海外出張

2023年の自己評価その3(本務編)

8)ゼミ
メディア教育論ゼミからは,2023年3月に中川さんが博士号を取得した。これでメディア教育論ゼミ出身の博士号取得は15人となった。2024年3月には,ナベが博士号取得予定。ゼミをスタートさせて9年,OB・OGが参加してくれるオンラインでのゼミもすっかり定着している。
山形県河北町で予定していた夏合宿は,昨年はコロナ禍で間際にオンライン開催に舵を切ったものの,今年はとうとう対面で実施でき,温泉宿貸切で大いに盛り上がった。槇さんご夫妻にたいへんお世話になった。共同研究にもつながった。
2023年もOB・OGが大学に転身した。村井さんが昭和女子大学人間社会学部に准教授として,小田さんが麗澤大学外国語学部に准教授として着任した。槇さんは東京理科大学に,荒木さんは社会構想大学院大学に,大久保君は京都教育大学に移籍した。

9)講義
東北大学大学院情報科学研究科では,前期に「情報リテラシー論」を長濱君と担当した。専門外の院生も多かったが,とても熱心でいい講義になった。「人文情報科学概論」の一部をオンラインで担当した。後期は新設の「学習データ分析論」を長濱君が担当,一部をお手伝いした。全学教育「情報と人間・社会(高度メディア社会論)」をメディア情報学講座の先生方総動員でオムニバスで出講した。
後期には昨年に引き続き東京学芸大学大学院教育学研究科「教育未来構想論」を担当した。今年は対面を原則とした。履修者はとても優秀な院生達だったし,もぐりも受講生と同数いて盛り上がった。

10)学内業務
情報科学研究科「ラーニングアナリティクス研究センター(LARC:Learning Analytics Research Center)」が役割を終えて廃止となった。また「Google学習先端技術寄附講座(GALT:Google Donated Department for Advanced Learning Technology Research)」も契約期間が終わり閉鎖となった。これらの研究成果を公表する役割として,情報科学研究科シンポジウムに登壇した。
「情報リテラシー連続セミナー@東北大学」はオンラインで8回実施,順調に参加者数を伸ばした。

11)海外出張
2月にバンコク日本人学校の視察のためタイに,4月にロンドンで開催されるBETT参加のために英国に,5月に台北日本人学校の視察のために台湾に,7月にウィーンで開催されたED-MEDIA参加のためオーストリアに,12月にソウルの企業との先端技術の打合せと学校視察のために韓国に出張した。

| | | コメント (0)

ソウルな出張(12/5-7)

12/5:羽田空港国際線(第3)ターミナルへ。手続きをして金浦国際空港へ。今回はチエル社の川居会長・前田取締役に繋いでもらい,現地のNoaSystemsのKeum社長を加えて道中はさまざまな議論。まずは大好きなプデチゲを食べてから,ネットワークアセスメントにつながる企業Opticis社へ。東工大の伊賀学長の関わりのある会社とのこと。効率良い伝送の仕組みについて説明を受ける。久しぶりにネットワーク層のレイヤーの議論に参加した。夕飯のホルモンがいつものように美味しかった。早めにホテルに戻って寝る。
12/6:朝はホテルで講義準備など。ALEXとやりとり。ソウル郊外のSeoul Haneul Elementary Schoolを訪問。校長先生に御案内いただく。児童数500名ほどの学校に,タブレットはまだ1人1台ではないものの,コンピュータ教室は2つ,AI教室が1つ,VR教室が1つと,かなりの投資だと感じる。ソウル日本人学校の近くだったことは到着してからわかったため接触はできず。この日も同行しているみなさんとネットワークアセスメントについて議論。良い勉強になった。夜は焼肉を食べて一献。
12/7:朝食を食べてチェックアウト。金浦国際空港へ。予定の飛行機が機材故障となり,3時間ほど待たされた上で飛ばないことに。羽田から1機飛ばしてその便に乗って帰国の途につくとのアナウンス。待ち時間にラウンジで明日の1限の講義対応やら原稿の校正やら。仙台には帰れないということがわかったので宿の確保。7時間半遅れで搭乗口に。結果的には8時間超の遅れで搭乗。羽田空港に到着すると真夜中。

| | | コメント (0)

帰国の途へ(7/13)

早朝に起きて荷物の準備。チェックアウト後,板垣君と予約してあったUberに乗ってウィーン国際空港へ。長濱君・宮西さんと合流。手荷物を預け,諸手続を終え,ラウンジで朝食。搭乗直前に宮西さんがBest Poster Awardを受賞という朗報が入る。表彰式には出席できなかったけどもおめでたいことだ。フランクフルト空港では乗換に走る。ラウンジで少しだけ休んでANA便に搭乗。機内のWi-Fiやオンデマンドシステムが何度もリブートしていたが,無事に復旧してから「君の名は。」を観る。羽田空港で手荷物を受け取りつつ,ブレザーを空港に忘れる(涙)。新幹線で帰仙。

| | | コメント (0)

ウィーン3日目(7/12)

朝一で板垣君と朝食を食べて,文部科学省の会議のオンライン傍聴。今日も暑い。ウィーン大学(University of Vienna)の情報科学部(Faculty of Computer Science)は,大学のメインキャンパスとは離れたところにあり,なかなかの距離。山田君@九州大や,尾崎君@大阪教育大,井上仁先生@中村学園大たちと出会う。板垣君と宮西さんのセッションでは興味深く質問してくれる人たちもいてよかった。宿に戻ってラウンジに寄って,夕飯はまた韓国料理店へ。研究発表のおつかれさま会と同時に今後の研究の方向についても確認した。
今回の発表は以下の2つ。
Yukako Miyanishi, Toru Nagahama, Taku Kawada and Tatsuya Horita(2023)
Investigating Junior High School English Digital Textbook Device Use: A Home Study Analysis of Operation Logs
Proceedings of EdMedia + Innovate Learning 2023

Shota Itagaki, Ryosuke Sato, Takashi Shibata and Tatsuya Horita
Development and Trial of a System to Measure Viewing Distance while Elementary School Students are Learning using Laptop Computer
Proceedings of EdMedia + Innovate Learning 2023

| | | コメント (0)

ウィーン2日目(7/11)

早朝に起きて朝食。入試関係メールへの対応など。文部科学省対応。1日遅れで到着した板垣君が合流。ラウンジでショートレター対応。長濱君・宮西さんとも合流してホテルザッハでザッハトルテ。ホットドッグでランチ。バスでドナウ川。気温が36℃でとにかく暑い。街に戻って少し休み,夕飯はシュニッツェル。と,食べ物の話ばかりのようだけども,食べながらみっちり研究打合せができた。

| | | コメント (0)

ウィーン1日目(7/10)

函館から帰仙。お昼を食べて荷物の入れ替えをして出発。新幹線で上京。羽田空港で長濱君・宮西さんと合流。チェックイン。ラウンジで研究打合せ。ミュンヘン行きに搭乗。機内では「Blue Giant」を観たりして快適に過ごしたけど,例のようにロシア上空を通れないため15時間近くかかったのはマジ疲れる。飛行機の遅延でミュンヘン空港の乗り換えの時間がなく,EUへの入国審査は長蛇の列でもうダメだと思ったところで,長濱君が見事に交渉してくれて無事に乗り継ぎ便の搭乗口に辿り着く。40分ほどのフライトでウィーン国際空港へ。空港がとても綺麗だった。預けた荷物をピックアップし,定額タクシーを交渉して市内へ。さすがに朝のホテルへのチェックインはできなかったのでメールをもらう約束をし,3人分の荷物を預けてからカフェでランチ。今回の発表の打合せと,博士後期中間発表と,投稿予定論文と,博士論文の全体を睨みつつ。チェックインしてしばらく休み,夜は韓国料理店へ。美味かったしたくさん話ができてよかった。

| | | コメント (0)

台北日本人学校訪問(5/3-5)

5/3:羽田空港でWi-Fiルータを借りて,稲木君と久川君と合流。ラウンジでいろいろ話ながら朝食を食べ機内に。機内では「イチケイのカラス」を視聴。台北松山空港にお迎えに来ていただいていた高橋事務長@台北日本人学校と久しぶりの再会の握手。途中,お茶してから,マッサージ屋に。気持ち良かった。宿にチェックイン。夜は同校のコアメンバーがお迎えに来てくれて,士林夜市へ。宿に帰って稲木君・久川君とバーで反省会。
5/4:雙連朝市で朝食。台北日本人学校へ。齋藤校長にご挨拶。念願の新校舎を案内してもらう。説明する高橋事務長はとても嬉しそう。苦労したんだな。懐かしい面々にも再会。授業を参観。5校時は6年生に久川君の飛び込み授業が実現。学習過程を学ぶという授業。放課後は,この授業を中核に自主研。TJSの研究の意義,この校舎の設計意図,個別最適な学びの話。終了後も議論が盛り上がる。夜は30名ほどの打ち上げ。学び方を学ぶということとこれまでの指導法のコンフリクトについてディスカッションが尽きなかった。二次会まで行って遅くに戻る。
5/5:朝から宮川先生と朝食ディスカッション。買い物。事務長と合流してランチと少し観光。空港で稲木君・久川君の飛行機を見送り,ぼくは1本後ろの便で帰国の途へ。

| | | コメント (0)

ロンドン5日目(4/1)

ようやく時差ボケがほぼ無くなってきた(けど早起き)。朝は少しのんびりしつつ,ご栄転の連絡に返信など。Webサイト更新。帰りの支度。チェックアウトして,荷物を預け,みなさんと合流して,アフタヌーンティーへ。美味しかったけど,こんなに食べられないよなー。ホテルに荷物を取りに行って,ヒースロー空港へ。Kris Roungeで時間調整し,羽田便に搭乗。帰りの機内ではよく眠れた。翌4/2の夕方に少し遅れて帰国。仙台までが遠かった。

| | | コメント (0)

ロンドン4日目(3/31)

時差ボケで早朝に起き,メール片付け等。日本は年度の最終日。異動のご挨拶等たくさんいただく。予算執行についての連絡等。Google UKへ。Uberで向かうが渋滞。みなさんと合流して,オフィスツアーの案内をしてもらい,ランチを食べる。粟田さんとSt.Pancras駅に向かい,Piccadilly LineでActon Town駅へ。新見さんご夫妻+娘さんと会う。またPiccadilly LineでGreen Park駅まで戻り,Oyster Cardをrefundして,一度ホテルに戻る。雨の中,バスの乗り,Japan Centerでラーメンを食べ,Her Majesty's Theatreへ。オペラ座の怪人を観て,ホテルに戻って,バーで一杯。

| | | コメント (0)

ロンドン3日目(3/30)

薬を飲んでしっかり寝続けたため,咳は少し残るものの回復。朝一でバスに乗り,郊外の学校に向かう。2015年以来7年ぶりの英国の学校訪問になる。Bowes Primary Schoolを訪問。1人1台の情報端末を活用したさまざまな授業を参観。ノートとの併用も含め,英国における学習の個別化は以前からの考え方と変わっておらず,端末によってそれがやりやすくなった形。授業観を同時に変える必要がある日本に比べるとスムーズな気はするが,クラウド前の授業の方法の継続は少しもったいない印象もあった。授業後に質疑応答,移動のバスで高橋ほかとディスカッション。
午後はBETT in UK。こちらも何年ぶりだろうか。大きな展示会。今回はManagement,いわゆる校務DX関係のダッシュボード周辺のソリューションが多くなっており,教科のドリル等はすっかり影を潜めていた。残念ながらDaveには会えず。終了後,ビールと夕飯。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧