,中教審でも教育の情報化の推進についての発言をたくさんした。未来の学びコンソーシアム委員,文部科学省情報活用能力調査に関する協力者会議の主査,同「教育の情報化に関する手引」作成検討会の座長,英語「話すこと」調査検証WG委員等多数歴任した。内閣府規制改革会議の公開ディスカッションに招聘された。

12)学会
日本教育工学会(JSET)では副会長を拝命し,企画委員会,大会企画委員会,SIG委員会,国際交流委員会等を担当し,将来計画WGに参画した。日本教育工学協会(JAET)では常任理事を拝命した。日本教育メディア学会,日本教育情報学会では理事を拝命した。

13)社会貢献
教職員支援機構(NITS)による「学校教育の情報化指導者養成研修」,JAET全国大会でのシンポジウム登壇,同教育の情報化実践セミナーでの基調講演,JEES教育シンポジウム,内田洋行によるNew Education Expo東京,同大阪,EDIX東京,同大阪,関西教育ICT展,Computer Science World in Asiaなどで登壇した。
筑波大学附属小学校,千葉大学教育学部附属小学校,地元の熊本県本渡北小学校,熊本県高森中央小学校で助言をした。台北日本人学校の校内研の助言は来年も続くことになった。市町村教育委員会研究協議会,福岡県教育委員会関連,国立大学協会大学改革シンポジウム,名古屋工業大学FDセミナー,札幌北フェスなどの講演をした。
今年も日本教育新聞,教育新聞,教育家庭新聞などに多数の記事が掲載された。また,地元の熊本日日新聞にもNIE関連で掲載された。

| | コメント (0)

深圳視察(11/11-13)

s3s4s5 s1s2s6深圳の街はとても刺激的だった。月曜日は当初予定のアポが流れたこともあり,大手の本屋さん,電気街,無人コンビニや宅配スーパーなどを見学し,とにかくキャッシュレスであること,ビッグデータ解析の成果が少しずつ顕在化していることを再認識した。火曜日は深圳市内の公立小学校である景秀小学校を訪問し,各教科等における書くことを重視した授業と,算数での一般化の授業を視察,その後に管理職やリーダー教員とディスカッションした。水曜日は香港でのデモ等の影響を受けつつ,朝のうちにタクシーに乗り,無事に帰国。途中,楊君から連絡があったから,次回行った時は楊君に会おう。

| | コメント (0)

深圳へ(11/10)

朝のANA便で香港国際空港へ。4時間半のフライト。そのままフェリーで深圳へ。バスから見る深圳の夜景は,イルミネーションに飾られたビル群が30分以上も続くもので,この街の繁栄を感じた。

| | コメント (0)

帰国の途へ(9/16)

時差ぼけがようやくとれた気がする朝。でも帰国の日。朝一で東京インターナショナルスクールや東京グローバルゲートウェイなどに連絡。朝一でBCA2へ。WPSのLMS等について教わる。その後,岩崎さん@Webrainと30分ほどのディスカッション。刺激的だった。 そのまま空港に送ってもらい,荷物を預けて,カズとワイン飲みながらいろいろ話す。こういう機会は貴重だ。機内では眠れず。メールは片付いたけど抱えている原稿は進まず。成田空港で諸々の手続きをして,仙台便へ。

| | コメント (0)

シアトル3日目(9/15)

休日の日曜日。早めの時間帯にシアトル市内へ。雨。クラムチャウダー。夕方から清水校長先生と一緒に夕飯。来日時の打合せなど。仲間がホテルのぼくの部屋にやってきて大騒ぎ。でも楽しかった。

| | コメント (0)

シアトル2日目(9/14)

1_201909162343012_201909162343013_20190916234301朝一でBCA2へ。土曜学校のスタッフと挨拶。1校時から精力的に見て回る。お昼を挟んで5校時。その後,教員研修で授業方法とカリキュラムについてコメント。夕方から日本の巻き寿司を食べに。夜は時差ぼけで眠れず。

| | コメント (0)

シアトル1日目(9/13)

1_201909160823012_201909160823013_20190916082301午前中にパッキングして仙台空港へ。いつものように仙台→成田。Wi-Fiレンタル等の手続きをし,同行者のメンバーと合流してからチェックイン。これまたいつも通りのカレーを食べてシアトルへ。 シアトルタコマ空港で同行者の入国に時間がかかりいろいろヒヤヒヤした。さっそくWPSを見学に。校長のフィルにいろいろ教わることができた。特に高校校舎のICT環境が素晴らしかった。この日の夜はみんなでインド料理。早めに休む。

| | コメント (0)

チカラン日本人学校訪問のためジャカルタへ(9/2-3)

1_201909040938012_201909040938013_20190904093801羽田空港から夜の便でジャカルタへ。現地の早朝4時過ぎに到着。まずはホテルにチェックイン。1時間半ほどかけてチカラン日本人学校へ。酢谷校長先生,島田教頭先生,小暮教務主任とじっくり話し,新設校立ち上げのたいへんなご苦労を知る。校内のいろんなクラスを見て回ったり,4年生の算数の授業をじっくり参観したり,若手教員と授業の仕方について諸々議論したり。開校時に比べて児童数はすでに増加していて,来年度は新入生が2クラスになりそうという話。とにかく学校の立ち上げというのは国内でもたいへんだが,これが日本人学校となるとほんとうに大変だということが勉強になった。ICT環境等はこれから。デジタル教科書やデジタル教材によって,日本語が十分ではない児童生徒にも良い学習環境になりそう。今後支援していきたいし,ぜひ早く整備されて先生方が楽になってもらえればと思う。

| | コメント (0)

台北3日目(7/17)

朝一から台北日本人学校へ。校長先生との打合せ。終了後は,空き時間の先生方10名ほどと協議。いい時間を持つことができた。稲木研究部長に送ってもらい台北松山空港へ。荷物を預けて搭乗。羽田空港に緊急着陸した飛行機があったとのことで30分ほど旋回してから到着。Wi-Fiを返却し,モノレールで浜松町,東京駅から新幹線で帰仙。いい3日間を過ごすことができたけど疲れた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧