海外出張

シアトル4日目→帰国(5/14-15)

前日の寝不足もたたって寝坊。慌てて出発準備。荷物を詰めてチェックアウト。清水先生たちにシアトルタコマ空港まで送っていただく。今回もたいへんお世話になった。買い物をして出国手続きをしてラウンジで少し休憩。帰りの便では映画を見る余裕もなく寝たり論文チェックしたり。成田空港に到着し,仙台便が天候調査中だったのでラウンジでシャワーを浴びたり食事をしたりして待つ。飛行機は少し遅れて出発,悪天候の中,無事に仙台空港に着陸。夜遅くなって自宅着。最低限のメールだけ片付けて撃沈。

| | コメント (0)

シアトル3日目(5/13)

456遅くまでプレゼンを作っていたので寝不足。早起きしてシャワー。朝食は初物のチェリーをいただく。UberでBCAへ。土曜学校の実践の様子を参観。ゲストティーチャーによるプログラミングの授業。保護者向け講演。教員研修。夕方からシーフードのお店へ。とってもおいしくいただいた。UWAJIMAYAに行って買い物をし,清水先生のお宅でまったりと飲む。眠くて眠くてたまらず,帰路は車中で寝ていた。ホテルで飲み直す元気もなく爆睡。

| | コメント (0)

シアトル2日目(5/14)

231しっかり眠れた。朝は比較的のんびり。ホテルで朝食。Bellevue Children's Academy(BCA)へ。授業を参観して回り,スタッフと情報共有。お昼を食べてから午後はWillowキャンパスへ。ホテルに戻り,シアトルダウンタウンへ。スタバに寄って,Marketを散歩して食事。シアトルシンフォニーの素晴らしいコンサートを聴きにいく。日本人コミュニティの方々とお話しする。夜はホテルに戻ってプレゼン作成。

| | コメント (0)

シアトル1日目(5/11)

M仙台空港から成田空港へ。一度荷物をピックアップ。合流。おみやげを預かる。チェックインしてラウンジでシャワー。慌ただしく搭乗。機内では食事をして少しだけ寝て,投稿論文のチェック。あっという間にシアトル。清水校長先生,金ご夫妻にお出迎えいただく。一路,ベルビューへ。マイクロソフトに行き,保坂さん,渡辺さんのご案内で社内を見学する。会社というより街。珈琲を飲みながら,企業文化のみならずこれからのIT社会と働き方などについて議論。夕飯はベルビューの街中でステーキ。バタバタ。夜遅くなってホテルに戻って疲れて爆睡。

| | コメント (0)

オースティン5日目(3/9)

2,3回目が覚めて朝5時から出発準備。荒木さんと合流してオースティン空港へ。搭乗手続きで多少トラブるも,無事に手荷物検査も終え,朝食を食べてからロスに向かう荒木さんを見送る。ぼくはその後にヒューストン空港へ。乗り継ぎ時間が極めて短く緊張したが,幸い早着だったこと,往路で通った空港だったので土地勘ができていたこともあり,スムーズに乗り換え。成田便に搭乗。機内では映画「グッドモーニングショー」を見ながら夕飯を食べ,6時間ほど寝て,それから論文チェックなど。機内Wi-Fiはありがたいけど回線が細くなかなか仕事は難しい。
予定より早めに成田空港に到着。入国も順調だったのでチケットを早める。いくつか小さなトラブルはあるも,無事に東北新幹線に乗車して帰仙。

| | コメント (0)

オースティン4日目(3/8)

12朝からKeynoteを眺めてから荒木さんの発表するセッションへ。初の国際学会だったが準備をしっかりとしていたこともあり,まずまずの発表。ホントにおつかれさま。小柳さん,藤谷君を交えてSXSWedu開催地を見学。日本でいえばEDIXかNEEか。とても規模が大きく,もう少しビジネス寄りだった。日本からの出展者に会えるかと佐藤先生@デジタルハリウッド大学に連絡してみたけど,EdTechJAPANの展示は昨日までだったとのことで残念。
その足でランチはBBQ。大きなチキンを食べた。金子君@北星学園大や坂本君@愛知工業大とレストランで遭遇。
午後は学会を1周して論文チェックを進め,夜は小柳さん,荒木さんとシーフード。研究の議論が楽しかった。諸々の片付けやメール整理,日程調整等をして,深夜に就寝。

| | コメント (0)

オースティン3日目(3/7)

1_22_23_2結局,前夜の夕飯のまま夜中の間,日本の仕事をする。朝ご飯を食べたあと,午前中は論文チェック,時間割業務,原稿書き,日程調整など。日本は昼間なので捗った。ランチで小柳さんと会い,研究発表のことでディスカッション。Awardの研究(Computational Thinking)が面白かった。いくつか聞いて回り,夕方はポスターセッションに参加。藤谷君@目白大,北澤君@東京学芸大,小柳さんと夕飯。マティーニ。

| | コメント (0)

オースティン2日目(3/6)

132前夜はなかなか眠れず,日本での気になるニュース等も入ってきて,気をもんで朝になる。その後に寝たので,オースティン2日目は昼夜逆転型で過ごす。SITEは活気が出てきた。基調講演は聴けなかったけど発表はいくつか聞いて回る。TPACKの再吟味のような発表が多い。
夕方,パーティーで1人になってつまらないなと思ってフロントあたりをうろついていたら小柳さんと偶然に遭遇し,TEXMEXを食べに行く。マルガリータ。2人で研究者人生を語る。いい夜。

| | コメント (0)

オースティン1日目(3/5)

123成田空港へ。チェックインしてラウンジで朝食,シャワー。メール片付けして搭乗。機内ではなぜか探偵ナイトスクープとかマツコの知らない世界とかLIFEとか視聴。3時間ほど寝てから論文チェック。機内Wi-Fiが細くメールのやりとりに苦労する。採録決定の連絡も1つ。よかった。さっそくメディア教育論ゼミのWebサイトに反映。
ヒューストン空港に遅延して着陸。初めての空港だし,乗り継ぎ時間は2時間以下だしということで急いで入国審査。ESTA自動化であっという間。ターミナルBに移動して乗り換え。小さな飛行機でオースティンへ。空港からタクシーに乗り,運転手さんと話をする。ここオースティンに誇りを持っていることがよくわかる。ホテルで荒木さんと合流,スタバで打合せ。SITEのregistrationをして部屋で少し休む。学会にも大きな動きはない。今日は日曜日か。数名の日本人研究者に会う。
小柳さん@奈良教育大,荒木さんとテキサスステーキで夕飯。

| | コメント (0)

2016年の自己評価その3(研究以外編)

8)講義
東北大学大学院情報科学研究科では,前期に「メディア・リテラシー」,後期に「情報教育論」を担当した。「メディア・リテラシー」は50名ほどの受講者となり,選択科目で最多,必修を入れても4番目という受講数だった。授業評価も高かった。大学院生が相手なので,専門外の院生でもとても面白い講義になった。
学部の講義としては,オムニバスで出講の「科学と情報」のほか,英語B/CをCALL教室で担当した。非常勤や招聘教授はすべてお断りした。

9)本務
全学の大きな委員を務め,特に前期・後期直前の時間割調整,受講生のクラス割当等,神経を使う仕事をした。研究科では将来計画WG委員を担当し。専攻の中期的な見通しを検討した。
メディア情報学講座は特に博士課程の入学者も増え,受験も順調。研究生も入ってきた。ぼくの着任前に入学した院生たちが学位を取得した。
「情報リテラシー連続セミナー@東北大学」も順調。こちらは小野寺さんはじめ院生スタッフのおかげだ。地下鉄開通に伴い,会場を青葉山キャンパスに移し,いっそう盛り上がるようになった。
「メディア教育論ゼミ」は,博士課程13名,修士課程3名という,比較的大きな規模のゼミになった。ゼミをスタートさせて2年,院生たちの努力で軌道に乗り,成果も出るようになった。遠刈田での夏合宿も成功し,個々を認め合えるようになってきた。ゼミ運営に献身的に関わってくれる中核的な院生たちに感謝したい。

10)海外出張
1月中旬,シアトルへ。BCAの日常授業と土曜授業をみっちり学ぶ。3月中旬,登本さんとSITEへ。国際学会での発表に立ち向かう様子を応援した。5月中旬,再度シアトル。BCAで講演。6月上旬,台北へ。台北日本人学校校内研で指導助言。6月下旬,董先生を訪ねて,教育工学の日中交流のため上海へ。上海日本人学校も見学。7月中旬,韓国。38度線DMZにある学校を訪問する。9月上旬,高橋とドイツ,スイス,フランスのICT活用の視察。パリ日本人学校で旧知の校長先生と再会。現地で野阪さんにお世話になる。11月中旬に香港。塾を視察できたのが刺激的だった。
今年も海外出張が多く慌ただしい1年だったが,いずれも学びがいがあった。。

11)社会貢献
中央教育審議会が山場を迎えた1年だった。初等中等教育分科会臨時委員,同教員養成部会臨時委員,同高等学校部会委員,教育課程部会「情報ワーキンググループ」主査を拝命した。次期学習指導要領における情報教育の教育課程についてそれなりの成果が出せたと思う。中教審以外では,文部科学省「デジタル教科書の位置付けに関する検討会議の」座長として,教科書のデジタル化における法制度の検討をし,最終まとめまでこぎつけることができた。「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」座長の役目は,神経を使う仕事だったが,前進できたと思う。「学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議」でも座長を拝命し,現在,ICTに関する整備指針について検討中である。「先導的な教育体制構築事業推進協議会」主査の業務はまもなく取りまとめ。委員として関わった「情報活用能力調査に関する協力者会議」は高等学校での結果分析がまもなく公表となる。
文部科学省の研究開発学校である京都教育大附属桃山小,国立教育政策研究所研究指定校の新潟大学教育学部附属新潟小学校で助言をした。
日本教育工学協会(JAET)は野中先生に会長を譲り,常任理事として学校情報化認定委員長となった。と日本教育工学会は,広報担当理事としてニューズレターやWebを担当した。同学会編集委員会の業務も続いており,同特集号編集委員会副委員長の役目も務めた。
NHK教育「しまった!」の番組企画委員となった。「メディアのめ」「伝える極意」の番組企画委員も続けた。
内田洋行によるNew Education Expo東京,同大阪などに登壇した。今年は日本経済新聞,日本教育新聞,教育家庭新聞などに記事掲載された。DiTTシンポジウムに登壇した。
学校現場への助言は,大田区立西六郷小学校,仙台市立鶴巻小学校をこなし,終了となった。台北日本人学校の校内研の助言は2017年も継続となった。宮城県教育委員会,仙台市教育委員会での教育振興基本計画の策定委員となった。天草市教育委員会などで研修を担当した。
VHSは順調。人数が多くなっていることを受け,2017年は事務局を増強する。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧